fxブログ

fx初心者はデモトレードでエントリーだけの特訓もいいかもねの記事の画像

fx初心者はデモトレードでエントリーだけの特訓もいいかもね

チャート分析があってこそエントリーという次のステップにいけるのだと考えているのですが、fx初心者さんの中にはまずエントリーのコツというか感覚を掴んでからチャート分析を練習していきたいと考える人もいるのではないかなと思います。

気持ちはよくわかります。

僕がそうでしたから。

エントリーさえ出来れば何とかなると考えていました。

今思うとなんという無謀な考えだったのかと苦笑するしかないのですが、よくよく考えてみるとまだ経験が浅かったしもちろん大した知識も持っていなかったので論理的な考えなんて出来る可能性はとても低かっただろうから仕方が無かったのかもしれないなあとも思いました。

きっと何でもいいから自信を付けたかったのだと思います。

不安しかない初心者だったのでフォーカスするのはイメージ的にわかりやすいエントリーだったのでしょうね。

なので最初はエントリーが明確なノウハウをメインに探していました。

頭の中でエントリーイコール勝てると錯覚していたのだと思います。

そしてエントリーをエントリーサインに頼ってしまっていたのが間違いだったなあと感じています。

こういった失敗を僕はしてきてしまったのでfx初心者さんにはこうなって欲しくないなあと思います。

ノウハウにしてもインジにしてもサポートでしかない。

それを上手に使えるスキルが無いとかえって振り回されてしまうと思うのです。

なのでfx初心者さんにはしっかりと練習をしていって欲しいなあと思います。

これがあれば勝てるという考え方よりもいい道具だと考える方が上手くなっていくのだと考えているのです。

その道具のひとつがデモトレードなのではないでしょうか。

デモトレードはfx初心者さんが思いっきり練習出来るフィールドなんだと思うのです。

慣れてきたら目的を限定して特訓の場にするのもいいかもしれませんよ。

またデモトレードは実験の場でもあるのかなと考えています。

チャート分析もインジを使った方が格段に効率が上がると感じています。

インジのバリエーションの広さで行くとMT4はダントツです。

MT4もデモが使えますし、自分に合っていると感じたのであればスキルが上がってリアルトレードに移行する場合にそのデモMT4からリアルMT4に移行するという事も視野に入るのではないでしょうか。

ノウハウに関してもMT4を使うものが多いのでfx初心者さんもMT4には早い段階から慣れていった方がいいのではないかなと思います。

せっかくデモというサービスがあるのだから最大限に利用した方が可能性は高まりますね。

なので自信を付ける為にエントリーの特訓に特化するというのもいい経験になるのではないでしょうか。

エントリーの自信が付いてからチャート分析の練習に移るというのもアリなのではないかなと思います。

Contents

闇雲にエントリーしても特訓にはならない

デモトレードなのだからどんどんエントリーの練習をしようという気持ちはリスペクトするのですが、だからといって考えもなしに直感でエントリーをしていっても特訓にはなりません。

それははっきり言って時間の無駄です。

エントリーで重要なのは根拠があるか無いかではないかなと考えています。

根拠の無いエントリーとは何となく良さそうな気がするという様な直感でエントリーをしてしまう事。

fx初心者さんはまだ経験が圧倒的に不足しているだろうから長年の経験による勘というものが無いのだと思います。

なのにその勘に頼って稼ごうという考えは無謀過ぎます。

運任せで稼げるなんて事はまずありません。

もちろん根拠があるからといって100%勝てるという事もありません。

可能性が上がるだけで、その可能性もfx初心者さんレベルではまだまだ低く慣れてくるに従って上がっていくものだと考えています。

上がっていくといっても100%に近づくというものでは無く80%位まで上がれば上出来と考えておいた方がいいと感じています。

その為に損切り設定というものがあるのではないかなと考えているのです。

エントリーの特訓の第一歩はエントリーポイントを探す事から始めるといいのではないでしょうか。

そしてその為には待つという事も覚えなければいけないのです。

以前書いた記事が参考になるかなと思うのでチェックしてみてくださいね。

⇒ fx初心者の為のエントリーの練習の提案

ボリンジャーバンド、RSI、MACDも使ってみるとわかりやすくなるかもしれませんよ。

エントリーチャンスは1回か2回

さあエントリーの特訓だと張り切ってチャートを開いてもすぐにエントリーチャンスがあるとは限りません。

むしろすぐにエントリーチャンスを見つける事が出来る方が稀なんだと考えておいた方がいいと思います。

デモチャートを開きエントリーチャンスがなさそうだと確認してからチャート分析に入るというのが一般的なのではないかなと考えています。

夜にチャートを開いてチャートを閉じるのはロンドンフィクス位までなのではないでしょうか。

限られた時間の中でエントリーチャンスというのはfx初心者さんの場合は1回運がいい時で2回くらいかなと考えています。

エントリーポイントを探す特訓を最初にするといいのではと上記しましたが、もう少し詳しくは押し目買いや戻り売りのポイントを探すという練習をするといいのではないかなと思うのです。

押し目買いや戻り売りの練習をするにあたって便利な無料インジを探すというのも慣れてきたらいいのかもしれませんが、その前に押し目買いや戻り売りの練習をするにあたって何があったらいいのかを考えてみるといいのではないでしょうか。

押し目買いや戻り売りのポイントを見つけれるようになってくれば場面にもよりますがエントリーチャンスは必然的に増えてきますね。

期間を決める

ダラダラと練習をしてしまっては特訓になりません。

最初は気合が入っていても時間が経ってくると慣れてくるだろうから気持ち的にも緩んでくる事も考えられます。

エントリーの特訓で得ようとしているのはエントリーのコツなんだと思います。

相場は常に変化しているのでどんな場面にでも対応出来るようになっていく事もエントリーの特訓の目的のひとつだと思うのです。

だからといっていつまでもエントリーだけの練習をしていても永遠と終わる事は無いという事も事実だという事も意識しておいてくださいね。

ある程度コツというか自信が付いてきたら次のステップにいく事を考えていかなければスキルが上がったとは言えないのだと思います。

まずは1か月間エントリーの特訓に特化してみて感じが掴めたようであれば次のステップに移行する事を考えてみるといいのではないかなと思います。

まだまだと感じているようであれば3か月間やってみるといいとは思いますが、何処かで次に進む事を考えた方がいいのではないでしょうか。

また3か月間もエントリーの特訓に特化してまだと感じるようであればやり方を見直すという事も考えた方がいいと思います。

覚える事は他にもあるのである程度の感覚が掴めてきたら他の事もプラスしていくという意識を持っていた方がいいのではないかなと思うのです。

次のステップ

どのくらいPipsを稼げたのかがfxのトレードでは重要な事になります。

どのくらいPipsを稼げたのかがわかるのは当然イグジットしないとわかりませんよね。

エントリーがまだ上手くないのでエントリーの特訓をしている段階なのでその先にあるイグジットの難しさもまだピンときていないのではないでしょうか。

イグジットはエントリーと同じくらい難しいのです。

イグジットも目標が無ければ不安で一杯になってしまって早々にイグジットしていまったりして、頑張ってエントリーしたのにあまりPipsを取れなかったという結果に終わってしまう事も特に初心者の時期は多分にあるのだと思います。

ゴール設定もまた試行錯誤が必要になってくる項目なので練習が必要になってくるのだと考えています。

エントリーをした後に必要になってくるのが我慢なのです。

この我慢を何処まですればいいのかもチャート分析で目標ラインを決める必要があります。

このゴール設定も慣れてくるの従って上がっていくものだと考えています。

また場面によってはロット数の調整という事も覚えていかなくてはいけない事なのでエントリーの特訓の最後はロット数の調整の練習をするという事を忘れないでくださいね。

更にトレール注文の練習も意識しておいた方がいいと思います。

あとがき

fxのトレードはエントリーをしてイグジットするという一見単純な作業に見えるものかなと思われているのかもしれませんが、エントリーやイグジットだけでなく他の事もスキルが要求されるものなんだと感じています。

結局はどのスキルも習得しレベルアップしない限り稼ぐという目標達成には届かないのだと考えています。

その一環として先にエントリーの練習をして勢いをつけるというのもアリなのかなと思います。

目標を意識してその為の最短ルートを模索しプランを立てるという事はfxのトレードに限らず他の事にも活かせるスキルなんじゃないかなと思います。

何かきっかけがあった方が突破力は増すと思うので先にデモトレードでエントリーだけの特訓をしてみるのもいいかもしれないなあと思いました。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者も知っておいた方がいい曜日の特徴の記事の画像

    fx初心者も知っておいた方がいい曜日の特徴

  2. fx初心者は結果を気にしないでねの記事の画像

    fx初心者は結果を気にしないでね

  3. fx初心者は自分の時間帯をまず研究してねの記事の画像

    fx初心者は自分の時間帯をまず研究してね

  4. fx初心者は学んだと出来るは別物だと認識してねの記事の画像

    fx初心者は学んだと出来るは別物だと認識してね

  5. fx初心者のインジやノウハウ導入のタイミングの提案の記事の画像

    fx初心者のインジやノウハウ導入のタイミングの提案

  6. fx初心者は期待ではなく事実を意識してねの記事の画像

    fx初心者は期待ではなく事実を意識してね

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PR

本ページはプロモーションが含まれています

PAGE TOP
error: Content is protected !!