fxブログ

fx初心者もエントリー前の準備が重要なのですの記事の画像

fx初心者もエントリー前の準備が重要なのです

僕の勝手な予想なのですが、fx初心者さんであるほどエントリーだけを考えているのではないのかなと思います。

確かにエントリーをしなければ稼ぐ事は出来ませんし、エントリーをしないでいるのであればfxをやる意味が薄れていってしまうのですが、エントリーにしてもむやみやたらにエントリーをすればいいというものでもなくエントリーをしないという事も状況的に有効な手段だったりするのです。

つまりはリスクマネージメントということですね。

勝か負けるかわからないような場面でエントリーをする人というのは何処でイグジットをすればいいのかもわからない可能性が高いのではないのかなと思います。

直感勝負とはテクニカル分析の真逆の行為で特にfx初心者さんはやるべきではないのだと思うのです。

まだテクニカル分析をやった事もないfx初心者さんはどうすればいいのか?という疑問が出てくるのではないでしょうか。

fx初心者さんはデモトレードからのスタートがベストなんじゃないかなと考えていてまずは、損失を出さなくてもいい練習の場を確保するのがfx初心者さんのやるべき事かなと考えています。

野球の試合であれば3つのストライクを取られるとアウトなのですが、バッティング練習であれば納得のいくまでバッティングの練習が出来ますね。

デモトレードで直感でやってみてこれじゃあだめだと感じる経験をするというのもいい経験になるのではないかなと思うのですが、焦らずチャートに慣れていくというのがスマートかなと思うのです。

慣れてくると気持ち的に余裕が出てくるのではないでしょうか。

気持ちに余裕が出てくるとチャートが今までよりもよく見えてくるのではないかなと思います。

ひげの存在もそのひとつですね。

ただチャートに何もインジの表示が無いとものすごく判断しづらいという事は変わらない。

そこでインジを足していく。

これで随分とチャートが見やすくなってきたのではないでしょうか。

そしてこれがテクニカル分析の初歩の形なんだと思うのです。

慣れている人はもうこれでトレードしていけるのでしょうが、fx初心者さんであればまだ今いちピンと来ないのではないかなと思います。

メジャーなインジを表示させただけではfx初心者さんは何処でエントリーすればいいのかがわからないのではないのかなと思うのです。

もちろんわかりやすい場面もあるのでしょうが、途中参戦の場合もう流れが出来てしまっていてこの流れがいつまで続きそうなのかがわからなければ怖くてエントリー出来ないと感じてしまう事も多いのではないでしょうか。

Contents

焦らないでね

ここでfx初心者さんにとって重要な事がふたつあると考えていてひとつは諦めないという事でもうひとつが焦らないという事です。

諦めてしまって最悪チャートを閉じてしまっては得るものは何もありません。

諦めてしまっているとチャンスを逃してしまう可能性が高まるだけでいい経験が出来る可能性が下がってしまいます。

チャンスが来るかもしれないと待つという事を意識するといいのではないでしょうか。

何処まで待てばいいのかが気になる所なのだと思うのですが、ここで重要になってくるのがMAラインだったり水平線だったりするのです。

また焦ってしまうという事も意識するといいのではないかなと思います。

勢いがありそうだから何処でもいいからエントリーしてしまおうと考えてしまうと根拠のないエントリーになってしまって不安がいつまでも付きまとってしまうトレードになるのではないかなと思うのです。

トレードで重要な要素のひとつに冷静でいるという事があると考えているので冷静でない時はトレードはするべきではないかなと考えています。

不安や迷いの中で判断をしてもfx初心者さんの場合大体が失敗に終わるかまぐれ当たりになってしまって上手なテクニカル分析とは呼べないものなのではないでしょうか。

fx初心者さんはエントリーのスキルを上げていく為にまずはこの不安や迷いの軽減をしていく事を意識するといいのではないかなと思うのです。

5分足のチャートだけでは無理

チャートを開いて最初の印象で判断する事はとても危険だなと思います。

fx初心者さんの多くはドル円相場の5分足のチャートをメインで見ているのではないでしょうか。

その理由はちょうどいいからなんじゃないかなと考えています。

15分足のチャートだと時間的な余裕が無いと感じるのではないかなと思うし、1分足のチャートだと今度は忙しすぎると感じてしまうのではないかなと思うのです。

なので5分足のチャートで判断しがちなのではないかなと思います。

fx初心者さんの心理としてチャートを開いたらすぐにエントリー出来そうなポイントを探したいと思うのかもしれませんが、これをしてしまうと不安や迷いが出てきやすくなるのではないかなと思うのです。

少なくとも一つ上の時間足の15分足のチャートは開くべきだと考えています。

5分足のチャートのローソク足の流れよりも少し大きな流れをチェックすれば当面は何処に向かうのかの予想がしやすくなるのではないでしょうか。

出来れば日足のチャートからチェックしていってより大きな流れを知る習慣を早い時期から付けておいた方がいいのかなとは思うのですが、これも慣れが必要になってくるかなと思うので少しずつ慣れていくように意識するといいのかなと思います。

上位足のチャートをチェックする事によって予想がしやすくなると思いませんか。

予想

自分の直感でする予想はかなり希望的観測のニュアンスが強いのではないでしょうか。

そしてデータを分析して導き出した予想の方が可能性としては高いものになるのではないかなと思います。

この予想が出来る事によって不安や迷いというものが軽減されるのではないでしょうか。

もちろん確率の高い予想が出来る様になるには時間が必要です。

ただ上位足のチャートを見るだけでは確信というものは低いものなのではないでしょうか。

ラインを引いてみたり、MAラインをチェックしたりボリンジャーバンドの形をチェックするという様な作業をした方が確信は高まるのではないかなと思います。

確信が高まる事だけに満足はしない方がいいです。

それはまだ精度が低い可能性があるからです。

精度を高めていくという事は試行錯誤の繰り返しが必要になってくるのかなと感じています。

インジの見直しや抜き差しという事も場合によっては必要になってくるでしょうし改良点というものもやっていく内に見えてくるのではないかなと思います。

予想はあくまでも予想なので時には裏切られる事もあるとは思いますが、だからといって精度の低い予想でいいというものでは無いと考えています。

予想が出来る様になってくると気になってくるのがファンダメンタルズ分析なのではないかなと思います。

シナリオ

昨夜のドル円相場の5分足のチャートでは午前0時からのアメリカの注目されている重要指標の一つであるISM製造業景況の発表であんなに勢いがあると見えていた流れが急落し勢いをそがれてしまった形になってしまいました。

今夜もまあまあ注目されているADP全国雇用者数の発表やかなり注目されているのかなと予想されるFOMC議事録公表があります。

こういった指標の発表や要人発言というものはチャート上では前もって現れる事はあまりありません。

全く無いというわけではなく警戒感から相場もヨコヨコの動きという事もあり得るので見極めが大切になってきます。

なのでこういった指標の発表や要人発言が予定されている時は何が起こるのかわからないのでfx初心者さんであればポジションを持っている場合は手仕舞いをしておいた方がいいのではないかなと思います。

デモトレードなので関係無いといえば関係無いのですが、仮に無傷の場合が多かったりするとリアルトレードでもその感覚が残っていると場合によっては思わぬ失敗になってしまう事もあり得るので練習の時から意識するように心掛けておいた方がいいのではないでしょうか。

また重要指標や要人発言が予定されている場合、予想がかなり難しくなる事が多くなると思います。

そういった場合には複数のシナリオを用意しておくといいのではないでしょうか。

予め幾つかのシナリオを持っていれば対応がしやすくなりその分不安や迷いというのも軽減されるのではないかなと思います。

言うまでもなくシナリオ作りも簡単に出来るようなものでもないので時間が必要になってきます。

あとがき

エントリーをするには根拠があった方が成功率は高まるのではないかなと考えています。

その為にはエントリー前の準備を入念にした方がいいのは明白ではないでしょうか。

エントリーも大事だと考えていますが、エントリー前の準備はもっと大事かなと考えています。

エントリー前の準備がしっかりと出来ていればエントリーの時の損切り設定もスムーズになるだろうしなにより何処でイグジットなのかの目安もつけやすいのではないかなと思うのです。

目標が見えていると不安や迷いの軽減だけでなく我慢もしやすくなるのではないでしょうか。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fxはビジネスです

    FXとはとどのつまりビジネスなんです

  2. fx初心者は各時間足の感覚も身に付けるようにしてねの記事の画像

    fx初心者は各時間足の感覚も身に付けるようにしてね

  3. fx初心者はブレブレの分だけ成長は遅くなるの記事の画像

    fx初心者はブレブレの分だけ成長は遅くなる

  4. fx初心者は少額資金で始める事を当面の目標にしようの記事の画像

    fx初心者は少額資金で始める事を当面の目標にしよう

  5. fx初心者は何から始めればいいのかの復習の記事の画像

    fx初心者は何から始めればいいのかの復習

  6. fx初心者も環境を考える事は重要の記事の画像

    fx初心者も環境を考える事は重要

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PR

本ページはプロモーションが含まれています

PAGE TOP
error: Content is protected !!