fxブログ

fx初心者は揉み合いをどう見るのかで未来が変わるの記事の画像

fx初心者は揉み合いをどう見るのかで未来が変わる

為替相場の動きというものは精度の高い予想が出来る様になるにはかなりの経験が必要になってきます。

fx初心者さんだと15分後の動きさえ予想出来ない人もいるのではないかなと思います。

ローソク足の動きは上に向かっていく時もあれば下の時もあるだけでなく横に向かっていく時もあります。

ローソク足が上に向かっていっている時やその逆の下に向かっていっている時と簡単にいってもその動きがいつまで続くのかととなるとfx初心者さんだと予想出来なくなるのではないでしょうか。

基本的には誰にもわからない事なんじゃないかなとは思うのですが、fxのトレードに慣れてくるとある程度の目安というものが見えてくるのです。

それは過去のデータから読み解けるもの等があり、それが目安でありきっかけになりやすいのです。

サポートやレジスタンスのラインであったりMAライン、水平線、ラウンドナンバーやキリ番といったものがあります。

こういった目安というものがあるので判断がしやすくなるのです。

もちろん勢いがあれば簡単にそういったものをブチ抜いていく事もあります。

ですが、ローソク足が上や下に向かっていっている時というのは何かしらの手の施しようがあったりするのでエントリーのチャンスというものも何度かある事がありfxのトレードの醍醐味が味わえる時ではないかなと思います。

判断のしづらい時というのもあって、それはローソク足が横に移動している時です。

レンジ相場と呼ばれる時ですね。

一言でレンジ相場といっても値幅がある時や揉み合いと呼ばれるほとんど値幅が無い時と様々で、値幅がある時はスキャルピングという手法であればまだエントリーのチャンスを伺える可能性があるのですが、スキャルピングもスキルが必要になってくるのでかなりの練習が必要です。

fxのトレードをやっていて一番退屈なのが揉み合っている時で我々個人トレーダーは多くの人が様子見を強いられているのではないかなと思います。

ましてやfx初心者さんであればなおさらの事ではないかなと思うのです。

この一見なにも出来そうもない揉み合っている時というのはfx初心者さんがこの揉み合いをどう見るのかで未来も変わってくるのは無いかなとも思うのです。

確かに揉み合っている時のエントリーはするべき時ではないのですが揉み合い後の事を考える時なのではないでしょうか。

この事を考えるのと考えないのでは今後大きな差が生まれるのではないかなと思うのです。

揉み合いを退屈だと思うのはもったいない

チャートのローソク足が揉み合っている時というのはかなり退屈なものです。

そしてこの揉み合いがいつまで続くのかがわからないのも退屈だと感じさせる要因ではないかなと思います。

特にチャートを開いていられる時間が決まっている兼業トレーダーさんにとってはストレスを感じてしまうのではないかなと思います。

慣れているトレーダーさんであれば揉み合いのタイミングの過ごし方を心得ているのでしょうが、fx初心者さんだと退屈な時間でしかないのではないでしょうか。

トレンドがいつまでも続かないのと同じように揉み合いもいつまでも続くわけではありません。

揉み合いというのは買い方と売り方のバトル中と考えてもいいのではないかなと考えていて、いずれは決着がつくのが常なのです。

どのくらいで決着がつくのかは誰にもわかりません。

そしてこのバトルで勝った方に伸びていくのだとも考えています。

また伸びていくといっても大きく伸びていくのかそうではないのかといった事も誰にもわからないのではないかなと思います。

ですが、決着がついた後というのはエントリーのチャンスの可能性があり、これを見逃すのはかなりもったいないのではないでしょうか。

チャートを開いて揉み合いの場面だったとしても諦めずにチャート分析をする事をおすすめします。

5分足のチャートで揉み合っていたとしても上位足のチャートでも揉み合っているとは限らないのです。

15分足のチャートでも揉み合っているのであれば当然も似合いの時間も長くなる事が予想されますが諦めた方がいいのは1時間足以上の上位足まで揉み合っている時です。

長期にわたり揉み合う事が予想されるのでその時は諦めるというのも選択肢に入れていいのではないかなと思います。

諦めるといっても何が起きるのかが予想しづらいのがfxなのでラインブレイクでアラートで教えてくれるインジがあれば安心ですね。

なのでいつもの時間まではこんな時でもチャートは開いておいた方がいいと思います。

まあ少し早めに閉じるのはアリかなとは思いますが。

インジケーター

チャートを開いて揉み合いだったからチャートを閉じたというのではもったいないかなと思うのです。

チャートを閉じてしまったら何も打つ手はありません。

何もしないという事は自分の実力の向上も無いという事になります。

この揉み合いの時に何か出来る事は無いのかなと考えた方が自分の実力の向上に繋がっていくのではないでしょうか。

こういった考え方が出来るfx初心者さんだと他の場面でも対応策を模索する習慣が付いてくるのだと思います。

対応策のひとつがインジケーターの導入かなと思うのです。

揉み合いで何か面白いインジはないかなと探してみたらrange expansion index(rei)等が見つかりましたが、どちらかというとブレイクアウトを知らせてくれる無料インジの方が使えるのかなと思います。

僕のお気に入りのサイトのMT4インディケーター貯蔵庫でブレイクアウトで検索してみるとメッチャたくさん出てきます。

fx初心者さんはどれがベストなのかと1番いいものを探すのかもしれませんが、どれもいろんな機能があるものが多いので機能別でいろいろ試してみるのがいいのではないかなと思います。

いろいろな機能を試してみる事でこんな考え方があるのか等といった発見があるかもしれませんよ。

自動で値幅を図ってラインを引いてくれるインジは値幅によっては反応しないという事も考えられるのでそういった事もチェックしてくださいね。

ブレイクアウトを逃したとしても

いつまで続くのかわからない揉み合いの時というのは出来る準備をしてしまったら後は何もする事がないものです。

じっと動かないチャートのローソク足を見るのはかなりつらいですね。

それでどうしても気持ちが他に行ってしまう事もあるのではないかなと思うのです。

僕もその傾向がありそういった時はモニターをテレビに変えたりして気を紛らわす事も多々あります。

集中力が低下してきた時というのは反応も遅いものですね。

他のものに意識が行き過ぎてブレイクアウトした事に気付かなかったという事もあるかもしれませんね。

例えブレイクアウトを逃したとしても諦めるのはちょっと早いです。

いろいろな状況があるのですが、まだ伸びしろがある場合であれば何処かで押し目買いや戻り売りのチャンスの可能性があります。

もちろん時間的な制限もあるだろうから何処でだけでなくいつもfx初心者さんにとっては重要なんだとは思いますが、エントリーのチャンスが全くないとは限らないので焦る必要は無いと考えていいのではないでしょうか。

近くにきっかけはないだろうかとチャートをチェックしてくださいね。

ローソク足は一直線に伸びていくという事はまず無いので虎視眈々と次のエントリーチャンスを狙うのがいいかなと思います。

何処でブレイクアウトしたかが大事

fx初心者さんにとってはいつブレイクアウトしたかも大事な事なんだとは思いますが、何処でブレイクアウトしたかも大事な事なのです。

例えば高値圏で上にブレイクアウトしたのであれば買いのチャンスというのは無いのと同じなのではないでしょうか。

下手をすればすぐに逆方向にローソク足が向かい出すという事も考えられますね。

底値圏でも同じですね。

じゃあ揉み合いの場所が高値圏や底値圏だと予想出来た場合エントリーチャンスでは無いとみなした方がいいのかというとそうでも無かったりするのです。

昨夜のドル円相場の5分足のチャートがいい例かなと思います。

2021年11月10日のドル円相場の5分足のチャートの説明画像 クリックで少し拡大

黄色の枠で囲って所なのですが、午後7時くらいから1時間ほど揉み合っていますね。

その後一旦下がったもののその後SEFC10の下のラインも出て確かデルタfxのエントリーサインだったと記憶しているのですが出ていますね。

その後指標発表があり大きく動いているのですが、狙い目は午後11時半以降でしたね。

指標発表後の動きについていく事も大きく稼げる要因なのですが、今回は揉み合いがテーマなので黄色い線の枠の中に注目して欲しいかなと思います。

ボリンジャーバンドはパラダイムトレーダーfxのものなのですがBands-MA2-Devで代用する事も可能かなと思います(パラダイムトレーダーfxが再販されるといいんですけどね)。

この時はいいタイミングで無料インジのVidya zone 2.1の上のラインともかぶっています(ちょっと見づらいのですが指標発表のひとつ前の陰線(赤いローソク足)に取り敢えずの安値高値のマークの白い丸が出ている所)。

こうやって過去チャートを見るとこの時が当時の高値圏だったとはわからないのではないでしょうか。

ですが昨夜はここら辺が高値圏だったのです。

この時はMT4ダウ理論計算のインジケーター「Market_Wave」の予想価格が出ていた(チャートの左端)ので可能性があったのと他のモニターにも上昇の可能性を示しているものがあったのでエントリーしました。

安値高値のマークの白い丸が出たので様子を見てイグジットして15pipsほどでした。

何処でブレイクアウトしたかも大事な事なのですがパッと見で判断をするのではなくて情報を整理してから判断をする習慣を付けてた方がチャンスを逃す可能性が低くなると思います。

あとがき

揉み合っている時というのは本当に退屈なものですが、揉み合っている時というのはいわばエネルギーを貯めている時というのを見た事があります。

退屈というのが先に来てしまうと待っているのが苦痛になってしまうのでブレイクアウトの事を考えるといいのではないでしょうか。

待っているのが苦痛でチャートを閉じてしまっては自らチャンスを手放してしまう様なものです。

揉み合い後の可能性を見極めるように心掛けて欲しいなあと思います。

なのでfx初心者は揉み合いをどう見るのかで未来が変わるのではないかなと思うのです。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者はマインドを鍛えないとヤバいですの記事の画像

    fx初心者はマインドを鍛えないとヤバいです

  2. fx初心者が正解を求める事はナンセンスですよの記事の画像

    fx初心者が正解を求める事はナンセンスですよ

  3. fx初心者は自分の時間帯をまず研究してねの記事の画像

    fx初心者は自分の時間帯をまず研究してね

  4. fx初心者のこのタイミングはルールの見直しに最適の記事の画像

    fx初心者のこのタイミングはトレードルールの見直しに最適

  5. fx初心者の生き残りの知識とはの記事の画像

    fx初心者の生き残りの知識とは

  6. fx初心者はデモトレードの時から資金管理を意識してねの記事の画像

    fx初心者はデモトレードの時から資金管理を意識してね

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
error: Content is protected !!