fxブログ

fx初心者のための昨日のドル円相場の入り方の復習

昨夜のドル円相場は午後10時以降でも絶好のチャンスがありましたね。

他の相場も面白かったのですが、fx初心者さんは比較的に安定しているドル円相場から始めることをお勧めしている以上、ドル円相場を優先してみているのですが、昨夜は案外わかりやすいエントリーポイントだったのではないでしょうか。

今回はfx初心者のための昨日のドル円相場の入り方の復習と題して、何処でエントリーをすればよかったのかの復習をテーマにしました。

fx初心者さんの今後のトレードの参考になるのかなあと思います。

昨夜の午後10時以降では、チャンスは2回ありましたね。

一番おいしかったのは、午後7時半くらいだったのですが、この時間だとまだ多くの人がチャートを開いていないだろうから無視します。

それ以降でもエントリーできることは出来たのでしょうが、エントリーの根拠が薄くなってしまっていることと、この2か所以降だとあまりおいしくはなかったのかなとも思いました。

最初のチャンスは午後10時半の少し前の108.551を付けたところ、2回目のチャンスは午後11時を回ったところで、ボリンジャーバンドの+2σにギリタッチしなかったところかなあと思います。

明確なエントリーサインが出ていたのはもう販売を終えてしまったイサムさんのパラダイムfxとマナブ式fx完全マスタープログラムのトリックスだけでした。

今回は無料インジが活躍してくれたので案外わかりやすかったなあという印象が残りました。

そして思ったのは、やはりチャート分析をして根拠のあるエントリーをするべきだなあということと、総合的な判断が必要だなということです。

これらはすぐに身につくものでもないので練習あるのみだと思います。

fx初心者さんもすぐにでも稼ぎたいという気持ちもわかりますが、焦らずしっかりとデモトレードで練習を積んでいって欲しいなあと思います。

インジケーター

チャート分析の時に、ドラゴン・ストラテジーfxのチャートに入れているBands-MA2-Devというボリンジャーバンドの無料インジで中心線の向きの確認などをしていって、5分足のチャートで形などを確認。

ボリンジャーバンドの形が収縮しているのでどこかで膨らんでいくと予想し、どちらに向かうのかは中心線の向きから上だと予想しました。

午後7時半過ぎにSEFC10の下のラインが出ていて、S-TYPE_ZigZagのプライス108.688は表示されているのにまだ、SEFC10の上のラインは出ていません。

そして、その後108.551のプライスが表示されました。

今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターのチャートに入れているSmoothed_HAS alerts button 1.02の形を見るとちょっと弱いのだけれど、Ultimate_Bandの方向から見てまだ上昇は続くと予想しました。

こういったことからも、上昇はまだ続くと判断しました。

チャートを開いたのがいつもより少し遅かったものの午後10時33分に買いでエントリーしました。

エントリーをすると、どうしてもチャートが気になってしまうので、一旦離席。

離席の理由は、デルタfxのチャートに入れているMarket WaveⅡで、予想値が出ていて、多分108.954まではいくだろうと考えたからです。

Market Waveの紹介画像

しっかり月曜から夜更かしをたまにチャートをチェックしつつ最後まで観ました。

毎回ずばりというわけではないのですが、こうやって予想値が出ているとかなり楽ではあります。

エントリーの時に背中を押してもらっている感じです。

→ MT4ダウ理論計算のインジケーター「Market_Wave」の公式サイト

パーフェクトオーダー

マナブ式fx完全マスタープログラムのトリックスとパラダイムトレーダーfxのエントリーサイン以外はバッチリのタイミングでは出ていませんでした。

マナブ式fx完全マスタープログラムのトリックスもファストトリックスの色が変わったタイミングだったので、正確なエントリーチャンスだとは言えませんでした。

他のチャートと見比べてこれはチャンスだなと判断しました。

パラダイムトレーダーfxに関しては、エントリーサインは出たもののまだ確定はしておらず点滅が続いている状況でした。

エントリーをしようと決めた根拠のひとつに、LION FXのチャートのMAラインがパーフェクトオーダーになっていたからです。

LION FXのチャートのパーフェクトオーダーの画像

この画像ではボリンジャーバンドのラインも上を向いていて綺麗なパーフェクトオーダーになっています。

このボリンジャーバンドではセカンドチャンスの時、バッチリボリンジャーバンドの中心線にタッチして反発していますね。

最初のチャンスの時の最初の方でエントリーで来ていればよかったのですが、LION FXのチャートのボリンジャーバンドの+2σで反発してからセカンドチャンスの所まで戻って来ているので、もし最初のチャンスの時の遅めのエントリーだったらきっとひやひやしていたでしょうね。

マナブ式fx完全マスタープログラム

無料インジのS-TYPE_ZigZagのプライス表示の助けもあって、マナブ式fx完全マスタープログラムのトリックスの判断が出来ました。

通常であれば、正式なルールだとふたつのトリックスが同色でクロスしてからがエントリーチャンスとされていて、その前に上位足のチェックも必須項目なのです。

上位足のチェックを終えて、5分足のチャートをみてこれはいけるだろうなあという判断をしました。

今回はお気に入りの無料インジのVulkan Profitのエントリーサインは出て欲しいところでは出現しませんでしたが、午後3時過ぎに出ているんですね。

以降買いも売りのエントリーサインも出ていないので、上昇が継続するだろうなあと予想しました。

今回参考になったのは、マナブ式の一目均衡表の雲でした。

午前2時くらいまで一目均衡表の雲を突き破ることが無かったので、損切りラインを移動するときの目安になってくれました。

今回午後10時以降だとチャンスは2回あったと書きましたが、マナブ式のトリックスでもしっかり出ていますね。

マナブ式fx完全マスタープログラムの紹介画像

ここでも最初のチャンスの時だとダマシかなと思ってしまうかもしれませんが、セカンドチャンスの時はバッチリのタイミングでしたね。

マナブ式のチャートは今回シンプルなんですが、いい情報がたくさんチャートに出ていましたね。

→ マナブ式fx完全マスタープログラムの公式サイト

2021.3.10追記

昨日の午後9時以降3回チャンスがありました。

上手い人だったら4回いけたかな。

マナブ式のチャートの説明の画像

ドラゴン・ストラテジーfx

マナブ式のチャートにもSEFC10を入れてもいいかなとも考えたのですが、ドラゴン・ストラテジーfxのチャートに入っているしまあいいやと思って入れていません。

以前は入れていたような気もしますが、1個あれば十分かなと思います。

ドラゴン・ストラテジーfxのチャートでも午後3時くらいにVulkan Profitの買いのエントリーサインが出ています。

その後は出ていません。

今日の午後3時に売りのエントリーサインが出ています。

ドラストfxのエントリーサインは比較的いいところで出ているように思うので、Vulkan Profitのサインに乗り遅れたとしても焦らなくてもいいですね(午後10時以降は出ていないので少し焦りましたが、、、)。

ドラストfxのチャートに入れているBands-MA2-Devのボリバンは方向を見たりするのには便利なのですが、やはりドラゴンバンドの方が優秀な気がします(当たり前か)。

ドラストfxの方向を示す大きな矢印はずいぶん前に出ていたのですが、チェック済みだったので今回の上昇はかなり確率的には高いだろうなと考えていました。

今のところドラゴン・ストラテジーfxが視覚的には一番わかりやすいかなと思います。

ルールもシンプルだし、Vulkan ProfitSEFC10といった無料インジとの組み合わせもいいみたいです。

ドラゴン・ストラテジーfxの紹介画像

→ ドラゴン・ストラテジーfxの公式サイト

まとめ

昨日の午後10時以降のドル円相場では2回のエントリーチャンスがありました。

多くのfx初心者さんは午後9時以降でしかチャートを広げられないのではないかなと思います。

そして、何処で入ったらいいのかがよくわからないという人も結構いるのではないかなとも思います。

なので、参考になればなあと思ったので、昨日のエントリーのレポートをしてみました。

複数のモニターを使っているので、ひとつのモニターで頑張っている初心者だとわかりづらい部分もあるかなとも思いますが、やろうと思えば複数のチャートをひとつのモニターでチェックも出来るし(チャートを出したり引っ込めたりは面倒ですが)、昨夜取れた人もそうでない人も次回に備えての参考にしてもらえたら嬉しく思います。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者も領域展開を目指そうの画像

    fx初心者も領域展開を目指そう

  2. fx初心者は根拠を探す習慣を付けた方がいいですよの記事の画像

    fx初心者は根拠を探す習慣を付けた方がいいですよ

  3. fx初心者は次の一歩を考えて行動してみてねの記事の画像

    fx初心者は次の一歩を考えて行動してみてね

  4. fx初心者は失敗からも学ぼうの画像

    fx初心者は失敗からも学ぼう

  5. fx初心者は安直とシンプルは違うから間違わないでねの記事のアイキャッチ画像

    fx初心者は安直とシンプルは違うから間違わないでね

  6. fx初心者は基本的な事をまず経験してみようの記事の画像

    fx初心者は基本的な事をまず経験してみよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PR

本ページはプロモーションが含まれています

PAGE TOP
error: Content is protected !!