fxブログ

fx初心者のためのやり方の提案

今回はもう少し具体的にfx初心者のためのやり方の提案をしていきたいと思います。

デモトレードから始めるのはわかったけれどその先がわからないという人向けに今回はMT4を中心に書いていきます。

MT4はチャート分析用として使います。

いろんなスタイルがあると思うので、これが正解というわけではないでしょうが、この方法がわかりやすいかなと思っているので提案してみました。

MT4を使うのは難しそうだなと感じているのかもしれませんが、全然そんなことはありません。

英語が堪能な人なら海外のどのfxのサイトからでもダウンロードすることが出来るでしょうし、英語はちょっと苦手だなと感じている人でも日本語対応のサイトもあるので安心してください。

今回はMT4をダウンロードするだけなので、リアル口座を開設する必要はありません。

日本語対応でメジャーな所といえば、FXDDさんとXMTradingさんかなと思いますが、FXDDさんはデモ口座の使用期間は3か月で、XMTradingさんは最後のログインから90日間使うことが出来るようです。

なので、おすすめはXMTradingさんがいいのではないかなと思います。

どこのMT4でもほとんど違いはないと思います。

FXDDさんはデモ口座の開設は簡単なんですけどね。

XMTradingさんは少しだけ面倒なのですが、そんなに難しいものではありません。

検索ワードは、XMTrading デモ口座 方法ですぐに出てきます。

10分かからないくらいで完了するみたいなので頑張りましょう!

MT4はチャート分析用

どうしてMT4にこだわるのかという疑問をfx初心者さんは持つかなと思います。

答えは簡単でメッチャ便利だからです。

MT4は世界中の多くのトレーダーさんが使っているらしく、MT4用のインジケーターはメチャクチャたくさん出ていて、無料インジも沢山あるのです。

無料インジはピンからキリまであって、中には有料級のものまであります。

今回は無料インジを使ってチャート分析のやり方を提案していこうと思います。

どうして提案というふうにしているのかというと、チャート分析のやり方は人それぞれなのでこれが正解というものはあってないようなものだと考えているからです。

基本的には5分足をメインに考えていて、日足から順に4時間足、1時間足、30分足、15分足とみていきます。

慣れてくればそんなに時間をかけないで各時間足のチャートをチェックしていけるようになるのではないかなと思います。

主にチェックするのはローソク足の方向です。

各時間足のチャートがどちらに向かっているのかを確認していって、今後5分足のチャートではどちらに進んでいくのかを予測するためです。

当然予測なので、外れることもありますが、練習を重ねていけばその精度は上がっていく確率が高いです。

より精度を上げるために無料インジを使います。

MT4の初期設定

もうMT4はダウンロードできたでしょうか?

ダウンロードしたのはインストーラーなので、自分のパソコンにインストールをする必要があります。

初めてのインストールであればそのままインストールすればいいのですが、2回目になってくるとパソコンに新しくフォルダーを作る必要があります。

場所はプログラムファイルで、2つある場合はMT4のフォルダーがある方です。

インストールが終わったら、ユーザーIDとパスワードを入力すれば使えるようになります。

わからなかったら、ネットで調べればすぐにわかると思います。

最初は気配値やらナビゲーターやら表示されていますが×のマークをクリックして消してください。

最初は1時間足のチャートになっているかもしれないので、5分足に変えたりローソク足に変えたりと初期設定をしなくてはいけません。

mt4のインストール直後の画像

この状態ではかなり使いづらいので設定を変えます。

mt4の初期設定の説明の画像

最初にするべきことは赤枠、青枠と黄色枠で、もし、緑枠がオンになっていなければクリック(通常はオンになっているはず)。

青枠をクリックするとバーチャートがローソク足になります。

あんまり変わらんやんと思われるかもしれませんが、赤枠らが並んでいるところの虫眼鏡のプラスのマークを2回クリックしてください。

赤枠をクリックするとローソク足が左に少しスライドしてチャートの右側にスペースが出来ます。

H1は1時間足を表しているのでM5の5分足のチャートにします。

どうして5分足のチャートにするのかというと、初心者さんは5分足が見やすいかなと考えたからで、1分足だと動きが激しいし、15分足だと動きが鈍いです。

まだこれでもみづらいですね。

今度はチャート上を右クリックしてプロパティを選択してください。

上昇バーと上昇ロウソク足を好きな色に統一(緑が多いかな)、下降バーと下降ロウソク足を好きな色に統一(赤が多いかな)。

次に左上にある全般タブをクリックして、グリッドの表示のチェックを外して、色の設定タブをクリックして(全般タブはそんなに使わないので)OKをクリックしたら初期設定は終了です。

次は無料インジを入れていきます。

チャート分析に便利な無料インジ

無料のインジといっても使えるインジもたくさんあります。

このブログではコピー&ペーストが出来ない設定になっているので、ここで無料インジの名前が書いてあっても自分でメモ帳などに手書きで書き写すしか方法がありません。

ちょっと面倒ですよね。

なので、お問い合わせから24日分の記事に出ている無料インジの情報を送って欲しいとメールしてくれればおすすめの無料インジがダウンロードできるサイトなどを返信します。

おすすめの無料インジは、KawaseOsyo MarketOverLap、KawaseOsyo_Price、SS_SupportResistance、S-TYPE_ZigZag、Vulkan Profit、SEFC10とGrail-Indicです。

KawaseOsyo MarketOverLapは日本時間表示の優れもので、KawaseOsyo_Priceは通貨ペア、現在の価格、残りの時間をチャート上に表示してくれます。

SS_SupportResistanceはレジスタンスとサポートのゾーンを表示してくれます。

S-TYPE_ZigZagは、ジグザグライン、プライス、トレンドライン、水平ラインを表示してくれます。

Vulkan Profitは、エントリーサインを出してくれます。

SEFC10は、天井や底付近で水平ラインを表示してくれます。

Grail-Indicはローソク足の方向を見るのに便利です。

いつもだと無料インジは赤の文字で表記しているのですが、今回は見づらくなってしまうかなと思ってあえて黒の文字で表記しています。

これらをダウンロードしたらMT4に入れていきます。

割と簡単な方法は、まずパソコンにフォルダーを作っておいて、そこにダウンロードした無料インジを入れます。

そして、すべて選択をしてコピーします。

MT4のファイルをクリックしてデータフォルダを開くを選択。

MQL4をダブルクリックしてIndicatorsを選択してペースト(貼り付け)したら一度MT4を終了。

終了の方法は右上の×のマークをクリックするだけです。

再度起動したらファイルと書いている所に表示と挿入という文字がありちょうどその真ん中あたりの下に黄色の星のようなマークがあるのでそれをクリックするとナビゲーターが表示され、その中に先ほど入れた無料インジが入っていることを確認してください。

そして、それらをひとつずつクリックアンドドラッグしてチャート上に持ってきます。

設定画面が開くのですが今はそのまま閉じてください。

テクニカル分析

無料インジは基本的にはデフォルトのままでOKです。

SS_SupportResistanceはVarifiedとuntested、turncoatをtrueにして、あとはデフォルトのままでいいです。

まず、Grail-Indicを中心にみます。

日足のチャートのGrail-Indicが上に向かっているのか下に向かっているのかをチェックします。

同じように4時間足、1時間足というようにGrail-Indicの向かっている方向をチェックしていきます。

これで各時間足の足の方向が大体わかりますね。

もちろん途中でGrail-Indicの方向が変わることもあるので一度チェックしたからいいというものではないので気を付けてくださいね。

これも練習が必要です。

日足では下に向かっているのに4時間足では上、1時間足でも上とかであれば、下げの中の上げ(戻してきている)というような判断ができますね。

どのGrail-Indicも下に向かっているのであれば勢いがある可能性があると判断できるのではないでしょうか。

こうやって、各時間足の方向が推測できたら、5分足のチャートにもどって、レジスタンスとサポートゾーンをチェックしてエントリーのチャンスがあるかを判断します。

エントリーする時は必ずSEFC10が出ているかを確認してくださいね。

エントリーのタイミングはVulkan Profitが出たらです。

Vulkan Profitはお気に入りの無料インジでかなりいいところでエントリーサインが出ることが多いと感じているのですが、それでもダマシはあります。

ダマシが多い時もあれば少ない時もあります。

こういったやり方でfx初心者さんは練習をしていってみてはどうでしょう。

これだけでも結構練習になると思います。

まとめ

今回はfx初心者のためのやり方の提案と題して、チャート分析のやり方の提案をしてみました。

MT4の使い方を中心に記事を書いていったのですが、MT4の使い方の主目的はチャート分析で、その分析に役に立ちそうな無料インジも紹介しています。

どれも使い方は簡単です。

そして、ちょっと面倒なのですが、エントリーは国内のデモ口座で行ってくださいね。

Mt4のデモでも出来るのですが、MT4はちょっと癖があるのでまだ慣れていないfx初心者さんだと困惑してしまうかもしれません。

チャート分析もすぐに出来るようになるものでもないかなとは思いますが、チャート分析が出来ないとfxで稼ぐことはかなり困難になってくると思うのでしっかりと練習を重ねていってくださいね。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者はブレイクアウトも意識して使ってみてねの記事のアイキャッチ画像

    fx初心者はブレイクアウトも意識して使ってみてね

  2. fx初心者はまずどこに投資した方がいいのかの提案の記事の画像

    fx初心者はまずどこに投資した方がいいのかの提案

  3. fx初心者はエントリーの前に方向を分析してねの記事の画像

    fx初心者はエントリーの前に方向を分析してね

  4. fx初心者は要所のチェックを習慣化してねの記事のアイキャッチ画像

    fx初心者は要所のチェックを習慣化してね

  5. fx初心者にとって儲かるというのは幻想の記事の画像

    fx初心者にとって儲かるというのは幻想

  6. fx初心者は客観的にチャートを見る練習をしようの記事の画像

    fx初心者は客観的にチャートを見る練習をしよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PR

本ページはプロモーションが含まれています

PAGE TOP
error: Content is protected !!