fxブログ

fx初心者の為の無料インジを使ったエントリーの提案の記事の画像

fx初心者の為の無料インジを使ったエントリーの提案

今回はMT4用の無料インジで平均足スムーズドを使ったエントリーの提案をしていきたいと思います。

当然これが出来たからといってfxのトレードでガンガン稼ぐというわけにはいかないのでしょうが少しでも可能性を上げるという目的であれば有効ではないかなと思います。

正確に表現すると平均足スムーズドでエントリーポイントがわかるというものではありません。

少なくともfx初心者さんがよくやってしまうであろう高値圏で買いのエントリーや安値圏での売りのエントリーは少しは回避できるのではないかなと思います。

もちろん相場というものは毎回わかりやすい展開というわけでは無いので判断が難しい場面というのもあります。

そういった場面ではfx初心者さんは様子見をするのが1番ではないかなと思います。

そしてこれはどんなノウハウやインジでもいえると考えているのですがデモトレードで練習をするという事が前提条件でありこれで勝てる気になってしまってもfxというものはそう甘くはないという事もしっかりとインプットしておいてくださいね。

このブログ、FX初心者がノウハウやインジで稼ぐ方法2ではもう何度も紹介しているSmoothed_HAS alerts button 1.02を使用します。

平均足スムーズドの無料インジは他にも幾つもあるようなのですがこれはボタンが付いているのでチャートが見づらいなあと感じたら表示を簡単に非表示にする事が出来るので便利だなと感じています。

僕はfx初心者さんには最初のノウハウ(fx教材やfx商材と呼ばれているもの)には今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターをおすすめしていてこれにも平均足スムーズドのインジが入っているのですが僕はSmoothed_HAS alerts button 1.02に変えています。

そして無料インジは単体だとかなり不安なので幾つかの無料インジと併用して使っています。

エントリーポイントを示してくれるVulkan Profit、とりあえずの高値や安値を示してくれるzigzagtriad-mtf+alerts2に似たような感じの3_Level_ZZ_Semafor mtf alerts nmcと高値や安値付近でラインが表示されるSEFC10、サポートやレジスタンスをゾーンで表示してくれるSS_SupportResistanceがあると不安も幾分か解消してくれるのではないかなと思います。

また2つのMAライン(300と90)も使っています。

確率は上がるかなとは思いますが信用しすぎるのは危険かなと思います。

勝率6割くらいでいい時で7割くらいになるように練習してみるといいのではないでしょうか。

今回紹介している無料インジ(確かほとんどだったと思います)はトップページのお知らせの所の投稿記事100回記念プレゼントのページの下の方からダウンロード出来るようにしています。

より確率を上げようとするのであれば紹介しているノウハウ(今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターやドラゴン・ストラテジーFXとかね)と組み合わせると可能性は上がるかもしれませんね。

一の型

fx初心者さんはドル円相場スタートの人が多いだろうなあと予想しているのでドル円相場の5分足のチャートで記事を書いていきます。

そしてこのチャートはドラゴンストラテジーFXのチャートです。

ドル円相場ドラストfxの5分足のチャートの画像1 クリックするとちょびっと拡大します

この画像の黄色の枠で囲っている部分は昨夜の8時近辺のものです。

中国政府がエバーグランデに関してコメントを出した時だと思うのですがガクッと下落していますね。

その前からSmoothed_HAS alerts button 1.02はグリーンですが通常よりも実体が小さくこの下落で赤に変わりました。

注目して欲しいのはその後で平均足が陽線に変わってSmoothed_HAS alerts button 1.02の実態もだんだんと小さくなっていっていますね。

そしてSmoothed_HAS alerts button 1.02を抜けていっています。

そのタイミングでエントリーサインが出ていますね。

このタイミングの取り方を練習するといいのではないかなと思うのです。

平均足だとわかりづらい人もいるかもしれないのでローソク足の今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターの同じくらいのタイミングの画像も貼っておきます。

黄色の枠で囲まれた部分です。

ドル円相場今までにの5分足のチャート画像1 クリックするとちょびっと拡大します

Smoothed_HAS alerts button 1.02の実体の色が変わるタイミングを狙うというのが狙い目なんじゃないかなと思います。

もちろん反対の動きをする事もあるのでチャート分析をしっかりとする必要もあり慎重に判断をしないといけませんね。

逆に足が動いた時の為に損切り設定も習慣にして損失を許容出来る範囲内で抑えるという事も習慣にしてくださいね。

二の型

1の型は比較的初動を捉えるという方法を提案してみたのですがチャートを開く度にこんな場面ばかりという事はないですよね。

昨夜はたまたまと考えた方がいいのかもしれませんよ。

多くの場合が動きが出てきて時間が経っているという場面だったりしてSmoothed_HAS alerts button 1.02の実体も大きな状態なんじゃないかなと思います。

このSmoothed_HAS alerts button 1.02の実体が大きな時は慣れるまでは様子見をするようにした方が無難ですよ。

もともと何処でエントリーをすればいいのかがわからないのであればこういった途中でのエントリーは慣れが必要なので手を出さない方がいいですよ。

では狙い目は何処かというとここでもやっぱりSmoothed_HAS alerts button 1.02の実体が小さくなったところです。

ドル円相場ドラステfxの5分足のチャートの画像2 クリックするとちょびっと拡大します

画像の赤色系のMAラインは300で黄色いMAラインは90です。

どちらもまだ上を向いていますね。

こういった場面だとまだ上に行く可能性が高いかなと僕だったら判断します。

なので目線は上に絞ってSmoothed_HAS alerts button 1.02の実体の色が緑に変わるのを待ちます。

この時はSmoothed_HAS alerts button 1.02の赤色系の実体が小さいままだったのでわかりやすいかなと思います。

そしてエントリーサインが出たら可能性が高くなるのですがここで気を付けて欲しいのがもうすでに上昇局面が続いているので欲張らない事です。

こんな感じで欲張ってはいけない場面の把握だと今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターのエントリーチャンスというインジとSPやNEOの組み合わせが便利なのです。

⇒ 今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーター

いまいしMAラインというものがわからないという人であれなこのMAラインに加えて今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターの2つのバンドがあるとわかりやすくなるのかもしれませんね。

ドル円相場今までにの5分足のチャート画像2 クリックするとちょびっと拡大します

こういったチャートの方が分析はしやすくなるのではないでしょうか。

チャート分析はMT4でやってトレードは国内のfx会社のチャートという風に使い分けも出来た方がいいのではないかなと思います。

三の型

1の型では下降の流れから上昇の流れに変わった所(実際には109円30銭が当面の底でそこからの戻しの途中なんですけどね)を狙う方法の提案で2の型はその上昇が一服してヨコヨコもしくはちょこっと下に戻してから再度上昇の所を狙うという方法の提案でした。

3の型では上昇の場面から下降の場面へと変わった所を狙うエントリーの方法の提案です。

ドル円相場ドラストfxの5分足のチャート画像3 クリックするとちょびっと拡大します

こういった所を上手く捉えられたらめっちゃ気持ちいいですよね。

Smoothed_HAS alerts button 1.02の実体がちっさくなって色が緑から赤に変わる所は1の型2の型と変わりはないのですが2つのMAラインが近くにありますよね。

しかもどちらも角度が大きくないですね。

2つのMAラインが離れていればクロスする事はまず無いのですが近くにあるという事はクロスする可能性が上がっていると捉えてもいいのではないでしょうか。

そういった場面でのSmoothed_HAS alerts button 1.02の実体が小さくなってきてSEFC10(ラインが出るまでに時間がかかるのでどのタイミングで出たのかは不明です)が出ていてVulkan Profitのエントリーサインだけでなくドラゴンストラテジーfxの大小2つのサインも出ていますね。

この3つのパターンを意識するだけでも失敗する確率というのは軽減する可能性が上がるのではないかなと思います。

僕はさらに確率を上げたくってドラゴンストラテジーfxを導入しているのですがドラゴンメーターで勢いも少しはわかるので判断がやりやすくなったなあと感じてもいます。

⇒ ドラゴン・ストラテジーFX

ここで気を付けて欲しいのがドラゴンストラテジーfxは慣れてきたfx初心者さんというか今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターに慣れてきたfx初心者さんにおすすめしています。

その理由はポジションの保有が比較的長くなるからです。

ポジションの保有が長くなるとその分リスクが大きくなります。

リスク管理が出来るのであればいいのですがその可能性はまだ低いのではないかなと思うので実力が十分につくまでは無理はしない方がいいですよ。

イグジット

fx初心者さんが悩んでいる事の2つ目は何処でイグジットつまり利確をすればいいのかという事ではないかなと思います。

ただ何処でイグジットをすればいいのかの正しい答えというものは無いと考えているので明確な答えを提示する事は出来ません。

それは人によって条件が違うからで同じ5分足でも実力の差というものはどうしても出てしまうと思います。

リスク管理が少しは出来るようになってきたのであれば何かしらのきっかけ(SS_SupportResistance、zigzagtriad-mtf+alerts2、3_Level_ZZ_Semafor mtf alerts nmc、MAライン等)といった所まで足が来たらイグジットをすればいいかなと思いますし、まだまだ自信が無いのであればボリンジャーバンドを利用すればいいかなと思います。

ボリンジャーバンドは国内のfx会社さんのデモトレードのチャートでも使える所が多いので表示しておくといいですよ。

Smoothed_HAS alerts button 1.02の実体が大きい時にイグジットをするのはもう少し待った方がいいんじゃないかなと思います。

もちろん状況が急に変わるという事もあるので絶対にという事ではないのですがこういった場合というのは指標発表や要人発言の場合が多く予め予定されている事であるのであればその時間帯はポジションを持っていない方がいいと思います。

今夜でいえば午後11時からアメリカのパウエルFRB議長の発言が予定されているのでこういった時は気を付けた方がいいですね。

また昨夜の様に急に情報が入ってくる事もありますね。

これって一般人では防ぎようが無いのだと考えています。

出来る事は損切り設定を入れておくという事くらいかなと思うのでしっかりと習慣化しておくといいのではないでしょうか。

あとがき

今回はエントリーの提案をしてみたのですがすぐに出来るようになるというものでも無いかなと思います。

しっかりとデモトレードで練習を重ねていって欲しいなあと思います。

MT4用の無料インジのSmoothed_HAS alerts button 1.02を使うと判断がしやすくなると感じているのですがfxのトレードのやり方というのはこれだけでは無いのでこれが出来るようになったからといって勝ち続けるという事は出来ないと考えてくださいね。

タイミングもあるし判断のしづらい時だってたくさんあると思います。

ひとつの方法を学んだという風に考えてどんどん自分の武器を増やしていって欲しいなあと思います。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者はエントリー法の再確認で発見があるかもの記事の画像

    fx初心者はエントリー法の再確認で発見があるかも

  2. fx初心者は修正能力を上げてステップアップしていこうの記事の画像

    fx初心者は修正能力を上げてステップアップしていこう

  3. fx初心者はその優位性を活かしてステップアップしてねの記事のアイキャッチ画像

    fx初心者はその優位性を活かしてステップアップしてね

  4. fx初心者さんにノウハウの導入をおすすめする理由の記事の画像

    fx初心者さんにノウハウの導入をおすすめする理由

  5. fx初心者は損切りを使いこなす事も大事の記事の画像

    fx初心者は損切りを使いこなす事も大事

  6. fx初心者は待つ事をマスターしようの記事の画像

    fx初心者は待つ事をマスターしよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PR

本ページはプロモーションが含まれています

PAGE TOP
error: Content is protected !!