fxブログ

fx初心者はエントリーの精度を上げる努力が必要ですの記事の画像

fx初心者はエントリーの精度を上げる努力が必要です

エントリーの精度とはどういう事なのかがわからないかもしれない人もいるかもしれませんね。

僕の過去でいうとまだfxを始めてそんなに時間が経っていない頃もうそろそろ底だろうと感じたので買いのエントリーをしたら一瞬上がったのですがすぐさま再びゆっくりとした下降に転じ損切りラインを越えようとしていたので損切りラインを下方向へ移動してしまった事が何回かあります。

そして損切ラインのネガティブな方向への移動が1回だけであればまだよかったのかもしれませんがその時はそういった事が何回かあって結局ちょっとした額の損失を計上してしまったという苦い経験があります。

僕がfxのトレードを始めた頃はまだfx関連の情報も充実していなかったように記憶しています。

もしかしたら僕の検索能力が低かったのかもしれませんけどね。

確かデモトレードの存在すら知らなかったのかもしれません。

多くの事が行き当たりばったりで結局一旦撤収という選択をしました。

その時はいきなり海外のfx口座を開設して始めたのですからかなり無謀だったなあと思います。

わからない事が出てきてfx会社のサポートに連絡をしても片言の日本語の人が担当していて何度もそこでのサポートにがっかりした事を覚えています。

fxの口座も送金に手数料が結構かかって撤退を考えた時にあと数万円残っていたのですが今はどうなのかなわかりませんが口座維持料だとかで少しずつ口座の残金が減っていったのも覚えています。

どうしてこうなったのかというとノウハウのうたい文句に惹かれたからでした。

それはEAのノウハウで5万円位した記憶があります。

ほぼほぼ利益が出ず途中から手動(裁量)に切り替えたのですがMT4もろくすっぽ扱えない程度の実力だったので何をやっても結果はいいものではありませんでした。

あまり自覚はしていないのですがきっと負けず嫌いなんだと思います。

そこでfxを止めていればこういった記事を書いていなかったのかもしれませんが僕の場合それからかなり勉強をしました。

エントリーについてだけでなくテクニカルな事その延長でノウハウの事も随分と調べたり購入したりしていきました。

僕もまだまだfx初心者のレベルの時はとにかくエントリーに注目していてノウハウやインジを漁っていました。

今から思えばこれも勉強だったんだなあと思います。

エントリーについても自分的にはかなり理解出来たのではないかなと思いますし何よりも冷静にチャートを見る事(分析する事)が重要なんだなという事に気が付けたのはよかったかなと思います。

fx初心者さんがエントリーの精度を上げる重要な要素なんじゃないかなと思います。

Contents

きっかけを重視しているのか

まっさらなチャートでは中途半端な所で足が切り替えしているように見える事がありますが多くの場合は理由があったりします。

その理由とはきっかけです。

まっさらなチャートでもわかりやすいきっかけはラウンドナンバーやキリ番と呼ばれるものですね。

110円ちょうどであったり110円何十銭ちょうどといったきりのいい数字の所は多くの人が注目をしていたりするものなんじゃないかなと思います。

超fx初心者さんだとそんなものがまだ見えていなかったりすると思うのでお構いなしに自分の直感でこういったきっかけとなりそうな所でも逆方向にエントリーをしてしまって痛い目にあってしまうという事は誰しも経験のある事ではないかなと思います。

直近の高値や安値というのも注目されやすい所ですね。

もう少し上達してくるとMAラインがいかに重要なラインなのかという事もわかってくると思います。

また見えていないだけで存在するきっかけというものもあります。

それは上位足のMAラインというものです。

fx初心者さんは5分足のチャートをメインにしている事が多いかなと思いますが世界中のトレーダーさん達も同じかというとそうではないのです。

上位足のチャートのチャート分析が大事ですよというのは流れを分析するだけでなくこういったMAラインのチェックも重要なのです。

こういったきっかけを意識するだけでもエントリーの精度というものは上がるのではないでしょうか。

許容損失額を超える時は様子見

fx初心者さんは負わなくてもいいリスクは負うべきではないかなと考えています。

負わなくてもいいリスクとは無謀なエントリーの事です。

直感でエントリーするという事は問題外なのですが許容損失額を超える損切り設定をしなくてはいけない時というのもリスクが通常よりも上がってしまうので避けた方が無難ですよ。

どうしてもデモトレードの時というのは仮想資金が300万円とかなので緩くなってしまうと思いますがもしリアルであれば数万円からのスタートの人が多いのかなと思います。

この数万円の1パーセントくらい(詳しくはマーケティングfxのLPの資金管理の所を読んでくださいね)を前もって算出しているといいですよ。

具体的な1トレードでの損失許容額が出ればその数字は断固厳守をした方がいいですよ。

トレードをしていると時として損切り幅を大きく取らないといけない時という場合があります。

それだけリスクが大きくなるという事ですよね。

fx初心者さんは実力がまだ不十分なのでこういったリスクは出来るだけ避けた方がいいのではないでしょうか。

勝てる根拠というものがあればまだ挑戦してみる価値はあるかもしれませんが基本的にはいくらデモトレードだとしてもいい練習にはならないと思うので様子見という選択肢を真っ先に選択するのがいいのではないかなと思います。

徹底的にリスクは避けた方がいいのではないかなと思うのです。

この習慣がリアルトレードの時に役に立つのではないでしょうか。

どうすれば精度を上げる事が出来るのか

きっかけを意識するだけでもエントリーの精度は上がるかなとは思いますがfx初心者さんの場合トレード時間等の制限があると思うので出来るだけチャンスは拾っていきたいと考えるのではないかなと思います。

チャート分析をしっかりと行うという事とノウハウやインジを導入してみるというのもエントリーの精度を上げる為のいい練習になるのではないでしょうか。

ノウハウに関してはあまり複数のノウハウを組み合わせて使うという事は無いと思うのですがインジに感じては複数のインジを併用するのがいいと考えています。

いくら有料のインジでも僕は複数のインジを併用して使った方がいいのではないかなと思います。

その理由は聖杯というものは存在しないからです。

僕の場合はMAラインやサポレジ、ジグザク等といった違ったタイプのMT4用の無料インジとエントリーサインを出すインジを複数入れています。

違ったタイプのインジはエントリーポイントの予測やイグジットポイントの予測等に使い複数のエントリーサインはエントリーを考える時に使っています。

どうして複数のエントリーサインのインジを使っているのかというと無料インジは2つのインジを主に使っていてひとつは早めにエントリーサインを出してくれるものと思った以上にいいポイントでエントリーサインを出してくれるインジです。

早めにエントリーサインを出してくれるものはエントリーチャンスを教えてくれるようでもうひとつはエントリーを考えるように使っています。

慣れが必要かもしれませんが練習してみる価値はあるのではないかなと思います。

失敗する時は誰でも失敗する

失敗しても実質的な損害は被らないものの失敗するとデモトレードといっても嫌なものだと思います。

僕は失敗した時は改善出来るいいチャンスと捉えています。

そもそもfxのトレードに完璧は無いのだと考えていて誰にだって失敗する時はあるのだと思います。

fxのトレードが上手いトレーダーさんはわからない所ではエントリーしないだろうから失敗する確率が低いのかなと考えています。

もちろんわからない所がそう多くは無いだろうなあとも考えていますけどね。

自分のルールを厳格に守ったとしても失敗する時は失敗します。

それはチャートにはいろいろな思惑が渦巻いているからで個人のトレーダーではどうする事も出来ない場面というのもあるのかなと思うのです。

自分のルールに基づいているのであれば失敗は恐れない方がいいと思います。

それは失敗する事によって自分の経験値が上がるからです。

経験値が上がるという事はエントリーの精度を上げるという事にも繋がってくるのではないかなと思います。

失敗を恐れてしまっては前に進めませんが失敗を出来るだけ研究をした方がいいと思います。

どうして失敗をしてしまったのかを考えなければ自分のルールを改善出来ないだろうしアイディアも出てこないのではないでしょうか。

ノウハウに関しても言われた事をやっていても勝率はそこそこかなと思います。

度が過ぎる改善はどうかと思いますが研究する事は自分の実力を上げるいい練習になるのではないかなと思います。

あとがき

fx初心者さんのエントリーはまだまだ精度が低いのかなと考えたので今回の記事タイトルはfx初心者はエントリーの精度を上げる努力が必要ですというものにしてfx初心者さんのエントリーの精度を上げるきっかけになればと思います。

fx初心者さんは失敗から学べる事がたくさんあるので自分のエントリーの精度を上げる努力と共に自分のルールも確立させるという事にも意識を向けてみてはどうでしょう。

どちらもfxのトレードをやっていく上では重要な事だと思うのでトライしてみて欲しいなあと思います。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者もエントリー前の準備が重要なのですの記事の画像

    fx初心者もエントリー前の準備が重要なのです

  2. fx初心者は期待ではなく事実を意識してねの記事の画像

    fx初心者は期待ではなく事実を意識してね

  3. fx初心者は通貨ペア選びが練習に影響するの記事の画像

    fx初心者は通貨ペア選びが練習に影響する

  4. fx初心者も市場の動きに注意しようの記事の画像

    fx初心者も市場の動きに注意しよう

  5. fxはビジネスです

    FXとはとどのつまりビジネスなんです

  6. fx初心者がまずやることを考えてみましたの記事の画像

    fx初心者がまずやることを考えてみました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PR

本ページはプロモーションが含まれています

PAGE TOP
error: Content is protected !!