fxブログ

fx初心者は動かない相場でイライラしないようにねの記事の画像

fx初心者は動かない相場でイライラしないようにね

あまり動きが出ない傾向にあるのが8月の相場というものだと考えているので僕の場合はしばらく様子を見てチェックしている通貨ペアのチャートのどれもがそんな感じだったら諦めてチャートを閉じることにしています。

9月に入ってくれば早々にチャートを閉じるなんて事はしないのですが見方を変えればこれも8月ならではなんじゃないのかなと思います。

動かないといっても少しは動いているので細かく取っていくというやり方もあるのですが、特に今年はオリンピックもやっているのでチャートよりもオリンピックのハイライトの方がどうしても気になってしまうので大きなテレビの方に行ってしまっています。

今はまだいい方でこれからお盆にかけてもっと東京時間は動かなくなってくるかなと考えているし海外もワクチン接種を済ませているトレーダーさん達はバカンスにいっているだろうから仕方が無いのかなあと考えています。

こんな状況なのでfx初心者さんはfxのトレードに気合を入れたり集中したいと考えているのかもしれませんが全体が停滞ムードの時はその流れに合わせた方が精神的にも楽なのではないかなと思います。

頑張る事を否定するつもりはありませんがこういった流れに乗ることも大事なんじゃないでしょうか。

いつかどこかで聞いた事があるのですがチャートで動きが出た時でも日本人はもうそろそろ止まるんじゃないかという心理が働きやすいのだとか。

欧米のトレーダーさん達だと流れが出ているんだったらその流れに乗ってしまおうという心理が働きやすいのだそうです。

東京時間だとまだプレイヤーは日本人も多いだろうからこの感覚でもまだ通用するのかもしれませんがロンドン時間やニューヨーク時間になってくるとメインのプレイヤーはもちろんですが日本人ではありません。

チャートを開いていると日本でトレードをしているという感覚になっているのはもしかしたら仕方の無い事なのかもしれませんがチャートの向こうの人達は欧米人だったりするので感覚的な事も慣れていく意識を持った方がいいのではないでしょうか。

参加者が少ない時というのは比較的にチャートは動かない時が多くて時折よくわからない大きな動きが出たりする事もあります。

イレギュラーな動きに巻き込まれないようにして欲しいなあと思うのと同時に動かない相場にイライラしても仕方が無いのでそんなものなんだと考えるようにして欲しいなあと思います。

もちろん8月限定ですが。

もしくは細かく取っていく練習をするというのも日本人には合っているのかもしれませんね。

こういった場合であればスキャルピングという手法を練習してみるにはもしかしたらいい時期なのかもしれませんね。

僕はものの考え方や行動パターンをメインプレイヤーに合わせたいと考えている方なのでみんながバカンスを楽しんでいるのであれば僕もというタイプなのです。

期待しても動かない時は動かない

fxのトレードって稼ぎたいなあと考えている時に限って相場はあまり動かなかったりちょっと油断をしている時に限っておいしい動きをしたりすることがあるなあと感じる時があります。

なので8月ももしかしたらと考えてしまうfx初心者さんはいるのかもしれませんね。

確かに夏の枯れ相場といっても全く動かないわけでは無いのでコツコツ取っていくというのもいい経験にはなるかなとは思いますが、参加者が少ないこの時期に関しては期待しても動かない時は動かないと考えた方が気が楽になるのではないでしょうか。

特にドル円相場は比較的動きが大きくは無い事がよくある通貨ペアだと思うのですが、そしてfx初心者さんはドル円スタートをする人が多いのではないかなと考えていてそもそも大きな動きが比較的多いとは感じられない相場で参加者が少なかったらそりゃあ動かないですよ。

たまに誰かが仕掛けてくるという事もあるかもしれませんが、こういった時というのは察知のしようが無いのかなと考えています。

なのでどちらかというと巻き込まれてしまう危険性の方が怖いなあと考えてしまうのです。

fx初心者さんが初めての夏の枯れ相場を経験しているのであれば動かないんだなあと実感する事が大事かなと思います。

そしてこの時期の過ごし方を研究してみるといいのではないでしょうか。

イライラするという事はギャップを感じているからかも

思うように物事が動かない時というのはどうしてもイライラしてしまうのではないでしょうか。

イライラしてしまうという事は冷静では無いという事なのではないかなと思います。

冷静では無いという事はトレードをするには適している精神状態ではない可能性があるのでその対処法を探してみた方がいいのではないかなと思います。

まずイライラしているなあと感じたのであれば一旦席を離れて深呼吸してストレッチをしてみるといいのではないでしょうか。

落ち着いてからチャートを見ると今まで見えてこなかったものが見えてくる事もあるのかなと思います。

夏の枯れ相場の時だと動いて無いなあと感じる事の方が多いのかもしれませんが冷静になるという感覚を体験したことの方が重要かなと思います。

仮に席を離れた時に動いたのであればタイミングの取り方がまずかったなあと反省すればいいことなだけで席を外す時は何かのきっかけになりそうなタイミングではないかなとか気を付けるよう似ればいいのではないでしょうか。

逃したタイミングはどうしようも無いのですが次回のタイミングを掴めばいいだけの事だったりします。

動いて欲しいという気持ちと動かないチャートのギャップが大きいほどイライラしてくると思うのでこれは冷静になれというシグナルなんだなという風に考えて欲しいなあと思います。

工夫をする

トレーダーさん達の基本的な環境というのは机と椅子があってパソコンとモニターがあるのという風景なのではないでしょうか。

僕の場合なのですがじっと待つ時というのはいつもよりも時間の流れが遅く感じてしまうのです。

fxのトレードは待つ事も大事といろいろな所で耳にしそうな言葉ですが実際に待っている時というのは本当に退屈でしかありません。

それで僕はどうしたのかというとアマゾンでテレビチューナーを購入しました。

モニターのひとつをHDMIで繋いで席からは離れたくないけれどでも手持ち無沙汰で仕方がないという時にテレビはいい暇つぶしになります。

ネットで動画という方法も考えたのですが動画はどうしても自分が見たいものを選びがちでついつい見入ってしまう事があるのでテレビをメインに見ています。

テレビチューナーといっても手のひらサイズでミニBCASカードが付いていて約1万円で購入しました。

モニターにスピーカーが付いていないのでダイソーのスピーカーを使っています。

情報が欲しい時はfxの掲示板等をまわったりすることもありますがそうでない時はもっぱらテレビを見ています。

MT4のアラートが出たら即気持ちを切り替える事にも慣れたので案外いいかもなあと感じています。

イライラした状態でチャートを見てもいい結果を生み出す可能性はそんなに高くないと思うので何かしらの工夫を考えてみるのもいいのではないでしょうか。

動かなそうならチャートを閉じる

今夜の様な結構注目されている指標の発表、午後11時からアメリカのISM非製造業景況指数や明後日の雇用統計の発表がある時は大きく動く可能性があるのでチャートに張り付いているのですがそうでない時、8月限定ですが様子を見てこりゃ当分は動かんはと判断したらチャートを閉じるという事もします。

チャートを閉じて次の日の朝チャートをチェックする時に予想外に大きく動く時もありますが多くの場合が想定内の動きの事もありあまりもっとチャートを開いておけばよかったなあという反省に至ることはそう多くは今の所ありません。

ただfx初心者さんはここら辺が辛い所かなとも思います。

なぜならまだ動かない相場に慣れていないもしくは未経験であればある程度慣れるまでとかまずは経験してみた方がいいと思うからです。

多くの場合でそうだと思いますが知っていたり経験済みだといい判断が出来る可能性が高くなるのではないかなと思います。

また経験していれば8月で逃したチャンスよりも9月以降はもっと大きなチャンスが期待できるので焦ることも無いのかなと思います。

経験値にもよりますが場面によってはチャートを閉じて他の事に時間を使ってみるのも新鮮なのではないでしょうか。

ちょっとしたことでリフレッシュ出来たのであればまた冷静にチャートを見れる可能性も上がるのではないかなと思います。

あとがき

夏の枯れ相場という言葉があるという事は基本的には毎年この時期は参加者も少なく相場も大きくは動く可能性はそう高くは無いのかなと思います。

そんな中で大きく動く事を期待しても疲れるだけです。

イライラしてしまっても何も意味はないですね。

fx初心者さんはどうして動かないのかを調べて動かない理由を知った方が勉強になるのではないでしょうか。

fx初心者は動かない相場でイライラしながら本気を出しても得るものはそう多くは無いと思うのでイライラしながらチャートに向かう事は避けた方がいいと思います。

いろいろと制限のある夏ではありますが出来る範囲で夏を楽しんだ方が気持ち的にも上がるのではないでしょうか。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者は上手くいかなくなったらトレードスタイルを見直してみてねの記事の画像

    fx初心者は上手くいかなくなったらトレードスタイルを見直してみてね

  2. fx初心者は難しい展開の場面だと思うので注意してくださいねの記事の画像

    fx初心者は難しい展開の場面だと思うので注意してくださいね

  3. fx初心者のこのタイミングはルールの見直しに最適の記事の画像

    fx初心者のこのタイミングはトレードルールの見直しに最適

  4. fx初心者は併用を学び9月に備えようの記事のアイキャッチ画像

    fx初心者は併用を学び9月に備えよう

  5. fx初心者に役に立ちそうなヒントをピックアップの記事の画像

    fx初心者に役に立ちそうなヒントをピックアップ

  6. fx初心者の2時間の差は1年後大きな違いをもたらすかもの記事の画像

    fx初心者の2時間の差は1年後大きな違いをもたらすかも

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PR

本ページはプロモーションが含まれています

PAGE TOP
error: Content is protected !!