fxブログ

fx初心者のためのロット数の決め方の記事の画像

fx初心者のためのロット数の決め方

fxのトレードに興味があって調べたり勉強したりしているとロット数という言葉を見かけることもあると思います。

このロット数というものは、昨日書いたレバレッジよりも大事なものなのです。

fx初心者さんはレバレッジは当面無視していてもいいですよというような内容だったのですが、このロット数はそういうわけにはいきません。

レバレッジにしてもfx初心者さんであればデモトレードから始めることをおすすめしているので関係ないといえば関係はないのですが、ロット数はリアルトレードの場合常に調整をする必要があるのでデモトレードの時から練習をしていた方がいいです。

fxの掲示板を見ることもあると思いますが、その掲示板でエントリーする時に何枚というような表現をすることがあります。

これってロット数の事です。

fxのトレードに慣れている中級者以上(ここでいう中級者以上とはリアルトレード実践者のことを指します)の人であれば得意な場面とそうでない場面とを見分ける能力が初心者とはけた違いにあります。

これは知識、経験やテクニックの差ですが、自信のある場面ではロット数を上げて勝負に出たり、自信のない時やもしかしたら狙った感じの展開になりそうなときなどにロット数を下げて様子見程度のトレードをすることがあります。

こんな感じでその場の状況に応じてロット数を常に調整しながらトレードをするのが一般的ではないかなと思います。

なので、何ロットでトレードするのがいいのかというのは、そんなのないか、その場に合わせてロット数を調整するというのがリアルな答えではないかなと思います。

Contents

fx初心者にロット数は関係ない

何度もこのブログでは書いていますが、まだ勝ち方もわからないのにいきなりのリアルトレードはおすすめしません。

ほとんどの場合が何が起きたのかもわからないうちに自己資金がなくなってしまう可能性が高いからです。

知識、経験やテクニックをデモトレードで練習しながら身につけていくということをしっかりとしていった方がfxで生き残っていける確率は高いのではないでしょうか。

デモトレードでの練習は、いわば専門学校に通っているようなものなんじゃないかなと思います。

国内のfx業者さんのデモ口座でトレードを行うのですが、MT4もほぼ同時に海外のデモ口座からダウンロードしてチャート分析用に使うことをおすすめします。

ロットが関係してくるのは国内のfx口座の方です。

まだトレードを始めて間もないfx初心者さんだとロット数を気にする必要はないかなと思います。

その理由はまずは慣れることの方が先決だからです。

なのでロット数も関係なしに最初の使用期間が切れるまではとにかく慣れることに専念した方がいいと思います。

デモトレードなのでどんなにぼろ負けしてもその経験の方が貴重なのです。

だからといって最初から大きなロット数でやってもあまり意味が無いのでロット数は初期設定のままでもいいのではないかなと思います。

約3か月で使用期間が終了すると思いますが、その終わりごろくらいにロット数を変えてやってみると数値の動き方が違うので面白いのではないでしょうか。

ちなみにロット数の変更はエントリーのページで簡単にできると思うので気にすることはないと思いますし、慣れてきたら初期設定をいじってみるのもいい経験になります。

fxのトレードを始めてまだ間もない初心者さんはまず慣れること、そしていろいろと経験をしてみることが重要です。

知っていると気持ちに余裕が生まれます。

知らないと不安だらけで失敗しやすくなってしまいます。

なので、失敗しても問題のないデモトレードでたくさん経験をしておいてくださいね。

だからfx初心者さんには最初の使用期限が切れるまでくらいはロット数は関係ないと思うのです。

最初は1ロットから

最初の使用期限が切れるまではfx初心者さんにはロット数は関係ないと考えているのですが、デモトレードの再申請をしてからは初期設定を変更してロット数を1にするといいのではないかなと思います。

ロット数はリアルトレードでは直接自分の資金に関係のあることなので重要なのですが、まだまだ覚えなくてはいけないことがたくさんあるfx初心者さんの場合、ロット数の事を気にかけるのはまだこの段階では早いのではないかなと思います。

最終的にはトレード毎にロット数の調整をする癖をつけて欲しいと思うのですが、それはまだまだ先でもいいのではないかなと思います。

どうして最小ロット数の1をおすすめしているのかというと、この段階では数字の増減に気を捕らわれて欲しくないからです。

デモトレードなので勝とうが負けようが関係ありません。

重要なのはどうしてそうなってしまったのかを考えることです。

チャート分析の練習ですね。

チャート分析は実践形式でないと身につかないと考えています。

チャート分析の精度が上がれば根拠のあるエントリーをしやすくなります。

fxのトレードで重要なのは何処でエントリーをして何処でイグジットをするのかということが一番の肝ではないかなと思います。

リスクヘッジとして損切り設定も大事ですけどね。

これを繰り返すことによって利益を積み上げていくことが出来ます。

チャートは毎回同じ動きをすることはまずありませんが、経験を積んでいけば得意な場面とわからない時がだんだんわかってきます。

得意な場面ではロット数を増やし、わからない時には基本は様子見ですが、微妙な時でややこうじゃないのかなというような時は出来るだけリスクを低くするためにロット数を減らすという作業が大事になってきます。

この感じがわかってくるまでにはかなりの時間が必要になるのが一般的です。

そしてこうなっていくことがfxで稼ぐ事が出来る条件になってくるので、この感じを身につけていって欲しいと思っています。

その為には初期段階ではそこまで必要ではないロットの事はいったん置いといて欲しいので、また数字にとらわれていても仕方がない時でもあるのでロット数は1でいいのではないかなと思います。

慣れてきたらロット数を10にしてみる

だんだんとfxのトレードに慣れてきたらディティールにも気を回すことも意識していきましょう。

この段階で慣れてきたというのは、何となくでもチャート分析が出来るようになってきて根拠のあるエントリーが出来るようになって来たというレベルと考えていいんじゃないかなと思います。

気持ち的にはデモトレードでは継続して結果が残せるようになってきたのでそろそろリアルトレードに移りたいなと考えだすタイミングなのかもしれませんが、まだリアルトレードには移行しない方がいいと思います。

その理由はまだストレス耐性ができていないからです。

リアルトレードでは知識、経験やテクニックだけあっても稼ぐ事は困難なのです。

これら3つに加えてマインドセットと資金管理ができないとfxで生き残っていくのは困難だと考えていた方がいいです。

すっかりロット数1に慣れてしまっているのではないでしょうか。

今度は得意な場面やそうではない場面でのエントリーの時にロット数を10にしてみてください。

数字の動き方が一気に10倍になります。

数字の動き方が10倍になることでストレスも今まで以上に大きくなるのではないでしょうか。

このプレッシャーを学んで欲しいのです。

大きく数字が動くということはそれだけリスクも大きくなります。

日常生活の中で100円拾ったくらいではそんなに嬉しくもないのですが、100円を落とすと結構ショックだったりしませんか。

この感覚はトレードでも出てしまいます。

人は1円でも損はしたくないと感じるのではないでしょうか。

ポジションを持っている時に少しでもネガティブな方にローソク足が動いてしまうとショックだったりします。

これは当然の気持ちだと思いますが、これに耐えないといけなくて、考え方としてはこのくらいまでの損失は仕方がないという資金管理というテクニックが必要なのですが、それとは別にデモトレードで少しでも数字の大きな動きに慣れる練習をしていた方がいいのではないかなと思います。

ロット数10に慣れてきたら20に、20に慣れてきたら30にしてみてください。

デモトレードの内から大きな数字の変動に慣れておいた方がいいですよ。

ロット数の使い分けが出来るようになったらステップアップした証拠

大きなロット数での数字の変動に慣れてきたら、かつ継続して結果が残せるようになってきたら、ロット数の使い分けの練習をするように意識するといいです。

ロット数の使い分けが出来るようになれば、それはだんだんと得意な場面とそうではない場面との区別がつくようになって来た証拠だと思います。

それは自分のスキルがアップした証拠です。

こうなるまでにはかなりの時間がかかったと思いますが、コツコツと練習をしてきた成果だと思うので自分を褒めてあげてくださいね。

だからといってまだまだリアルトレードでは思う様には稼ぐことはできないと思うので更なる勉強や練習が必要です。

得意な場面とそうではない場面、わからない場面の区別をつける精度を上げること、マインドセットと資金管理のことも勉強しておいた方がいいです。

資金管理は前もって勉強をすることは可能ですが、マインドセットは実践の中でしか習得することはできないと思います。

なのでリアルトレードに移った時には最小限のリスクにするためにロット数は1から始めてくださいね。

また、1万通貨のトレードだとどうしても変動額が大きくなってしまうので初めてのリアルトレードの時は1000通貨からトレードができる所を選んだ方がストレスを少しは減らすことが出来るのではないかなと思います。

リアルトレードに移行する時は自分を過信せず、パニックになりそうになったらまたデモトレードで練習をしてくださいね。

まとめ

今回はfx初心者のためのロット数の決め方と題して記事を書きました。

レバレッジとは違ってロット数はトレード毎に調整をしていった方がリスクを減らす可能性が高いです。

その為の練習をデモトレードでたくさん練習をした方がいいです。

ですが、初期段階においてはロット数よりも覚えなければいけないことなどがたくさんあるので先にそれらの方を覚えていった方がいいと思います。

ある程度継続して結果が残せるようになってからロット数のことは気にするようにしても遅くはないのかなと思います。

とはいえロット数の使い分けはリアルトレードの場合自分の資金の増減に大きくかかわってくることなので疎かにしてしまってはいけないことなのでしっかりと練習をして欲しいと思います。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者は根拠を探す習慣を付けた方がいいですよの記事の画像

    fx初心者は根拠を探す習慣を付けた方がいいですよ

  2. fx初心者はチャートに振り回されないように方向を定めてねの記事の画像

    fx初心者はチャートに振り回されないように方向を定めてね

  3. 裁量トレードとEA

    fx初心者は裁量トレードとEAはどちらがむいてる?

  4. fx初心者も行動力を身につけ経験値を上げていこうの記事の画像

    fx初心者も行動力を身につけ経験値を上げていこう

  5. fx初心者も領域展開を目指そうの画像

    fx初心者も領域展開を目指そう

  6. fx初心者は上手くいかなくなったらトレードスタイルを見直してみてねの記事の画像

    fx初心者は上手くいかなくなったらトレードスタイルを見直してみてね

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PR

本ページはプロモーションが含まれています

PAGE TOP
error: Content is protected !!