fxブログ

fx初心者は損小利大を意識し過ぎると上達が遅れるの記事の画像

fx初心者は損小利大を意識し過ぎると上達が遅れる

fx初心者さんが勉強をしていくと損小利大という言葉を目にする事もあるのではないでしょうか。

これは読んで字のごとく損失は出来るだけ小さく利益は出来るだけ大きくという意味なのですが、この言葉をどんな時にでも当てはめようとするとfx初心者さんは失敗してしまう事もあるのではないかなと思います。

確かに損小利大は理想ではあるのですが、相場というのはそんなに甘くはないのです。

それよりもfx初心者さんはいずれやってくるリアルトレードでの本チャンに向けて出来るだけたくさんの経験を積んでいった方がいいのではないでしょうか。

そもそも損小利大のパターンというのはトレンドが出ている時にやりやすいのでそこまで意識する事も無いのではないのかなと思うのです。

トレンドが出始めた時にタイミングよくエントリーする事が出来れば自然と損小利大になってくれます。

ですが、これは知識や経験がモリモリあるトレーダーさんだからこそ出来る事なんじゃないかなと思います。

多分ですがfx初心者さんはトレンドが出始めた時にタイミングよくエントリーする事が出来たとしても迷いが生じるのではないでしょうか。

まだまだスキルがそこまで備わっていないと何処まで伸びるのかの予測もあやふやだろうしおいしい場面でも早くイグジットしたいと考えるのではないかなと思うのです。

fx初心者さんはここでグッと我慢するという事も覚えなければいけません。

もしかしたらまたすぐに逆に行くのかもしれないという恐怖に立ち向かっていかなくてはならないのです。

そして何度も失敗を繰り返す事でしょう。

ですがそれでいいのだと思います。

それはどうしてかというとまずデモトレードだろうから実質的な損失は出ないという事とデモトレードで練習している期間であればむしろいろんな経験をしておいた方がいいのではないかなと思います。

そして少しずつ苦い経験が減っていっていい経験が増えてくるのではないでしょうか。

もちろんいろいろと試行錯誤を繰り返していかないといい経験が増えてくるという事はあまり無いんじゃないかなと思うのでどうしてこうなったと考え、対応策を試してみるという事が大事なのだと考えています。

もしかしたら失敗した時の原因の糸口が見つからないと感じている初心者さんもいるかもしれませんね。

そんな時はfx掲示板を見ると何かしら見つかる時もあります。

そして無料インジで何か使えそうなものは無いかと探してみるといいのではないでしょうか。

損小利大を現実的にする為に

損小利大という考え方は理想でありこの考え方に近づけるように努力をしていくべきだと考えています。

基本は損小利大という考え方でいいとは思うのですが、これって人によって数値は違ってきますよね。

デモトレードであれば損失も利益も考えるという事が第1ではありません。

fx初心者さんはデモトレードで知識や経験を積んでいってスキル(実力)を上げていく事が第1にすべき事なのではないかなと思います。

まあ慣れてきたら少しずつ意識していくといいとは思いますが。

リアルトレードになると利益が1番で次にどれだけ損失を抑える事が出来るのかが全てなのではないでしょうか。

コツコツと小さく利益を積み上げていっても1回の大負けで全てが吹っ飛んでしまうという事はあり得る事なのです。

コツコツと利益を積み上げていく手法としてはスキャルピングがありますが、スキャルピング主体のトレードなのに欲を出してしまって慣れないスイングトレードをやってしまうと痛い目にあってしまう可能性が大きくなってしまいますね。

手法の切り替えもスキルが上がってからでないと上手に出来ないのです。

なので順序良く手法を学んでいく事をおすすめしているのです。

fx初心者さんはリスクマネージメントもまだ上手く出来ないのだと思います。

リスクを少しでも少なくする為にポジション保有時間は短めを意識すると少しはリスクの回避に繋がるのではないのかなと思うのです。

それに慣れてきたらもう少しポジション保有時間を長く出来る様に練習を重ねるといいのではないでしょうか。

こうやって順序良く学んでいく事が出来れば損小利大というのも現実味を帯びてくるのではないかなと思います。

エントリーチャンス

fxはトレードをしない事には始まりません。

トレードをするにはエントリーがとても重要なのはわかると思いますが、エントリーよりも重要なのがチャート分析です。

チャート分析がしっかりと出来る様にならないと理想的なエントリーは出来ないんじゃないのかなと思うのです。

fx初心者さんはエントリーをするという事にフォーカスしがちかなと思うのですがその事前準備のチャート分析にもかなりの力を入れて欲しいなあと思うのです。

理想的なエントリーとは足が反転して出来るだけ早いタイミングかつ勢いがその方向になっているというポイントを掴む事かなと思います。

fx初心者さんでもこういったチャンスはなかなか巡り合えないだろうなあと思うのではないでしょうか。

その確率を出来るだけ上げる為にチャート分析をするのです。

しっかりとしたチャート分析が出来るようになれば損小利大を狙えるエントリーチャンスを掴める可能性があるのです。

ですがチャート分析というのはかなりのトレーニングが必要なのも事実かなと感じています。

今日もふうたさんのブログを見て今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターのチャートに付属されているMTF MAというインジを入れました。

MAラインは他のチャートにもたくさん入れているのですがこの期間のものは入れていなかったなあと思い実験的に入れてみたのです。

MAラインでMTFが付いているインジって案外無いんですよね。

それとマーケティングfxのチャートに1時間足のDeMark Trendline Trader_mtfとdemark-trend-alert-indicatorも入れてみました。

損切り設定

fx初心者さんがfx関連の調べ物をしていると塩漬けという言葉も見る事があるのではないでしょうか。

塩漬けとは投資の用語のひとつで簡単にいえば損切りしない事でずっとポジションを保有している事です。

そしてfx初心者さんはどうして損切りをしないのだろうと考えるのではないでしょうか。

これはもしかしたら価格がエントリーした所まで戻ってくるかもしれないという考えからだと思います。

確かに戻ってくる場合もありますし、運が良ければそのままプラスになっていく事もあるからです。

これは資金力が無いと出来ない事なのですが、かなりのギャンブルかなと思うのです。

投資の格言に見切り千両、損切り万両というものがあるそうです。

もしかしたらに賭けるよりも出来るだけ損失は最小限に抑えるか許容範囲内で抑えた方が損小利大に繋がるのではないかなと思います。

個人的な考えなのですが塩漬けはあまりいい手法だとは思えないので覚えない方がいいのではないかなと思います。

デモトレードだとなかなか損切り幅の設定というのは難しいと感じるのかもしれませんが、最初は数pipsと決めてトレードをするといい練習になるのではないでしょうか。

あまり損切り幅を狭くするとすぐに切られてしまうのでいろいろ試してみるのも勉強になるのではないかなと思います。

リスクリワード

リスクリワードという言葉も近い将来見かける言葉かなと思いますしもう知っている人も結構いるのかなと思います。

リスクリワードという言葉は知っていても説明となると難しいのかもしれませんね。

リスクリワードってリスクとリワードの事でリスクは損失を意味しリワードは報酬の意味で利益ですね。

なので損小利大とリスクリワードは関係があるのです。

リスクリワードレシオという言葉も知っているのかもしれませんね。

これは損失と利益の比率の事です。

リスクリワードレシオの計算もやった方が自分の実力を知る材料のひとつになるのでやった方がいいと思います。

リスクリワードレシオの計算方法はリスクリワードレシオ=勝ちトレードの平均利益÷負けトレードの平均損失で平均利益額と平均損失額が同じだとリスクリワードレシオは1になります。

トレードノートを付けていると計算も早いのではないでしょうか。

マーケティングfxを使うと自動で計算してくれるので利用してみるのもいいかもしれませんが個人的にはあまりおすすめはしないかな。

というのも僕はトレードはデモトレードであっても国内のfx会社さんのチャートの方がサポートもあるしいいかなと考えていてデモMT4はチャート分析用と分けた方が混乱しないのかなと考えているからなのです。

あとがき

確かに損小利大は理想的なのですが、fx初心者さんにとってはあまり意識し過ぎるとチャンスを逃してしまう要因になり得るのではないのかと考えてしまいます。

初心者さんであればデモトレードでのトレードがトレーニングの主なメニューなのかなと思います。

しっかりとチャート分析の練習をしてエントリーポイントの見当をつけ損切り設定もしっかりとするという事がまず大事かなと思います。

下手に損小利大になりそうな所だけを選んでしまうとかえって練習量が減ってしまいその結果スキル(実力)の向上が遅れてしまうのではないかなと思うのです。

fx初心者さんの内は利益を出す練習なので損小利大にこだわり過ぎない方がいいと思うし学ぶべき事は他にもたくさんあるので忘れていいというわけではないのですが、それでエントリーに躊躇する用では練習にならないのかなと思います。

fx初心者さんはデモトレードでどんどん練習をしてまずは知識と経験を積んでいってスキルの向上を目指すのがいいのではないでしょうか。

全く関係が無いのですが今日から新しいグラフィックボードに変えました。

先ほどちょこっとチャートを全部表示したのですが反応は良くなったように感じます。

またMT4ダウ理論計算のインジケーター「Market_Wave」の計算も早くなったように感じています。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. 2021はfxにとってどんな年になるんでしょうねの画像

    2021はfxにとってどんな年になるんでしょうね

  2. fx初心者は目標を立て足元を確認しようの記事の画像

    fx初心者は目標を立て足元を確認しよう

  3. FX初心者でも稼げる?スキャルピングでのトレードのコツと注意点の記事のアイキャッチ画像

    FX初心者でも稼げる?スキャルピングでのトレードのコツと注意点

  4. fx初心者はシンプルな手法が基本の記事の画像

    fx初心者はシンプルな手法が基本

  5. fx初心者がすぐに稼げないのがトレードの記事の画像

    fx初心者がすぐに稼げないのがトレード

  6. fx初心者も目標設定をしようの画像

    fx初心者も目標設定をしよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PR

本ページはプロモーションが含まれています

PAGE TOP
error: Content is protected !!