fxブログ

fx初心者の為のfxの始め方の記事のアイキャッチ画像

fx初心者の為のfxの始め方

まずはチャートを眺める事から始めましょう。
そう言われても、チャートを眺めるって何?
そもそもチャートってどこにあるの?って思うのがfx初心者さんですよね。
まず眺めて欲しいのは、投資の森というサイトです。

投資の森のサイトはこちらからどうぞ。

まずはチャートを眺める事から始めましょう。

そう言われても、チャートを眺めるって何?

そもそもチャートってどこにあるの?って思うのがfx初心者さんですよね。

まず眺めて欲しいのは、投資の森というサイトです。

投資の森の画像

⇒ 投資の森のサイトはこちらからどうぞ。(画像をクリックしてもジャンプします)

ドル円のチャートです。

fx初心者さんはドル円相場がおすすめ。

その理由は情報が多いからです。

しかも、ドル円相場は比較的動きが穏やかなのです。

まあ、最近はそうでもないのですけどね。

fxのトレードでは、直感でトレードしてもそのうち負けます。

サバイバルしていくには分析が必要になります。

その分析にはテクニカル分析とファンダメンタルズ分析というものがあり、fx初心者さんは最初にテクニカル分析を学ぶといいですよ。

ファンダメンタルズ分析はかなり難しいのです。

このサイトはトレーディングビューというチャートの一部分です。

このチャートをまずは1週間(月曜日から金曜日まで)ただ眺めるだけでいいです。

1週間も眺めていれば、ローソク足の動きにも少しは慣れてくると思います。

そして、次の1週間は指標の発表があればその指標を意識してチャートを眺めてくださいね。

指標の発表スケジュールなどは、ZAi FXというサイトが便利です。

ZAi FXのサイトの画像

⇒ ZAi FXのサイトはこちらからどうぞ。(画像をクリックしてもジャンプします)

1ヶ月もチャートを眺めれば、だいぶ慣れてくるのではないでしょうか。

これで、下準備は終わりです。

fxのトレードを学んでいく上で覚えないといけない事の一つが、”待つ事です。

これかなり重要です。

なので、まずは1か月間辛抱強くチャートとにらめっこをしましょう。

デモトレードの申し込み

次のステップは、国内のfx会社さんが用意してくれているデモトレードの申し込みです。

申し込みと聞くとちょっと緊張してしまうかもしれませんね。

でも、全然心配しなくても大丈夫です。

デモトレードを申し込むにあたって必要になるのが、ニックネームとメールアドレスです。

メールアドレスはGmailが便利です。

Gmailの画像

⇒ Gmail申請はこちらからどうぞ。(右上のアカウントの作成をクリックして各項目を埋めていってくださいね、画像をクリックしてもジャンプします)

やり方がわからなければ、Gmail 作り方 等といった検索ワードで自分で調べてくださいね。

もし、Gmail使った事がないのであれば、無料で使い勝手もいいのでトライしてみるといいと思いますよ。

そして、自分で調べる癖も付けておいてくださいね。 ⇐凄い重要です。

もしかしたら、スマホで見ているかもしれませんね。

ここからは、パソコンで見る事をおすすめします。

fxのトレードはスマホではやらない方がいいです。 というか無理です。

国内のfx会社さんを推している理由は、操作方法等はわかりやすく教えてくれるからです。

チャートを使えるようにならなくては始まりません。

国内のfx会社さんのデモトレードといってもたくさんあり、どれにすればいいのか迷ってしまうと思います。

ぶっちゃけどれでもいいです。(多くの所が3か月くらいで期間終了するから)

説明していく上で便利なので、ヒロセ通商さんのLION FXを例にします。

LION FXの画像

⇒ LION FXのデモ申請はこちらからどうぞ(画像をクリックしてもジャンプします)

JFXさんのチャートもほぼ同じです。

JFXの画像

⇒ JFXさんのデモ申請はこちらからどうぞ(画像をクリックしてもジャンプします)

みんなのFXさんもいいと思います。

みんなのFXの画像

⇒ みんなのFXさんのデモ申請はこちらからどうぞ(画像をクリックしてもジャンプします)

この3社がfx初心者さんには向いているのかなと思っているのです。

その理由は小さく始められるから。

デモトレードは仮想資金でトレードをするので自分で資金を用意する必要はありません。

また、デモトレードをするのにもお金はかかりません。

これは僕の持論なんですが、fx初心者さんはお金を使うべきではないと考えているのです。

最初は入門書さえも要らないかなあとも思っているのです。

わからない事は自分で検索してください。

これも練習です。

使った方がいい事も今後出てくるかなとは思いますが、自己投資はくれぐれも慎重にしてくださいね。

国内のfx会社さんのデモトレード申請が終わって安心しないでくださいね。

準備はまだまだあります。

5分足のチャートをメインする事をおすすめします。

移動平均線を表示させましょう。

SMA10、90、200をおすすめします。

わかりやすいように色分けするといいですよ。

1ヶ月くらいこれらのラインでどうローソク足が反応するのかを観察してください。

その後、MACDの表示、ボリンジャーバンド(25)表示とトライしてくださいね。

lionfxのデモチャートの画像

こんな感じになります。

インジに慣れない事には、テクニカル分析は出来ません。

それにも慣れてきたら、15分足のチャートも見るようにしていってくださいね。

流れを見るのは大きな時間足のチャート。

エントリーをする時は5分足のチャートがおすすめです。

直近の高値や安値にもラインを引いてみてください。

また、エントリーをする時は必ず損切り設定をするようにしてくださいね。⇐これもメチャクチャ重要です。

デモチャートでいろいろ試してくださいね。

そしてたくさん失敗してください。

仮想資金が無くなったり、期間が過ぎてしまったら、また同じニックネームとメルアドで再申請してください。

設定もそのままで再開できます。

この段階で何か月かは過ぎていると思います。

きっと最初の頃の事は必死だったと思うのでチャートがどんな形だったのかは思い出せないのではないでしょうか。

これが、時間がかかる所以なのかもしれません。

fxのトレードは1回勝てばいいというものではありません。

トータルで勝っているか、どのくらい増やせたのかが重要なのです。

覚える事もまだまだあります。

年間を通してアノマリーがあったり等で大きな流れを知りその流れに乗る事も重要です。

この時点では勝ちにこだわる必要はないかなと思います。

まだまだ慣れる事の方が重要です。

デモMT4の申し込み

国内のfx会社さんのデモトレードに慣れてきたら、もうワンステップ上げていきましょう。

残念ながら国内のfx会社さんのデモトレード及びリアルトレードのチャートではfx初心者さんはテクニカル分析はしづらいかなと思います。

そこで、デモのMT4を導入します。

MT4がどんなものなのかは自分で調べてくださいね。

MT4のダウンロードはFXDDやXMTradingがおすすめです。

海外の会社だけど、日本語対応しています。

 

⇒ FXDDでデモMT4をダウンロード

⇒ XMTradingでデモMT4をダウンロード

 

基本的に国内のfx会社さんのデモトレードの時と変わりません。

ダウンロードの仕方も自分で調べてくださいね。

調べ癖を付けた方がトレードでも有利になる事がありますよ。

MT4の面白いところは、なんといってもインジ(インジケーター)の種類が豊富な所です。

しかも、無料インジでも有料級のものまであります。

このブログでも便利そうな無料インをまとめてダウンロード出来るようにしているのでチェックしてみてくださいね。

このブログだけでなく、無料インジを紹介しているサイトは幾つもありますが、おすすめはMT4インディケーター貯蔵庫さんです。

⇒ MT4インディケーター貯蔵庫

簡単な説明もあり、少なくともこの説明が理解出来るようになるまで勉強もした方がいいですよ。

インジの導入方法も自分で調べてくださいね。

慣れればメッチャ簡単ですし、MT4はメチャクチャ便利なので使い倒してください。

 

ここで、わからない事が出てくるのかなと思います。

それは国内のfx会社さんのデモトレードのチャートとデモMT4のどちらを見たらいいのかなと疑問に思う人もいるのかなと思います。

答えはどちらもです。

分析はデモMT4で行い、エントリーはLION FXのデモチャートでやるというのをおすすめします。

そうすると、どうしても2画面はあった方が便利。

スマホでは出来ないというのがわかってきたのではないでしょうか。

トレードの勉強を続けていくという人であれば、パソコンとモニターは必須だと考えています。

モニターは中古でもいいのかなと思います。

トレード環境の整備って続けていけばわかってくると思いますが、かなり大事なのです。

これで勝てるようになるのかといったら、まず勝てないです。

この段階はまだまだ準備段階なのです。

ノウハウの導入と無料インジの導入

トレードの練習を進めていくと、何処でエントリーをしたらいいのかわからないという壁にぶち当たると思います。

安心してください。

そんなの誰にもわからないのです。

 

どんなに上手い人でも、可能性の高い所を見つけるのが上手いだけでなのです。

その為に分析が必要なのです。

また、どんなに上手い人でも負ける時は負けるという事も覚えておいて欲しいなあと思います。

ダメだと判断したら出来るだけ損失を小さくするというのが鉄則です。

そして、その為に損切り設定をするのです。

 

無料インジに慣れてきたら、エントリーサインを出してくれるものというのも見つけるかもしれませんが、例え高額なインジであってもこれがあれば勝てるという様なものはありません。

トレンド相場とレンジ相場というものがあり、エントリーサイン系は多くのものがトレンド相場の時に可能性が上がり、レンジ相場だとダマシ連発という事もあるのです。

 

fx初心者さんは少しずつ慣れていくのがいいのかなと思います。

エントリーをしても何時間もしくはそれ以上もポジション保有が出来るようになるまでは比較的短めのポジション保有の方がデモトレードとは言え練習になるのではないでしょうか。

ポジション保有が比較的短めといってもエントリーしてすぐに利確(チキン利確)では練習になりません。

我慢をする事を覚えなくてはいけないのだと考えています。

我慢は利確だけでなく、可能性の高いエントリーポイントに足が来るまで待つという我慢も必要です。

そうはいっても、fx初心者さんは何処でエントリーをして何処でイグジット(利確)をすればいいのかがわからないですよね。

なので、比較的初心者さん向けかなと感じているノウハウを紹介します。

比較的初心者さん向けといっても中級者以上になっても使えるんじゃないかなと感じているので、このノウハウはおすすめです。

今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターというノウハウです。

今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターのチャート

この画像は僕が使っている今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターのチャートです。

このノウハウに無料インジを組み合わせて使っています。

しようインジの内容

最初は見づらいと感じてしまうかもしれませんが慣れてしまえばストレスは感じないかなと思います。

ここで使っている大部分の無料インジはまとめてダウンロード出来るようにしました。

“一緒に使っている無料インジ達です” をダウンロード

muryouindicator-i-2.zip – 0 回のダウンロード – 83 KB

Smoothed_HAS alerts button 1.02、S-TYPE_ZigZag、Grail-Indic、Vulkan Profit、Bands-MA2-Devが入っています。

ノウハウの中ではかなり良心的な価格で情報量もハンパないです。

【3年連続売り上げナンバー1】勝ち組多数!エントリーのサポートにもなるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの!画像をクリック【3年連続売り上げナンバー1】勝ち組多数!エントリーのサポートにもなるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle

⇒ 今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターの公式サイト

公式サイトを見るだけでも勉強になると思います。

ここからが試練の始まり

ノウハウの導入で全く分からない状態からだいぶ可能性は上がったのかなと思います。

ですが、これで安心してはいけません。

準備が整ったというだけです。

それはどういう事かというと、相場(チャート)は常に変化をしているからです。

どんなに上手いトレーダーさんでも負ける時は負けるというのは、勝てない相場もあるという事なのです。

ニュースを見ればウクライナ情勢等を含む国内外のニュースが流れていて、それに各国の指標発表や要人発言というのもあります。

こういった情報を収集した方が判断もしやすくなりますが、fx初心者さんにはまだ荷が重いかなと思ってしまいます。

紹介したノウハウの今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターのふうたさんはSNSでの発信も熱心な方なので参考にするといいと思います。

 

⇒ ふうたさんのブログ

⇒ ふうたさんのツイッター

⇒ ふうたさんのYouTube

 

インジで描画されたラインだけでなくブログの情報も自分でラインを引くといい練習になると思います。

最初は失敗だらけだと思いますが、3か月、半年、1年と失敗を繰り返していくとかなり慣れてくるのとわかってくるのではないでしょうか。

ふうたさんのブログだけでなく他の方のツイッターの情報も参考程度にチェックするのもアリだと思います。

 

⇒ ぷらんかむのツイッター

また、特に重要指標の時等はヤフーのドル円相場のスレットも役に立つ時もありますが、ののしり合いの時もあるので興味にある人は自分で調べてください。

デモで結果を継続して出せるようになったら

辛抱強くデモトレードで練習をしてくださいね。

デモトレードでの練習をいかに真剣にやるか、継続できるかがとても重要だと考えています。

デモトレードは仮想資金でのトレードなので精神的には勝ちやすい傾向にあるのだと考えています。

ですが、リアルトレードになってくると途端に状況というかマインドが変わってきます。

きっとそこでマインドセットと資金管理の大切さを感じるのだと思います。

ですが、そこでビビってしまっては前に進めません。

fxのトレードをする目的はお金を稼ぐ事だと思います。

目的を達成するには前に進むしかありません。

資金管理で参考になるのがマーケティングfxの公式サイトの真ん中ら辺にある10%→1%→2倍→2%ルールです。

⇒ マーケティングfxの公式サイト

しかし、いくらデモトレードで結果を継続して出せるようになったとしても、リアルトレードで同じ様にトレードを最初からやってしまっては精神的にも資金的にも良くはないのだと思います。

リアルトレードに移行したら、少額からのスタートをおすすめします。

更に1日の損失許容額を設定し、しっかりと資金管理をするという事をルール厳守する。

そして、トータルで勝てているのかにフォーカスしてくださいね。

トレードで一喜一憂はまだまだの現れなんだと思います。

冷静にチャートを分析して、根拠のあるエントリーを常に心掛けてくださいね。

あとがき

fxのトレードで結果を出せるようになる実力というものはそう簡単に身に付くものではありません。

知識や経験も無いのに無謀にもいきなりリアルトレードに挑んでも資金が溶けてしまうのが大方のパターンだと思います。

経験者がいうのだから間違いないです。

僕の場合は、それがきっかけで本格的にfxの勉強をするようになりました。

大きな転機は今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターを購入した時からだったからかもしれません。

それまでにも幾つかのノウハウを購入していたのですが、初心者だった僕にとって初めてしっくりくるノウハウだったように憶えています。

当時は今のように付属のインジもまだ少なくて、アップグレードを繰り返していって現在に至ります。

僕のチャートでは使用していない付属インジもありますが、fx初心者さんにとってはどれも便利なインジだと感じるのではないかなと思いますし、いい教材なんじゃないかなと思います。

また、今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターには1分足を使ったヴィクトリーというものもありますが、これは慣れてからの方がいいと思います。

そして、今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターを手に入れたからといって5分足だけしか見ないという事はリスクが高まってしまうので上位足のチェックは必ず行ってくださいね。

⇒ 今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターの公式サイトはこちらからどうぞ

長文を読んで頂いてありがとうございました。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者もリアルトレードを知っておこうの画像

    fx初心者もリアルトレードを知っておこう

  2. fx初心者が全然わからないから脱却する方法の記事の画像

    fx初心者が全然わからないから脱却する方法

  3. fx初心者は口座開設で悩む必要はありませんの記事の画像

    fx初心者は口座開設で悩む必要はありません

  4. fx初心者は勝ちを焦らないようにねの画像

    fx初心者は勝ちを焦らないようにね

  5. fx初心者は自分に合った情報かを判断して勉強してねの記事の画像

    fx初心者は自分に合った情報かを判断して勉強してね

  6. fx初心者は投資脳に切り替える事を意識してねの記事の画像

    fx初心者は投資脳に切り替える事を意識してね

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
error: Content is protected !!