fxブログ

fx初心者は思い込みを抑え臨機応変を意識してねの記事の画像

fx初心者は思い込みを抑え臨機応変を意識してね

fx初心者さんの上達を妨げているものの一つが思い込みというものではないでしょうか。

ちょっとした勘違いというのも多々あるのだろうなあと思います。

これはまだまだ経験が浅いだろうから仕方が無いことではあるのですが、思い込みを抑え臨機応変にという言葉を意識しているだけでちょっとしたイージーミスは減ってくるのではないのかなと思うのです。

人というのは今までの人生経験から未知な世界の事でもある程度の予想を立てて行動をするのではないでしょうか。

fxのトレードだと、もうそろそろ勢いが無くなって反転するのではないだろうかと思ってしまうというのがあるのだと考えているのです。

これって東洋の考え方なんだそうです。

もうそろそろという感覚というものは東洋人の方が強い傾向にあるというのが正しい表現なのかもしれませんけどね。

fx初心者さんの多くは兼業トレーダーなんだと考えています。

正業があり日中はその正業に従事していて、何か副収入を得たいと考えて副業としてfxというものを選んだのではないのかなと思います。

日中の生業というのは多くの場合、国内で完結しているのではないでしょうか。

もちろん中には貿易関係とかで海外とのやり取りがある人もいるのでしょうが、多くの場合が接するのは日本人なんだと思います。

なので、日本人同士の常識としてスムーズに作業などの仕事が進んで行くのではないでしょうか。

なので、これが基本であり当たり前で普段は特に意識もしていないのだと思うのです。

ですが、日本国内では常識であっても海外、特に西洋の日常だと通じない部分というのも出てくるのではないでしょうか。

これはfxのチャートにも表れて来るのだと感じているのです。

兼業トレーダーさんは基本的にチャートを開くのは夜ではないでしょうか。

となると、チャートの向こう側のトレーダーさんの多くは西洋人の方が多いのだと思うのです。

ロンドン時間、ニューヨーク時間ですからね。

チャートが上昇傾向にある場面ではその流れに乗っかっていこうと考える人というのが多い傾向にある様なのです。

また、チャートが下降傾向にある場面でも同じかなと思います。

その中でも事情や考え方があり逆の動きを見せる場面というものも多々あると感じているのではないでしょうか。

押し目買いや戻り売りのポイントですね。

この押し目買いや戻り売りのポイントを上手く掴む事が出来るようになるのが、fx初心者さんの一つの目的地点ではないのかなと考えているのです。

トレンドフォローの手法で押し目買いや戻り売りのポイント、出来れば早いタイミングでのエントリーが出来るようになってくればfx初心者とはもう呼べないのではないのかなと思っているのです。

思い込み

エントリーをする前には必ず分析をする事を習慣化させて欲しいなあと思っているのです。

それは根拠のあるエントリーをして欲しいからなのです。

その根拠を導き出すにはチャート分析が必要不可欠でその中の一つに方向感というものがあります。

上位足のチャートをチェックして流れを分析し、当面の流れを予測しない事には買いなのか売りなのかの判断が出来ません。

これと思い込みとどういった関係があるのと疑問に思う人もいるのかもしれませんね。

その流れがチャートを開いている時に変わる可能性もあるのです。

わかりやすいのは重要指標の発表や要人発言ではないでしょうか。

このタイミングで流れが変わってしまう事もあり得るのです。

ですが、ここで分析した情報の更新をしていないと、逆のエントリーをしてしまう可能性が大きくなって今うのではないでしょうか。

きっとこういった事って頭ではわかっているfx初心者さんの方が多いのだと思うのですが、いざチャートを目の前にするとそういった事が吹っ飛んでしまう事もあるのではないかなと思うのです。

また、強力なサポレジを見逃してしまっていた場合も、思い込みが邪魔をしてしまってイグジットのタイミングを逃してしまうという事も考えられるのではないでしょうか。

チキン利確も問題ですが、まだ行くはずという思い込みが失敗を招いてしまう事もあり得るのだと思います。

臨機応変

fx初心者さんだと臨機応変というスタイルは理想だけど自分にはムリと考えてしまうのかもしれませんね。

確かに最初からはムリですが、だからといって諦めてしまっては成長に影響が出てしまうのではないでしょうか。

臨機応変に対処するには冷静さが必要なのだと考えています。

冷静になるという事であれば、少しは身近に感じられるのではないでしょうか。

なんで?と思ったらまず冷静になる事が基本かなと思います。

そして、情報のアップデイトを心掛けるといいのではないでしょうか。

分析をもう一度やり直してみるとか、何か発言があったのかもしれません。

もちろんfx初心者さんの経験不足が原因という事もあるのかもしれません。

なんにせよ予期せぬ動きがあったのであれば対応を考える必要があります。

ポジションを持っていないのであれば様子見を選択したり、ポジションをもう持っているのであれば損切りラインをポジティブな方向へ動かしたり早めのイグジットを考えた方がいいのではないでしょうか。

また、逆の場合もあるのだと思います。

急に勢いづいてきた時です。

チャンスをスルーしてしまうのはもったいないですよね。

最低限の利益を確保しつつもポジションを増やすという事を検討できるのではないでしょうか。

最初からはムリ

fx初心者さんが最初から思い込みを抑える事や臨機応変な対応をするにはちょっとムリがあるのかなとは思います。

それは経験がまだまだ少ないからです。

場数を踏んでこそ出来る事だとも思っているのですが、だからといって最初からスルーをしてしまっていると思い込みの癖に気付けなかったり、臨機応変な対応が出来るようになるという事も遅れてしまうのではないでしょうか。

fx初心者さんの時から自分には思い込みがあるのかもしれないからそれを抑える事を意識しなくちゃとか、臨機応変な対応とはどんなものがあるのかイメージしておこうという様な意識があると成長もその分早くなるのではないかなと思うのです。

最初からはムリと諦めたり、意識していないと問題解決の力もついてこないのだと思います。

向上心、行動力、持続力がfx初心者さんには求められるのではないでしょうか。

一言で経験といってもいろいろな種類があるのだと思います。

ただチャートを見ているだけだったりチャートにラインを色々引いてみたり、インジを導入してみたりとfx初心者さんでも出来る事はいろいろあります。

思い込みを抑えるという事を意識したり臨機応変な対応をイメージする事はfx初心者さんでも出来る事なのではないでしょうか。

そしてあの時は完全に思い込みだったなあとかあの時ああいった対応をすればよかったなあという様な反省もかなり大事なのかなと思うのです。

こういった事が未来に活きてくるのではないのかなと思っているのです。

慣れてきたら

fx初心者さんは失敗から学ぶ事が多いのではないかなと思います。

成功体験も必要かなとは思うのですが、何が良かったのかがわからなければただの偶然だったのかもしれませんが、何が悪かったのかを考える場合というのは、今度はああしてみようとかこうしてみようとか考えるのではないでしょうか。

ちっちゃなところでいうとボリンジャーバンドの設定を25から26にしてみようかなというのでもいいのだと思います。

ちょっとした違いがどう影響するのか試してみるというのもいい経験になるのではないのかなと思うのです。

自分の数値にしてみるというのはダメですよ。

ちゃんと調べて多くのトレーダーさんが使っている数値が大事なのです。

こういった経験の積み重ねが臨機応変な対応を可能にしてくれるのではないのかなと思います。

慣れてきたらノウハウの導入というのも手段の一つかなと思います。

上手くいってそうなトレーダーさんが考案したノウハウを導入してみて学んでいくというのも上達の可能性があるのではないのかなと考えているのです。

ノウハウといってもどれでもいいというわけではないと考えていて、fx初心者さんには今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターがいい教材になってくるのではないのかなと思っているのです。

インジや資料が充実しているだけでなく、情報発信もこまめにしているのでかなり勉強になるのではないのかなと感じているからです。

⇒ 今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターの公式サイトへはこちらからどうぞ!

おすすめです。

あとがき

fx初心者さんは技術的な事も当然学んでいかなければfxのトレードは上手くはなっていかないのだと考えています。

ただそれだけでは不十分で精神面や考え方というのも学んでいかなければ上手くはならないのかなあとも考えているのです。

思い込みを抑え臨機応変を意識するだけでもfx初心者さんは学べる事が出てくるのではないでしょうか。

向上心、行動力、持続力がステップアップのポイントかなと思います。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者も損失の危険性ありきで前進していこうの記事の画像

    fx初心者も損失の危険性ありきで前進していこう

  2. fx初心者はデモチャートでローソク足を見続けてねの記事の画像

    fx初心者はデモチャートでローソク足を見続けてね

  3. fx初心者は自己投資の目的を考えてから行動の記事のアイキャッチ画像

    fx初心者は自己投資の目的を考えてから行動

  4. fx初心者のためのぶっちゃけ始め方の記事の画像

    fx初心者のためのぶっちゃけ始め方

  5. fx初心者はレバレッジを気にしなくてもいいのですの記事の画像

    fx初心者はレバレッジを気にしなくてもいいのです

  6. fx初心者はチャートに振り回されないように方向を定めてねの記事の画像

    fx初心者はチャートに振り回されないように方向を定めてね

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
error: Content is protected !!