fxブログ

fx初心者は何をやっても駄目だとトレードを諦めないでねの記事の画像

fx初心者は何をやっても駄目だとトレードを諦めないでね

fx初心者さんが上手くいかないのは、まだfxのトレードに慣れていないからなんじゃないかなと思うのです。

もしかしたら上手くいっていてもそう感じないだけなのかもしれませんしね。

例えばエントリーをしたとしても損切り幅が狭かっただけなのかもしれませんよね。

実は上手くいく一歩手前まで来ているのに早々に判断してしまって諦めてしまうというパターンもあるのかなと思うのです。

逆にデモトレードだからといって下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる的な感じで闇雲にトレードをしてしまったらいいも悪いもわからないまま時間だけが過ぎていってしまいリアルトレードでぼろ負けというパターンを容易に連想出来てしまうので、それを考えたらfx初心者さんが今の時点で何をやっても駄目だと感じている事自体成長している初期段階なのかもしれないなあと思います。

fxのトレードはどんなに上手い人でも勝ち続けるという事はまず無いのだと思います。

また勝ち続けているのであれば、それは勝てる所だけで勝負しているからではないでしょうか。

そういった凄いトレーダーさんであってもfx初心者からスタートしているのです。

そして何をやっても駄目だなあと感じることもあったのではないのかなと思うのです。

知識も経験もまだ十分ではないのだからスキルが低いのは当たり前なのではないでしょうか。

これからスキルを磨いていけばいいだけなので今上手くいかない事だらけだとしてもトレードを諦めるのはもったいないのではないでしょうか。

何をやっても駄目だと嘆いているという事は焦っている部分があるのではないかなと思うのです。

fxのトレードで大事な事は冷静さなんだと確信しています。

ここで注意して欲しいのがfx初心者が冷静さを保つためにいくらデモトレードだからといって大き過ぎる損切り幅を取らない事です。

これではいい経験を積む事は出来ません。

失敗を繰り返していく内にだんだんと強くなっていって少しずつ光が見えてくるようになるものではないかなと思います。

fxのトレードは昔ながらのやり方や考え方が今でも通用する世界なんだと感じているのです。

そして現代は合理的な考え方が一般的になってきて便利なツールもあったりしてすぐに結果が出てくる事の方が多いのかなと感じています。

なのでfxのトレードでも同じようにすぐに結果を求めるようになっているのかもしれませんよ。

失敗を拒絶する気持ちもわかるのですが、失敗を受け入れる事も大事なステップなのではないのかなと思うのです。

Contents

失敗はきっかけにすぎない

失敗をするという事は何かにチャレンジしているから失敗をするのではないかなと思います。

fx初心者さんが失敗をしてしまうパターンとしてエントリーやインジの使い方があるのではないかなと予想しています。

エントリーの失敗は直感でエントリーしてしまう事やインジの使い方がまだ未熟というのが大体の原因ではないかなと思います。

直感でエントリーするのではなく、テクニカル分析をしてからエントリーポイントを予測してそのポイントまで待つという基本を習得してくださいね。

テクニカル分析を行うにはインジを使うのが一般的ではないかなと考えています。

インジケーターはツールという認識で間違っていないのだと思うのですが、一般的なツールとは少し違うかなと考えています。

一般的なツールというのは初心者でも使えるように考えられているのではないでしょうか。

そこから使い慣れていって上級者用のものに買い替えていくというのがパターンかなと思うのですが、fxのトレード用のツール(インジ)には初心者用というものはないんじゃないかなと感じています。

なので最初から使いこなすというのは無理があるのだと思うのです。

更に他の条件もあったりするので尚更かなとも思います。

ではどうすればいいのかというと、何度も諦めずに使ってみるしかないのかなと思うのです。

ただ最初からエリオット波動を検知するようなインジを使っても知識や経験が追い付いていないだろうから多くのトレーダーさん達が使っているであろうインジから慣れていった方がいいのだと思います。

インジはメジャーなものから

インジでまず連想するのはボリンジャーバンドなのかもしれませんね。

便利なインジとして一般的かなあと思います。

ネットでもよく見かけるのではないでしょうか。

ですが、まずはMAラインから慣れていった方がいいのかなと思うのです。

MAラインはチャートにただラインが引かれるだけのシンプルなものなので半信半疑になってしまうかもしれません。

多分ですがMAラインはこれからずっと付き合っていくインジなんだと思います。

それほど味方につけると強力なインジなのです。

MAラインは1本でいいというわけでもありません。

基本は短期、中期、長期ですが慣れてくるに従って本数を増やす事をおすすめします。

MAラインの重要さを感じれるようになってからボリンジャーバンドを導入すると理解度が増すのではないかなと思います。

この時点ではまだエントリーは意識しなくてもいいのかなと思います。

MAラインで反経つしやすい事やボリンジャーバンドの向きや形に慣れていく事の方が大事かなと考えているのです。

次にMACDやRCIといったインジの導入を進めていき他のインジとの兼ね合いに注意を向けてください。

インジ一つ一つはそこまで完成度が高くは無いとしても複数のインジを併用する事によってその精度はグンと上がっていくのだと感じています。

こうやって最終的にエントリーへとつながっていくのかなと思うのです。

最初からエントリーの事ばかり考えていてはなかなか答えは見つからないのではないのかなと思うのです。

慣れる事

fxのトレードをするにあたって重要な事は冷静さを保つ事だと考えているのですが、その次に慣れる事なのではないかなと考えています。

冷静さを保つ事はイメージしやすいのかもしれませんが、慣れるという事は少しだけイメージしづらいのかもしれませんね。

慣れるとは手を抜くという事ではありません。

使いこなせるようになるという意味で慣れるという言葉を使っています。

使いこなせるようになるまでには時間がかかります。

fx初心者さんだとただ時間をかければいいのだと考えてしまうのかもしれませんが、為替相場というものは常に変化しているのだと考えていて、ここでの慣れるという事は出来るだけ多くの場面を経験するという事なんじゃないかなと考えているのです。

場面によってはメジャーなインジであったとしても機能しないと感じる時もあるのだと思います。

急な変動な時等は特にそう感じるのではないでしょうか。

これはインジの多くがその時の相場のデータを参照しているからです。

インジが使えないと感じるのはこういった時が多いのではないでしょうか。

これが慣れてくるとだんだんと動じなくなってくる事が多いかなと思います。

じょじょに対応策を身につけていっているからなんだと思うのです。

そしてわからない時はトレードをしないという選択肢がパッと頭に浮かぶようになるのではないかなと思います。

これも段々慣れてきている証なのではないかなと思うのです。

トレードしない日があってもいい

チャート開いて今日もトレードを頑張るぞとモチベーションを上げるfx初心者さんは結構いるのではないかなと予想しているのです。

そしてその頑張りとは裏腹に残念な結果に終わってしまったら何をやっても駄目だと感じてしまっても仕方が無いのかもしれませんね。

これは入り方がまずいのかなと考えています。

チャートを開く前から期待をするのは止めた方がいいと思います。

まずは状況を見るという気持ちでチャートを開いた方がいいのではないでしょうか。

そして直感ではなくデータで状況を認識するという行動パターンをいち早く身につけて欲しいなあと思います。

まずはひとつ上の時間足のチャートだけチェックする所から始めると入りやすいのかなあと思います。

ひとつ上のチャートと同じ方向にローソク足が向かっていっているのであればその範囲内で当面はその方向に動く可能性が高いと判断出来るのではないでしょうか。

逆にちぐはぐの状況であれば今の動きは暫定的で動きは小さい可能性が高いと判断出来、状況によってはエントリーはしない方が無難だと判断出来る時もあると思います。

そしてトレードをしないと決めたとしてもチャートは閉じない方がいいです。

それは自分の判断の答え合わせをする為とチャートに張り付いている事に慣れる為でもあります。

あとがき

何をやっても駄目だと判断しているのは自分なんだと思うのです。

その自分というのはまだfxについて知識や経験が不十分な状態なのではないでしょうか。

そんな自分が自分の事を駄目だと判断しても信ぴょう性は低いのではないかなと思います。

そんな事でトレードを諦めるのはずいぶんもったいないのではないかなと思うのです。

十分に可能性を秘めているのではないでしょうか。

スキルが備わっていないので出来る気がしないだけなのではと思います。

何をやっても駄目だと決めつける前に何が必要なのかを考える方が建設的なのではないでしょうか。

出来ないと感じるのであれば、どうすればいいのかを考えてみると突破の糸口は見つかるのではないかなと思います。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者は一つずつ確実にインジをマスターしていこうの記事の画像

    fx初心者は一つずつ確実にインジをマスターしていこう

  2. fx初心者は準備が最重要の課題じゃないでしょうかの記事の画像

    fx初心者は準備が最重要の課題じゃないでしょうか

  3. fx初心者は楽天fxが魅力的に見えるかもしれませんねの記事の画像

    fx初心者は楽天fxが魅力的に見えるかもしれませんね

  4. fx初心者は客観的にチャートを見る練習をしようの記事の画像

    fx初心者は客観的にチャートを見る練習をしよう

  5. fx初心者は自分目線で情報を解釈しないでねの記事の画像

    fx初心者は自分目線で情報を解釈しないでね

  6. fx初心者はラインに慣れると分析しやすくなりますよの記事の画像

    fx初心者はラインに慣れると分析しやすくなりますよ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PR

本ページはプロモーションが含まれています

PAGE TOP
error: Content is protected !!