fxブログ

fx初心者がやらかすであろうミスを想定の記事の画像

fx初心者がやらかすであろうミスを想定

今回はfx初心者がやらかすであろうミスを想定してみました。

これらのことはデモトレードから始めれば回避できることなのです。

fxのトレードがどういったものなのか、実際にやってみて自分との相性を知るにしてもデモトレードは有効なのです。

何も知らないまま本番をしても結果は見えているのではないでしょうか。

デモトレードで練習ができるのであれば練習をしてから本番(リアルトレード)に挑んだ方がまだ可能性があると思います。

これからfxのトレードを始めようとしているのだったらデモトレードである程度の経験をしてステップアップを心掛けていくことをおすすめします。

デモトレードでチャートの使い方を覚えて、MT4も使えるようになって無料インジで構わないのでインジをいろいろ試してみて自分のやりやすいインジを見つけていってチャート分析があるレベルに達するまで月曜日から金曜日まで練習をする。

リアルトレードに移行時にはまだマインドセットと資金管理の練習が不完全だと思うので少額スタートをして学ぶ。

まだこの時点では稼ぐということは考えない方がいいと思います。

これらができるようになってからが本当の意味でのスタートではないかなと思います。

これらをすっ飛ばして見様見真似でfxのトレードをやってしまうと高い確率でやらかして終わりという結果に終わってしまうのではないかなと思います。

感を頼りにする

リアルトレードだけでなくデモトレードでもfx初心者さんがやらかしてしまうことは何だろうなと想定してみたらきっとチャートをパッと見て何となくこっちに動くんじゃないかなと感でエントリーをしてしまうことかな思います。

早ければ次の足で逆に向かうということもあり得ることだし、運が悪ければそのまま逆方向に向かっていくことだってあります。

ここで何をやらかしたのかというと2つあって、ひとつはチャート分析をしていないこと。

もうひとつは根拠の無いエントリーをしてしまった事のではないかなと思います。

この2つのことをやっていないということは致命的なミスなのです。

今後ローソク足はどちらに向かっていくのだろうかと推測もしないで何となくこっちっぽいという理由で運を天に任せてエントリーをしていては稼げる可能性はとても低いのではないでしょうか。

またローソク足が反対方向に向かう可能性が低くなったところでエントリーをしなくては利益が生まれる可能性も低くなってしまいます。

ではまだ何もわからないfx初心者さんはどうすればいいのかというと、デモトレードからというのは必須条件でまずチャートをじっと見てください。

見るというよりは眺めているイメージです。

そしてローソク足の動きに慣れてください。

この状態の時はただ眺めているだけでいいと思います。

仮に上に向かっていたとしてもジグザクの動きをしながら動いていくのがわかりますね。

どうしてもエントリーして見たくなったらジグザグの底辺付近でエントリーするのがよさそうというのがわかりますよね。

ローソク足が下に向かっているとしたらエントリーポイントはジグザグの頂点付近ということですね。

ではジグザグが真横に動いている時はどうするのかというと様子見をしてください。

本来であればスキャルピングの練習になるのですがまだ何もわからないのであれば慣れることの方が先決です。

損切りできない

fx初心者だからこそ身につけておいた方がいいのが損切り設定です。

損切りとは想定した方向にローソク足が向かわなかった場合の対応策で損失を許容範囲内で納めるための方法です。

許容範囲内で損失を納めることが出来れば次のチャンスに希望をつなげることが出来ます。

デモトレードでは実感が出ないかもしれませんがリアルトレードでは命綱にも成り得るものなので損切りの設定の習慣化は必ず身につけておいて欲しいなあと思います。

たまに損切り設定はいらないという様な感じのことを見ることがありますが、これはかなりfxのトレードができるような人にいえることなのでfx初心者さんは真似をしないでくださいね。

このブログ、FX初心者がノウハウやインジで稼ぐ方法2ではもう何度も出てきている損切り設定の徹底なのですが、実際にトレードをしていると損切りラインをずらしてしまうというミスをやってしまう可能性があるのです。

もしかしたらもう少ししたら想定した方向にローソク足が向きを変えるんじゃないかという希望的観測が頭の中を支配してしまって、またポジションを保持したいという強い願望から損切りラインを動かしてしまうという典型的なダメパターンをやらかしてしまうのです。

よくある損切りラインは直近の安値や高値の少し下や上なのですが、直近の安値や高値を超えた時点でそのトレードは失敗している可能性が高いので、ポジション維持に固執するよりもどうしてそうなったのかを考えた方が後々トレードが上手くなる確率が高いです。

一回損切りラインをネガティブ方向に動かしてしまったらずるずると何度もやってしまう可能性が出てくるので損失を膨らませてしまう可能性もでてきます。

チャートを使いこなせない

チャートの操作は慣れてくると何不自由なく使いこなせるものです。

特に国内のfx会社はバージョンアップも度々行われるところもあるので、どんどん使い勝手がよくなってきていると思います。

国内の各fx会社は独自でユーザーが使いやすいように切磋琢磨を繰り返しているので各fx会社の個性が出ている所もあるので人によっては合う合わないというものはどうしても出てきてしまいますが、これはある程度チャートを使ってきている人だから言えることなのです。

fx初心者さんはまずできる限りいろいろなfx会社のデモトレードをやってみることをおすすめします。

まずいじってみることです。

デモトレードなので最悪まず考えられませんがどうしようもなくなったとしても使用期間が切れればそのデモ口座は無効になるし、メルアドを変えれば新たにデモ口座を開設することが出来ます。

ではチャートを使いこなせなければどんなミスをしてしまうのかというと、まずエントリーでもたついてエントリータイミングを逃してしまうことが考えられます。

またイグジットの場合ももたついてしまって利益が減ってしまうことも考えられます。

MT4に苦手意識を持ってしまうと有用なインジを使うことが出来ないので機会損失の可能性もでてきます。

やらかしそうなミスの中でこれらはもったいないことなのでチャートは最低限は使えるようになっておきましょう。

基本的にはそんなに難しいことではないので慣れることが大事です。

待てない

待てないという癖が付いてしまうとなかなか治らないのではないかなと思います。

fxのトレードで重要なことのひとつは待つことです。

これができないということは結構問題です。

想定しているポイントまでローソク足がなかなか来ないので待ちきれずにエントリーしてしまったら想定していたポイントを超えてしまって損切りにあってしまったというケースもあり得るのです。

fx初心者さんの場合トレードできる時間帯は午後9時くらいから遅くても午前2時くらいまでなんじゃないかなと思うので、その時間帯の中で何とかポジションを持っていいところで利確したいと考えるとは思うのですが、相場はそんなに都合のいいようには動いてくれません。

焦る気持ちもわかりますが冷静になることがとても大事です。

条件に合わないところではトレードをしないという風に自分のルールを作ることをおすすめします。

例えば、SEFC10のラインがでてVulkan Profitのエントリーサインがでたらエントリーを考えるという感じです。

SEFC10とVulkan ProfitはMT4用の無料インジでトップページのお知らせの投稿記事100回記念プレゼントのページからダウンロードできます。

⇒ 投稿記事100回記念プレゼントのページ

釣りをイメージするといいかもしれませんね。

アタリが無いのに竿を引いても当然魚は釣れません。

アタリが来るまで待つイメージに似ているような気がします。

まとめ

今回はfx初心者がやらかすであろうミスを想定と題して記事を書きました。

他にもfx初心者さんがやらかしそうなミスは幾つもあるとは思いますが今回記事にした4つの事柄を改善するだけでもそれなりに成長できるのではないかなと思います。

感を頼りにしていてもfxは上手くならない可能性の方が高いです。

損切りができないとリアルトレードでは損失を大きくしてしまう可能性もあります。

チャートを使いこなせないと機会損失の可能性がでてきます。

待てないということは冷静ではない可能性があるのでトレードで失敗をしてしまう可能性があります。

これらはfx初心者さんが一度はやらかすであろうミスなのですが、デモトレードであればダメージはほとんどありません。

デモトレードで経験していればリアルトレードでもその経験は活きてきます。

自分でもいろいろなシーンを想定してみてデモトレードで実験してみるのもいいのではないでしょうか。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者はいくら稼ぐかを目標にしないでねの記事の画像

    fx初心者はいくら稼ぐかを目標にしないでね

  2. fx初心者はステップアップのスタートラインにいる状態の記事の画像

    fx初心者はステップアップのスタートラインにいる状態

  3. fx初心者が必要なのはデモの海外口座だけの記事の画像

    fx初心者が必要なのはデモの海外口座だけ

  4. fx初心者の8月はテコ入れの時期の記事のアイキャッチ画像

    fx初心者の8月はテコ入れの時期

  5. fx初心者はもしかしたらは判断力不足だと意識してねの記事の画像

    fx初心者はもしかしたらは判断力不足だと意識してね

  6. fx初心者がチャートを開く時の心得の記事の画像

    fx初心者がチャートを開く時の心得

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PR

本ページはプロモーションが含まれています

PAGE TOP
error: Content is protected !!