fxブログ

fx初心者は状況を分析して判断してねの記事の画像

fx初心者は状況を分析して判断してね

前回は飛び乗るのは危険ですよという様な内容だったのですが、今回はしっかりと状況を分析してから判断をしてねという内容にしようかなと考えています。

チャートを開いたらまずチャートの分析をしてから今回はエントリー出来そうか、出来そうであれば何処か、もしくは膠着状態が続いているように見えるので取り敢えずは様子見で観察を続けてみる。

こういった流れになってくるのかなと思います。

この事を念頭に置いておけばチャートを開いて慌てる事も少なくなってくるのではないでしょうか。

fx初心者さんにはちょっと古いのかもしれませんが、今でしょは存在しないのです。

しっかりとテクニカル分析をやってその結果を分析してから判断するというのが基本姿勢にするといいのではないかなと思います。

fx初心者さんであればまだ出来るだけリスクの高い事は避けた方がいいのかなと思うのと同時にまだまだ練習をしている段階だと想定しているのでデモトレードでの練習をしているのだというのを前提にしています。

デモトレードだからといっていい加減に練習をしていては成長を期待する事は出来ないかなと思います。

成長出来ないという事はリアルトレードで痛い目にあってしまう可能性が高くなるという事だと考えています。

またデモトレードの練習は回数を重ねた方がいいのだと考えているのです。

なのでリスクの事を含め仮にポジションを持っていたとしてもチャートを閉じる時には手仕舞うのがいいのかなと考えています。

もちろん慣れてきたらどんどんポジションの長期保有に挑んで欲しいなあと思うのですが、何処でエントリーをすればいいのかがわからないというのであればまずは、エントリーの練習をする事にフォーカスした方がいいのではないでしょうか。

エントリーを成功させる可能性を上げるには流れに乗るという事を意識するといいのではないかなと考えています。

有効なのは押し目買いや戻り売りのポイントを見つけるのがいいのではないかなと思います。

このポイントを見つけやすくするにはデモMT4を使った方が便利です。

MT4用の無料インジの3_Level_ZZ_Semafor系とFL11を使うと見つけやすくなるのかなと感じています。

3_Level_ZZ_Semafor系は数字でFL11はマークで押し目買いや戻り売りのポイントの可能性の高そうな所を教えてくれます。

また高値での買いや安値での売りを防ぐ為にもS-TYPE_ZigZagも表示させておいた方がいいかなと思います。

あとがきの所でまとめてダウンロード出来るようにしています。

まずは上昇傾向なのか下降傾向なのかを判断しておいた方が買いなのか売りなのかの判断も出来ないかなと思うので、状況を分析して流れを判断してくださいね。

Contents

平均足の導入

fx初心者さんはローソク足にもう慣れてきたのではないでしょうか。

ローソク足も幾つもの情報を教えてくれる便利なものなのですが、流れを知るという目的であれば平均足の方が視覚的にもわかりやすいのかなと思います。

ローソク足は陽線と陰線があり多くの場合がどちらかの傾向にあっても陽線も陰線も出現し場面によっては判断しづらかったりする事もあるのではないでしょうか。

平均足も陽線と陰線とがあるのですが、平均足は上昇傾向にある時には陽線が連続して出現する傾向にあり下降傾向の時は連続して陰線が出現する傾向にあります。

もちろん平均足単体で相場の状況判断をするのはちょっと怖いので移動平均線やボリンジャーバンド等との併用の方が可能性は高まるのだと思います。

LION FXでは平均足は使えるのできっと他の国内のfx会社さんのデモチャートでも使える所は多いのではないかなと推測しています。

切り替え方もLION FXはメッチャ簡単なのでfx初心者さんは慣れておいた方がいいかなと思います。

平均足と移動平均線に慣れておくとドラゴンストラテジーfxが便利なノウハウだと感じる事が出来るのかもしれませんね。

今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターにも平均足は付属のインジとしてついてきます。

まずは平均足に慣れる練習をするといいかなと思います。

ローソク足に慣れてしまっていると違和感を感じるかもしれませんが、どちらも使えるようになっておいた方が有利かなと思います。

傾向を知る

傾向を知る方法は幾つもあるのかなと思います。

そのどれか一つに絞る必要はないのだと考えています。

幾つもの方法にその傾向が出ているのであればその分その可能性は高いのだと判断してもいいのかなと思うのです。

また傾向を知るといっても5分足チャートだけの傾向を分析するよりも上位足のチャートの傾向も分析しておいた方がいいのではないかなと考えています。

fx初心者さんの多くがチャートは夜に開くのではないでしょうか。

チャートを開いていられる時間も限られていて4時間くらいかなと推測しています。

この4時間くらいの傾向を知っておけば気持ち的にも少しは余裕が出るかなと思います。

出来れば日足から平均足のチャートをチェックしていって欲しいのです。

日足は陽線なのか陰線なのか、4時間足では陽線が続いているのか陰線が続いているのか、1時間足ではという風に15分足のチャートまでチェックしていって欲しいなあと思うのです。

平均足は連続する傾向にあるという事を知っていれば状況分析の判断もしやすくなるのではないでしょうか。

それにプラスして他の方法でも傾向を同時にチェックしていけばその日の戦略も立てやすくなるのだと思うのです。

各時間足の流れがバラバラであれば様子見も選択肢の一つに入れておいた方がいいですよ。

状況分析

上位足のチャートの傾向がわかって、仮に上昇傾向だったとすると、目線は上、つまり買いでエントリーした方が可能性としては高いのだと判断出来るのではないでしょうか。

この段階でやっと目線を決められるのかなと思います。

慣れないうちはやたらと時間がかかってしまうのかもしれませんが、練習を重ねていくとだんだん早く出来るようになってくるのではないかなと思います。

仮に上昇傾向にあるとしても5分足のチャートの現段階では下降傾向にある場合もあり得ます。

例えば昨夜の様に既に118円台に足がタッチして117円台後半でウロウロしているような場合もありますよね。

昨夜は深夜から再び上昇しだし今朝は118円10銭台にまで円安が進みました。

ですが、午後9時から午前0時までの4時間ではそこまで値幅があるとは言えない状況だったかなと思います。

もしかしたらこのような状況は今夜も起こるのかもしれないのです。

今夜のアメリカの注目されていそうな指標の発表は午後9時半からの生産者物価指数なのですが、明日はFOMC金融政策発表を控えているのでもしかしたらも考えておいた方がいいのかもしれませんね。

昨夜の様な場面だと今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターの様に細かくとっていくというやり方が有効だったかなと思います。

またウクライナ情勢という事もあるので様子見という選択肢もあったのではないかなと思います。

チャートを開かないでは練習になりませんが、状況を分析してどういった選択肢があるのかという事を意識するといいのではないでしょうか。

仕掛けどころを探る

昨夜のドル円相場の5分足のチャートの午後9時から午前0時までのおおよその値幅は20銭ないくらいの比較的値幅が狭い展開だったなあと考えています。

基本的な戦略としては押し目買いと戻り売りを狙っていくとすれば、10銭くらいを狙えるかどうかといった感じだったのではないかなと思います。

リアルトレードであればスキャルピングをしていくか様子見をする場面だったのかなと思いました。

僕は後者の方を選択したのですが、デモトレードで練習をしているfx初心者さんであれば前者の選択でもよかったのかなと思います。

スキャルピングとまではいかないにしても仕掛けどころというのは幾つかあったかなと思います。

S-TYPE_ZigZagでプライス表示があって昨夜の午後9時から午前0時までの間でいうとFL11の小さなマークも同時に出ていたポイントの後にSEFC10のラインが確定した辺りが押し目買いや戻り売りのポイントでしたね。

昨夜の場合だと何処でエントリーなのかという練習よりは待つという練習だったのかもしれませんね。

買いのエントリーの時は90EMAのラインが有効だったようなので買いのエントリーは比較的練習しやすかったのではないかなとも思いました。

fx初心者さんもチャートを開いてテクニカル分析をする時に昨夜の動きも分析してみるといい勉強になるのではないでしょうか。

あとがき

テクニカル分析だけで勝てるようになるとは思えないのですが、勝つ可能性を上げる為には必要な工程の一つだと考えています。

状況を分析して判断するという流れは出来るようになっておいた方がいいのだと思います。

というか習慣にした方がいいのだと思います。

分析をするにあたって便利なインジというのもあるので使ってみるのもいいのではないでしょうか。

平均足はどうやらMT4にも装備されているようなのですが、今回紹介した3_Level_ZZ_Semafor系とFL11、S-TYPE_ZigZagとSEFC10をまとめてダウンロード出来るようにしています。

“15thMarchKijiOmake” をダウンロード

15thMarchKijiOmake.zip – 107 回のダウンロード – 67.53 KB

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者は自分で考え試してみる事が大事の記事の画像

    fx初心者は自分で考え試してみる事が大事

  2. fx初心者が全然わからないから脱却する方法の記事の画像

    fx初心者が全然わからないから脱却する方法

  3. FXで結果を出すための心構えと基本ノウハウ: これからのあなたへの記事のイメージ画像

    FXで結果を出すための心構えと基本ノウハウ: これからのあなたへ

  4. fx初心者は1000通貨単位から始めるのがベターな理由の記事の画像

    fx初心者は1000通貨単位から始めるのがベターな理由

  5. fx初心者の初期はノウハウよりもインジの併用がおすすめの記事の画像

    fx初心者の初期はノウハウよりもインジの併用がおすすめ

  6. fx初心者もセミナーを利用した方がいいのかの記事の画像

    fx初心者もセミナーを利用した方がいいのか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PR

本ページはプロモーションが含まれています

PAGE TOP
error: Content is protected !!