fxブログ

fx初心者は待てないと上達は期待出来ないの記事の画像

fx初心者は待てないと上達は期待出来ない

もしかしたfxのトレードで1番難しい事なのかもしれないのが、待つ事なのかもしれません。

fx中級者以上の方であれば自分に合った待ち方というのを見つけているのかもしれませんが、fx初心者さんであれば特にやる事もなく愚直にチャートを見続けるしか術はないのかもしれませんね。

テクニカル分析の重要性を理解していたり、チャートパターンを理解しているトレーダーさんであれば待つ場面とエントリーを狙う場面との区別もつくのかもしれませんが、fx初心者さんの場合はまだその区別がつかない可能性の方が高いのかなと思います。

それどころか誰が見ても上や下にローソク足が向かっている場面に遭遇してしまうと直感的にエントリーをしたいと感じてしまうという事もあり得るのかなと思ってしまうのです。

誰が見ても上に向かっている場面や下に向かっている場面というのは、トレンドが終盤に差し掛かっている可能性の方が高いのかなと思うのです。

こういった場合は、トレンドの継続の可能性を探ったり、流れが何処に向かうのかを探ってみたりする場面かなと思います。

なので、基本的にはすぐにはエントリーはしないで、様子を観察するのがベストな選択ではないでしょうか。

強力なレジスタンスラインやサポートラインがあるのであれば、反発する可能性もあるのかなと思いますが、ボリンジャーバンドのどちらかの2σのラインで反発をしたからといって反対に向かうとは限らないのです。

この動き方を見極めないとエントリーはするべきではないのではないでしょうか。

どちらかの1σのところで再び反転という事も考えられるからです。

fx初心者さんは安易に飛び乗るようなエントリーは避けるべきだと考えているのです。

しっかりとテクニカル分析をしてから根拠のあるエントリーを心掛けて欲しいなあと思うのです。

これで勝率6割以上を目指すといいのではないでしょうか。

そしてfx初心者さんが狙うべきエントリーポイントというのはトレンドが出てきたと確認出来てからの押し目買いや戻り売りに絞った方がいいのではないかなと思います。

流れについていくという感じですね。

この感じをしっかりとデモトレードの時から練習をしておいた方がいいのだと思います。

fx初心者さんがチャートを開いていられる時間は限られているのではないでしょうか。

その限られた時間の中でエントリーチャンスはかなり少ないのではないかなと考えているのです。

もしかしたらない時も結構あるかもしれないなあと思うのです。

その少ないエントリーチャンスをゲット出来るかどうかも待つという事が大事になってくるのだと考えています。

いいエントリーをしていいイグジットをするのが理想かなと思うのですが、これはしっかりと練習をしないと出来ない事だと思うのです。

しっかりと待つという事が出来ないと上達も期待出来ないのではないのかなと思ってしまうのです。

Contents

限られた時間をどう捉えるか

現在はリモートワークというfx初心者さんも多いのではないかなと思うのですが、リモートワークだと通勤時間等を考慮してプラス2時間くらいはいつもより多くチャートを開いていられるかもしれませんね。

チャートを開いている時間が長くなればそれだけエントリーチャンスを拾える可能性も高くなりますが、それと同時に待つ時間も長くなる可能性があるのではないでしょうか。

チャートを開いてテクニカル分析をしてすぐにエントリーチャンスが訪れるという事は極まれにしかないのだと思います。

fx初心者さんはどうすればエントリーが上手くなるのかにフォーカスする人が多いのかなと推測しているのですが、エントリーと同じ様にどうすれば待つ事が出来るようになるのかも考えた方がいいのだと考えているのです。

テクニカル分析が上手くなれば狙い所というのもだんだんと見当がついてくるのかなと思うのですが、出来ないのであればただ闇雲に待つしか出来ないのかなと思います。

いつエントリー出来るのかの見当も無い状態で待つというのは結構苦痛なんだと思うのです。

席を離れる事も出来ないし、何か他の事に集中する事も出来ないのではないでしょうか。

なので、どうすればエントリー出来そうなポイントを見つける事が出来るようになるのかを考えるといいのではないかなと思います。

方法は幾つもあるのだと考えていて、どんどん試してみると席も離れず、チャートも見ている事が可能になるのだと思うのです。

答えはすぐとは限らない

MAライン、ボリンジャーバンド、フィボナッチ、MACD、買われ過ぎや売られ過ぎ等試してみた方がいい方法というのは結構あるのだと思います。

ポイントとしてはどれかに絞るのではなく複数を併用してみるというのがいいのかなと感じています。

それは場面によって機能する時とそうでない時があるからです。

より可能性を高めるにはインジの併用はマストかなと考えているのです。

また、よっぽどラッキーでない限り自分に合った方法というのはすぐに答えが出るというものではないのかなとも思うのです。

わかりやすい例を出してみるとMACDは結構わかりやすいインジかなとは思うのですが、場面によっては使えないじゃんと感じてしまう事もあるのかなと思います。

なのでインジの併用をおすすめするのです。

トレンドラインを引いてみたり、フィボナッチを使ってみたりすると判断がしやすくなる場合が増えるのではないかなと思います。

トレンドラインといっても何処から引いていいのかがわからなかったりするのではないでしょうか。

フィボナッチもしかりです。

インジを使うというのもあるのですが、待っているのであれば自分でやってみるというのが勉強になるのではないでしょうか。

試行錯誤の繰り返しになるのかなと思うので上達していくのではないかなと思うのです。

テクニカル分析

MAラインだけでなく他のインジにしてもただ導入しただけでは意味がありません。

使いこなせるようになって初めて意味が生まれるのだと考えています。

ただ待っているだけの時間というのは無性に長く感じてしまうのかもしれませんが、そういった時間をどう使うかによって今後の成長スピードも変わってくるのだと思うのです。

為替相場というものは常に変化しています。

今の状況にマッチしたテクニカル分析はないのかと探してみるのもいいかもしれませんね。

ただそれに集中し過ぎるとエントリーチャンスを逃してしまう事もあるのかなと思うのでチャートを気にしながら検索をしていくといいですよ。

まだ環境が整っていないfx初心者さんだとどうやってやるのかわからないと思うのかもしれませんが、fxのトレードをやるのであれば複数枚のモニターでトレードをするのが一般的かなと思うので環境が整っていない事をどうクリアするのかにフォーカスするといいのだと思います。

一度に幾つものインジの導入は混乱してしまう可能性があるのですが、わかりやすいMAラインから始めてみるといいのかなと思います。

そして少しずつ複雑なチャートに慣れていくといいのではないでしょうか。

環境

中級社以上のトレーダーさんであれば少ない数のモニターでも結果は残していけるのかもしれませんが、fx初心者さんであれば複数枚のモニターはあった方がいいのかなと思います。

切り替えれば何とかなるとは思いますが、面倒だし目線を変えるだけで確認出来るのはやりやすいのかなと思います。

fx初心者さんといえどもチャートを開いている時間というのは4時間くらいは座りっぱなしかなと思うのです。

途中で小休止するとしてもそれでもそれなりの時間座りっぱなしだと思います。

座り続けられる環境というのもとても大事なのではないでしょうか。

座っている事にストレスを感じるようであれば待っている時間というのは苦痛でしかないのだと思うのです。

僕も椅子は幾つも変えました。

高ければいいというものではないのだとは思うのですが、長い時間座っていてもストレスを感じづらい椅子に座っていた方が待つ事も待ちやすくなるのではないかなと思うのです。

今夜も注目されているアメリカの指標発表で午後9時半から小売売上高の発表があります。

動くかもしれませんし無風なのかもしれませんが、もし動いたのであれば方向が定まってからが勝負だと考えています。

早めに方向が定まればいいのですが、そうでない場合もあり得るかなと思います。

そういった場合も待つ事が要求されるのでfx初心者さんも待つ事に慣れるようにして下さいね。

あとがき

fxの掲示板が盛り上がっているのは待っている間やる事がないからなのかもしれませんね。

これは一通り出来るトレーダーさんだからこそなんだと思うのです。

まだまだ覚える事がたくさんあるfx初心者さんであれば待っている時間を有効に利用して欲しいなあと思うのです。

またチャートを閉じる1時間前くらいまで待ってもエントリー出来そうになければ早めにチャートを閉じてもいいのかなと思います。

粘っても30分前くらいまでかなと思います。

その日はエントリー出来なく終わってもテクニカル分析のレベルが上がったのであればいい練習になったのではないでしょうか。

何処でエントリーすればいいのかの見当がつくようになればかなり上達してきているのではないのかなと思います。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者は投資脳に切り替える事を意識してねの記事の画像

    fx初心者は投資脳に切り替える事を意識してね

  2. fx初心者が失敗を恐れてはいけない理由の記事の画像

    fx初心者が失敗を恐れてはいけない理由

  3. fx初心者が勝てないのは当たり前の記事の画像

    fx初心者が勝てないのは当たり前

  4. fx初心者もチャートの見方を再点検しようの記事の画像

    fx初心者もチャートの見方を再点検しよう

  5. fx初心者も知っておいた方がいい曜日の特徴の記事の画像

    fx初心者も知っておいた方がいい曜日の特徴

  6. fx初心者は利益追求よりも基礎固め優先の記事の画像

    fx初心者は利益追求よりも基礎固め優先

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PR

本ページはプロモーションが含まれています

PAGE TOP
error: Content is protected !!