fxブログ

fx初心者は自己投資の目的を考えてから行動の記事のアイキャッチ画像

fx初心者は自己投資の目的を考えてから行動

fx初心者さんは、特に最初はお金を使うべきではないと考えています。

それは、正しいお金の使い方がまだわかっていないからです。

例えば、fx初心者にも使えるノウハウだったりインジがあったとします。

普通であれば、まず疑い検討してみる場面ですが、fx初心者さんだと何が正解で何が不正解なのかがわからない状態なのではないでしょうか。

まず不正解から。

不正解は使い物にならないノウハウやインジを購入してしまう事です。

そして、正解はちょっとややこしい。

というのも、自分のレベルがあるからです。

どんなに使えるものでも、自分が使いこなせなかったら意味が無いです。

ただこの場合は自分のレベルが上がれば、なんだこれメチャクチャ便利じゃんってなる確率が高いように思います。

僕の場合は、マナブ式FX完全マスタープログラムがそうでした。

購入した当初は、結構いい値段したのに全然使えないというかわけわかんないと感じてしまい起動すらしないようになっていきました。

まだ平均足がよくわかってなかったからです。

平均足だけでなくその他のインジも存在を知っているレベルで使った経験は0に等しい。

ですが、時間が経ちそれなりに経験値も上がってきたところでちょっとしたきっかけでマナブ式FX完全マスタープログラムを起動してみるとメチャクチャ使いやすかった。

その間にも幾つかのノウハウやインジを買い漁る、いわゆるノウハウコレクターでした。

今となっては、少々高い授業料だったのですが、いい経験だったのかもしれません。

fx初心者の時は焦らず己を知る事をもっと冷静に考えればよかったな思いました。

自己投資の目的

初期のfx初心者さんはお金を掛ける前にチャートに慣れる事が先決だと思います。

この時点ではデモトレードも必要ないのかもしれません。

投資の森というサイトでただチャートを眺めるだけでいいと思います。

慣れてきたら装備されているインジで遊んでみてください。

それにも慣れてきてからでもデモトレードは遅くは無いのかなと思います。

この時に基本的な事を学んだり調べるといいと思います。

デモトレードに移行するタイミングで入門者を購入すると理解も早いのではないでしょうか。

デモトレードでやる事は、弱点を一つ一つ潰していく事です。

その為には自分の弱い部分を知らなくては出来ません。

少し慣れてきたfx初心者さんであれば、何処でエントリーをすればいいのかが最大の興味なのではないかなと思います。

それでエントリーサインが出るノウハウやインジに興味がいってしまう。

これ間違いです。

完璧なエントリーサインを出すものがあれば別ですが、そんなものは存在しません。

それはチャートは常に変化しているからで、その変化に対応出来るインジなんてあるはずがないのです。

トレンドフォローであればレンジに弱く、レンジ相場が得意であればトレンドに弱いのです。

まずは分析が出来るようになる事を目指すといいと思います。

その為の自己投資というのは独学で学んでいくよりも効率的です。

自己投資は少額から始めるといいのではないでしょうか。

割に合っているのか

自己投資先としてはノウハウの購入というのが一般的なのかなと考えています。

一言でノウハウといっても多種多様なものがあり、トレンドフォローの手法のノウハウが多いように思います。

トレンドフォローの手法といってもいろんな手法があります。

移動平均線を使ったものやサブウィンドウを使ったものトレンドラインを使ったもの、水平線を使ったもの等たくさんあります。

移動平均線、サブウィンドウ、トレンドライン、水平線をイメージ出来たのであればいいのですが、もしなんだそれというレベルであれば、何万円も出して購入するのは考えた方がいいと思います。

基本的にノウハウやインジは道具でしかありません。

本人のレベルが重要なのです。

道具は使いこなせて初めてその真価を発揮します。

見方を変えれば自分で出した推測との答え合わせに使い感じなのです。

またインジがここからとかここまでとか示しているけど本当かなあと自分で分析出来なければノウハウやインジに振り回されるだけです。

これがデモトレードであればまだいいのですが、リアルトレードだったら実損という現実が待っています。

焦らず一つ一つ自分のものにしていくようにしてくださいね。

ノウハウやインジも使いこなせるようになると便利ですしダウ理論等の理論も大事です。

どうして大事なのかというと他のトレーダーさん達が意識しているからです。

自己投資は自分に合ったものを選び一つずつステップアップしていくイメージがいいのではないでしょうか。

アウトプットが大事

覚えたものを実際に使えなかったら意味がありません。

プライスアクションを覚えたとしてもそれが機能する場面なのかが判断出来なければそのトレードは負けてしまう可能性が高くなってしまいます。

例えばピンバーが出たからといって飛びつくのはかなり危険です。

相場の勢いはどうなのか等総合的に判断出来ないと失敗してしまいます。

一旦は逆方向に進むかもしれませんがまた戻ってくる可能性があるからです。

プライスアクションを表示してくれるインジがあったとしてもそれはただプライスアクションがあった事を知らせてくれているだけなのです。

このプライスアクションは有効なのかを判断しないといけません。

その為に必要なのが経験です。

経験を積んでいけば複数のインジの併用を上手に使ったりしてその可能性を図り知る事が出来るようになってきます。

経験を積んでいくというのはただチャートに張り付いているだけではないのです。

覚えた事をチャートに反映させ少しでも自分に有利なエントリーポイントの見当を付けられるようになる事です。

自分でラインを引く事は簡単です。

ですが、重要なのはそのラインを他のトレーダーさん達が意識しているかどうかなのです。

デルタfxのラインがいい例かなと思います。

回収可能か

デモトレードは仮想資金でトレードの練習をするので自己資金を出す事はありません。

トレードに慣れわかる場面を増やしていきよりリアルに近い感じで結果を残していけるようになるのが目的です。

リアルトレードでは自分の資金でトレードをしていきます。

目的は自己資金を増やす事ですよね

リアルトレードでは種銭と呼ばれる自己資金をfx口座に入れてトレードをします。

実力があれば最初に投資した種銭をまず回収してから資金を増やしていきます。

自己投資も似ています。

自己投資した分を回収できなければその自己投資は失敗です。

なので、自己投資をする時にはその投資分は回収が可能なのかを考えて欲しいなあと思います。

仮に失敗したとしてもいい勉強になったと自己肯定はしないでくださいね。

どうして失敗したのかを考える習慣を付けて欲しいなあとも思うのです。

この考え方はデモトレードでのトレーニングにも役に立ちます。

もちろんどうして成功したのかも考えるようにしてくださいね。

成功したのであれば再現性を高めればまた成功する可能性が高くなります。

失敗したのであれば同じ失敗をしない事で損失を免れます。

直感で勝ったりするのは成功とは呼べません。

こういった所はシビアに見てくださいね。

お金だけじゃなく時間も

fxのトレードで結果を出せるようになってくるにはかなりの時間がかかってしまうのが一般的かなと考えています。

平均で3年から5年くらいは考えておいた方がいいです。

どうしてそんなに時間がかかるのかというとチャートは常に変化しているからです。

なので、その変化に対応出来る対応力が必要になるからです。

みっちりやってこのくらいはかかってしまうと考えておいた方がいいです。

自己投資といえばどうしてもお金を掛けるイメージだと思いますが、お金だけでなく時間もかかるのです。

それはどうしてかというと、兼業トレーダーはヨーロッパやアメリカを相手にしているからです。

相手はかなり強いです。

イニシアティブは欧米勢にあります。

直近だとサマーバケーションのタイミングだとそれに付き合わなければいけません。

クリスマス休暇も同じです。

相場が動かないのです。

枯れ相場というやつですね。

どうして欧米勢に合わせないといけないのかというと動かしている金額が違うからです。

大きな金額を動かせるのは企業ですよね。

日本の夜は欧米の昼で企業が動いている時間帯です。

為替はそれだけでなく政治や経済にも影響されます。

こういった要素を踏まえて対応力を付けていくので時間がかかるのです。

まあ物は考えようでこの何年かというトレーニングの間に余剰自己資金を用意するといいのかなと思います。

あとがき

だんだんと上達してくるに従って必要なものが見えてくるのだと思います。

また何に対して自己投資すべきなのかも見えてくる様になってくるのではないかなと思うのです。

こういった事がわかってくるまでは自己投資の目的を考えてから行動しないと大きな失敗に繋がるのではないでしょうか。

自己投資は必要だと考えているのですが、まだ何に対して自己投資をすればいいのかがわからない状態では自己投資よりもチャートに慣れる事の方が先決なのではないかなと思います。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者のためのぶっちゃけ始め方の記事の画像

    fx初心者のためのぶっちゃけ始め方

  2. fx初心者はすぐに稼げると考えると挫折の可能性の記事の画像

    fx初心者はすぐに稼げると考えると挫折の可能性

  3. fx初心者にとって面倒が上達の道標の記事の画像

    fx初心者にとって面倒が上達の道標

  4. fx初心者は大きな変化より小さな変化を意識しようの記事の画像

    fx初心者は大きな変化より小さな変化を意識しよう

  5. fx初心者の目標は稼ぐよりも慣れることの記事の画像

    fx初心者の目標は稼ぐよりも慣れること

  6. fx初心者はファンダメンタルズ分析とテクニカル分析はどっちがいい?の画像

    fx初心者はファンダメンタルズ分析とテクニカル分析はどっちがいい?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
error: Content is protected !!