fxブログ

fx初心者は押し目や戻りのリスクも知っておこうの記事の画像

fx初心者は押し目や戻りのリスクも知っておこう

ワクチン効果もあってなのかコロナ禍という異常事態のピークは取り敢えず過ぎた感があり少しずつ日常が戻りつつあるように感じます。

日常が戻りつつあるという事はリモートワークからオフィスワークに戻るfx初心者さんもいるのではないでしょうか。

そうなってくると移動時間というものも復活しそのしわ寄せはチャートを開いている時間に及んでくる場合も結構あるのではないかなと思います。

チャートを開いている時間がそれなりにあるとエントリーチャンスというものも増えてくるのでしょうが逆にチャートを開いている時間が少なくなってしまうとそれだけエントリーチャンスというのも少なくなってしまうのではないかなと思います。

ニューヨーク時間が始まるくらいにチャートを開くのであればもうチャートの動きというのは始まっていて途中からの参戦というのが基本的な戦略になってくるのではないでしょうか。

そうなってくると押し目買いや戻り売りを狙っていく事が増えてくるのではないかなと思います。

押し目買いや戻り売りを狙うには無料インジを使うとやりやすくなるのではというのが以前記事にした内容だったのですが今回はそれに準ずる内容になります。

fx初心者さんであればまだ経験値もそこまで高くない場合が多いのかなと思うのですが押し目買いや戻り売りを狙うにしても全くのノーリスクというわけにはいきません。

前回はこのリスクの部分にはほとんど触れていなかったかなと思い今回はリスクの事も記事にしていこうと思います。

リスクといってもデモトレードであればそれもいい経験になると思うので失敗から学べるようになって本チャンでは失敗をなるべく少なく出来るようになって欲しいなあと思います。

また紹介しているノウハウというのはトレンドフォローの手法のものが多いかなと感じているのですが僕が紹介しているノウハウではなかなか押し目買いや戻り売りを狙うタイプのものは近い感じでもマナブ式FX完全マスタープログラムくらいしかないかなと思います。

マナブ式FX完全マスタープログラムはまだ経験の浅いfx初心者さんでは使いこなすにはかなりの時間がかかると思うのでそれなりに知識や経験が付いてから購入を検討した方がいいと思います。

また僕は経験の浅いfx初心者さんには今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターというノウハウをおすすめしているのですがこれも押し目買いや戻り売りを狙うというのもちょっと違うかなと感じています。

ドラゴンストラテジーfxに関してもトレンドフォローの手法ではあるのですが今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターでトレードに慣れてからの方が使いやすいだろうなあと思います。

なので押し目買いや戻り売りを狙う場合デモトレードで無料インジを駆使して練習を重ねるのがいいのではないかなと思います。

基本は押し目買いや戻り売りの戦略がいいと思います

押し目買いや戻り売りを狙うにしてもリスクというのは必ず存在するものではありますが基本的には押し目買いや戻り売りの戦略がいいと思います。

その理由としてニューヨーク時間が始まってから動き出す確率はそう高くは無いかなと感じているからです。

たまにロンドン時間の全否定という形で午後9時過ぎから逆に動き出すという事もあるのですがそういった場面はそこまで多くは無いかなと考えているからです。

これは各市場の特性でもあるのかなと思います。

日本人は多くの場合でもうそろそろ終わりかなと考えがちかなと思いますが欧米では流れに乗ろうとする傾向が強いように思います。

流れが出てきたのであればその流れに乗って利益を膨らまそうとする考え方なんだと思います。

こういった事から兼業トレーダーの可能性が高いかなと思うfx初心者さんは押し目買いや戻り売りを狙う戦略を取った方が取りやすいのではないかなと思うのです。

いくら流れに乗るやり方といっても必ずといっていいほど逆に動く時というのはある場合が多いかなと思うのです。

それは利確組が利確をして少しの間逆に動いたりするからです。

勢いがある時はまだまだ流れが変わらずに再びその流れの方向に動き出す可能性もあります。

再び大きく動く時もあれば思ったほど動かない時もあります。

そしてそこにリスクがあったりするのかなと思います。

リスクも存在する

例えばヘッドアンドショルダーや逆ヘッドアンドショルダーがいい例ではないかなと思います。

fx初心者といえども流れの勢いを正確に予測していなければこのヘッドアンドショルダーや逆ヘッドアンドショルダーに捕まってしまう事もあり得るのかなと思います。

ヘッドアンドショルダーとは小さな山の次にそれよりも大きな山が出来てその次にまた小さな山を形成するプライスパターンの事ですね。

ヘッドアンドショルダーが起きた場合高い可能性で下落していきます。

逆に逆ヘッドアンドショルダーの場合ヘッドアンドショルダーの底バージョンだと考えていいと思います。

どんな場合でも損切り設定をしておけば許容範囲内で抑える事は出来ますが違う見方をすると高値圏での高値掴みや安値圏での安値掴みをしているという事でもあるのでやはりここでもチャート分析が重要かなと思うのです。

わかりやすいのはラウンドナンバー辺りやキリ番辺りでは反発を予想しやすいと思うのでいくらエントリーチャンスのように思えても実力が付くまではこういった反発する可能性が高い所ではエントリーはしない方がいいもしくはいつも以上に気を付けて欲しいなあと思います。

そして押し目買いや戻り売りを狙う場合多大な期待を持たないという事も覚えておいて欲しいなあと思います。

せっかくエントリーしたのだから大きく稼ぎたい(デモトレードだと実際には稼げないんですけどね)という気持ちはわかりますが一度利確組が出たかもしれないという場合ではそこまで大きく動かない可能性だってあるのです。

利確したという事は理由があるはずなのです。

押し目買いや戻り売りはチャンスでもあるのですが希望的観測を持ってチャートを見てしまうと失敗の原因になってしまう事もあるので注意するようにしてくださいね。

常に冷静にチャートを見るという事がとても大事だと考えているのです。

慣れるまではポジション保有時間は短めに

fx初心者さんであればそれほど深く損切り設定は入れていないのではないかなと思います。

だからといって浅すぎてしまうとすぐに切られてしまうので適度な深さが必要です。

基本的には直近の高値や安値の少し上や下というのが一般的かなと思います。

そして状況的にどうしても深く損切り設定をしなくてはいけないのであればエントリーを熟慮する必要があるのかなと思います。

これはエントリータイミングを逃してしまっている可能性もある為あまりおいしい場面とは言えないのかもしれませんよ。

深く損切り設定を入れる場合というのはそれだけのリスクを冒してもうまみがあると判断するからリスクを取っている場合が多いのではないでしょうか。

多くの場合でそういった場面というのは長期戦になる事が多いのではないかなと思います。

長期戦になるという事はそれだけのチャート分析が出来ているからそう判断したのではないでしょうか。

fx初心者さんの段階だとそこまで長期の予測はまだ無理なんじゃないのかなと思うのです。

どうしても経験が必要になってくるからです。

なのでfx初心者さんの戦術としてはなるべくリスクの低い方法としてポジション保有時間は短めにするというのが妥当かなと思うのです。

ポジション保有時間を短めにといっても数秒から数分間では練習にならないのでもっと長くする方がいいと思います。

状況によるので臨機応変さが必要になってきます。

チャートを閉じる時にはポジションは持っていないというのがいいのではないでしょうか。

デモトレードだと週末も動いている場合もあるので特に金曜日以降はリスクが高まるので慣れるまではポジション保有時間は短めにした方がいいのではないでしょうか。

急に1時間くらいのポジション保有はきついかもしれないので20分くらいから練習するといいのかなと思います。

勝つ時もあれば負ける時もある

fxのトレードで勝ち続けるというのはまず無理な事なんじゃないかなと思います。

その理由は相場の動きは不確定要素があり過ぎるからです。

可能性があるかどうかそしてその可能性はどのくらい高いのかを判断する事が出来るようにならないとfxで生き残っていく事が難しくなってしまいます。

なのでfx初心者さんもどんなに自信がある時でも負けるかもしれないという可能性が0では無いという事を意識するようにして欲しいなあと思います。

これはどんな時でもリスクというものは0にはならないという事なので常に冷静でいる事がとても重要なのです。

負ける時は誰でも負けます。

ですがそんな時でも上手に負けないと次の一手が打てなくなってしまうので早い判断と気持ちの切り替えが必要になってきます。

以前fx初心者さんは失敗からしか学べないと書きましたがこれはまだ経験が浅い時の事でどんなに慣れてきてもリスクが無くなるという事では無いので混同しないで欲しいなあと思います。

fxの勉強をしているとトータルで勝つ事を意識しようという様な情報を目にしたかもしれませんね。

これは本当に重要な事で失敗で落ち込む事は初期段階で卒業して最初はどうして失敗したのかを考え経験を重ねていく内に上手な負け方というのも出来るようになって欲しいなあと思うのです。

小さく勝っていっても1度大きな負けをしてしまえば致命傷になってしまう事だってあるのです。

fx初心者さんは大きく稼ぐ事を目標にするのもいいのですが大きく負けないという技術を身につけるという事がfxで稼ぐという事に繋がっていくのではないでしょうか。

あとがき

2021年10月11日のドル円相場の東京時間からロンドン時間の前半戦では円安が進んでいて113円に向かっていっています。

今夜はアメリカの債券市場がコロンブスデーで休場なんだそうです。

為替相場にどういった影響が出るのかはわかりませんが面白い動きではあると思います。

まさにラウンドナンバー付近なので動きが気になる所なのですがfx初心者さんは先入観を出来るだけ排除して冷静にチャートを見るようにしてくださいね。

こういった展開もかなり勉強になると思うのでこの状況を有意義に利用して欲しいなあと思います。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者の口座選び

    fx初心者の口座選び

  2. fx初心者は大きな損失と小さな損失を理解してねの記事の画像

    fx初心者は大きな損失と小さな損失を理解してね

  3. fx初心者はこれがあれば勝てるかもとは考えないでねの記事の画像

    fx初心者はこれがあれば勝てるかもとは考えないでね

  4. fx初心者は安全を優先しないでねの記事の画像

    fx初心者は安全を優先しないでね

  5. fx初心者の為のエントリー時のアドバイスの記事の画像

    fx初心者の為のエントリー時のアドバイス

  6. fx初心者はS-TYPE_ZigZagはMT4に導入すべきの記事の画像

    fx初心者はS-TYPE_ZigZagはMT4に導入すべき

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PR

本ページはプロモーションが含まれています

PAGE TOP
error: Content is protected !!