fxブログ

fx初心者の為のエントリー時のアドバイスの記事の画像

fx初心者の為のエントリー時のアドバイス

僕がそうだったようにきっと多くのfx初心者さんがエントリーポイントが知りたいんじゃないかなと思います。

慣れてくるとだんだんと1番重要なものはエントリーではなく相場観だなと感じるようになってくるのではないかなと思いますがfxのトレードの始めたてというのは何処でエントリーをすればいいのかがわからなくってしんどい思いをしているのではないでしょうか。

fxで稼ぐには何といってもエントリーしない事には始まらないからですね。

確かにそうなのですがfxというものはもっともっと奥深いものだという事にも関心を抱いて欲しいなあとも思います。

fxのトレードがもっともっと面白くなっていくにはエントリーの壁をまず突破しない事には先に進めないだろうから決定的なスルーパスというわけでは無いのですがエントリー時に覚えておくといいのではないかなという事を今回は記事にしてみようと思います。

これからfxのトレードをしてみようかなと考えている超fx初心者さんであれば問答無用で国内のfx会社さんのデモ口座を開設してくださいね。

最初は何処でもいいのではないかなと思います。

むしろ最初であればデモトレードが出来る所を片っ端からやっていくのもいいのではないかなと思います。

ヒロセ通商さんのLION FXとJFXさんのMatrix Traderは確かほぼ同じだったと記憶していますが大きく違ってくるのがリアルトレードでLION FXはデモトレードとほぼ同じチャートだけでなく更に進化したチャートが用意されているのに対してJFXさんは今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターの販売者のスキャトレふうたさんの使用しているチャートがキャンペーン期間中だともらえたりするようです。

とにかくfxのトレードというものがどんなものなのかを体験してみない事には始まりませんよね。

次にチャートにも慣れてきてどうすればもっと上手にトレードが出来るようになれるのかを考えている人もいるのではないかなと思います。

きっと最初に思い浮かぶのはインジの導入ではないかなと思います。

その理由は簡単に導入できるから。

この時点では精度はそこまで意識していないのではないかなと思います。

デモMT4の導入もやって(慣れてしまえば簡単です)幾つかエントリーサインの出る無料インジケーターを試してみるという事を行っているのではないでしょうか。

何個も試しているのでしたら使えないなあと感じたインジでもパソコンのフォルダには収納していて捨てない方がいいですよ。

ただデモMT4の中には入れっぱなしにはしないようにしてくださいね。

MT4が重くなってしまう原因になりかねないので。

エントリーは迅速かつ慎重に

エントリー時に気を付けるべき事は幾つかあるのですがその中でも1番大事なのはエントリーは迅速かつ慎重に行うという事です。

もたもたしてしまうとエントリーチャンスを逃してしまう可能性があるからです。

だからといって兎にも角にもエントリーしなければという事では無いので混乱しないようにしてくださいね。

そのエントリーがあっているのか間違っているのかもまだfx初心者さんだと判断に時間がかかってしまう事もあると思うので少しずつエントリーの際の行動が早くなるように意識して練習をするようにしてくださいね。

もちろんデモトレードでですよ。

慣れてくればパパパッと出来るようになると思うので焦る必要はないです。

ロット数のチェック、成行になっているのかレートの設定に損切り設定をするだけです。

損切り設定は事前にその日の許容範囲を決めておくとスムーズに設定出来ます。

多くの損切り設定の説明では直近の高値や安値の少し上や少し下に損切りラインを置いてという説明があるのかなと思います。

この説明はとても適切だなと思うのですが許容範囲内で収まらない時はエントリーは見送った方がいいのではないかなと思います。

その理由はリスクが高まってしまうからです。

特にfx初心者さんは絶対に失敗をしたくないという気持ちが強いのではないかなと思うので無理なエントリーは慣れるまでは避けた方がいいのではないでしょうか。

エントリー時にはもうひとつちょっとした注意点があります。

それはエントリーをしようと考えた足の次の足を見るという事です。

エントリーをしようとしたローソク足の次のローソク足が買いの場合だとひげを見たり実体を見たりするといいですよ。

エントリーをしようとしたローソク足よりも次の足が買いの場合だと上にあれば問題は無いのかなと思いますがひげが長かったり実体が小さくなっていたらエントリーは様子見をした方がいい確率が高くなっていると考えた方がいいと思います。

どのくらいのひげの長さだったらいいのかという事は経験からしか判断できないと思います。

ひげが長いという事はそれだけ逆の勢力が大きいという事なのです。

ローソク足と平均足

もしかしたらfx初心者さんはローソク足と平均足とではどちらがいいのかなと考えているのかもしれませんね。

答えはどちらもです。

どちらもメリットとデメリットがあるので両方表示するのがいいのではないかなと思います。

両方といっても1つのチャートで両方表示させてしまうとかえって見づらくなってしまうので別のチャートに表示するようにしてくださいね。

もしかしたらスマホでもfxのトレードは出来るというイメージを持っているのかもしれませんがfx初心者さんには無理があるのではないかなと思います。

環境はとても大事ですよ。

最初は中古でもいいので環境を整えるという事も考えてみてくださいね。

ローソク足はプライスアクションといった情報を見やすいですし平均足は連続しやすいという特徴があります。

どちらも使い慣れて欲しいなあと思います。

fx初心者さんはエントリー時にエントリーすべきかどうかで悩む事が多いのではないかなと思うのですが、ローソク足や平均足の動きをチェックするとわかりやすくなるのではないかなと思います。

インジの導入もいいのですが足の動きもチェック出来るようになっていかないと実力は付いていかないのではないかなと思うのです。

エントリーサイン

いまいち何処でエントリーをすればいいのかがわからない時にとても参考になる場合が多いのがエントリーサインを出してくれるインジですね。

エントリーサインを出してくれるインジで1番認識していて欲しい事は聖杯というものは存在しないという事なのです。

今まで幾つかのエントリーサインを出してくれるインジを使ってきてこれ使えないなあと感じてしまって外して来た事もあるのかもしれませんが機能する場面と機能しない場面とがあるという事を知っていて欲しいなあと思います。

エントリーサインを出してくれるインジというのはあくまでも条件が揃ったからエントリーサインを出すというものでここは稼げるからエントリーしてねというものでは無いのです。

トレーダーが稼ごうが損をしようが関係無いのです。

ただ自分の仕事をしているだけなのです。

トレンドフォロータイプのエントリーサインを出してくれるインジだとレンジ相場だとエントリーサインを連発しますよね。

しかも買いも売りも出しまくる時もあるのです。

このインジ使えないなあと思わないでくださいね。

このインジはこういった場面では使えないんだと考えた方がいいのではないでしょうか。

相場が今どんな状態なのかを見る事が出来るようになればダマシに合う事も少なくなってくるのかなと思いますしチャート分析は本当に大事なのです。

そしてエントリーサインが出たからといって飛びつかないようにしてくださいね。

出来る事ならば次の足まで待ってからの方がいいのではないかなと思います。

ノウハウのドラゴン・ストラテジーFXのエントリーサインはすぐに出るのですがデルタFXのエントリーサインは確定するまでに時間がかかります。

ではデルタFXのエントリーサインは優れていないのかというとそうでは無いのです。

デルタFXのエントリーサインが出た時は大きく動く事が多いかなと感じています。

小さく取っていく時にはドラゴン・ストラテジーFXがいいのかなと考えています。

なのでfx初心者さんにあっているのかなと思うのです。

⇒ ドラゴン・ストラテジーFXの公式サイト

最初からがっついても実力が無ければ大きく稼ぐ事はかなり無謀だと思います。

まずは稼ぐ事を覚えて欲しいなあと思います。

慣れてきてもっと大きく稼いでいきたいと実力も付いてきたのであればデルタFXという様なノウハウもアリなのかなと思うのです。

⇒ デルタFXの公式サイト

デルタFXはその名の通りトレンドラインのトライアングルを使った手法です。

ドラゴン・ストラテジーFXもデルタFXもまずはデモトレードで練習をするようにしてくださいね。

他のノウハウも同じですよ。

プライスアクション

fx初心者さんにプライスアクションも参考になるというのはちょっとハードルが高いかなとも思うのですが知っておくとエントリーチャンスを掴む可能性が増えるのです。

ピンバー、包み足、はらみ足等といったローソク足の動きを知っていると次の展開がどうなっていくのかの予測がしやすくなっていきます。

ですがプライスアクションが出たからといって必ずそうなるというわけでは無いのでこれも経験が必要になってくるのです。

僕も幾つかプライスアクションやプライスパターンの無料インジを試した事があるのですが結局今は外しています。

参考になる時とそうでは無い時がありまた認識するまでの時間が気になったからです。

やっぱり自分で覚えた方が早いなという結論に至ったのでした。

たくさん覚えなくてもいいのかなとは思いますがよく情報に出てくるようなものは覚えておいてもいいのではないでしょうか。

プライスアクションが出たとしても最初の内は次のローソク足も確認した方がいいと思います。

また平均足でもチェックをした方がいいのではないでしょうか。

足だけでなくインジでもチェックした方が可能性としては上がりますね。

プライスアクションの認識にもそれなりの時間が必要になってくるのかなと思います。

何か微妙という場合もあるからです。

結局、総合的に判断して確率の高い所でエントリーをするというのがfx初心者さんのエントリーになってくるのかなと思います。

なのでノウハウやインジがあると便利かなと思うのです。

あとがき

fx初心者さんさんがエントリーする時にはこういった事を意識しながらトレードをしていくといいのではないかなと思います。

そしてこれらのアドバイスはきっかけにすぎないかなとも思うのでどんどんしっかりとしたスキルにしていって欲しいなあと思うのです。

ちょっとした注意点を意識するだけでトレードがやりやすくなるのではないかなと思います。

いろいろな無料インジを試しているのかもしれませんが特に今の時期はそこまで動きが出ない事が多いのかなとも思うのでこれ使えないなあと早々に判断するのはもったいないかもしれないですよ。

9月からはクリスマスに向けて動き出す傾向にあると思うのでそういったタイミングで試してみた方がいいのではないかなと思います。

また今の時期は動かない用の無料インジを探してみるのもいいのではないでしょうか。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者は楽を選択しないで自立歩行が目標の記事のアイキャッチ画像

    fx初心者は楽を選択しないで自立歩行が目標

  2. fx初心者は併用を学び9月に備えようの記事のアイキャッチ画像

    fx初心者は併用を学び9月に備えよう

  3. fx初心者の選ぶべき通貨ペアはドル円の一択のみの記事の画像

    fx初心者の選ぶべき通貨ペアはドル円の一択のみ

  4. fx初心者は流れに乗ることを意識してねの記事の画像

    fx初心者は流れに乗ることを意識してね

  5. fx初心者は稼げるようになるには何をすべきかを考えようの記事の画像

    fx初心者は稼げるようになるには何をすべきかを考えよう

  6. fx初心者は基礎を復習しようの画像

    fx初心者は基礎を復習しよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PR

本ページはプロモーションが含まれています

PAGE TOP
error: Content is protected !!