fxブログ

fx初心者は流れを予測する練習を忘れないでねの記事の画像

fx初心者は流れを予測する練習を忘れないでね

fx初心者さんがトレードで1番やってはいけない事の一つに直感でトレードをするというのがあります。

fx上級者さんであればたくさんの経験をしてきているだろうから感が働くこともあるというのもわかるのですが、そもそも経験が浅いfx初心者さんにトレードに関しての感が働くわけがないのだと考えています。

では、fx初心者さんであればどうすればいいのかというのが大きな疑問になってくるのではないでしょうか。

答えはテクニカル分析を学ぶではないのかなと考えているのです。

その理由は学びやすいからです。

ただ勘違いしないで欲しいのは、簡単ではないという事。

分析方法としては大きく分けると2種類あってテクニカル分析とファンダメンタルズ分析。

トレードの可能性を上げる為にはどちらも重要だと考えているのですが、fx初心者さんが今の世界情勢を読み解きトレード戦略に落とし込むなんてそうそう出来るものではないのだと思います。

これもやはり慣れが必要です。

テクニカル分析の方がまだ入りやすいのではないでしょうか。

めっちゃ大雑把に説明するとMAライン、ホライゾンライン、トレンドライン、チャネルライン、ボリンジャーバンド、MACD等のラインとかの何かしらのサインが出たら反転するのかもしれないと考える事ができるので視覚的にもわかりやすいのではないでしょうか。

ここで重要なポイントがあるのかなと考えているのです。

それは流れを無視してしまうと場面によってはすぐに更に反転をしてしまう可能性があるという事なのです。

今回はその流れを予測する練習も忘れないようにして下さいねという記事にしてみました。

流れを予測する事はとても重要なのですが、まだ経験の浅いfx初心者さんであればピンと来ないのかもしれませんよね。

試しにやってみたとして、日足のチャートでは上に向かっているように見えても4時間足のチャートでは下に向かっているように見えて更に1時間足では上に向かっているように見えていて結局なんなの?とわけわからない感じになってしまうのかもしれませんね。

まだ環境も整っていないのであれば、一つのモニターでトレードの練習をやっているのであれば尚更に不自由を感じてしまうのかもしれません。

それでも流れを予測する練習をおすすめするのは理由があるからなのです。

それは、エントリーの方向、つまり買いか売りかを決める判断材料になるだけでなく、どのくらい動きそうなのかを予想するのにも役に立つのです。

もちろん幾つかのインジとの併用でその精度を高める必要もあります。

Contents

大きな流れから

日足のチャートから順に流れを見ていって当面の流れを予測して5分足のチャートでエントリータイミングを図るか、もっとピンポイントでやろうとするのであれば1分足のチャートを使うという手もありますが、おすすめは5分足のチャートの方かなと考えています。

その理由はローソク足の動きがちょうどいいのかなと感じているからです。

流れを予測する練習をといわれてもよくわからないという人もいるのかもしれませんね。

大きな流れには大きい分だけふり幅が大きいのです。

日足では1日のローソク足の動きが1本のローソク足で表されます。

なので、1週間や2週間、1か月の中でローソク足がどちらの方向に向かっているのかが予測出来るのではないでしょうか。

これが大きな流れです。

4時間足のチャートではその中でも同じ方向なのか逆なのかがわかると思います。

同じであればその流れはしばらく続く可能性が高いと予測されます。

強力なライン等がない場合ですけどね。

逆であればいずれ日足に同調する可能性があると判断してもいいのかなと考えています。

とすると、そこまで長くはその流れは続かないと予想出来るのではないでしょうか。

ちょっと面倒ではあるのですが、これを下の時間足のチャートでもやっていけば、5分足のチャートのでの流れとどのくらい続きそうなのかの予測が出来るのではないかなと考えているのです。

流れが予測出来たなら

流れが予測出来たなら押し目買いや戻り売りのポイントを探しやすくなるのではないでしょうか。

探しやすくなるといわれてもよくわからないと感じてしまう人もいるのだと思います。

ヒントはジグザグというインジです。

使ったことのある人であればイマイチ使いづらいと感じている人もいるのかもしれませんね。

ラインが確定するまで時間がかかる時もあり場合によってはチャンスを逃してしまう事もあるからです。

もしかしたら、国内のfx会社さんのデモチャートではジグザグのインジは入っていないかもしれないですね。

そんな時はデモMT4がおすすめです。

MT4用の無料インジには、S-TYPE_ZigZag、3_Level_ZZ_Semafor、FL11等といった便利なインジがあり(もちろん完璧ではありませんが)、押し目買いや戻り売りのポイントを見つけやすくなります。

3_Level_ZZ_Semafor、FL11等(ここで等と表示しているのは他にも似たようなインジもあるのかもしれないからで、僕は3_Level_ZZ_Semafor mtf alerts nmcとFL11を別のモニターに表示させて使っています)の数字の小さいもしくは小さなマークが出たら押し目買いや戻り売りのチャンスの可能性があるなあと判断してもいいのだと考えています。

もう少し可能性を高めるのであればSEFC10という無料インジを使ってラインが出るのを待つという方法もありますが、毎回出るとは限らないので自分で判断をする必要があります。

そして、自分で判断するというのがメチャクチャ重要な事なのです。

ラインの位置も忘れずに

大きな流れから小さな流れを予測出来る練習も大事なのですが、ただ流れを予測するだけでは不十分かなというか、せっかく流れを予測する練習をしているのであればついでにラインの位置の確認もやっておいた方がいいです。

大きな足のチャートのラインほどローソク足が反応する可能性が高いからです。

じゃあ、日足だけとは考えないでくださいね。

場面によってどの足のラインに反応するのかがまちまちなのです。

また仮に1時間足のチャートのライン(ラインといってもMAライン、ホライゾンライン等幾つもあります)でローソク足が反発したからといって流れが変わったと判断するのは早計かなと思います。

反応は見せたものの勢いは止まらず時間をおいて突破していったという事もよくある事なのです。

ここで注意して欲しいのは相場の勢いというものも予測する事が大事という事とfx初心者さんであればその中でもレベルがあるとは思いますが、ポジションの保有時間はそこまで長くはない方がいいのかなと考えています。

その理由はデモトレードでの練習であればポジションの長期保有はあまり意味が無いという事、それよりも多くのエントリーの練習をした方がいいと考えているからです。

正確に勢いを判断する事はかなり難しいと感じているのですが、僕は一つの目安としてパーフェクトオーダーとかを参考にしています。

今は世界情勢が例年とは違う

コロナ禍やウクライナ情勢が日本でも影響が出てきているのかなと感じている人は少なくはないのではないでしょうか。

こういった状況というのはいつまでも続くというものではないとわかっていても、いつまで続くのかがわからない為に不安な気持ちになってしまいますね。

まあ、こういった不安な気持ちがあるからこそ、政治や経済に興味を持ったり反応したりするきっかけになるのかもしれませんね。

また、少しでもこういった不安を解消する為に出来る事を探したりfxをやってみようかなと思うようになったりするのであれば悪い事ばかりとは言い切れないのかもしれないですね。

もちろん人が亡くなったり傷ついたりする事は悲しい事なのですけどね。

早く収まって欲しいものですね。

最近fx練習を始めた人であれば今の状況がスタンダードだと思っている人もいるのかもしれませんが、為替相場というのは今の様な動きというのは特殊だと考えた方がいいですよ。

なので、こういった動きがいつまでも続くとは考えない方がいいです。

今は世界情勢が例年とは違うのです。

新型コロナに関してはもしかしたらニュースタンダードになるかもしれませんが、戦争はいつかは終結します。

そうすれば少しは前のように為替相場も戻ってくるのではないかなと考えています。

そして一刻も早くそうなる事を願っている一人なんですけどね。

新型コロナも早くなくなって欲しいですよね。

マスク生活はもう飽きました。

あとがき

流れにしても勢いにしても正確に読み取る事はfx上級者さんでもかなり難しい事だと思います。

特にここ2,3年はかなり難しい状況です。

ですが、だからといって無視したトレードでは結果はもう見えていると思うのです。

流れの中でどうトレードをするのかを考えて欲しいなあと思います。

そしてここでも重要なのが冷静である事、待つ事と我慢する事だと考えているのです。

また、最初から上手にやろうとは考えないでくださいね。

慣れも必要なので焦らず、ずっとやるという事が大事ですよ。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者はスキルを磨く事を続けてねの記事の画像

    fx初心者はスキルを磨く事を続けてね

  2. fx初心者はきっかけをデモトレードで生み出そうの記事の画像

    fx初心者はきっかけをデモトレードで生み出そう

  3. fx初心者は少額資金で始める事を当面の目標にしようの記事の画像

    fx初心者は少額資金で始める事を当面の目標にしよう

  4. fx初心者は練習後少額スタートが理想的の記事の画像

    fx初心者は練習後少額スタートが理想的

  5. fx初心者の為のエントリー時のアドバイスの記事の画像

    fx初心者の為のエントリー時のアドバイス

  6. fx初心者は可能性の吟味を意識してねの記事の画像

    fx初心者は可能性の吟味を意識してね

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PR

本ページはプロモーションが含まれています

PAGE TOP
error: Content is protected !!