fxブログ

fx初心者は良質なノウハウで基礎を築こうの画像

fx初心者は良質なノウハウで基礎を築こう

fx初心者もデモトレードで少し慣れてきたら稼ぎたいと思うことでしょう。

しかし、焦りは禁物です。

なぜならまだ、どうやって勝つのかという勝ちパターンが出来ていないからです。

これが出来ていないと、運任せのトレードになってしまいがちという最悪のパターンに陥ってしまう可能性があります。

そうならないためにもどうやったら勝ちパターンを身につけられるのかを考えることが先決だとは思いませんか。

まず、まだまだfx初心者であるという自覚を持ってください。

これはどんなビジネスでもいえることだと思うのですが、基礎が出来ていないと失敗をしてしまう可能性が高まってしまいます。

ではどうすれば基礎を築いていけるのかということになるのですが、方法は何通りかあります。

本を読んだり、ネットで調べたり、YouTubeで勉強したりと方法を思いつくと思いますが、これらは基礎中の基礎を学ぶにはいいのですが(YouTubeはそれ以上の内容もあるとは思いますが)、チャートは常に動いていてその中で揉まれた方が実力は付きます。

具体的には何を学べばいいのかというと、fx初心者であれば、最初はスキャルピングを学び、練習をするのが一番いいのではないかなと思います。

この方法では一度に大きくは稼げないのですが、チャートに慣れることもできるし、エントリーチャンスも場合によってはそこそこあるのでfx初心者にはぴったりな手法だと思います。

Contents

fx初心者に勧めるスキャルピング

fxについて調べたり勉強していればスキャルピングという言葉は何度か目にしたかもしれませんね。

スキャルピングという手法は短い時間でエントリーからイグジットまでを行う手法なのですが、局面によってはやたらと忙しい手法でもあります。

ですが、為替相場はレンジ相場の方が多いのでチャートに慣れるという意味でもfx初心者に向いているのではないかなと思います。

エントリーからイグジットまでの時間が短いのでその分リスクも少なくなります(大きく稼げることはほぼありませんが)。

損切りラインもそこまで大きく取ることもないので、仮に思っていた方向と逆に行ったとしてもダメージは少ないですね。

スキャルピングのやり方のイメージがこれ(実際にはこんな横線はありません)。

スキャルピングの説明

青と赤色の横のラインがローソク足の動く範囲で、グリーンのラインがローソク足の動き、黄色の丸がエントリーポイントとイグジットポイント。

慣れてくるとイグジットしてすぐにエントリーということもできるようになってくるの(場合による)ではまったらやたらと忙しい手法なのです。

図に描かれている青と赤との横のラインがちょうどいいといい練習になるのでしょうが、なかなかそんな場面はなく、めっちゃ狭い時や逆にめっちゃ広い時もあります。

狭い時は恐ろしく忙しいだろうし、広い時はそれなりに稼げるときではあるのですが、リスクも大きくなってしまいます。

実際にはこんなわかりやすい局面だけでなくわかりずらい時もあるので、デモトレードで練習を重ねて判断力を高める必要があります。

スキャルピングのメリット

fx初心者にとって一番のメリットはチャートに慣れることができることではないでしょうか。

最初はデモトレードでの練習になると思うので、稼ぐということはできないのですが、より実践に近い形でスキャルピングの練習ができます。

スキャルピングは短期決戦なので、大きな方向を読むということはそこまで重要ではありませんが、関係はあるので大まかな方向は読む必要があります。

やり方としては、人によって教え方は違うと思いますが、まず、5分足で相場の現状をチェックして、次に15分足のチャートで大まかな方向を見て、1分足でエントリータイミングをはかるというものではないかなと思います。

スキャルピングはレンジ相場に強いのですが、トレンド相場の時であってもスキャルピングは出来るのです。

スキャルピングで便利なのがラインで、高値と高値でラインを引いて、安値と安値もラインを引きます。

先ほどの図の青と赤の横のラインみたいな感じです。

このラインをうまく引くことが出来るようになると、ローソク足がその範囲内で動いているのがわかりますね。

ラインをうまく引くには練習が必要ですが、mt4を使っているのであれば、自動でチャネルラインを引いてくれるものがあります。

チャネルラインとは3本のラインで構成されていて上のラインはポイントになる高値と高値でラインを引いたもので、下のラインは安値と安値でラインを引いたもの、残りの1本はその中間線です。

これでエントリーポイントとイグジットポイントの目安がわかるようになります。

ぴったりとこれらのラインで止まるとは限らないのですが、やり方が少しわかったのではないでしょうか。

スキャルピングは細かく利益を積み上げていくやり方で、リスクも比較的少ないのがメリットなんじゃないかなと思います。

スキャルピングのデメリット

スキャルピングは大変そうだけどリスクも比較的少ないのでfx初心者に向いていると思いますが、もちろんデメリットもあります。

まず、基本チャートに張り付いていないといけないので、時間的な拘束があります。

それと、ローソク足が上下に行ったり来たりしているということは、近いうちにどちらかに大きく振れるという可能性があります。

そこで損切りにあってしまうことだってあります。

細かく取っていくやり方なので精神的にも疲れてしまいますね。

先ほどの図のようにわかりやすい展開であればストレスもそんなに感じることも無いのでしょうが、実際には、何処でエントリーすればいいのか、何処でイグジットすればいいのかがわかりづらかったりします。

ローソク足が途中で方向を変えるということもあることなので、スキャルピングであれば、絶対に稼げるというものでもないのです。

スキャルピングでもそこそこ値幅のある所までくるのを待っている必要があるし、チャネルラインのラインにタッチしたら何処でもいいのかというわけではありませんし、イグジットもそんな感じです。

それなりに練習が必要なのですが、ここで気を付けて欲しいのが、変な癖がついてしまう事です。

変な癖がついてしまうと勝てなくなってしまうこともありうるので気を付けて欲しい所なのです。

今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターがお勧め

もう何度も紹介してきている今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターなのですが、スキャルピングのノウハウとしてはわかりやすくて価格もかなり抑えているものなのでスキャルピングの実践にはいいのかなと思ってお勧めしているのです。

このノウハウではチャネルラインはないのですが、その代わりにバンドをいうインジがあります。

時間軸の違う2本のラインを表示させてそのラインの内側だけでトレードをします。

エントリーチャンスという黄色い丸が表示されるインジも出来がいいと感じているのですが、これが出るとその動きが終わることがよくあります。

そして、その黄色い丸の中に緑の星マークが現れたら大体そこらへんで止まります。

もちろんそうじゃない時もありますが、大方の目安になります。

それらのマークが出た後に2種類のエントリーサインのどちらか、もしくは両方が出たらエントリーをして、反対側(前回が上だったら下、前回が下だったら上)にエントリーチャンスの黄色い丸と緑の星印が出たらイグジットが基本的なやり方になります。

他にもいろいろとインジも付いてくるのですが、基本的にはこんなやり方です。

ノウハウの説明

これで、ローソク足の動きや反発のポイント、何処でエントリーして、何処でイグジットすればいいのか勉強できると思います。

自分もどうすればいいのかわからなかった頃にこのノウハウに出会ってかなり勉強できました。

まとめ

fx初心者はデモトレードで練習を重ねて欲しいのですが、どう練習をすればいいのかがわからない場合があると思います。

そんな時はスキャルピングをデモトレードで勉強することをお勧めします。

大きく稼げる手法ではないのですが、エントリーチャンスは比較的多いので練習になります。

ラインを引く練習もできますし、インジケーターを使ってみるいい機会にもあります。

スキャルピングにもメリットとデメリットがあるので、それらを理解しながら練習をすれば実力(マインドセットと資金管理は別ですが)がついてくると思います。

スキャルピングにもノウハウがあって、自身の経験上わかりやすかったノウハウが、今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターというもので、何かしらこういったノウハウを軸に練習をしていけば変な癖も付きにくい。

トレードは場慣れすることも大事なので、fx初心者には向いている手法ではないかなと思います。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者は不安要素をチェックしていき解消していこうの記事の画像

    fx初心者は不安要素をチェックしていき解消していこう

  2. fx初心者にとってもったいないはリスクの画像

    fx初心者にとってもったいないはリスク

  3. fx初心者におすすめの通貨はドル円の記事の画像

    fx初心者におすすめの通貨はドル円

  4. fx初心者のためのやり方の提案

  5. fx初心者は自己投資の方向を誤らないでねの記事の画像

    fx初心者は自己投資の方向を誤らないでね

  6. fx初心者は客観的にチャートを見る練習をしようの記事の画像

    fx初心者は客観的にチャートを見る練習をしよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PR

本ページはプロモーションが含まれています

PAGE TOP
error: Content is protected !!