fxブログ

fx初心者は冷静にチャートを見てみようの記事の画像

fx初心者は冷静にチャートを見てみよう

fx初心者さんがfxのトレードの勉強を始めた頃というのはチャートが気になってしまって仕方が無いのではないでしょうか。

新しい事を始めたというワクワク感やドキドキ感で一杯なんだと思います。

これはみんなが通る道だとは思うのですが、出来るだけ早いタイミングでこの感情に支配されるのを卒業する事をおすすめします。

というのも期待感でチャートを開いても何もいい事は無いからです。

fxのトレードで求められるのは冷静さです。

ワクワク感やドキドキ感とは全く逆の感情なのです。

目的意識をしっかりと持って1秒でも早くその目標を達成する事が重要なのではないでしょうか。

要は気持ちの問題なのです。

もしかしたらfx初心者さんの中にはチャートを冷静に見られるようになるのは知識や経験が備わってきてスキルアップしてからと考えているのかもしれませんね。

それはもったいないなあと思うのです。

出来る事はなるはやでやっておいた方がいいのではないでしょうか。

自分の感情をコントロール術を出来るだけ早いタイミングで身に付けておいた方が上達も早いのかなと考えているのです。

fx初心者さんではチャートを開いても何処でエントリーをすればいいのかがまずわからないのだと思います。

それは、チャートの状態を読めていない現れなのではないでしょうか。

トレンドが出ている状態なのか、トレンドが出ているのであればどのくらいの勢いなのか、レンジであればその値幅はどのくらいなのかがわからない為に焦ってしまってその結論としてわからないとしてしまうのかもしれませんね。

チャートを開く前からこうあって欲しい等といった希望的観測という先入観が入ってしまうと実際のチャートの動きとのギャップが大きいほど焦ってしまうのではないでしょうか。

こういった時には一度チャートを閉じるといいのかもしれませんよ。

一旦チャートを閉じて情報収集をしてみるとチャートを冷静に見る事が出来る可能性は高くなるのではないかなと思います。

重要なのは焦っている自分に気付く事なのではないでしょうか。

これってなかなか出来そうで出来ない事だったりします。

ですが、今後大きな失敗を防ぐ為にもマインドのセルフコントロールを心掛けておくといいのではないのかなと思うのです。

焦ってしまっている自分をコントロールする事が出来るようになっていけば、損切ラインを動かしたり等のミスを防ぎ易くなるのだと考えているのです。

今焦っているなあと自分で感じる事に敏感になってくださいね。

そう感じたのであれば、まず深呼吸をしてから、だったらどうすると自問してみてください。

もう一回最初から始めようと考えられるようになって欲しいなあと思います。

Contents

チャートを開く前に大方の予想をしておく

チャートは自分のデモチャートを開かなくても見る事は出来ます。

まず、今を知る事。

そして、過去を知る事。

fx初心者さんの多くは夜にチャートを開くのかなと考えているのです。

なので、東京時間の流れ、その後のロンドン時間が始まってからの流れをチェックしてくださいね。

いつもというわけではないのですが、ニューヨーク時間が始まってもその流れのままというパターンというのが多いかなと感じています。

そしてこの文章を鵜呑みにせず、自分で確かめてみる事も大事ですよ。

行動力は自分の武器になります。

fx初心者さんはまだまだ知識、経験、スキルは十分ではありませんが、自ら行動する事は出来ます。

出来る事をフル活用してくださいね。

過去チャートのチェックだけでなく面倒だと感じるのかもしれませんが、トレードノートやfxブログを書くという習慣もいいトレーニングだと思います。

動画のチェックまでいくとかなりの時間が必要になってくるのでSNSのチェックはツイッターやfx掲示板、指標発表や要人発言の予定のチェック、株価等のチェックくらいでいいのかなと思います。

事前準備をしておけばチャートを開いても焦る事も減ってくるのではないでしょうか。

冷静にチャートを開く事が出来るようになれば、次は冷静に分析をする事に集中してくださいね。

チャートのチェック

僕の感想としてはMT4でのテクニカル分析の方が国内のfx会社さんのデモチャートで用意してくれているインジを使っての分析よりもより精度の高い分析が出来ているんじゃないのかなと感じています。

焦ってデモMT4の導入をする必要も無いのかなとは思いますが、慣れてきたら導入する事を検討してみるといいのではないでしょうか。

fx初心者さんは5分足のチャートをメインに見ているのかなと考えています。

それは、エントリータイミングを取りやすいからです。

だからといって、5分足のチャートしか見ないというのはあまりにも無謀なのです。

大きな流れを知る事によってより正確な戦略が立てやすくなるのです。

各時間足でのMAラインの位置、向きそして角度のチェック、トレンドラインのチェック、ローソク足であればプライスアクションやプライスパターンのチェック、平均足であれば連続しているのかのチェックをすればそれなりの戦略が立てられるのではないでしょうか。

最初から上手くいくとは限らないので根気よく続けるのがポイントですよ。

最初わからなかった事でも続けていく段階でひらめきがあったりするものなのです。

インジに関しては見ているようで慣れてくると見ていなかったりといううっかりミスも考えられるので気を付けるようにして下さいね。

すぐにエントリーはしない

基本的にはチャートを開いてもすぐにエントリーはしないと考えておいた方がいいのだと思います。

分析がまだだという事もあるのですが、多くの場合で飛びついてもいい事は無いからです。

仮にいい結果に終わったとしてもfx初心者さんにとっては何も学んでいないばかりか、変な癖が付いてしまったらなかなか自分では気づけない事なので後々苦労をしてしまう要因になりかねないのかなあと思うのです。

そして、エントリーをしないという選択肢もあるという事を常に意識しておいて欲しいなあと思います。

fxのトレードの目的はお金を稼ぐ為ですが、場合によっては減ってしまうリスクもあります。

なので、無理をしないという事も習慣化しておくといいのではないでしょうか。

わかる場面だけを選択しより可能性の高い所での勝負をするというのを基本形にして欲しいなあと考えているのです。

そして、そのわかる場面のパターンを増やしていくという事にもフォーカスして欲しいなあと思っているのです。

すぐにたくさんわかる場面が増えるわけではないので焦らず地道な努力が必要になってきます。

その為には何が必要なのかを考えるという事も重要かなと思います。

デモトレードはトレーニングだと考えてくださいね。

トレーニングメニューを考えるのも面白いかもしれませんよ。

損切り幅を検討

もう一つエントリーの時に気を付けておいた方がいいのかなと思う事があり、それは損切り設定に関しての事です。

エントリー毎に損切り設定を入れるというのを習慣化するという事だけでなく、損切り幅を検討して欲しいなあと思うのです。

損切り幅は基本的に許容範囲内で抑える事が大前提なのですが、この許容損失額の算出だけでなく状況に対応出来るようにもなるという事も覚えておいて欲しいのです。

毎回許容損失額の範囲内でエントリーが出来ればいいのですが、状況によっては深めに取らなければいけないような状況というのも出てくるのではないでしょうか。

かなり自信のある場面なのに算出した許容損失額の範囲内での設定が難しい時、そのエントリーを諦めるかどうかの判断をしなくてはいけない時というのも出てくるのだと思います。

ここで、冷静な判断が出来るかどうかというのも今後重要になってくるのではないでしょうか。

諦めるのか、リスクを冒してまでエントリーにこだわるのか。

fx初心者さんにとっては難しい判断なのかもしれませんね。

逆に何も考えないというのは今後の資金管理だけでなくマインド面にも大きく影響が出てしまう可能性があるのかなと思います。

豊富な資金があるのではなく、限られた資金でのfxのトレードでは細かなところまで気を配れた方が上達出来るのではないのかなと思うのです。

あとがき

冷静にチャートを見るという事はfx初心者さんにも出来るトレーニングなのではないでしょうか。

いかにテクニカルな事を覚えても上手く使えなければ意味がありません。

上手に使いこなすには冷静さが必要になってきます。

fx初心者さんの時からこの冷静さを意識していれば上達も早いのではないのかなと思うのです。

もちろん個人差はあるのでしょうけどね。

fx初心者さんはどうしてもテクニカルな事をどんどん吸収していきたいと考えているのかもしれませんが、焦ってしまってはその技術は活かしきれないのではないでしょうか。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者はいくら稼ぐかを目標にしないでねの記事の画像

    fx初心者はいくら稼ぐかを目標にしないでね

  2. fx初心者はもしかしたらは判断力不足だと意識してねの記事の画像

    fx初心者はもしかしたらは判断力不足だと意識してね

  3. fx初心者も難しいと思ったら初心に戻ってみるの記事の画像

    fx初心者も難しいと思ったら初心に戻ってみる

  4. fx初心者が退場しないための提案の記事の画像

    fx初心者が退場しないための提案

  5. fx初心者のためのmt4の使い方

  6. fx初心者の運用テクニックとはの記事の画像

    fx初心者の運用テクニックとは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PR

本ページはプロモーションが含まれています

PAGE TOP
error: Content is protected !!