fxブログ

fx初心者が注意すべき4点の記事の画像

fx初心者が注意すべき4点

fxのトレードで注意点を挙げるとするならばたくさん挙げられるのでしょうが、ことこれからfxを始めようかなと考えている初心者さんであれば基本的には注意点というものは無いんじゃないかなと思います。

それでも挙げるとすれば、デモトレードからスタート、損切り設定の徹底、負けた時が成長できるチャンス、トレード日記をつけるということくらいでしょうか。

いきなりリアルトレードで少額からスタートともなれば注意すべき点はたくさんあってまだ何もわからないfx初心者さんにはちょっと酷なのではないかなと思います。

人という生き物は知らないことに関してめっちゃ不安を抱く生き物ですよね。

だったらまず知ることから始めればその不安も解消されるのではないでしょうか。

もちろんリアルトレードに移行した時に生じる自己資金が減ってしまうのではないかという不安は消えることはいつまで経っても無いのかもしれませんが。

これはマインドセットや資金管理の練習でいくらかはストレスの軽減はできると思います。

これ以外であれば多くのことがデモトレードでの練習で経験することで不安を軽くすることが出来るのではないかなと思います。

いっぺんに不安が消え去るということはないのですが、経験を重ねることによって耐性ができてくるイメージですね。

ただ経験を重ねるだけではだめで、どう対処すればいいのかを考え行動することが大事です。

Contents

デモトレードからスタート

これからfxを始めようかなと考えているfx初心者さんだと為替相場のチャートは見たことはあっても自分でチャートを開いたことはないのかもしれませんね。

一番最初にチャートを開くとローソク足のチャートが出てくるとは限らないのでびっくりするかもしれません。

リアルトレードのチャートであれば操作を間違ってしまうとドキドキするのかもしれませんが、それでも多くの国内のfx会社ではサポート体制がしっかりしているので心配することはあまりないのです。

どうしてあまりが付いてしまうのかというと、新型コロナの影響があり、十分なサポートができない可能性が少なからずあるからです。

これってチャートの操作に慣れていないことに原因がありますよね。

こういったこともデモトレードで練習をしておけばかなりこういった問題は回避できます。

操作方法は基本的にはどちらも同じなので、デモトレードでも最初は操作方法がわからなくってパニックになってしまうかもしれませんが、少なくともどんなに操作をミスっても自分の資金を失うということはありません。

その部分だけでもストレスがないので余裕を持てますね。

とにかく経験をしておけばドキドキすることはかなり減少します。

チャートは間違って全部消してしまってもまた表示することが出来るので冷静になることが重要なのです。

慣れることが大事なのですが、これにはそれなりの時間が必要になります。

デモトレードは使用期間が決まっている所が多いので再申請をするのを前提にして取り組むと更に気持ち的に余裕が出るのではないでしょうか。

fx初心者さんであれば最初は何でもやってみること、そして何でも聞いてみることが大事です。

知っていくのって楽しいですよ。

損切り設定の徹底

fx初心者さんであれば何処でエントリーをして何処でイグジット(利確)をしていいのかもわからないと思います。

これも慣れが必要だし、明確にわかっている個人トレーダーさん自体いないのではないかなと思います。

なので無理にわかろうとは最初からはしない方が気が楽ですよ。

慣れるという目的であればなんだか良さそうな所と感じたらエントリーしてみた方がいいです。

たぶん多くの場合において負けるでしょうが、デモトレードであれば損失は出ないですし、むしろ稼ぐための第一歩と考えた方がいいです。

ひとつだけ一番最初からやって欲しいこと、そしてどんなことがあっても習慣にして欲しいことが損切りの設定です。

損切りの設定の方法は簡単で、逆指または逆指値に数値を入れるだけです。

数値の目安は直近の高値の少し上、もしくは安値の少し下を最初は目安にしてください。

ここで切られたら次という様にすぐに諦めるようにしてくださいね。

fxのトレードでやってはいけないことは前のトレードを引きずることです。

負けたらついつい熱くなってしまって取り返してやろうという気持ちが出てくる時がありますが、この時って冷静ではない可能性が高いのでさらに負けてしまう可能性が高いです。

デモトレードなので負けたっていいのです。

むしろfx初心者さんの場合、負けることによって稼げるようになる可能性があるのです。

重要なのは考えること。

そのきっかけとして損切りの設定の徹底は心掛けておいた方がいいです。

負けた時が成長できるチャンス

fx初心者さんだと負けた時が成長できるチャンスってどういうことと思うかもしれませんね。

どうして負けたのかを考えるきっかけになるからです。

何が足らなかったのかを考えないことには、そして対応策を講じないことには同じ過ちを犯してしまう可能性が高いです。

もしかしたら天井や底のところでエントリーしてしまったのかもしれないし、重要指標の発表や要人発言のタイミングだったのかもしれません。

天井や底でエントリーをしてしまったのであればサポートやレジスタンスのインジを入れればいいし、重要指標の発表や要人発言のタイミングは経済スケジュールをチェックすればいいだけのことです。

サポートやレジスタンスのインジはこのブログ、FX初心者がノウハウやインジで稼ぐ方法2のお知らせのところの投稿記事100回記念プレゼントのページでMT4用の無料インジをダウンロードできるようにしているので試しに使ってみてください。

⇒ 投稿記事100回記念プレゼントのページ

国内のfx会社のデモトレードでトレードをして、MT4のデモトレードではチャート分析をすることをおすすめします。

経済スケジュールはザイFX!のサイトでチェックできます。

ちなみに今夜はアメリカのFOMC政策金利と声明発表、パウエルFRB議長の記者会見、バイデン大統領の演説が深夜から(バイデン大統領の演説は日本時間の朝方から昼くらいの間で行われるそう)に予定されているのでドルストレートは動く可能性が高いですし、それにつられて他の通貨も動くかもしれません。

またラインを引いたり、流れを見るという様なこと等の練習が足りなかったのかもしれないので自分の弱いところはどんどん埋めていった方がいいです。

負けた時に悔しがっていても稼げるようにはならないので、どうして負けたのかを研究した方が稼げるようになる可能性は高いと思います。

トレード日記をつける

日本のことわざなのかどうかはわかりませんが、喉元過ぎれば熱さを忘れるというものがあります。

負けた時にはめっちゃ悔しい思いをするかもしれませんし、熱くなってしまうかもしれませんが時間が経ってしまえばそのような感情は何処かへ行ってしまうものです。

どうして負けたのか、どうして勝てたのかを文字にして残しておくことをおすすめします。

文字にすることで論理的な思考ができるようになるのではないでしょうか。

足りなかった点、よかった点、その時の状況、思いつく改良点などできるだけ細かく書いていった方がいいと思います。

まだfxのトレードを始めて間もないfx初心者さんだとトレード日誌というものよりももっと気さくに書けるトレード日記という感じでもいいのでトレード日記をつけるという習慣もつけていった方がいいですよ。

書き方は自由でいいと思います。

書いていくうちに知識も付いてくるだろうからだんだんと様になってくるのではないかなと思います。

できるだけ細かく書いていた方がいいというのは、スランプに陥ってしまった時に何かしらのヒントに成り得る可能性があるからです。

最初は何を書いたらいいのか、そもそもそんな余裕が無いのかもしれませんが、慣れてきたらそこまで苦になるようなものでもないので習慣にすることをおすすめします。

余談ですが、だんだんとfxのトレードがわかってきてもっと精度を上げたいなあと感じるようになってきたらノウハウに興味が出てくるかもしれません。

そのレベルになってくるとトレード日記もそろそろトレード日誌に変えていきたくなるのかもしれないですね。

参考になるかなと思うのがマーケティングfxです。

マーケティングfxではトレード記録の管理が簡単にできるのです。

これからfxを始めようかなと考えているfx初心者さんだとまだちょっと早いかなと思うのでこういうのもあるんだくらいで覚えておいて欲しいなあと思います。

まとめ

今回はfx初心者が注意すべき4点と題して記事を書きました。

基本的にはfx初心者は注意すべき点は無いのかなと思います。

まだ何もわからないのに注意といわれても何?って感じですよね。

それでもあえて注意点を挙げるとしたら、デモトレードからスタート、損切り設定の徹底、負けた時が成長できるチャンス、トレード日記をつけるの4点ではないかなと思いました。

デモトレードからのスタートであればミスをしても問題ないですね。

むしろたくさん失敗してもいいのではないかなと思います。

同じ失敗を何度もしてしまうのは問題ですが。

経験から学べることはたくさんあります。

損切り設定をしておけば強制的に終わるのでどうして負けたのかを考えるきっかけになります。

そしてその負けた時に考えることで成長できる可能性が高まるのではないかなと思います。

人はどうしても忘れてしまう生き物なので後々でも読み返せるようにトレード日記をつける習慣もつけておいた方がいいと思います。

トレード日誌やトレード記録となれば本格的な感じがしますが、日記だったらもっとカジュアルに書けると思うので続けることが出来るのかなとも思うのでやってみてくださいね。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者のエントリー後の行動の提案の記事の画像

    fx初心者のエントリー後の行動の提案

  2. fx初心者はいち早くコツを掴もうの記事の画像

    fx初心者はいち早くコツを掴もう

  3. fx初心者の為のチャートの見方

    fx初心者の為のチャートの見方

  4. fx初心者が練習を重ねるのは判断力の向上の為の記事の画像

    fx初心者が練習を重ねるのは判断力の向上の為

  5. fx初心者は基礎を復習しようの画像

    fx初心者は基礎を復習しよう

  6. fx初心者はリラックスを意識してトレードしてねの記事の画像

    fx初心者はリラックスを意識してトレードしてね

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PR

本ページはプロモーションが含まれています

PAGE TOP
error: Content is protected !!