fxブログ

fx初心者はラインに慣れると分析しやすくなりますよの記事の画像

fx初心者はラインに慣れると分析しやすくなりますよ

fxのトレードで必勝法というものは存在しないのだと考えています。

なのでエントリーは出来るだけ可能性の高いエントリーポイントに絞っていった方が結果としては良好な結果を残していける可能性が高いのだと考えているのです。

その可能性の高いエントリーポイントというのはどうやって見つけていけばいいのかというのが、fx初心者さんの気になる所ではないのかなと思います。

fxのトレードでの理想はエントリーとイグジットがセットになっている事なのですが、多分ですがfx初心者さんはとりあえずエントリーしたいと考えている人が多いのかなと予想しているのです。

より可能性を高めるにはMT4を導入した方が有利かなと感じています。

期間的な制限はある場合もあるもののMT4で使えるインジは魅力的なものが多いなあと感じているのです。

fx初心者さんが毎回勝ち続けるというのはかなり無理があるのかもしれませんが、デモトレードでいい勝ち方やいい負け方をじっくりと練習していくと少しはその理想に近づけるのではないのかなと思います。

いい勝ち方とは利益を最大限に伸ばす事。

いい負け方とは損失を最小限にとどめる事だと考えています。

とはいってもfx初心者さんがこれらを早い段階で出来るようになるとは考えづらいのです。

出来るようになっていくには段階があるのだと考えているからです。

その段階のひとつにテクニカル分析があるのだと考えています。

テクニカル分析も精度が低ければ意味がありません。

精度を高めていく努力をしていかなくてはfxで稼ぐ事は困難かなと思います。

テクニカル分析にも幾つもの方法があるのだと思うのですが、fx初心者さんが始めやすいのはラインを使ったテクニカル分析ではないかなと思うのです。

何度も何度も練習をしてラインを使ったテクニカル分析に慣れていく事も段階的に成長していける過程のひとつかなと思います。

また完璧にマスターしようとはfx初心者さんは思わない方がいいとも思っています。

それはfxのトレードでは必勝法というものはないと考えているからで、慣れるという肌感覚というものが身に付きラインを使ったトレードというものが活きてくる可能性があるのだと思うのです。

慣れるまでにはそれなりの時間が必要かなと思います。

それは、ラインといっても幾つも種類があるからです。

またラインというのは意識されているものとそうでないものがあり意識されているライン付近ではローソク足のプライスアクションにも注意を配らないとエントリーの難易度が上がってしまいます。

Contents

水平線

fx初心者さんは5分足のチャートをメインに見ているという事を仮定して記事を進めていきます。

fx初心者さんがチャートにラインを引く事の最初のアクションは水平線ではないかなと思うのです。

目立つ高値や安値に水平線を引くだけで大まかな予想が出来るようになります。

上下の目立つ頂点に例えば高値は青色、安値には赤色のラインを引いてみると青色や赤色がどう変化してきているのかがわかるようになりますね。

切り上がってきているのか、逆に切り下がってきているのか、はたまたスクイーズしてきているのかもしくはエクスパンションしてきているのか。

同じ事を一つ上の15分足のチャートでもやってみるとその流れの正確性が読み取れるのではないでしょうか。

15分足でローソク足が反転しているポイントというのは5分足よりも信憑性が高いのだと考えています。

それはチャートは上下にジグザク運動をしながら進んで行くからだと考えています。

なので15分足よりも30分足、30分足よりも1時間足といった感じで信憑性は上がっていくのだと考えているのですが、だからといって日足や週足だけを見ておけばいいというものではありません。

期間が大きすぎてfx初心者さんには使いづらいからです。

5分足のチャートで15分足のチャートと一致しているポイントがあればそこに注目してくださいね。

そのポイントでローソク足がどういった動きをするのかを観察してみてください。

動きが止まるようであれば意識されている可能性が高い可能性があります。

その付近でダブルトップ等といったプライスアクションがあれば可能性の高いエントリーポイントかなと思います。

もちろん可能性が高いというだけで裏切られる事も場面によってはあるのです。

意識されていそうなポイントでのプライスアクションって使えないとは思わないでくださいね。

そういう時もあるのです。

MAライン

MAラインの存在もチャートを分析する時にメッチャ役に立っているなあと感じています。

MAラインも上位足のチャートの状況が重要だと考えています。

時間足というのは小さくなるほど信憑性は低くなってしまうのかなと考えています。

だったら大きな時間足を見ていればいいんじゃないのと思うのかもしれませんが、小さな時間足にも役目があるのです。

それはエントリータイミングを取りやすいという事です。

だったら1分足のチャートの方がいいんじゃないのと思うのかもしれませんが、慣れてきたらいいとは思うのですが1分足だと逆に細かすぎてfx初心者さんにはかえってわかりづらいのかなと思うのです。

MAラインは複数のラインをチャートに表示するのが一般的かなと思います。

短期、中期、長期というらいんですね。

僕は25、90、200というMAラインをメインに使っています。

複数のラインを使うという点では水平線と同じではありますが、MAラインの特徴は曲線を描くという所です。

曲線を描くのでラインが交差する事があります。

このポイントをエントリータイミングとみなす事も出来ます。

ですが、ここでも必ずエントリーが成功するとは限らないのです。

他の分析と併用しないと精度としてはまあまあというくらいのレベルかなと感じています。

他の分析との併用がやりやすいのがMT4なのです。

またMAラインはエントリーポイントだけでなく相場の方向性を分析するのにも役に立ち、こういった部分は水平線と似ていますね。

水平線が切り上がっていてMAラインも上がていれば上昇傾向にある可能性が高いと考えてもいいのかなと思うのです。

トレンドライン

トレンドラインとはローソク足の高値と高値を結んだラインと安値と安値を結んだラインの2本のラインで構成されています。

基本的には三角形の形になるのですが、場面によっていろいろな三角形の形になるのでトレンドラインもテクニカル分析に使えるのです。

レンジ相場では二等辺三角形に近く場面によってはひとつの頂点(右横)がチャートに収まっていない時もあります。

更に値幅が狭い鋭角な二等辺三角形であればエントリーを考えてもリスクの方が高いと考えています。

三角形が上向きであれば上昇傾向で上にブレイクアウトすれば買いのエントリーチャンスをまた三角形が下向きであれば下降傾向で下にブレイクアウトすれば売りのエントリーチャンスをうかがえるのかなと考えています。

ここでも絶対というものが存在しないという事を意識してくださいね。

一旦ブレイクアウトしても戻ってきてしまう事もあるからです。

慣れてくればトライアングルからのブレイクアウトの可能性を上げてくれるデルタfxというノウハウもあるのですが、fx初心者さんはまだポジションの長期保有はリスクが高まってしまうかなと思うのでノウハウの選択も段階を経ていった方がいいのだと思います。

自分でトレンドラインを引いてみてそのラインが機能しているのかを確認する事からfx初心者さんは始めるといいのではないでしょうか。

同時に待つという事も練習出来ると思うのでいい練習になるのかなと思います。

ピボット

fx初心者さんがピボットラインを見つける事はかなりハードルが高いのかなと思います。

特定の計算方法があり算出するのは困難かと思うのです。

僕も自分で算出した事はありません。

ですが、ピボットラインも無視出来ない存在だったりします。

それはローソク足が反転する可能性があるからです。

またピボットラインがあってレジスタンスやサポートのラインも算出されエントリーだけでなくイグジットの目安にもなってくれるのです。

ただピボットも可能性があるというだけ。

反転を見越してのエントリーはしないようにして下さいね。

事実だけを見て安全性が高い事を確認してからのエントリーを心掛ける事がfx初心者さんに求められるのではないかなと思います。

場合によっては一気に反転していくという事もあるかもしれませんが、そういった時には潔く諦める事をおすすめします。

またいつもピボットラインがローソク足の近くにあるというわけでも無いという事も覚えておいて欲しいなあと思います。

ローソク足がピボットラインに近づいてきたら注意を払うというのがいいのかなと思います。

fx初心者さんは夜チャートを開くのが一般的かなと思うのでチャートを開いた時にはローソク足の動きが活発になっていてピボットラインと離れている場面の方が多いのかもしれないので必要以上に意識はしなくてもいいのかなと思います。

あとがき

ラインといっても幾つもあります。

その一つ一つに慣れていくにはそれなりの時間がかかると思います。

ですがこういった練習の手を抜いてしまうと結果としてテクニカル分析の精度が上がらない可能性も出てくるのかなと思うのでみっちりと練習をしておいた方がいいのではないでしょうか。

また今はウクライナ情勢が悪化している状況なのでテクニカル分析が機能しない場面もあるかなとは思います。

状況が状況だったりなのですがテクニカル分析は使えないと思い込まないようにして下さいね。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者が勝てないのは当たり前の記事の画像

    fx初心者が勝てないのは当たり前

  2. fx初心者は過去を参考にして未来を予測しようの記事の画像

    fx初心者は過去を参考にして未来を予測しよう

  3. fx初心者は損切りが怖いのなら何をすればいいのかを考えようの記事の画像

    fx初心者は損切りが怖いのなら何をすればいいのかを考えよう

  4. fx初心者に知って欲しいトレンド相場とレンジ相場

    fx初心者に知って欲しいトレンド相場とレンジ相場

  5. fx初心者は来年に備えてノウハウの導入も考慮してみようの画像

    fx初心者は来年に備えてノウハウの導入も考慮してみよう

  6. fx初心者の初期はノウハウよりもインジの併用がおすすめの記事の画像

    fx初心者の初期はノウハウよりもインジの併用がおすすめ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PR

本ページはプロモーションが含まれています

PAGE TOP
error: Content is protected !!