fxブログ

fx初心者の為のエントリースタイルのまとめの記事の画像

fx初心者の為のエントリースタイルのまとめ

相場が動き出す可能性の高い9月まであと2日となってきましたね。

fx初心者さんは準備は万全でしょうか。

8月もイベントがあったりしてゆっくりと研究というわけにもいかなかなかったのかもしれませんね。

もう少し時間があったらと考える人もいるのかもしれませんがそもそもがこんなものだという風に考えて何かしらピンときたら即実験してみるというスタイルにしていった方がいいのではないでしょうか。

今回はエントリーに関しての記事にしようかなと考えているのですがエントリーの仕方もこれだけという風なやり方だけではなく状況に合わせて変えていくという事も出来るようになっていって欲しいなあと思います。

実際の所はその時になってみないとわからないのですが感じとしては9月からは相場も動き出すのではないのかなと予想しています。

もちろんどういった動きになるのかは全く分かりませんがfx初心者さんはいろいろとエントリーの方法を実験してみるという事にも意識を向けてみるのもいいんじゃないかなと思います。

エントリーの方法といっても新たに手法を取り入れてみるという事もいいと思いますし今のエントリー方法の可能性を上げてみるという様な事も考えてみるのも面白いと思いますよ。

新しい手法イコールノウハウという風に考えを限定させない方がいいですよ。

インジの組み合わせもいろいろと実験をしてみて欲しいなあと思います。

頭を柔軟にしてあらゆる可能性を試して欲しいのです。

もしかしたらそういった実験は遠回りになってしまうと考える人も知るかもしれませんね。

fxのトレードを始めた動機はお金を稼ぐ事だろうから早く稼げるようになりたいと考えるのかもしれませんが相場はランダムに動くのでこのランダムさにも対応出来た方が稼げるようになると思いませんか。

更に慣れてきたらロット数の調整もやってみるようになってくると結果も残しやすくなっていくのではないでしょうか。

fx初心者さんは兼業トレーダーの可能性が高いと考えているので少ないチャンスをより効果的にゲット出来るようになった方がいいですよね。

トレンドが出だした時

fx初心者さんにとって1番稼ぎやすい場面ではないかなと思います。

基本的には押し目買いや戻し売りといったエントリースタイルになってくるのかなと思います。

出来れば日足からチャートを見ていって大きな流れから小さな流れを予測していく習慣を付けていって欲しいなあとは思うのですがチャンスが少ない分5分足のチャートである程度流れが出ているなあと感じたら15分足のチャートで流れを確認して15分足のチャートでも同じ方向に流れていっているのであればチャンスの可能性が高いと考えてもいいのではないかなと思います。

ここで気を付けて欲しい事はポジションの保有は持ち越さないという事を自分のルールにしておいた方がいいと思います。

その理由は長期の予測が出来ていないので今後どうなるのかがわからないからです。

fx初心者さんだと押し目買いや戻し売りというものももしかしたらピンと来ないのかもしれないですね。

もちろんどういったものなのかは勉強していると思いますが実際にチャートを見ると押し目買いや戻し売りのエントリーのポイントがわからないのかもしれないですね。

ローソク足をチェックして包み足やはらみ足等のプライスアクションをチェックしたり平均足のチャートでチェックしてみるというのも有効かなと思います。

頭ではわかっていても実際のチャートではもしかしたらが頭をよぎるのではないかなと思います。

ドラゴン・ストラテジーFXやマナブ式FX完全マスタープログラムのトリックスをチェックするとわかりやすいかなと思いますし、無料インジだとS-TYPE_ZigZagや3_Level_ZZ_Semafor mtf alerts nmc等も役に立つのではないでしょうか。

押し目買いや戻し売りを狙うとしても流れの出来るだけ最初の方が狙い目なのですが少なくとも最後の方でのエントリーには気を付けてくださいね。

Smoothed_HAS alerts button 1.02を使うとわかりやすくなるのではないかなと思います。

そして何よりも重要な事は待つ事です。

初動を捉える

理想としては初動を捉えるというのが1番おいしいのではありますがかなりリスクも高いと考えた方がいいエントリースタイルです。

ただfx初心者さんにはおすすめ出来ないかなと感じています。

それはどうしてかというと損切りの幅を大きくは取れないのではないかなと考えているからです。

天井や底かなとどう判断してどう仕掛けていくのかというのは実力が付いていないと判断が難しいのです。

多くのトレーダーさん達が利確をすると反対側に動く事が多いのですが流れが変わる場合とそうでない場合がありこれを読み解くには実力と資金力が必要になってくるのかなと思います。

上位足のチャートからしっかりとチャート分析をして日足レベルで天井や底なのか4時間足レベルなのか1時間足レベルなのかもしかしたら15分足レベルなのかもしれません。

慣れてくるとマーケティングfx、Black AI・ストラテジー FX、未来予知 FX、天底チャートMT4といったノウハウを駆使して初動を捉えやすくはなってくるのかなとは思うのですがポジションの保有の時間の長さを考えるとfx初心者向きの手法ではないように感じます。

個人的な感想なのですけれどfx初心者さんは5分足のチャートが見やすいのではないかなと思うのです。

程よいポジションの保有も出来るし実験もしやすいんじゃないかなと思います。

そしてfx初心者さんは初動を捉える練習はまだまだ先なんじゃないかなとも思うのです。

スキャルピング

個人的にはスキャルピングという手法が苦手で上手ではありません。

ですがチャート攻略には有効な手段ではないかなとは思います。

相場というものは常にトレンドが出ているわけではないからです。

むしろレンジ相場の方が多いのかなと思います。

fx初心者さんは8月のチャートを見直してみるとよくわかるのではないでしょうか。

大きく動く時もあったのですがヨコヨコの動きも多かったなと感じています。

トレンドフォローのノウハウはレンジ相場だと笑っちゃうくらいにダマシが連発する事があります。

そしてレンジ相場も攻略する事が出来ればおいしいですよね。

レンジ相場で有効なのはスキャルピングの手法なのではないかなと思います。

値幅があまりにも無い場合はお手上げだと思うのですが値幅がちょこっとあるような場合だと上下で取れる可能性があるので無視できないエントリースタイルなんじゃないかなと思います。

僕は今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターというノウハウが限界なのですが他にもスキャルピングに特化したノウハウが出ているようですね。

スキャルピングのポイントはチャート操作が素早く出来て正確さも必要だという事なんじゃないかなと思いますし、ラインを引く技術も重要ではないかなと考えています。

ヨコヨコといってもいつも真横に動いているというわけでも無いですしエントリーとイグジットのタイミングを見るうえでもラインを上手に引く事はとても大事かなと思います。

指値注文

指値注文も簡単に出来るようなものではありませんが出来るようになるとかなりおいしい手法でもあります。

fx初心者さんは通常成り行き注文で利確も成り行き決済なんじゃないかなと思います。

慣れてくると指値もマスター出来た方がいいですよ。

成り行き注文で決済は指値決済という事も出来ますしその逆で指値注文で成り行き決済という事も出来ます。

何がいいのかというと自動という事に尽きると思います。

そして指値注文と指値決済が出来るようになるときっとfx初心者さんがチャートを開く事が出来ないであろう日中のトレードが出来るようになります。

指値で難しい所はチャート分析が出来ないとかなりハードルが上がってしまうという事なんじゃないかなと思います。

指値注文を何処にいれて指値決済を何処にするのかなんて経験が無ければわかりませんよね。

指値注文を入れて指値決済と損切り設定も入れる事をIF-OCOといいます。

やり方は難しくないのですが数値の設定が難しいのです。

ノウハウでいうとFX歴38年の重鎮!岡安盛男のFX極がわかりやすいのかなあとは思うのですがfx初心者さんにはちょっとハードルが高いような気もします。

これも慣れが必要なのかなと思います。

僕の場合相性が悪いのかやり方が間違っているのかわからないのですがまあまあかなという感じなのです。

前日とかの情報を基にしてIF-OCOを設定するのですがやり方自体は難しくないです。

僕の場合上手く出来ていないので勝率の事はわからないのですが自分の武器に出来れば強いだろうなあとは思います。

あとがき

エントリーのスタイルとしてはこんなものかなと思いますが、これに自動売買があるかな。

自動売買になると手法というよりも自動売買の組み合わせとかどんなものがあるのかを知っていないといけないんじゃないのかなと思います。

僕も自動売買には興味があるのですが今はまだその時期ではないのかなと感じています。

fx初心者さんはチャートを開いている時間に制限があるのでどうしてもチャンスは少なくなってしまうのかなと思います。

その少ないチャンスを活かすには手法の使い分けも出来た方がいいのではないでしょうか。

どれも簡単に出来るようなものではないかなと思いますがトレンドフォローの手法と値幅がまあまあ出ているレンジ相場の時のスキャルピングはしっかりと実力を付けた方が有利になるのではないかなと思いますし指値もおいしい手法ではあるのでいずれはマスターした方がいいのではないでしょうか。

どれも独学で習得する事は可能かなとは思いますがかなりの努力が必要です。

ノウハウやインジを使って上手に時間短縮をしていくのもいいルートなんじゃないかなと思います。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者で結果が出ないのは伸びしろ有有の可能性の記事の画像

    fx初心者で結果が出ないのは伸びしろ有有の可能性

  2. fx初心者も2022は冷静なトレードを意識しようの記事の画像

    fx初心者も2022は冷静なトレードを意識しよう

  3. fx初心者は決済のタイミングを知ろうとしても無駄ですよの記事の画像

    fx初心者は決済のタイミングを知ろうとしても無駄ですよ

  4. fx初心者は来年に備えてノウハウの導入も考慮してみようの画像

    fx初心者は来年に備えてノウハウの導入も考慮してみよう

  5. fx初心者は1回の失敗で諦めるのはもったいないの記事の画像

    fx初心者は1回の失敗で諦めるのはもったいない

  6. fx初心者は状況を分析して判断してねの記事の画像

    fx初心者は状況を分析して判断してね

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PR

本ページはプロモーションが含まれています

PAGE TOP
error: Content is protected !!