fxブログ

fx初心者のためのトレードスタイルの確立の提案の記事の画像

fx初心者のためのトレードスタイルの確立の提案

fx初心者さんにおすすめするトレードスタイルはスキャルピングなのですが、慣れてきたらスキャルピングに順張り、つまりトレンドフォローの手法を加えていくのがいいのかなと思います。

勉強熱心な人であればfx初心者 トレードスタイルと検索すると、だいたい4つのトレードスタイルの説明が出てくるのではないかなと思います。

スキャルピング、デイトレード、スイングトレードと長期トレードの4種類ですね。

確かにこれら4種類が主な手法なのですが、fx初心者さんだと、スキャルピング一択です。

その理由はリスクが少ないから。

トレード時間が長くなるにつれてリスクも大きくなります。

じゃあ、ずっとスキャルピングでいいやと思われるかもしれませんが、fxで稼ぐというのが目的であればスキャルピングで稼ぐというのはfx初心者さんにはちょっと大変かなと思います。

スキャルピングは、短時間のトレードのことをいいますが、短時間で大きく稼ぐということはほぼ不可能です。

fxのトレードで大きく稼ぐということはそれだけリスクを取れるかということになってくるのです。

なので、fx初心者さんにはハードルが高いと思っています。

まずはfxのトレードに慣れることが先決です。

しかもデモトレードでね。

そして、その時の手法はエントリーチャンスの多いスキャルピングがいいのではないかなと思っておすすめしているのです。

最初の一手はスキャルピングがおすすめ

スキャルピングはコツコツと小さな利益を積み上げていく手法で、トレード回数が多いのが特徴です。

4種類の中でリスクが一番少ない手法でもあるので、fx初心者さんの最初の一手はスキャルピングがいいのではないかなと思います。

リスクが少ないとはいえ、ノーリスクというわけでは無いので、毎回損切りの設定は習慣にしてくださいね。

簡単に実質的な事を説明すると、上から下、下から上と狙っていくのがやり方で、基本的には5分足でチャート分析をして(出来れば日足から順に)、15分足で取り敢えずの方向を確認してから1分足でエントリータイミングを見るというのが普通かなと思います。

慣れてくれば、5分足のチャートでエントリータイミングを見れるようになってくるのではないかなとも思います。

ただ、無料インジは入れておいた方がいいです。

どういった無料インジがいいのかというと、チャネルラインを自動で表示してくれるものやボリンジャーバンド、MACDまたはRCIといったものがあると便利です。

チャネルラインは通常メインウィンドウで表示されるものがほとんどなのですが、サブウィンドウに表示されるものもあります。

割とメジャーなものだと、SHI Channelというものがあり、サブウィンドウのものだと、NEW ABHAFXS TIMING V2Lというものなんかは面白いのではないかなと思います。

こういった無料インジを使ってスキャルピングをやる場合、数分から数十分くらいトレードに時間がかかるのがほとんどだと思います。

これくらいのトレードに時間がかかってくるのであれば、損切りの設定は必須ですし、いい練習になるのではないでしょうか。

スキャルピングのコツ

少し長めのトレード時間を要するチャネルラインを使ったスキャルピングであれば他の無料インジも入れておいた方がいいです。

総合的に判断をする練習になります。

インジケーターというものはあくまでもチャート分析をやりやすくするためのサポートをしてくれるもので絶対というものはありません。

そしてとても大事な事はチャートを客観的に見るということです。

SHI ChannelS-TYPE_ZigZagの組み合わせなんかで練習をしてみるといいのではないかなと思います(もちろんデモトレードでね)。

SHI Channelのどちらかのラインにローソク足がタッチして、S-TYPE_ZigZagのプライスが表示されたら次の足の感じをチェックしてラインを超えそうになければエントリーしてみるという練習はしてみた方がいいのではないかなと思います。

次の足で様子をみるのは、ラインタッチしたからといって必ずしも反転するとは限らないからです。

いろいろな状況があるので毎回うまくいくとは限りませんが、こういった練習を積み重ねていけばエントリーのコツが掴めるのではないかなと思います。

どうして細かくエントリーしていくトレードスタイルよりこちらを提案しているのかというと、いずれは順張りの手法とミックスしていって欲しいかなと考えているからです。

まあ、今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターというノウハウ使うともっと簡単でわかりやすいんですけどね。

⇒ 今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターの公式サイト

スキャルと順張りのミックス

チャネルライン、トレンドライン、水平ラインなどを観察していると、いつかはそういったラインをブレイクしていく時が来ます。

流れが加速していく時や反発する時です。

こういった流れに乗っていくのが大きく稼ぐコツになるのですが、こういった時にスキャルピングをしていてはいつまでたっても大きく稼ぐことは出来ません。

手法を変える必要があります。

順張りという手法は、デイトレード、スイングトレード、長期トレードで用いられる手法です。

fx初心者さんはまだまだリスクは出来るだけ避けた方がまだいいと思うので、ポジションは次の日まで持ち越さない方がいいのではないかなと思います。

もちろん損切りラインをエントリーポイントよりも上に持っていければリスクは無くなりますが、チャート分析がしっかり出来るようになるまでは、例えデモトレードでの練習であっても欲をかかない方がいいです。

東京市場と違ってニューヨーク市場は動きの出やすい時なので思ったほど数字が行っていないこともあるからです。

とはいってもラインブレイクはおいしい時ではあるのでこのチャンスは逃さないようにした方がいいし、ものに出来るようになって欲しいなあと思います。

少しチャートがゴチャゴチャしてしまうのですが、ラインブレイクでエントリーサインが出る無料インジのsupport-resistance-breakout-arrowsというようなものを入れておくのもいいのではないかなと思います。

エントリーサインが出たからといって飛びつかないでしっかりと検証して根拠を見つけてからエントリーをするようにしてくださいね。

慣れてきたら順張り

fx初心者さんが目指すべき手法はいつかは順張りなんじゃないかなと思います。

それなりのキャリアが出来て、それに伴う結果が出るようになってくれば、リスクを取っていく練習もしていって欲しいなあと思います。

リスクといってもデモトレードであれば関係ないのですが、こういった練習もしないでリアルトレードに移行してしまうとストレスがハンパないですよ。

なので、デモトレードでリスクの取り方も練習しましょう。

ポジションの保有時間が長くなるほど損切りラインも深くなっていきます。

上位足のチェックもより慎重にしなければいけません。

より長期的な推測が要求されるのです。

fx初心者さんにとってはまだ先の事だとは思いますが、エントリーポイントの予測、それに伴って指値注文のやり方も知っておいた方がいいでしょうし、順張りの手法はスキャルピングの手法よりも覚えることが多いのではないかなと思います。

順張りの手法が出来るようになってくるとfxのトレードがより一層面白くなってくるのかなと思いますが、fx初心者さんはそうなることを目指して焦らずにじっくりと腰を据えて日々練習を重ねていって欲しいと思います。

順張りはリスクが増える分、インジを使いこなせるようになっていた方が有利なのでいろんなタイプの無料インジをデモトレードで試してみた方がいいですね。

まとめ

今回はfx初心者のためのトレードスタイルの確立の提案と題して、fx初心者さんの最初に覚えるのはスキャルピング、デイトレード、スイングトレード、長期トレードとある中でスキャルピングがいいのではないかなと思って提案しました。

スキャルピングといっても比較的に長めのポジションを持つやり方でそのコツや便利な無料インジや有料ノウハウも紹介しました。

ずっとスキャルピングばかりをしていてもfxで稼ぐ事は厳しいので、慣れてきたらスキャルピングと順張りをミックスして使うという方法の提案もしました。

順張りの手法はリスクも大きくなるので、最初は持ち越しをしないこと等の提案もしました。

どんどん慣れてきたらリスクを取ることもデモトレードの内から練習をすることも大事だと思います。

練習できることは何でも練習をして自分に合ったトレードスタイルを見つけられるようになればいいのではないでしょうか。

自分に合ったトレードスタイルが見つかったらしっかりと確立できるまでやり込むことも大切だと思います。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者に役に立ちそうなヒントをピックアップの記事の画像

    fx初心者に役に立ちそうなヒントをピックアップ

  2. fxを始めるには今がチャンスの時の記事の画像

    fxを始めるには今がチャンスの時

  3. fx初心者は揉み合いをどう見るのかで未来が変わるの記事の画像

    fx初心者は揉み合いをどう見るのかで未来が変わる

  4. FX初心者がノウハウで稼ぐ手順の記事のメインイメージ

    FX初心者がノウハウで稼ぐ手順

  5. fx初心者はデモトレードで修行中に資金を貯めていってねの記事の画像

    fx初心者はデモトレードで修行中に資金を貯めていってね

  6. fx初心者が指標発表で意識しておいた方がいい言葉の記事の画像

    fx初心者が指標発表で意識しておいた方がいい言葉

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PR

本ページはプロモーションが含まれています

PAGE TOP
error: Content is protected !!