fxブログ

fx初心者におすすめのダウ理論の攻略法

fx初心者さんがダウ理論を攻略するとなるとかなり大変です。

まず順張りの手法を学ばなくてはいけません。

順張りの手法とは流れに乗ったトレードのやり方なのですが、もしかしたらfx初心者さんはエントリーの事をメインでイメージしているのかもしれませんがエントリーからイグジットまでが順張りの手法になります。

これって簡単そうに思えてかなり難しかったりします。

そんなことも今日は書いていこうと考えているのですが、昨夜はちょうどいい感じの時間帯の時にダウ理論の第3波の兆候が表れたのでそのことを中心に書いていきます。

ちょっと席を外していて、席に戻ってドル円相場のチャートを見てみたら1時間以上前にMarket WaveⅡがダウ理論の第3波の兆候を感知していました。

ダウ理論の攻略法の説明画像1 クリックすると拡大します

この画像はイサムさんのデルタfxのチャートにパラダイムトレーダーfxを表示させていて、天底チャートのストキャスティクスも表示させていたのですが、この後天底チャートは外しました(1時間足のチャートだけで十分かなと考えたため)。

⇒ デルタfxの公式サイト

ちょうど上か下かの判断をしなきゃなあと考えていた時だったので、これで方向は上だなと推測したのです。

ボリンジャーバンドの中心線を見ても微妙に上を向いているくらいで+1σのラインは水平、-の1σのラインは上を向いていて収束気味。

というのも今日の東京市場は下降の第3波の兆候が出ていたようで、Market WaveⅡが予測した第3候補近くまで下落したのですが、-1σのラインには届かず戻す展開のようだったのですが、上昇も+1σのラインには届かず方向感のない展開になっていました。

この画像だけだとなかなか上だとは判断しづらかったのですが、15分足のマーケティングfxのチャートを見るとしっかりとラインのところで止まっていてGrail-Indicは上向き、SEFC10のラインも2つ出ていて2つ目のVulkan Profitのエントリーサインが出てまだ間もないというタイミングだったのです。

ダウ理論の攻略法の説明画像2 クリックすると拡大します

上にもラインが幾つかあるのでなかなか突破には時間がかかるかもなあという感じでもありました。

それにしてもRCIの使い方がいまいちよくわからないのでもっとわかりやすいRCIに変えなきゃなあと考えています。

もう候補は見つけているのですが、ちょっとチャートが重くなるようなのでどうしようかなと考え中です。

⇒ マーケティングfxの公式サイト

順張りの醍醐味

順張りの醍醐味は何といっても大きく稼げるかもしれないということです。

それだけリスクも大きくなるのですが、fx初心者さんもいつかはfxで稼ぎたいと考えたのでfxのトレードを始めたと思うので、克服していくしかありません。

それには損切りラインの設定を必ずするということを習慣にすることと、損切りの幅が深すぎる時は様子見をするということも必ず守るようにしてくださいね。

資金管理が出来ない人は退場の可能性が大きくなってしまうので資金管理はしっかりとやってくださいね。

マーケティングfxの公式サイトにも少しだけ資金管理のことに触れているのでチェックしてみてくださいね。

大きく稼ぐということはそれなりに時間がかかることがほとんどだと思います。

それなりに時間がかかるということは、精神的に負担がかかるということで、時間の進み方がとても遅く感じるようになってくることもしばしばあります。

確実にトレンドに乗っている場合は精神的にも楽なのですが、動きが鈍い時はかなりつらいものがあります。

まさに昨夜のドル円相場の動きがそうで、ゆっくりとしか動きませんでした。

ダウ理論の攻略法の説明画像3 クリックすると拡大します

この画像は午後9時を過ぎたくらいのもので、デルタfxのエントリーサインとパラダイムトレーダーfxのエントリーサインが出たので上に行く確率が上がったなとは思ったのですが動きが鈍い。

とはいうものの、この鈍い動きはちょっと不安なので、マナブ式FX完全マスタープログラムのトリックスで確認し、平均足をチェックすると方向が出ていない。

ダウ理論の攻略法の説明画像4 クリックすると拡大します

⇒ マナブ式FX完全マスタープログラムの公式サイト

Market WaveⅡのデータでは109.922まではいくだろうなと予想してはいるのですが、動きが鈍いと不安が積もります。

午後9時半を過ぎても上に伸びそうで伸びません。

勢いがないと、デルタfxのトレンドラインで弾かれてしまう危険性もあります。

ダウ理論の攻略法の説明画像5 クリックすると拡大します

この動きの鈍い展開も順張りの醍醐味といえば醍醐味なんですが、出来ればもっと素早く動いて欲しいものです。

fx初心者さんにはダウ理論はハードルが高い

このような展開でダウ理論を当て込むなんて正直fx初心者さんではハードルが高いと思います。

僕もMarket WaveⅡの表示が無ければ様子をする場面だなと考えていたはずです。

ネットでダウ理論と検索すれば概要はたくさん出てくると思いますが、昨夜のドル円相場のあの展開でこれはダウ理論が使えそうだなとわかるようになるにはかなりの時間が必要です。

どうして多くのトレーダーさん達がダウ理論を気にしているのかというと稼げるチャンスがあるからではないでしょうか。

fx初心者さんの場合、何もサポートが無い状態であればこういったチャンスを見逃してしまうのではないかなと思います。

ということは、fxで稼ぐという目的も達成しずらくなってしまうということなのではないでしょうか。

方法としてはノウハウの導入というものあります。

しかもfx初心者さんでもわかりやすいものがいいですね。

おすすめはドラゴン・ストラテジーfxで、ドラゴンメーターと同じ方向のエントリーサインがチャート上に出たらエントリーというシンプルなルールなのでやりやすいかなと思います。

ダウ理論の攻略法の説明画像6 クリックすると拡大します

ドラゴン・ストラテジーfxのチャートに入れている無料インジのBands-MA2-Devというボリンジャーバンドの中心線は弾かれる確率が高いなあと感じています。

ドラゴン・ストラテジーfxの公式サイト

下の画像はやっとデルタfxのトレンドラインを超えてきたところ。

これで午後10時前。

ダウ理論の攻略法の説明画像7 クリックすると拡大します

まだ109円70銭にも達していません。他のMAも上を向いているのが少しだけホッとできるところではあります。

重要な指標の発表がなかったので勢いが出ないのかなと考えたりもしました。

109.922まではいくはずというのは、Market WaveⅡの第2予想値で出ていたためで、ボリンジャーバンドの形を見てもそれ以上は危険かなと考えたからです。

ダウ理論の攻略法の説明画像8 クリックすると拡大します

ボリンジャーバンドが収縮傾向ということは、いつかどちらかに動く可能性が高いです。

Market_WaveⅡ

Market WaveⅡがなかったらきっと、あの場面では様子見が一番かなと考えたと思います。

ダウ理論関連のノウハウやインジはたくさん出ていると思いますが、Market WaveⅡは比較的買いやすい価格でこういった時にかなり重宝します。

もちろん今回はたまたまタイミング的にもよかったのでラッキーな所もあったのですが、チャンスを逃すことを出来るだけ少なくすることができれば効率よく稼ぎやすくなりますね。

ダウ理論の計算をしてくれるだけでも大助かりです。

⇒ Market WaveⅡの公式サイト

それにしてもあまりにも動きが鈍いのでどうしようかなと考えていると、未来予知fxのチャートでアラートがなったので未来予知fxのチャートをみてみると、エントリーサインが出ました。

可能性として75パーセントくらいの確率で20pipsアップの109円80銭台までは行きそうです。

SS_SupportResistanceのVerified Resistanceのゾーンは105pでやや厚め、1度突破にトライしていて再トライなるかという場面ですね。

ダウ理論の攻略法の説明画像9 クリックすると拡大します

ボリンジャーバンドの+1σのラインに近づいて下落、またデルタfxのトレンドラインの中に入ってしまいました。

利確組の影響で下落したのかなと考えました。

なので、これはまた上昇していくだろうなと予想。

ダウ理論の攻略法の説明画像10 クリックすると拡大します

300SMAのライン辺りまで下がって来てからの再び上昇し、またデルタfxのトレンドラインの上に。

もう少しでロンドンフィクスなのでその時に動きがあるのかなと期待。

ダウ理論の攻略法の説明画像11 クリックすると拡大します

長期戦に突入

もう少しでロンドンフィクスになろうかという時にVulkan Profitの売りのエントリーサインが出てしまいました。

これは東京市場の終了直後にでたVulkan Profitの買いのエントリーサインの終了を意味しているのかなと判断したのですが、ここでイグジットをするかもう少し様子を見てみるかの判断が必要になってきます。

ボリンジャーバンドの形を見ると、どのラインも水平になってきています。

ということは、このまましばらくはヨコヨコの動きが予想されて、その後に動き出す可能性があるなあと判断しました。

ダウ理論の攻略法の説明画像12 クリックすると拡大します

予想通り今度は36SMAのラインのところで止まってくれてロンドンフィクス辺りで109.771まで上昇、このまま上昇していってくれるのかと期待したのですが、109.675まで下落。

再びどうしようかなと考えていたら再びVulkan Profitの買いのエントリーサインが出たのでこのまま様子見をすることにしました。

結局午前2時過ぎまでチャートに張り付いていたのですが、当分動きそうにないのかなあと集中力も薄れてきたのでポジションを持ったままチャートを閉じました。

基本的には特にfx初心者さんはポジションは持ち越さない方がいいですよと書いてきたのですが、Market WaveⅡの数値が出ている場合であれば、損切りラインをエントリーポイントの上まで持ってきて、状況次第ではありますが指値決済を入れておけばアリなのかなと思います。

ダウ理論の攻略法の説明画像13 クリックすると拡大します

次の日チャートを開けるとバッチリ109.938まで上昇していました。

ダウ理論の攻略法の説明画像14 クリックすると拡大します

Market WaveⅡはなかなか第3候補まで行くことってないのですが、今回はそれを超えていっていますね。

欲張っても仕方が無いのでこれで良しとします。

まとめ

今回はレポート形式でダウ理論の攻略法を書いてみました。

画像もクリックすれば拡大するようにもしてみました。

fx初心者さんにとってダウ理論はかなりわかりずらいものではないかなと思います。

ですが、チャンスでもあるのです。

わかりづらいものであればそれを補ってくれるものを使うのもひとつの方法ではないかなと思います。

自分でMarket WaveⅡを使ってみて少しはこういった場面でも対応出来るようになって来たのと、昨夜たまたまタイミング的にあったので記事にしてみました。

ノウハウやインジは慣れるまで練習が必要ですし、わかりやすい場面ばかりというわけにはいきませんが、自分のトレードをサポートしてくれるものが幾つかあると心強くもあります。

今夜は110円台をキープできるのかが見ものですね。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者が覚えることは多くはありませんの記事の画像

    fx初心者が覚えることは多くはありません

  2. fx初心者が覚えていた方がいい用語の記事の画像

    fx初心者が覚えていた方がいい用語

  3. fx初心者の悪い癖は早めに修正しようの記事の画像

    fx初心者の悪い癖は早めに修正しよう

  4. fx初心者は1-1-1スタートがおすすめですの記事の画像

    fx初心者は1-1-1スタートがおすすめです

  5. fx初心者は行動し結果を求めようの記事の画像

    fx初心者は行動し結果を求めよう

  6. fx初心者に時間足の使い方の提案の記事の画像

    fx初心者に時間足の使い方の提案

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PR

本ページはプロモーションが含まれています

PAGE TOP
error: Content is protected !!