fxブログ

fx初心者はEAと裁量のどちらのトレードを選ぶべきかの記事の画像

fx初心者はEAと裁量のどちらのトレードを選ぶべきか

fxに興味を持っている人はfxについて出来る範囲で調べるのが一般的かなと思います。

ネット上ではfxについての情報はかなりあるのでよくわからなくなってしまうのかもしれませんがやり方としてはEAと裁量というトレード方法があるという事がわかるのではないでしょうか。

そこで疑問が浮かび上がってくるのが普通かなと思います。

それはEAと裁量のどちらをfx初心者は選んだ方がいいのかという事なのではないかなと思います。

まあどちらも得体のしれないものという認識の中でのチョイスになると思うので試しにどちらも試してみて自分に合っているなあと感じた方をやってみるのが一番ガッテンが行く方法なのかなと思うのですがちょっと効率的ではないですね。

どちらも用意しなければいけないものはあるので労力的にはそこまで差は無いのかなと思います。

最初は出来るだけ出費は抑えた方がいいのではないかなと思うので無料のものからのスタートがいいかなと思います。

僕は現在は裁量トレードをやっているのですが僕のfxの始まりはEAからでした。

EAとは自動売買の事で要はfxのトレードを自動で行ってくれるプログラムの事です。

セットするのはとても簡単なので問題は無いと思います。

裁量トレードとは最終的な判断は自分で行うというトレード方法です。

もしかしたらfx初心者さんはピンと来ないかもしれませんね。

日本国内の各fx会社さんが提供しているチャート(ローソク足が表示されていて上に行ったり下に行ったりしてるやつです)を表示して買いとか売りの注文を自分で行うトレードです。

ぶっちゃけEA(自動売買)にも裁量トレードにもメリットとデメリットがあるかなあと感じています。

EAといっても種類は星の数ほどあるのではないかなと思います。

その中で無料のEAを探さなくてはいけなくって更にどれでもいいというわけでは無いのです。

国内のEAであればちょっと安心なのですが海外のEAになるとちょっと不安という感情も芽生えてしまうかもしれませんね。

裁量トレードの方がfx初心者さんは始めやすいのかなと思います。

その理由として国内のfx会社さんであればサポートがしっかりとしている所が多い事。

fx初心者さんのためのセミナーや動画等を用意してくれている所もあるという点でも始めやすいのではないかなと思います。

ただしトレード中は一人なので最初はチャートの使い方もよくわからないだろうからパニックの連続になってしまう可能性もあります。

まあデモトレードであればどんなに失敗をしても関係無いのでfxのトレードに慣れるにはいいサービスなのでデモトレードでたくさん練習をするといいです。

どちらも違う難しさがある

fx初心者さんにとってEAで一番難しいのはどのEAを選べばいいのかがわからないという事ではないでしょうか。

 

最初から高額な(高額でなくてもそれなりの価格はします)EAを購入するのはあまりにもリスキーですしおすすめしません。

 

また数万円程度のEAであっても全くの無知の状態であれば購入すべきではないと思います。

ではどうすればいいのかというとまずは無料のEAを使ってみるといいのではないでしょうか。

EAというものがどんなものなのかをまず体験してみるのが一目瞭然なのかなと思います。

ネット上では無料のEAを紹介しているサイトもたくさんあります。

おすすめはカワセ係長さんのEA-BANKです。

FXと自動売買と投資の本質というサイトを運営されており無料メルマガも配信されています。

無料メルマガはこちらから登録出来ます。⇒ カワセ係長さんの無料メルマガの登録

裁量トレードで難しいのは何処でエントリーをして何処でイグジットすればいいのかではないでしょうか。

これは慣れて自分の実力を上げていくしか無いのかなと思います。

相場観を養っていかなければ勝つ可能性は上がらないのです。

なのですぐに稼げるようになる可能性はとても引くと考えておいた方がいいですよ。

ただサポート的なものとしてノウハウやインジというものがあります。

このノウハウやインジもピンからキリまであり有料のものと無料のものとがあります。

ノウハウは有料の使える可能性の高いものがおすすめ(無料のノウハウもあるとは思いますが変な癖が付いてしまうと後々苦労すると思うので)なのですが、インジは最初は無料のインジから慣れていった方がいいと思います。

EAを使うのであればデモMT4が必要

もしかしたらfx初心者さんの中にはEAの方が簡単そうと感じる人もいるのではないかなと思います。

ですがパッパッと手早く始めるというわけにはいかないのです。

それはどうしてかというとEAを動かすにはMT4が必要だからです。

MT4といってもデモで動くので最初はデモMT4をダウンロードする必要があります。

実際にやってみるとそんなに難しい事では無いので安心してくださいね。

わからなくなったらネットで調べればすぐに解決する場合が多いのではないかなと思います。

そもそもEAとはエキスパートアドバイザー(Expert Advisor)の頭文字を取ったものでMT4で使われている言葉なのです。

また稼働の仕方もネットで調べればすぐにわかると思います。

MT4のツール→オプション→エキスパートアドバイザーで自動売買を許可するにチェックを入れてEAをMT4に設置してチャート上にドラッグアンドドロップすればよかったはず(すみません昔の記憶なので曖昧です)。

自動で売買してくれるので全てオートマチックのイメージがあるかもしれませんがチャートを開いていないとEAは稼働しません。

チャートを閉じている時でも稼働させるにはVPS(Virtual Private Server)という仮想専用サーバーの導入が必要になってきます(もちろん料金がかかります)。

最初からVPSを利用する事は無いと思いますが、気を付けて欲しい事はEAはプログラムだという事です。

プログラムはプログラム通りに動きます。

結果がマイナスになろうがプラスになろうが条件が合致すれば機械的に動きます。

使えないEAとはこの事をいいます。

fx初心者さんは稼ぐためにプログラムされているんじゃないのと考えてしまうかもしれませんがどの条件で動くのかという事をプログラムされているだけだったと記憶しています。

なので条件の違う複数のEAを設置するというやり方が一般的だったかなとも記憶しています。

あと確かパソコンのスペックも関係していたかなとも記憶しています。

裁量トレードでもデモMT4はあった方がいい

今度は裁量トレードについてです。

裁量トレードは国内のfx会社さんの提供しているチャートでも出来ますが、裁量トレードでもMT4はあった方が有利かなと思います。

その理由はチャート分析がやりやすくなるからです。

国内のfx会社さんが提供しているチャートはその会社独自のチャートの場合が多く使えるインジの数もMT4で使えるインジの数と比べたらかなり少ないです。

トレードは国内のfx会社さんのチャートで行うのがいいかなと思うのですが(僕もそうしています)、チャート分析はMT4の方が圧倒的に便利です。

もちろんデモMT4で出来ます。

最初は無料インジの導入から始めるとわかりやすいかなと思います。

国内のfx会社さんのチャートで用意されているようなインジではなくSS_SupportResistanceのようなサポートやレジスタンスラインもしくはゾーン、S-TYPE_ZigZagの様な多機能なジグザグラインを表示してくれるものから導入していくといいのではないでしょうか。

サポレジやジグザグラインがわからないのであればfx サポレジとかfx ジグザグライン等で調べてくださいね。

検索能力も上げていくと後々便利ですよ。

慣れてきたらVulkan ProfitやSEFC10といったものを導入してエントリーポイントをサポートしてくれるような無料インジの導入をしてみるといいのではないかなと思います。

更に慣れてきたらSmoothed_HAS alerts button 1.02のようなものを導入して精度を上げてみる試みをしてみるといいのではないでしょうか。

他にも無料で便利なインジがあるので探してみるのも楽しいかもしれませんよ。

ここで挙げた無料インジはこのブログ内でまとめてダウンロードする事も出来ます。

場所はお知らせの投稿記事100回記念プレゼントのページの下の方に用意してあります。

更に更に慣れてきたらノウハウの導入をしてみるといいのではないかなと思います。

最初はとても初心者向きだなと思える今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターというノウハウをおすすめします。

もう少し大きく勝ちにいきたいなあと感じるようになって来たのであればドラゴン・ストラテジーFXがおすすめです。

どちらもドル円相場スタートがいいと思います

EAから始めるにしても裁量トレードから始めるにしてもドル円相場から始めるのがいいのではないでしょうか。

親しみやすいだろうなあというのもあるのですが相場の動きが比較的穏やかであるという事とドル円相場用のEA、ノウハウやインジの方が探しやすいかなと考えているからです。

どうして探しやすいのかというとメジャーな通貨ペアなので種類が豊富だという事です。

有料のEAにはどういったものがあるのかチェックだけしておきたいと考えているのであれば先ほど紹介したノウハウの今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターを販売しているGogoJungleさんというASPをチェックしてみるといいのではないでしょうか。

EA販売だと結構有名な所のようでいろんなEAの概要がチェックできるのはないかなと思います。

またかなり慣れてきてダウ理論の攻略もしていきたいと考えるようになったのであればGogoJungleさんでMT4ダウ理論計算のインジケーター「Market_Wave」というものをチェックしてみるといいですよ。

⇒ MT4ダウ理論計算のインジケーター「Market_Wave」の公式サイト

ちょっとマニアックな感じなのですが僕も気に入って使っています。

EAと裁量トレードのどちらにしても最初はドル円相場をおすすめしますが慣れてきたら通貨ペアの数を増やしていくと稼げるチャンスが広がります(当然ですがデモトレードの場合は経験値が上がるだけです)。

経験値が上がるという事はリアルトレードに移行した時にかなり有利なのでしっかりと経験値を上げていってくださいね。

あとがき

今回の記事タイトルはfx初心者はEAと裁量のどちらのトレードを選ぶべきかでしたが僕の個人的な意見はfx初心者さんは裁量トレードから始めた方がいいのではないかなと考えています。

その理由は自分でコントロール出来るからです。

EAはプログラムなので選ぶという事しか出来ないのですが、その選び方を教えてくれる情報がかなり少ないのではないかなと感じているからです。

カワセ係長さんは無料メルマガでずばっと直球で教えてくれるのですがなかなかそこまで突っ込んだ内容の情報は少ないように思います。

EAは選ぶだけなんでしょ?と思うかもしれませんがこれがなかなかハードルが高かったりするようです。

EAはバックテストやPF(プロフィットファクター)の値が選ぶポイントの様なのですがなかなか難しいようですね。

バックテストの結果がどういったものなのかを理解しないといいものをチョイスする事は難しいようです。

情報を見ているとバックテストの結果を鵜呑みにしてしまうと想像していた結果とは全く違うものが出てしまったりするようなのでEA選びはかなり慎重にするべきではないかなと思います。

裁量トレードのノウハウもピンからキリまであるなあと感じているのですがどうやらEAも同じような状況のようですね。

僕の場合稼げないEAを最初に購入したのがきっかけでfxのトレードを本格的にやりだしたので何が起点になるのかわからないので完全否定はしませんが有料のEA、ノウハウやインジの購入は慎重にそして熟考してから決めて欲しいなあと思います。

どんなEA、ノウハウやインジでも完璧なものは無いので欲張りすぎるのも良くないのですけどね。

なんにしても慌てて購入するようなものではないと考えているのである程度慣れた状態で自分には何が足りなくてそこをサポートしてくれるような何かが必要だなと感じるようになってからでいいと思います。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者は各時間足の感覚も身に付けるようにしてねの記事の画像

    fx初心者は各時間足の感覚も身に付けるようにしてね

  2. fx初心者はだったらどうするを考える習慣を付けてねの記事の画像

    fx初心者はだったらどうするを考える習慣を付けてね

  3. fx初心者はデモトレードで修行中に資金を貯めていってねの記事の画像

    fx初心者はデモトレードで修行中に資金を貯めていってね

  4. fx初心者はYouTubeでの勉強はおすすめしませんの記事の画像

    fx初心者はYouTubeでの勉強はおすすめしません

  5. fx初心者は次の一歩を考えて行動してみてねの記事の画像

    fx初心者は次の一歩を考えて行動してみてね

  6. fx初心者も難しいと思ったら初心に戻ってみるの記事の画像

    fx初心者も難しいと思ったら初心に戻ってみる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PR

本ページはプロモーションが含まれています

PAGE TOP
error: Content is protected !!