ノウハウやインジ

fx初心者がノウハウやインジを見つけるコツ

fx初心者がノウハウやインジを見つけるコツ

fx初心者が勝とうとするには、前者に学ぶしか方法は無いと思います。

そこで今回はfx初心者がノウハウやインジを見つけるコツについて書いていきたいと思います。

検索ワードでfx初心者 ノウハウ 見つけ方という検索ワードで検索してみたのですが、ヒット数は約 4,250,000件ほど出てきたのですが、上位表示(1ページ目)されている中では見つけることができませんでした。

他の検索ワード(fx初心者 ノウハウ 見つけるコツ、fx初心者 ノウハウやインジ 見つけるコツ)でも調べて見たのですが、結果はヒット数は減るしこれらの検索ワードでも明快な答えを導きだしてくれそうなサイトは見つけることはできませんでした。

ノウハウ名に評価とか評判と入れてみればもっとたくさんヒットするのでしょうが、この検索ワードだとどうしてもSEO対策に強い販売サイトが上位にきてしまって何だか良くわからない、どれも良さそうな感覚に陥ってしまうのではないかと思います。

実際ぶっちゃけ、いいノウハウも使えないノウハウもあるのが現状でいいノウハウに行きつくには検索能力にかかってきます。

まず、無料のノウハウはfx初心者は避けた方がいいと思います。

中には素晴らしい無料ノウハウもあるとは思いますが、それはfxのことを少しは理解してからの方がいいと思うのです。

ノウハウとは

ノウハウとは教材のことで聞こえはいいのですが、商材といった方がいいかもしれません。

商材というとネガティブなイメージが先行するかもしれませんが、本屋さんをイメージしてみてください。

How to本が無料で配られているでしょうか?

FXの入門書だって有料で売られていますね。

何が違うのかというと、パッと見でわかるのは値段です。

fxの情報商材としてのノウハウものでは、2,3万円台が大体の相場なのかなと感じているのですが(中にはもっと安価なものもあるようですが)、書籍だと千円から2千円位かな、3千円だもあった気がしますが、基本的に中身が全然違うと感じています。

fxの入門書では大まかなことはわかっても、具体的なことってなかなかピンとこないんじゃないかなと思います。

fxの情報商材としてのノウハウは、より実践的なもののように感じます。

最近では動画でチャートを説明したり、付属のインジ(このインジが結構重要なのです)の使い方をPDFや動画で説明しているものが主流ではないかと思います。

しかも、そのインジの導入方法などもわかりやすく説明しているものが多いかなと感じています。

有料のものなので他では手に入らない手法の公開をしているのがノウハウなのです(中には評判の悪いものもあるので慎重に選んでくださいね)。

自分はこうやってfxで稼いできたという手法なので我流で行き当たりばったりな手法よりは断然稼げる確率が高まるのです。

もちろんその時の状況によって相場は変わってくるのでこのノウハウがあれば大丈夫という事もありません。

できれば、状況によってノウハウを使い分けるのがベストなんじゃないかなと考えています。

インジケーターとは

ここでいうインジケーターとは有料ノウハウに同梱されているインジケーターのことを指します。

たくさん種類が出ているのはエントリーサインが出るタイプのものなんじゃないかなと思います。

多くの場合が裁量トレードで使われるものになってくるかと思いますが、よりチャート分析をしやすくするためのインジになります。

こうこうこういった状況下でこのラインに触れてエントリーサインが出たらエントリーといったようなノウハウが多いんじゃないかなと思います。

そのためラインなどの設定が違っていたり、無料インジでは無さそうな独自開発のインジだったりします。

有料なものだけに精度が高かったりしますが、そのノウハウの作者さんの手法通りにインジを使わないで独自の考えで使ってしまうと、思っていたような結果には結びつかない可能性が高くなってしますのでマニュアルは何度もチェックしてしっかりとマスターしてからトレードに臨むのがベストです。

何度か無料インジで似たようなものはないものかと探しまくったこともありましたが、その多くが時間の無駄でした。

fx初心者の場合有料インジも魅力的に思えるかもしれませんが、単品だと組み合わせが必要になってくる場合も多いかなと思いますので、オールインワンでパッケージされたノウハウを選んだ方がいいんじゃないかなと思います。

ノウハウを見つけるコツ

ズバリ、そのノウハウを実際に購入して使ってみた人の意見や感想を参考にするといいと思います。

ネットで検索すれば評価する有料ノウハウもあるけれども全く評価しないものもたくさん出しているサイトはそれなりに信用度は高いんじゃないかなと思います。

評価している有料ノウハウの数が多いということはそれだけ金銭的に余裕があると考えてもいいんじゃないかなと思います。

そしてその方が専業のfxトレーダーさんであれば更に信用度は上がるのではないでしょうか。

気を付けて欲しいのはそのサイトが優良なサイトであったとしても、自分がまだfxを理解していないとそのノウハウを使いこなせない可能性もあるので、そのサイトで初心者向きかどうかが表示されているのかどうかをチェックすることも忘れてはいけない事柄です。

販売サイトに行ってみてどういったノウハウがあるのかをチェックするのも有効ではないかと思います(衝動買い注意)。

販売サイトの文章はとても上手なのでつい欲しくなってしまうことが多いと思うので、そこをグッとこらえるのが肝心です。

これ良さそうと思えるノウハウが見つかったのであれば、出来る限り調べてください。

fx掲示板をみるのも一つの手です。

どれも時間はそれなりにかかりますが、安くはない買い物なので調査は念入りにすることがキモだと思います。

ノウハウを見つける時のヒント

fxを始める時は最初はデモトレードから始めてください。

そして、デモトレードで要領がわかってきて、勝てるようになってきたらリアルトレードに進んでください。

その時の注意事項ですが、初めは少額資金からのスタートがいいと思います。

ロット数も最小ロット数から始めるのがいいと思います。

これだと勝っても負けても稼げる金額は少ないのですが、大きく稼ぐには大きな資金が必要なので最初のうちは慣れることを重視してください。

まだ高いノウハウは購入した事はないのですが、有料ノウハウの購入をする時は、金額も考慮してください。

いままで購入してきた有料ノウハウの金額は大体が3万円台でした。

自分の経験からなのですが、これ以下のノウハウだと使えなかったなあというのが感想です。

中にはいまだに使っているノウハウもあるのですが、それはまれな事なんじゃないかなと思います。

逆にそれ以上のノウハウもfx初心者には必要ないのではとも思います。

高いには高い理由があるとは思いますが、正直初心者向きではないのかなと思いますし、安い場合は安物買いの銭失いになってしまう可能性が高いんじゃないかなと思います。

あと、有料ノウハウには魅力的な特典が付いてくるケースが多いと思いますが、特典につられないようにしてくださいね。

まとめ

有料ノウハウはよく調べてから購入を考えてください。

金額も高ければいいというものでは無いので自分に必要な物を満たしてくれるものを選ぶようにしてください。

特典はあくまでも特典で、重要なのはノウハウの中身なので得点にはつられないようにすることも大切。

アフターフォローの対応の良し悪しをチェックする事も大切です。

完全返金しますと書かれていても条件があってそれにあわないと受け付けてくれなかったというような投稿を何度か目にしました。

fxは昔ながらの手法が今でも役に立つ事が多いので販売開始が古いものだからといって使えないわけでは無いのでチェックした方がいいです。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者はMACDをマスターしておいた方がいい

  2. fx初心者が使えそうな無料インジを紹介 pt3の記事の画像

    fx初心者が使えそうな無料インジを紹介 pt3

  3. fx初心者に使えそうな無料インジを紹介 pt2の記事の画像

    fx初心者に使えそうな無料インジを紹介 pt2

  4. fx初心者のためのパッと見チャート分析ノウハウの記事の画像

    fx初心者のためのパッと見チャート分析ノウハウ

  5. fx初心者のためのルールの提案その2の記事の画像

    fx初心者のためのルールの提案その2

  6. fx初心者の高値圏や安値圏で掴まないための提案の記事の画像

    fx初心者の高値圏や安値圏で掴まないための提案

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PR

本ページはプロモーションが含まれています

PAGE TOP
error: Content is protected !!