fxブログ

fx初心者は時間帯を気にするよりも回数を気にした方がいいの記事の画像

fx初心者は時間帯を気にするよりも回数を気にした方がいい

fx初心者さんはほぼ間違いなく兼業トレーダーですよね。

だったら時間帯を気にしても仕方がないですよ。

時間帯を気にするよりも限られた時間帯の中で何回トレードできたのかという方が重要になってくるのではないでしょうか。

細かいスキャルピングだとかなりの回数のトレードができるのでしょうが、これって結構疲れてしまいます。

疲れがたまってしまうとうまくいくものも上手くいかなくなってしまいがちだと思うし、なにより続かないのではないかなと思います。

本業にも影響が出てしまうかもしれませんね。

このブログ、FX初心者がノウハウやインジで稼ぐ方法2でおすすめしているスキャルピングは今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターを使ってポジション保有時間は30分から1時間くらいが多いのではないかなと思うちょっと長めのポジション保有のスキャルピング手法のノウハウです。

⇒ 今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーター

タイミングもあるので午後9時から12時までの時間帯だとしたらチャンスは3回あるかないかというところかなと思います。

トレンドフォローの手法だと1回から2回くらいあるかなという感じではないでしょうか。

fx初心者さんの日中は多くの人が別の仕事、つまり本業中なのでチャートを見ることはできないんじゃないかなと思います。

僕がfxを始めてまだ間もないころはどっぷりfxにハマってしまって日中もチャートが気になって仕方がありませんでした。

今思えば全く気持ちの切り替えができていなかったなあと反省ものですね。

この時点でもう冷静ではないので上手くいく可能性は低い、そしてもがいていた時期でもありました。

慣れてくれば日中の攻略法は幾つかあるのですが、fx初心者さんだとそれはまだまだ先のこと。

ちょっと早起きをしてIF-OCOを入れておくやり方。

ノウハウは、FX歴38年の重鎮!岡安盛男のFX極

このノウハウは確かに評判もいいのですが、慣れたトレーダーさんの方が使いこなせると思うのでfx初心者さんは購入するとしてもまだ先でもいいかなと思います。

ラインブレイクをアラートやメールで教えてくれるインジを使う方法もあるかなとは思いますが、これも慣れてからの方がいいです。

似たような感じでVPSを利用するという方法もあるにはあるのですがこれもまだ先で検討してもいいかなと思います。

fx初心者さんはまずはチャートに張り付いていた方がいいと思うので帰宅後からのことだけを考えた方が方がいいのではないでしょうか。

Contents

限られた時間だから要領よく

仕事から帰宅して食事などを済ませてチャートを開くのは午後9時くらいかなと思います。

もちろんいろんなパターンがあるので違う人もたくさんいるのでしょうが、僕のイメージではだいたい午後9時くらいからなんです。

そして頑張っても午前2時くらいには眠ってしまうのではないかなともイメージしています。

ということは最後のトレードは午前1時にはエントリーをしておかないと午前2時には終われませんね。

限られた時間の中では効率化が重要になってきます。

チャートを開く前にファンダメンタルズ分析をして重要な指標の発表や要人発言があるかどうかのチェックをしてからチャートを開いた方がいいですよ。

大まかにでも政治や経済の情報を把握して重要な指標の発表や要人発言の予定の確認を前もってやっておけばチャート分析の精度も上がりますね。

政治や経済の情報を把握はヤフーニュース等でもいいのですが、できればロイターやFTといった専門的な所をチェックしておいた方がいいと思いますし、ザイFXのサイトもチェックしておいた方がいいですよ。

政治や経済の情報の把握は流れを読むのに役に立つし、重要な指標の発表や要人発言の予定を知らないと急な動きにのまれてしまってアタフタして終わる可能性があります。

流れがわかればトレードがしやすくなります。

チャート分析が大事

効率的にトレードをするためにはチャート分析が重要になってきます。

チャート分析をすることによって戦略が立てやすくなります。

たぶんですが、まだfx初心者さんはチャート分析の重要性がピンとこないのではないかなと思います。

fxのトレードは行き当たりばったりでトレードをしていてはいつかは退場を食らってしまう可能性が高いのではないかなと思います。

流れを把握して効率よくトレードをするためにもチャート分析が大事になってくるのです。

大きな流れを知って、その大きな流れの中で上に行っている局面なのか下に行っている局面なのかがわかれば戦略が立てやすいですよね。

大きな流れが下だったとして、5分足のチャートでは上に向かっているように思えると仮定すると、買いは短め売りはガッツリということがやりやすいのではないでしょうか。

反転のきっかけもラウンドナンバーだったり、キリバンや直近の目立った高値や安値だったりと注意するポイントも限定することができますね。

もちろん他にもポイントはあるのですが、これらを知るためにはチャート分析が必要なのです。

情報を全く持っていないのにトレードをすることはかなり無謀な行為なんじゃないかなと思います。

チャート分析はすぐに精度の高い分析ができるようになるものではないので最初は失敗の連続かなとも思いますが、チャート分析はデモトレードでしっかりと練習しておくことをおすすめします。

祝日

少し勉強してきたfx初心者さんの中には祝日は日中もチャートに張り付いていることが出来るのでやっぱり時間帯別の相場の特徴は知っておきたいと考える人もいるのではないかなと思います。

時間帯別の相場の特徴を知っておいた方がいいことはいいのですが、祝日だと動きが出ないことの方が多いように感じています。

相場は大きな資金を動かすところの方が相場に対して影響力も大きいのではないかなと思うので、そういったところは企業ではないかなと思います。

企業であれば祝日は基本お休みですね。

よって相場は動かない時の方が多いということになるのです。

たまに大きく動くときもありますが、それはイレギュラーなことなんじゃないかなと思います。

これは日本に限ったことではなくて世界的に祝日は動きが鈍いなあと感じているので各国の祝日のチェックも忘れないようにしましょう。

祝日の日に神経を使うのはあまりしない方がいいのではないかなと思います。

ゆっくり休める時はゆっくり休むこともトレードをしていく上では重要なことなのではないでしょうか。

アメリカやヨーロッパが祝日の時であれば早めにチャートを閉じることも選択肢の一つに入れてみた方がいいと思います。

時間帯別の相場の特徴というのはあくまでも傾向であってチャート分析がしっかりとできていればカバーできる可能性が高いです。

根拠のあるエントリーの度合いでロット数が決まる

効率のいいトレード方法の一つとしてロット数の調節というものがあります。

これは根拠のあるエントリーと関係してくるのですが、根拠が幾つもある場合と根拠が一つしかなくてしかもちょっとあやふやな根拠の場合があったとします。

精度が高い根拠が幾つもあるのであれば勝負どころの可能性が高いですね。

そんなときはロット数を増やした方がいいです。

逆に根拠といえないような根拠が一つだけの場合には様子見か最小ロット数でトレードをした方がいいです。

どちらも忘れてはいけないのは損切りの設定です。

どんなに自信があっても損切りの設定は忘れないようにしてくださいね。

順調に伸びてきていれば、もう損切りラインを割らないなと確信できたらエントリーポイントの少し上もしくは下に移動すればいいだけです。

自信が無い場合には損切りの設定をしていてよかったと思うかもしれませんが、同じ過ちを繰り返さないことの方が重要です。

まだ始めたばかりのfx初心者さんの場合は例えデモトレードであっても最初は最小ロット数でトレードをした方がいいと思います。

まずはfxのトレードに慣れることが大事です。

fxのトレードはエントリーをしないことには稼げないのですが、稼ぐためには負けないことが重要です。

負けないためにはチャート分析が重要です。

毎回稼ぐことが出来ることはありませんが、勝ち越すことが出来るようになることは可能です。

その為には精度の高いチャート分析ができるようになって、根拠のあるエントリーができるようになることを目標にするといいのではないかなと思います。

まとめ

今回はfx初心者は時間帯を気にするよりも回数を気にした方がいいという記事タイトルで記事を書きました。

fx初心者さんがfxのトレードができる時間帯というのは大体が午後9時くらいから午前2時くらいまでくらいなんじゃないかなと思うので相場の時間帯別の特徴はそこまで気にする必要はないのではないかなと思います。

それよりも効率よくトレードをするためにチャート分析の精度を上げる練習をしていった方が合理的なのではないかなと思います。

だんだんとチャート分析ができるようになってくると、根拠のあるエントリーもだんだんできるようになってくるのではないでしょうか。

チャート分析と根拠のあるエントリーの精度を上げる努力がfx初心者からの脱却につながるのではないかなと思います。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者のための時間帯攻略法の記事の画像

    fx初心者のための時間帯攻略法

  2. fx初心者もリアルトレードを知っておこうの画像

    fx初心者もリアルトレードを知っておこう

  3. fx初心者は自己投資の方向を誤らないでねの記事の画像

    fx初心者は自己投資の方向を誤らないでね

  4. fx初心者の思うは基礎が出来ていないの記事のアイキャッチ画像

    fx初心者の思うは基礎が出来ていない

  5. fx初心者は稼ぎ方よりもまずは勝ち方を気にしようの記事の画像

    fx初心者は稼ぎ方よりもまずは勝ち方を気にしよう

  6. fx初心者はきっかけをデモトレードで生み出そうの記事の画像

    fx初心者はきっかけをデモトレードで生み出そう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PR

本ページはプロモーションが含まれています

PAGE TOP
error: Content is protected !!