fxブログ

fx初心者は要所のチェックを習慣化してねの記事のアイキャッチ画像

fx初心者は要所のチェックを習慣化してね

fx初心者さんは知らない事の方が多いので何でも吸収してやろうとモチベーションも高いのではないでしょうか。

その意志はリスペクトに値するものだと思いますが、ちょっと肩の力を抜いてくださいね。

まずは、覚えるべきものを先に覚えて欲しいなあと思います。

それは、覚えるべきものは幾つかあるのだと考えているのですが、その中の一つに要所というものがあるのだと考えているのです。

要所が何処なのかのチェックが出来るようになると分析もその分、楽になると思うのでfx初心者さんは要所のチェックを習慣化して欲しいなあと思っているのです。

要所とは区切りの良いところと解釈してもいいのかなと思います。

また、fxのトレードは可能性を追求するものだと考えていてその可能性の高い所が要所という事になるのだとも考えているのです。

こういった要所を注意するだけでどのくらい待てばいいのかの見当も付けやすくなるのではないでしょうか。

要所をチェックする習慣が付けば直感でのエントリーというのも軽減出来るのではないかなと思います。

fx初心者さんは飛び乗り厳禁ですよ!

ボリンジャーバンド等のインジを使うのもこの要所を見つけやすくする手段の一つなのかなと考えているのです。

ボリンジャーバンドはとても優秀なので使い道はそれだけでは無いんですけどね。

今回はその要所を少し深掘りしてみましょう。

何処が要所なのか

fx初心者さんは要所といわれても何処が要所なのかわからないという人もいるのではないかなと思います。

少しわかっている人にしても直近の高値とか安値でしょという感じかなと思います。

更に経験を積んでいる人にしてもキリ番とかラウンドナンバーをイメージするのではないでしょうか。

全部正解ですが、まだまだあります。

さすがにチャートを見て直感的にわかるのはこれくらいかなと思いますが、インジを導入してみてくださいね。

MAラインは短期、中期、長期の3種類は表示しておいた方がいいのだと考えています。

ちょっと厄介なのが期間ではないかなと思います。

どの期間がいいのかなと調べてみると結構まちまちだなあと感じた事はありませんか?

しかもSMAとかEMAとかね。

どれがいいのかわからないと感じてしまうのではないでしょうか。

正直正解は無いのかなと思います。

なので僕は、SMAとEMAの両方を表示させています。

もちろん一つのチャートにではないですよ。

チャートが見づらくなってしまっては本末転倒ですからね。

期間ですが、今の所ではありますが、25、90、200、300を表示させています。

それと高値や安値は直近だけでなく本日分、始まり値、先日の終値も意識されやすいのかなあと感じていてPIVOTも機能する時が多いかなあと感じています。

ボリンジャーバンドはデフォだと20というのが多い様に感じているのですが、僕は25でやっています(僕の場合それだけでは無いんですけどね)。

機能するのか状況判断

今挙げただけでも要所というものは結構あるんだなと感じたのではないでしょうか。

要所というものは意識されやすいポイントではあるのですが、どの要所が機能するのかはその時次第の所があるのかなと感じています。

ラウンドナンバーはより多くの人が意識するとは思いますが、キリ番だとラウンドナンバーよりもまちまちかなと感じているのです。

なので注意はするけれど状況判断が必要な場面だと認識しておいた方がいいのかなと思います。

勢いがあればぶち破っていっちゃいますからね。

なのでfx初心者さんはキリ番だからといって高を括らないでくださいね。

ボリンジャーバンドにしてもMACDにしてもそうですよ。

ボリンジャーバンドはバンドウォークの可能性があり、MACDもゴールデンクロスやデッドクロスを鵜呑みにするのではなく勢いを見る事を意識して欲しいなあと思っているのです。

MAラインにしても一回反発したからといって反転するとは限らないのです。

ここで重要になってくるのが状況判断。

まだまだ勢いがあるなとかもうそろそろなんじゃないのかなという状況判断が大事だと考えています。

ですが、fx初心者さんだとその状況判断がわからないというかイメージ出来ないという人もいるのではないでしょうか。

判断材料として上位足のチャートのチェックも習慣化してくださいね。

上位足の方が優位がある

僕もメインで見ているのは5分足のチャートをメインで見ています。

僕は長期でポジションは持たないスタイルでずっとやってきたのでこのスタイルが定着しています。

トレンドフォローがメインです。

このスタイルが好きなんですね。

そんな僕でも15分足のチャートは5分足のチャート並みに頻繁に見ています。

5分足のチャートで要所だとしても15分足のチャートではまだ途中という事が多々あるからです。

5分足のチャートで反転したとしても15分足のチャートではまだ途中であればその流れを継続する可能性があると判断出来ますよね。

5分足のチャートの方が反応はいいのでもしかしたら大きな反転の可能性もあります。

これを判断しないと最悪失敗に繋がってしまいます。

可能性を高める為にインジを使います。

僕の場合はインジだけでなくノウハウを使っています。

15分足のチャートではメインでマーケティングfxというノウハウを活用しています。

このノウハウのホライゾンラインはかなり信憑性が高いなあと感じています。

15分足のチャートでも反転の可能性が高いのかどうかの判断材料の一つとして無料インジのQQE cci new (mtf + arrows + alerts + divergence)も併用して使っています。

このブログでは無料インジを幾つかまとめてダウンロード出来るようにしているので、チェックしてみてくださいね。

MAラインももちろん表示させています。

上位足のチャートで分析をして何処でエントリーすればいいのかを見るのが5分足のチャートというのが僕の基本スタイルなのです。

上位足のチャートって優位性が高いなあと感じているのです。

ラインは横だけでなく斜めも

fx初心者さんはチャートにラインを引く事に抵抗がある人もいるのかなあと思います。

チャートにラインを引くといっても適当では意味が無いと考えてしまうと本当にいいのかなと不安になってしまう人もいるのかなと思います。

面倒だと感じている人もいるのかもしれませんね。

これもトレーニングなので行動してくださいね。

慣れてくればMT4で自動でやってくれたりするのですが、まずは自分でラインを引いてみた方がいいのだと考えているのです。

その理由として自分が行動すればそれだけそのポイントは意識するのではないかなと思うのです。

直近の高値や安値にラインを引く事から始めてくださいね。

東京時間の高値や安値、ロンドン時間が始まってからの高値や安値にラインを引く事によって要所がわかりやすくなるのではないでしょうか。

またラインはホライゾンラインだけではないですよ。

高値と高値を結んだり安値と安値にもラインを引くトレーニングもしてくださいね。

もちろん上位足のチャートにもですよ。

この斜めのラインというのもかなり大事です。

ここで注意して欲しいのが昨日のラインとか要らないラインは消してくださいね。

チャートは必要なものだけ表示するというのが基本です。

判断能力は経験値と共に

まだまだ経験の浅いfx初心者さんだったりすると要所と思えるポイントにラインを引いてみたのだけれど機能している時もあるようだけどそうでもない時もあり何だかよくわからないという人もいるのかもしれませんね。

また、環境が整っていなかったりすると作業が面倒だと感じるのかもしれませんね。

最初はそれでいいのだと思いますよ。

要所のチェックは可能性の高いポイントをあぶり出す作業だと考えていいのだと思います。

状況判断をする為の材料なのです。

勢いがあればぶち抜いていき勢いが無ければ反転の可能性が大きくなるというだけです。

こういった判断がすぐに出来るようになる事はまず無いと考えた方がいいですよ。

環境が整ったとしてもそれはトレーダーであれば当たり前の事でその環境を駆使して判断能力を上げていかなくてはいけないのです。

経験値を積んでいかない事には判断能力も上がっていく事は無いのだと考えているのです。

要所をチェックする事を習慣化するという事もトレーダーとしては当たり前の事でこれが出来たからといっていきなり勝てるようになるという風には考えない方がいいですよ。

判断能力は経験値と共にあり、これをスキルというのかなと考えています。

あとがき

fx初心者さんが絶対にやってはいけない事は直感でのエントリーだと考えているのです。

これを防止しスキルを上げていく要素の一つになってくれるのが要所のチェックの習慣化かなと思うのです。

これだけでもだいぶ変わってくるのではないでしょうか。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者はMAラインをマスターした方が有利ですよの記事の画像

    fx初心者はMAラインをマスターした方が有利ですよ

  2. fx初心者が参加する場面は参加者が多い場面がやりやすいの記事の画像

    fx初心者が参加する場面は参加者が多い場面がやりやすい

  3. fx初心者が勉強の次にする事の記事の画像

    fx初心者が勉強の次にする事

  4. fx初心者は損切りを覚えようの記事の画像

    fx初心者は損切りを覚えよう

  5. fx初心者はYouTubeでの勉強はおすすめしませんの記事の画像

    fx初心者はYouTubeでの勉強はおすすめしません

  6. fx初心者は継続が唯一の出来る事の記事の画像

    fx初心者は継続が唯一の出来る事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
error: Content is protected !!