fxブログ

fx初心者はテクニカル分析の練習が突破口の記事の画像

fx初心者はテクニカル分析の練習が突破口

fx初心者さんの中には何処でエントリーすればいいのかがわからなくってエントリーについてばかり勉強したり検索をしている人もいるのではないのかなと予想をしているのです。

何を隠そう僕もその一人でした。

幾つものノウハウを購入したりインジを探したりしました。

時にはノウハウやインジが機能する事はあっても常に機能するという事は無く何回も失敗を繰り返してきました。

確か今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターというノウハウに辿り着いた時からエントリーサインを出すインジにこだわっていてはダメなのかなと思うようになったのです。

エントリーをするまでの準備がとても大事なのかもしれないと考えるようになっていったのです。

それまでは今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターの2つのエントリーサインを出すインジも他のエントリーサインを出すインジとあまり変わらないなあと感じていて信用するのは怖いなあとさえ感じていました。

今は少しは上達したつもりだからかもしれないのですが、参考程度にしか見ないようになり2つのエントリーサインを出すインジをあてにする事はほとんどなくなってきました。

どちらかというとバンドやトレンドバー等の方が重宝しています。

バンドやトレンドバー等はテクニカル分析に役に立っているなあと実感出来るようになったのかもしれません。

エントリーをする事はとても重要なのですが、エントリーをするまでの作業がしっかりと出来ていないといいエントリーは出来ないのだと思っているのです。

いいエントリーとは根拠のあるエントリーなんだと考えているのです。

その根拠はテクニカル分析から多くの部分を得ています。

fx初心者さんも慣れてくればわかってくるのだと思うのですが、テクニカル分析を学んでいけば特に今の様な新型コロナやウクライナ情勢の真っ最中であれば尚更なのですが、ファンダメンタルズ分析というのも無視は出来ないと感じているのではないでしょうか。

ちょっと前まではドル円相場では117円辺りだったのが今朝122円まで円安が進みました。

5円動いているのです。

世の中で何が起きているのかを出来るだけ把握しながらテクニカル分析に加味していくというのが今はいいのかなと考えています。

fx初心者さんはエントリーの練習もいいのですが、テクニカル分析の方に比重を置いて練習をしていった方が成長への突破口が見つかるのではないのかなと思うのです。

Contents

流れを予測

fxのトレードでは流れと逆の方向にエントリーをしてしまうとfx初心者さんであれば失敗をしてしまう可能性の方がかなり大きいのではないかなと思います。

fxのトレードの手法として逆張りというのもあるのですが、fx上級者さんでなければ難しいのかなと思います。

反転の根拠がかなりしっかりしていないと逆張りは失敗に終わってしまう可能性が高いからです。

なのでfx初心者さんが狙うべき手法はトレンドフォローの手法で押し目買いや戻り売りでのエントリーに絞るのがいいのではないかなと考えているのです。

ローソク足が何処に向かっていっているのかを予測する事が出来ないと失敗の可能性が高まってしまいます。

テクニカル分析を練習していく上でポイントがあるのです。

それは面倒臭がらない事です。

5分足のチャートだけで全てをやってしまおうとは考えない方がいいのだと考えています。

その為には環境を整えた方がやりやすいしエントリーをする為の事前準備としてのテクニカル分析が重要かなと考えているのです。

5分足のチャートで200MAを見ただけでは安心は出来ないかなと思います。

これはおおよその目安であり上位足チャートを見ていってそれなりに可能性としては高いのかなという結論が必要かなと考えているのです。

MAラインだけでなくホライゾンライン、サポートやレジスタンスの確認もしておいた方がいいのではないかなと思っています。

エントリーポイントの目星

上位足のチャートでのチェックが重要なのは流れを知る為だけではないのかなと思っています。

エントリーをする時のエントリーポイントの目星をつける時にも役に立つなあと感じているのです。

5分足のチャートでホライゾンラインで反転する確率よりも15分足のチャートのホライゾンラインで反転する確率の方が高いのではないかなと考えているのです。

5分足と15分足のチャートで同じポイントのホライゾンラインがあったら注視した方がいいかなと思います。

こういったポイントで反転したのであればまた反転をする可能性があるかなと感じているからです。

近くに反転しそうなきっかけを探すというのが重要かなと考えています。

そのきっかけはいろいろあるかなと感じていて、MAラインであったりホライゾンライン、ボリンジャーバンド等です。

こういった更に反転、押し目買いや戻り売りのポイントとなりそうな所というのも上位足と重なっていた方が強力かなと感じています。

また、タッチしたからといって飛びつくのではなく本当に機能しているのかを確認した方が失敗の可能性を低くしてくれます。

エントリーサインに頼り切ってしまうとこういったエントリーポイントの目星を見つける能力を身につけづらくなってしまうのかなと思うのです。

エントリーの根拠がエントリーサインが出たからだけだとダマシにあってしまう事もあるので注意してくださいね。

イグジットポイントの目星

チキン利確では話になりません。

我慢する事を学ぶ努力が必要かなと思います。

ただ闇雲に我慢をするだけでは確かにしんどいのだと思います。

イグジットポイントの目星を幾つか付けておくとかなり楽になるのではないでしょうか。

押し目買いや戻り売りのポイントではなく反転したポイントからフィボナッチを使って23.6%、38.2%、50.0%、61.8%のポイントはイグジットポイントの目星になるのかなと思います。

それだけでなく上位足のホライゾンラインであったりMAラインであったり、その他のいインジであったりとイグジットポイントの目星というのは幾つもあったりする事が多いかなと感じています。

そしてその全てが可能性でしかないという事も認識していて欲しいなあと思います。

相場の勢いがあれば簡単に突破していきます。

今のドル円相場がそうかなと感じています。

ただデモトレードで練習をしているfx初心者さんであれば相場が勢いづいているからといってポジションを長く保有していてもあまり意味がありません。

それよりも毎日テクニカル分析の練習を心掛けていた方が実践で役に立つのではないかなと思います。

より精度の高いテクニカル分析が出来るようになるにはどうすればいいのかを考え行動する事が大事かなと思うのです。

試行錯誤の繰り返しでチャートがインジでゴチャゴチャしてしまうというのは僕も経験済みです。

複雑からシンプルへ

特にMT4に慣れてくればたくさんの種類のインジがある事に驚いてしまうのかもしれませんね。

しかも無料インジでも優れものがあったりするので面白くなってしまうのかもしれません。

fx初心者さんでテクニカル分析の練習をしている時であれば無料インジで十分かなと思います。

ちゃんと見れるようになってからでも遅くはないのだと思うのです。

効果のあるようなものを選べるようになるでしょうしね。

有料インジでなくて無料インジにしてもこれがあった方がテクニカル分析が捗るのかもしれないと思えるようなものはたくさんあります。

そしてあれもこれもとMT4に導入してしまうとチャートがゴチャゴチャになってしまう可能性が高くなるかなと思います。

慣れるまでは仕方が無いのかなと思いますが、慣れてきたら本当に有用なものだけに絞っていくといいのかなと思うのです。

複雑なチャートはミスをしてしまう可能性が出てくるのかなと感じていて、まあ当たり前ですがチャートはシンプルな方が見やすいのです。

最初からシンプルでは成長はかなり遅くなってしまうのでしょうが、上達していくに従って無駄なものを削っていくという事も心掛けていて欲しいなあと思います。

僕の場合、減ってはまた増えを繰り返しています。

あとがき

fx初心者さんであればテクニカル分析の練習といっても戸惑ってしまうのかもしれませんが、逆に上達への突破口にもなってくれるのではないかなと思うのです。

テクニカル分析を練習をしていくとだんだんローソク足が反発する可能性の高い所というものがわかってくるのではないのかなと思います。

反発するかもしれない所がわかってくるとチャートを見るのも少しは楽になってくるのではないでしょうか。

もちろん反発しそうもない場面のように思えても席を立ってしまっては何か変動があった時に対応が出来ないのでそういった時でもチャートは気にしていた方がいいのではないかなと思います。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者は根拠を探す習慣を付けた方がいいですよの記事の画像

    fx初心者は根拠を探す習慣を付けた方がいいですよ

  2. fx初心者のエントリーは根拠を見出してからの記事の画像

    fx初心者のエントリーは根拠を見出してから

  3. fx初心者も参考になるかも2022始まりの僕のドラストfxのチャートの記事の画像

    fx初心者も参考になるかも2022始まりのドラストfxのチャート

  4. 少し慣れてきたfx初心者さんにノウハウランキング1位をおすすめする理由…

  5. fx初心者の勝てないはチャンスの別の顔の記事の画像

    fx初心者の勝てないはチャンスの別の顔

  6. fx初心者の為のエントリースタイルのまとめの記事の画像

    fx初心者の為のエントリースタイルのまとめ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PR

本ページはプロモーションが含まれています

PAGE TOP
error: Content is protected !!