fxブログ

fx初心者は通貨ペア選びが練習に影響するの記事の画像

fx初心者は通貨ペア選びが練習に影響する

fxのトレードに慣れてくると次第に通貨ペアの特徴というものが何となくでもわかってくるものかなと感じています。

実際に試してみなくても情報は興味を示していれば案外入ってくるもので、いい例がポンドではないでしょうか。

ポンド絡みの通貨ペアは変動が激しい傾向にあり急激な変動に飲み込まれてしまう可能性があります。

まあそれがおいしかったりする場合もあるんですけどね。

ちなみにポンド絡みの事をクロスポンドといいます。

円絡みだとクロス円ですが、アメリカドルだけはドルストレートといいます。

急激な変動に対応するにはドテンという手法が有効かなと考えているのですが、このスキルは非常に高度なテクニックかなと考えているのでfx初心者さんには少しハードルが高いかもなあと思ってしまうのです。

簡単にドテンを説明すると急激な変動についていくという手法なのですが、急激に変動したからといって毎回そのままその方向に向かっていくというわけではないので敏速な対応が求められるのです。

慣れてきているfx初心者さんであればチャレンジしてみるのもアリかなとは思うのですが、まだ始めたばかりのfx初心者さんでは対応するのは難しいのではないかなと思うのです。

fxのトレードの上達には時間がかかると考えておいた方がいいです。

それは経験を積んでいく事がスキルの上達につながると考えているからで基礎がしっかり出来上がるまではひとつの通貨ペアでしっかりと練習をしていくのがベストなんじゃないかなと思います。

時間をかけてひとつの通貨ペアをチェックしていればだんだんとその通貨ペアの特徴がわかってくるのではないでしょうか。

確刺激的という部分は希薄になってきますが、その通貨ペアを熟知出来るくらいまで練習をして欲しいなあと思います。

やはり最初の通貨ペア選びはドル円相場がベストなんじゃないかなと今でも考えています。

途中で興味本位で他の通貨ペアをチェックしたりすると戸惑ってしまうだろうし変な癖が付いてしまう可能性だってあります。

変な癖が付いたまま、またドル円相場に戻って来てしまうとせっかく覚えた通貨ペアのチャート分析にも影響が出てしまう可能性があるのではないのかなと思ってしまうのです。

判断に迷いが出てしまうとそれだけエントリーチャンスを逃してしまう可能性が高まってしまうので、まずはしっかりと基礎を固めてから他の通貨ペアを選ぶように計画をしていくといいのではないでしょうか。

いずれは複数の通貨ペアを同時にチェックしていった方が稼げる可能性は広がるのでその事は視野に入れておいて欲しいのですが、初期段階においては興味本位だけでの通貨ペア選びをやってしまうとその後の練習に影響する可能性があるのではないかなと思うのです。

トルコリラは避けるべき

通貨のニュースとしてはトルコリラがここ最近のホットニュースになっているのでfx初心者さんの目にも止まっているのではないでしょうか。

トルコリラはTRYと表記されます。

ちょっと前まではダダ下がりのトルコリラだったのですが、先日異例の措置の発表で急騰しました。

急激な変動が起こったのですが、突発的な変動があるからfx初心者さんのトレード練習には向かないというだけではないかなと考えているのです。

もちろん急激な変動があるからという事もお勧めしない理由のひとつではあるのですが、どちらかの方向にだけ進んで行く通貨ペアの相場ではfx初心者さんのチャート分析の練習にはあまり練習にならないのではないかなと思います。

チャートを開く前から今夜も下かな等と主観的にチャートを見てしまうとどうしてもチャートを開いてから客観的にチャートを見る事が困難になってくるのではないでしょうか。

デモトレードでトレード練習をしているfx初心者さんの当面の目標はお金を稼ぐ事ではないはずなのだと考えています。

お金を稼ぐ事が出来るようになる為に多くの知識を得、多くの経験を積んでいってスキルを上げる事なのではないでしょうか。

経済ニュース等でトピックになっていて興味が出てくる気持ちはわかるのですが、だからといって興味本位で他の通貨ペアをやってみてまだ基礎が固まっていないのであれば変な癖が付いてしまう事だってあるのかなと思います。

変な癖が付いてしまったままでまた本来の通貨ペアに戻ってきたとしたら今後のトレード練習にも影響が出てしまうかもしれないので目的意識をしっかりと持って練習に励んで欲しいなあと思うのです。

変動の大きな通貨ペアも避けるべき

基礎的なトレードスキルが身に付いてきたら複数の通貨ペアをチェックした方がいいとは思うのですが、最初のふたつ目の通貨ペア選びはユーロドル相場が無難かなと考えています。

それは比較的ドル相場との相関性があるかなと感じているからで、ドル円相場と逆の動きをする事も多々あるかなと感じていて何かと勉強になるのではないかなと思うのです。

世界的にもユーロドルという通貨ペアが一番トレードされているらしく(日本ではドル円が一番だそうです)ユーロ円相場への足掛かりにもなるのではないでしょうか。

こうやって関連性を重視してチェックする通貨ペアを選んでいくと比較的スムーズに出来るのではないかなと思います。

ここで気を付けて欲しいなあと思うのがポンド円かなと思います。

ドル円相場と比べると動きが出ている時は多いかなと感じています。

動きがある分おいしい事ではあるのですが、その分リスクも高まってしまいます。

慣れていればそれも想定内でドル円相場とポンド円相場をバランスよくチェックする事も可能かなと思うのですが、慣れていないとどうしても意識はポンド円にいってしまいがちになってしまうのではないでしょうか。

通貨ペアを複数にする目的は稼げる可能性を広げる為なのにポンド円に意識が傾いてしまっては本末転倒という事も考えられます。

ポンド円だけでなく比較的変動の大きな他の通貨ペアも初期段階では避けるべきではないかなと思います。

情報の少ない通貨ペアでは練習にならない

デモトレードであったとしても選べる通貨ペアは結構たくさんある場合があります。

20種類くらい通貨ペアがあればfx初心者さんはいろいろと興味を持つかもしれませんね。

ドル円相場の表記はUSD/JPYですが、これはパッと見で何処と何処のペアなのかという事は容易にイメージ出来るのではないでしょうか。

ですがスイスフランやトルコリラ等になるとCHFやTRYになってしまうので慣れていないとパッと見ではわからないかもしれません。

他にも見慣れない通貨があるのだと思います。

中にはこういった普段見慣れない通貨や通貨ペアを見てしまうと興味が出てくるかもしれません。

ここで考えて欲しい事はfxを始める理由です。

いろいろな通貨や通貨ペアの事を知るのが目的であればこういった通貨ペアを選んでもいいのかもしれませんが、目的がお金を稼ぐ事であれば寄り道をするのは時間のロスなのではないでしょうか。

また見慣れない通貨ペアという事は情報が少ない可能性が高いかなと思います。

テクニカル分析もまだままならない状態であれば判断材料が少なすぎる可能性があるので練習にならないのではないかなと思うのです。

基礎的なスキルを習得した後に戦略的にそういった通貨ペアを選ぶのであればマーケティングfxを導入してより有利な状態でチェックした方が可能性としては高まるのではないかなと思います。

通貨ペア選びは練習に影響する

fx初心者さんが最初に選ぶべき通貨ペアはドル円相場で時間軸は5分のチャートがベストなんじゃないかなと考えています。

慣れてきたら1分足や15分足のチャートも見ていき、更に慣れてきたらその上の上位足のチャートもチェックしていくというのがいい流れなのではないかなと思います。

ドル円相場の情報は情報を得ようと思えばたくさんの情報を直ぐに得やすいからチャート分析にも使えたりするかなと思うからです。

比較的スムーズにテクニカル分析とファンダメンタルズ分析をミックスしてトレード練習に活かせるかなと考えているのですが、テクニカル分析だけで判断出来る場面であれば値動きが激しくないのであればどの通貨でもそう変わりはないかなと思います。

しかしそんな通貨ペアを時間をかけて探す事自体目的達成を遅らせてしまうのです。

始めやすい通貨ペアがわかっているのだからどの通貨ペアを選ぶのかという様な事は避けていい意味で自分のトレード練習に影響するドル円相場一択なんだと思うのです。

情報に振り回される事は避けるべきだと思うのですが、ある程度の情報は判断材料になってくれます。

また情報が少ないのであればその情報の確かさもあやふやになってしまう可能性もあるのかなとも思ってしまいます。

あやふやな情報というのは少なからず自分のトレード練習に悪影響を与えてしまう可能性があると考えているので、fx初心者さんは基礎が固まるまでは通貨ペア選びは練習に影響すると考えて目的意識を持ってスキルを上げる事に集中して欲しいなあと思います。

あとがき

fx初心者さんがある程度の知識や経験を積んでいってスキルが向上していってもはや初心者とは呼べないレベルに達したのであればいろいろな通貨ペアを選んで可能性を広げていって欲しいなあと思います。

見慣れない通貨を悪いもの扱いしているわけではなくfx初心者さんにはまだ高いハードルだと考えているだけです。

fxで稼げるようになればこういった通貨ペア達も自分の資金を増やしてくれる通貨ペアに成り得るのです。

マーケティングfxの観点から見れば一目瞭然かなと思います。

マーケティングfxも使いこなせれば心強いノウハウだと思うのですが、ダウ理論等の知識や経験が無いと使いこなすのに苦労するだろうなあと思うのです。

何をするにしても基礎がとても大事だと考えているのです。

そしてこの基礎とはチャート分析であったりそれに基づくテクニカル分析かなと考えているのです。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者は初心者のダメパターンを考えてみようの記事のアイキャッチ画像

    fx初心者は初心者のダメパターンを考えてみよう

  2. fx初心者は負けまくる前提でトレーニングを始めてねの記事の画像

    fx初心者は負けまくる前提でトレーニングを始めてね

  3. fx初心者は客観的にチャートを見る練習をしようの記事の画像

    fx初心者は客観的にチャートを見る練習をしよう

  4. fx初心者は待つ、我慢、リセットが大事の記事の画像

    fx初心者は待つ、我慢、リセットが大事

  5. ChatGPTにMT4のインジが作れるか聞いてみた件

  6. fx初心者のエントリーは根拠を見出してからの記事の画像

    fx初心者のエントリーは根拠を見出してから

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PR

本ページはプロモーションが含まれています

PAGE TOP
error: Content is protected !!