fxブログ

fx初心者も昨夜は押し目買いの練習になったのではの記事の画像

fx初心者も昨夜は押し目買いの練習になったのでは

昨夜はfx初心者さんにとってもいい押し目買いの練習が出来たのではないでしょうか。

予想以上に伸びたので少し驚いてしまったのですが1時間くらいでいい所まで行ってくれたので比較的に楽な展開だったのではないかなと思いました。

fx初心者さんは押し目買いのチャンスだったので、もしかしたら頭に押し目買いというのがインプットされてしまったのかもしれませんね。

これはいい事だと思います。

そして押し目買いとセットでインプットして欲しいのが戻り売りです。

今朝のドル円相場の5分足のチャートを投資の森のチャートでチェックしたら114円にタッチはしたものの114円付近では上値が重いようです。

今日は東京市場は文化の日で祝日なのでもしかしたら東京時間では大きな動きは期待出来ない可能性もありますが、fx初心者さんにとってはいい勉強の機会でもあるのかなと思います。

東京時間は動きが無いのかもしれませんが、あるとすれば午前10時45分の中国の財新サービス業PMIの発表かなと思います。

また夕方の6時半からはEUのラガルドECB総裁の発言が予定されています。

fx初心者さんはなかなかこういったタイミングというのも無いのかなと思うのでEUの動きがどうドル円相場に影響を与えるのかを実感できるチャンスかなと思います。

まあ無風という事も考えられますけどね。

というのも今夜はアメリカでも注目度の高い発表が幾つも有り警戒しているという事も考えられるからです。

実際はその時になってみないとわからないのですけどね。

また東京時間で動きが無かったとして油断していると巻き込まれるという事も考えられるのでポジション保有しているのであれば注意してくださいね。

アメリカの発表ですが午後9時15分からADP全国雇用者数、午後11時からISM非製造業景況指数の発表があり深夜の午前3時からFOMC政策金利と声明発表の発表に続き午前3時半からパウエルFRB議長記者会見が予定されています。

大きく動くかもしれないので注意してくださいね。

それと簡単にチャートをチェックするには投資の森というサイトが便利かなと感じています。

⇒ 投資の森

ちょこっとチャートをチェックするのに便利でインジケーターもメジャーなものであれば表示する事も出来るのです。

その他にもいろいろと情報があるのでチェックしてみてくださいね。

指標の発表やらで大きく動く可能性があると書いたのですが、どちらに動くのかは不明なのです。

ここで押し目買いの頭しかなかったりすると戻り売りのチャンスを逃してしまう可能性もあるのでしっかりと冷静に見極める練習も心掛けてくださいね。

方向で悩まないように

昨夜の午後9時ジャストくらいにチャートを開いたのであればこれってどっちに向かっていっているのと悩んだ人もいるのかもしれませんね。

それまでの動きを見ると下の様にも見えてしまったのではないかなと思います。

日中からドル円相場の5分足のチャートでは円高傾向に走っていてこのまま113円前半まで行ってしまうのではないのかという疑念が生まれる場面だったのではないでしょうか。

パッと見はそう見えてしまいますね。

ですがチャート分析をする事によって見え方が違ってくるのではないかなと考えています。

確かに日足や4時間足では判断が難しかったのかもしれませんが1時間足のチャートを見ると113円40銭後半くらいの所で止まっていますね。

チャートに何もインジを表示していなければまた安値更新かもと不安になってしまうかもしれませんがインジを幾つか表示させておけばその不安も少しは減少するのかなと思います。

もちろんどんなに凄いインジを用いたとしても安値更新の可能性を払拭する事は出来ないのですけどね。

そしてここでも慣れというのが必要になってきます。

経験値が高いほどここかなと気付ける可能性が高いのではないかなと思います。

そして重要な事がもうひとつ有りそれはインジに頼り過ぎないという事も大事なのです。

インジは基本的に反応が遅いものなのです。

なのでパッと見で判断しないようにしてくださいね。

上位足の水平線

僕は幾つものモニターを使って各チャートをチェック出来るようにしています。

各チャートには時間足の違う設定のMTF機能のついた水平線を表示させるようにしています。

それだけでは少し不安なのでMT4用の無料インジの3_Level_ZZ_Semafor mtf alerts nmcとSEFC10も表示しています。

特に流れが止まりやすいなあと感じているの(もちろん状況によります)が日足と4時間足の水平線です。

昨夜の午後9時ちょうどくらいの所で上位足の水平線と3_Level_ZZ_Semafor mtf alerts nmcの3が出ていたのです。

水平線は同じく無料インジのzigzagtriad-mtf+alerts2です。

アラートで知らせてくれるのでそれからチャート分析を改めて行いました。

それでここが取り敢えずの底かなと判断したのでした。

今回の場合、底といってもすぐに反転して伸びていくという感じでは無かったので少しわかりづらい感じだったのですが時間が経つにつれて他のインジも反応しだしたので少しづつ確信になっていきました。

僕はこのわかりづらいかなと思えるところからエントリーしたのですが、その後の展開はわかりやすく押し目買いのチャンスも2回ほどありましたね。

fx初心者さんも押し目買いの練習になったのでは?と思います。

押し目買いや戻り売りのコツは焦らい事なんじゃないかなと思います。

じっとチャンスを待つ事も練習してくださいね。

何処でイグジット出来たか

押し目買い戻り売りの練習とセットで練習して欲しいなあと思う事は何処でイグジット出来たかという事です。

せっかく上手に押し目買いや戻り売りのエントリーが出来てもすぐにイグジットしてしまっては全く意味がありません。

押し目買いや戻り売りにだけフォーカスしてしまってそれが上手く出来てしまって安心してしまって、もしくは急に不安になってしまってちょっとした足の動きに動揺してしまってせっかく上手くエントリー出来たのに損切りにあうのは嫌だなと感じてしまって速攻イグジットしてしまっては何の練習にもならないのと同じかなと思うのです。

トレードはエントリーをしてイグジットするまでがセットだと考えて欲しいのですが、その間には我慢が必要という事も覚えておいて欲しいなあと思います。

例えデモトレードでも損切りは嫌だなあと感じてしまうかもしれませんが、損切り設定をする事によって被害を拡大させずに済む安全装置だと考える方が賢明なのではないでしょうか。

確かに場合によっては不安が的中してしまう事もあるかなと思いますが、それは考える問題提起なのではないかなと思うのです。

何かの判断が十分ではなかった可能性があると考えた方が修正点を見つけやすくなるのではないでしょうか。

まあ確かに最初は我慢って大変だと思うのですが、これも慣れるしかないのかなと思います。

勝って兜の緒を締めよ

昨夜のドル円相場の5分足のチャートでの押し目のチャンスを逃してしまった人はどうして見逃してしまったのかやチャート分析はどうだったのか等の反省点が見つかったのではないでしょうか。

こういった反省点を徹底的にクリアしていけば近い将来押し目買いや戻り売りのチャンスを掴めるようになるのではないかなと思います。

また昨夜の押し目買いのチャンスを上手く掴めた人も次も上手くいくという保証は何処にも無いので勝って兜の緒を締めよという言葉の様に気を引き締めて欲しいなあと思います。

折しも今夜は何かと動きそうな指標の発表や要人発言が重なっていますね。

そして今日は祝日という人も多いと思うのでロンドン時間からやろうかなと考えている人もいるのではないかなと思います。

昨夜上手くいったからまたと思う気持ちでチャートを見てしまうとチャート分析の精度が落ちてしまうのではないかな思うのです。

トレードは一喜一憂しても意味が無いのだと考えています。

トータルで利益(デモトレードの場合だと結果)が積み重なっているのかどうかが重要なのです。

気持ちが浮ついてしまっていては大きな失敗を招いてしまう可能性が高くなってしまうと思うので、チャートを見る時は常に冷静に判断出来る様に練習をしてくださいね。

あとがき

昨夜を振り返ってみると押し目買いや戻り売りのチャンスというのはそこまで多くは無いと思うのではないでしょうか。

もちろん場合によりけりなのですがもしかしたらチャンスが無い場合とかチャンスがあっても終わりの方という事もあり得ます。

こういった事を見極める判断材料を収集するという事がとても大事なのです。

チャート分析をしっかりとやるという事を習慣にして欲しいなあと思います。

そして相場は常に動くものなので気になる動きを感じたら上位足のチャートを見る習慣も付けて欲しいなあと思います。

今日は祝日なのでロンドン時間からチャートを開こうかなと考えている人もいるかなと思いますが、チャートを開くのであれば午後4時からではなく午後3時くらいから開いておいた方がいいかなと思います。

そしてもうすぐ冬時間が始まります。

夏時間のロンドン時間をチェック出来るのは今年は今日が最後なのです。

時間があるのであればファンダメンタルズ分析もしてみると勉強になるのではないかなと思います。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者がハマる反転ポイントの思い込みの記事の画像

    fx初心者がハマる反転ポイントの思い込み

  2. fx初心者はこれがあれば勝てるかもとは考えないでねの記事の画像

    fx初心者はこれがあれば勝てるかもとは考えないでね

  3. fx初心者のためのぶっちゃけ始め方の記事の画像

    fx初心者のためのぶっちゃけ始め方

  4. fx初心者はデモで負けてもいいトレード練習をの記事の画像

    fx初心者はデモで負けてもいいトレード練習を

  5. fx初心者が指標発表で意識しておいた方がいい言葉の記事の画像

    fx初心者が指標発表で意識しておいた方がいい言葉

  6. fx初心者はチャートを開いた時の第一印象には注意してねの記事の画像

    fx初心者はチャートを開いた時の第一印象には注意してね

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
error: Content is protected !!