fx相場情報

fx初心者のための各相場情報20210709

昨夜は午後8時半くらいからと午前0時くらいからと2回売りと買いのエントリーチャンスがありましたね。

fx初心者さんもしっかりと取れた人も多かったのではないでしょうか。

また取れていなかったとしてもチャンスはこれからもやってくるので焦る必要はありませんよ。

午後8時半くらいのからのエントリーチャンスのところはわかりづらかったかもしれませんが、慣れてくるとだんだんとわかるようになってくるのではないかなと思います。

午前0時くらいからの買いのエントリーチャンスの所はSEFC10の下のラインが出てからのVulkan Profitのエントリーサインが出たのでわかりやすかったのかもしれませんね。

まだ下がるんじゃないかと不安もあると思いますが、テクニカル分析主体であれば可能性が高かったのかなと思います。

今回チャート分析に役に立ってくれたというかこれって結構使えるなあと感じたのがQQE cci new (mtf + arrows + alerts + divergence)でした。

mtfを15分足に設定して使っているのですがチャート分析に役に立つのではないかなと改めて感じました。

金曜日の夜なので不測の事態が起きるかもということも想定しておいた方がいいかもですよ。

今夜の注目度の高い指標の発表や要人発言は午後9時以降ではないのですが、ヨーロッパの方で午後7時から立て続けに指標発表や要人発言があるのでチャートを見る前にチェックしておいてくださいね。

通貨強弱

USD EUR GBP AUD JPY
日足 5.8 4.5 5.3 5.5 2.0
4時間足 4.2 4.5 3.8 5.5 4.7

今のところ日足では円が弱いのですが4時間足ではどれも大きな差は無いようなのでもしかしたら今夜はやりづらいかもしれませんね。

やりづらいとかわからないと感じたら様子見をすることも大事です。

マーケティングfxのトレンド表ではUSDJPY,GBPJPY,AUDJPY,EURUSDの表示になっています。

実際にマーケティングfxのトレンド表を見るとわかりますが本日だったらドル円相場がいいというものではないです。

今日に関してはドル円相場よりも他の相場の方がチャンスはあるのかもしれないという様な感じになっています。

Contents

ドル円相場

昨日の流れでは109円台前半も視野に入っていたのかもしれませんが、一夜明ければ結果的に109円台を拒絶するようなっ展開になりました。

こういった事を予測するのはほぼ不可能なので流れについていくということを心掛けておいてくださいね。

特に昨夜は午前0時辺りから流れが変わったのですが日本人としては時間的に判断力も低下してきている時間帯ではないかなと思うので酷といえば酷だったかもしれませんがテクニカル分析を信じるしかないのかなと思います。

時には裏切られることもあるので損切り設定は必ずしておくことを習慣にしてくださいね。

0709ドル円相場5分足ドラストチャート説明画像

平均足はBands-MA2-Devの中心線よ上がってきました。

ドラゴンバンドも現時点では上を向いています。

気になるのはBands-MA2-Devの形ですね。

デルタfxの5分足のチャートでは気を付けておいた方がよさそうなポイントは109.8辺りのようでデルタEVは青で少し開いています。

デルタLのラインは見えていません。

Market Waveの第3波の予想価格が今朝出ていて第2候補以上まで上昇しています。

D1 H4 H1 M30 M15 M5
濃いD 薄いD 濃いD 薄いD 薄いU 濃いU

QQE cci new (mtf + arrows + alerts + divergence)は天井付近にいます。

マーケティングfxの2連続の15分足のチャートは下が109.5、上は110.4と110.8辺りに太いラインがあります。

日足

0709ドル円相場日足チャート分析説明画像 クリックで少し拡大

無料インジでもなかなか役に立ってくれていると思います。

3_Level_ZZ_Semafor mtf alerts nmcの数字が表れS-TYPE_ZigZagのプライスタグも現れGrail-Indicのラインで反発していますね。

stochasticstackを見ると流れは下に向かいだしてきているようだしSmoothed_HAS alerts button 1.02も色が変わるかもしれないような感じになってきました。

0709ドル円相場日足トリックス説明画像

平均足と一目均衡表の雲との距離が結構あります。

4時間足

0709ドル円相場4時間足チャート分析説明画像 クリックで少し拡大

ローソク足がBands-MA2-Devの中心線で反発、3_Level_ZZ_Semafor mtf alerts nmcの3も出ています。

0709ドル円相場4時間足トリックス説明画像

トリックスが同色クロスしています。

一目均衡表の雲は厚めで平均足は1度雲の下限で弾かれています。

再トライしてくると予想しているのですが大きな流れはまだ下の様なので用心が必要かなと思います。

この流れを理解した上で5分足のトリックスでチャンスを伺うというのもいいかもしれませんね。

今夜はチャンスは少なそうかなとも思うのですが。

ユーロドル相場

ドラストfxの5分足のチャートでは現在平均足はBands-MA2-Devの中心線の上に戻ってきて300SMAも越えていこうとしていますがまだ実体は超え切っていません。

平均足の面白いところはひげにもあるように思います。

ローソク足だとひげがあると反対の勢いがあるという風に判断するのが一般的だと思いますが平均足の場合ひげがあるとその方向に勢いがあると判断できるのだそうです。

陽線陰線だけでなくひげでもチャート分析が出来るので便利ですね。

0709ユーロドル相場5分足ドラストチャート説明画像

どんなに評判のいいノウハウでも得意な場面とそうでない場面があるのは仕方が無い事なのかなと思うのですが最近の動きは動きがあるのでトレンドフォローの手法のノウハウはいい感じに機能してくれているなあと感じています。

デルタfxの5分足のチャートは注意しておいた方がいいポイントは1.182と1.185辺りのようです。

デルタEVは赤でほぼくっついた状態にあります。

午後9時くらいにはどちらかの色でもう少し開いているとは思います。

Market WaveとQQE cci new (mtf + arrows + alerts + divergence)の相性はいいように感じています。

QQE cci new (mtf + arrows + alerts + divergence)は昨夜から下降してきているのですがその途中でMarket Waveのロングの第3波の予想価格が出ていたのですがあまり伸びませんでした。

まあそうはいっても第1候補までは行っているのですが。

D1 h4 H1 M30 M15 M5
濃いU 濃いD 薄いU 薄いU 薄いU 薄いU

マーケティングfxの2連続の15分足のチャートは下は1.178、1.180中頃に1.183上は1.186、1.189辺りに太いラインがあります。

Grail-Indicのラインは下方向なのですが突破するのかなと見ています。

無料インジのSEFC10とVulkan Profitはマーケティングfxというノウハウとも相性はいいのではないかなと感じています。

0709ユーロドル相場15分足マーケティングfxチャート説明画像

日足

0709ユーロドル相場日足チャート分析説明画像 クリックで少し拡大

3_Level_ZZ_Semafor mtf alerts nmcとstochasticstackの相性もいいようです。

stochasticstackは天底チャートの代用で使っているのですが天底チャートにはメインウィンドウにもGMMAの様なMA群が表示されるので更に分析がしやすくなるのかなと思います。

僕は上位足のチャートは未来予知fxのチャートを使っていてそのチャートに天底チャートを同居させています。

0709ユーロドル相場日足トリックス説明画像

もうすぐ平均足が一目均衡表の雲の下限にタッチするかもしれないという様な所にいます。

4時間足

0709ユーロドル相場4時間足チャート分析説明画像 クリックで少し拡大

上昇に転じてきたのかなと予想しています。

0709ユーロドル相場4時間足トリックス説明画像

午後9時くらいにはまた変化が表れているかもしれませんが平均足は一目均衡表の雲の上に位置しています。

直近では小さな陰線が2連続なので次の足が重要かなと思います。

ポンド円相場

ポンド円相場は150円台から151円台に戻してきていて現在151円70銭台まで来ています。

ドラストfxの5分足のチャートのBands-MA2-Devは収縮傾向にあるように見え大きく動く可能性はあるのかなと予想しています。

0709ポンド円相場5分足ドラストチャート説明画像

一見エントリーサインがたくさん出ていてわかりづらいように感じるのかもしれませんがドラゴンメーターの矢印と同じ方向だけを見るので結構シンプルです。

デルタfxの5分足のチャートは今デルタLのラインで反発している所です。

注意しておいた方がいいポイントは151.4辺りのようです。

デルタEVは青色です。

デルタLは午後9時には新しいラインになるのでニューヨーク時間が楽しみだなと考えています。

その理由はMarket Waveで今朝からロングの第3波の予想価格が連発しているからです。

0709ポンド円相場5分足デルタfxチャート説明画像

気になる点はQQE cci new (mtf + arrows + alerts + divergence)のラインがもう天井付近にあること。

デルタEVで反発の可能性は高いかなと予想しています。

マーケティングfxの2連続の15分足のチャートは下が150.6上が152.3、152.6、153.1辺りに太いラインがあります。

日足

0709ポンド円相場日足チャート分析説明画像 クリックで少し拡大

大きい流れは下降傾向だと見ています。

ただstochasticstackを見ると早い最初のラインが20に到達しようとしているのでそこまで大きな下降では無いのかもなあとも思っています。

0709ポンド円相場日足トリックス説明画像

日足のトリックスを見ると同色クロスしそうになっていますね。

同色クロスして下落が継続するとしたら状況次第ではありますが日足のBands-MA2-Devの+1σくらいまでかなあと思います。

4時間足

0709ポンド円相場4時間足チャート分析説明画像 クリックで少し拡大

4時間足でも流れは下降傾向でその中での反発中という場面かなと思います。

0709ポンド円相場4時間足トリックス説明画像

平均足は一目均衡表の雲の中にいて現在4連続で陽線が出ています。

豪ドル円相場

ドラストfxのチャート分足のチャートは東京時間の後場辺りから上昇していきその流れはロンドン時間でも今のところ継続されています。

 

0709豪ドル円相場5分足ドラストチャート説明画像

5分足では上昇の勢いがまだ続いているのですがこの勢いが午後9以降まで続いているのかはちょっと疑問です。

3_Level_ZZ_Semafor mtf alerts nmcの順番的にはまだ3が出ていないので何処で3が出るのかを注目したいなあと考えています。

デルタfxの5分足のチャートはポンド円相場のチャートと同じようにデルタLのラインがすぐ上にありもしかしたら一旦は下降もあるのかなと思っています。

気を付けておきたいポイントは81.6辺りのようです。

デルタEVは青で少し開いている状態です。

Market Waveの情報はそこまで多くはありません。

D1 H4 H1 M30 M15 M5
薄いD 濃いD 濃いD 薄いD 濃いD 薄いU

マーケティングfxの2連続の15分足のチャートは平均足よりも下に81.3上に82.7辺りに太いラインがあります。

日足

0709豪ドル円相場日足チャート分析説明画像 クリックで少し拡大

日足と5分足のチャートを比べてみて思うことは日足では下降傾向にあり5分足ではその中での一旦反発という感じなので大きな目線は下かなと思います。

0709豪ドル円相場日足トリックス説明画像

日足のトリックスも同色クロスしました。

4時間足

0709豪ドル円相場4時間足チャート分析説明画像 クリックで少し拡大

その大きな流れの中で4時間足では上昇傾向にあるようです。

0709豪ドル円相場4時間足トリックス説明画像

ファストトリックスは緑の売られ過ぎの破線にタッチして反発しています。

場所としては0ライン(中心線)よりも下なのでいい位置なのですが日足のトリックスを見るとそこまで大きくは反発しないのかなと思います。

そうはいっても5分足で考えれば結構取れると思うのでこういった流れを把握して戦略を立てるといいのではないでしょうか。

あとがき

ドル円相場は東京時間では上昇傾向になったのですがロンドン時間に入るとその勢いは否定されているように感じています。

否定といっても下降しているとは言いづらくレンジに入ったのかなと思わせるような動きになってきているように思えます。

ユーロドル相場は東京時間の後場からの下落を否定するかのようにロンドン時間前場では上昇傾向になっていて東京時間の安値も更新したのだけれど高値も更新してきています。

ポンド円相場は東京時間の後場に入る前から上昇に転じこの流れはロンドン時間でも今のところ継続しています。

豪ドル円相場はポンド円相場と同じような動きになっていて東京時間での高値を大きく更新してきています。

どの相場もニューヨーク時間が始まっても継続されるのかどうかをしっかりと見極める事が重要だと思います。

また金曜日なのでそのことも考慮すべきだと思いますし、大きく動いてきている時なのでfx初心者さんはポジションの持ち越しはリスキーなんじゃないかなと思います。

僕がチャート分析に使っているノウハウです。

⇒ マーケティングfx

通貨強弱やラインはかなり参考になるのではないかなと思います。

⇒ MT4ダウ理論計算のインジケーター「Market_Wave」

ダウ理論的な流れがわかるだけでなく第3波の予想価格の表示、重要なラインの表示までしてくれます。

⇒ ドラゴン・ストラテジーFX

このノウハウだけでも使えるなあと感じているのですがインジと組み合わせて使うと更に精度が上がったように感じています。ドラゴンメーターと同じ方向のみエントリーなのでわかりやすいです。

⇒ マナブ式FX完全マスタープログラム

トリックスは大きな足だけでなく5分足でも機能してくれているなあと感じています。

⇒ デルタfx

トレンドラインだけでなくデルタEVも結構便利です。

⇒ Black AI・ストラテジー FX

逆張りの手法は使える所が限られてくるのでfx初心者さんはまずスキャルピングのノウハウをマスターした方がいいのかなと思います。

⇒ 今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーター

細かく取っていくスキャルピングではないのでfx初心者さんにはいいのかなと思います。

これをマスターしたら順張りの手法へと進んでいくとバリエーションが増えて気持ち的にも余裕が出てくるのではないかなとも思います。

大きな流れを知るには天底チャートがおすすめです。

⇒ 天底チャート MT4

流れがわかると待つということのストレスも軽減できるのではないでしょうか。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者のための各相場情報20210716の記事の画像

    fx初心者のための各相場情報20210716

  2. fx初心者のための各相場情報20210630の記事の画像

    fx初心者のための各相場情報20210630

  3. fx初心者のための各相場情報20210720

  4. fx初心者のための各相場情報20210706の記事の画像

    fx初心者のための各相場情報20210706

  5. fx初心者のための各相場情報20210707

  6. fx初心者のための各相場情報20210712

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PR

本ページはプロモーションが含まれています

PAGE TOP
error: Content is protected !!