fxブログ

fx初心者の思うは基礎が出来ていないの記事のアイキャッチ画像

fx初心者の思うは基礎が出来ていない

fx初心者さんは特に始めたばかりの頃はローソク足の逆行に苦しめられているのではないでしょうか。

どうすれば改善されるのか悩んでいる人もたくさんいるのだと思います。

答えは案外とシンプルだったりします。

簡単に言うと安値で買って高値で売るというのが答えになります。

言葉ではわかっていても、いざチャートを見るとわからなくなってしまうからローソク足の逆行を喰らってしまうというのが現状かなと思います。

この状態で気を付けて欲しいのがこれを繰り返す事です。

同じ事を何度も繰り返してしまうのは時間の浪費につながります。

もっと効率的にfxのトレードのトレーニングをする事を考えて欲しいなあと思うのです。

ラインを引く、MAラインを表示する、ボリンジャーバンドも表示する。

これが最低ラインかなと考えています。

ラインは水平のラインと斜めのラインです。

水平ラインは直近の高値と安値にその時間帯の高値と安値です。

斜めのラインは直近の高値と高値、安値と安値に引きます。

ドル円チャートラインとボリンジャーバンド

このチャートは水平ライン、斜めのラインとボリンジャーバンドを表示したもの

たったこれだけでも、かなり逆行のリスクを軽減できます。

斜めのラインが右斜めに下がっているので下降傾向にあり売りエントリーを狙うのがfx初心者さんのセオリーですよ。

感覚でやってはいけない理由

ドル円チャート説明3

この画像は同じチャートではあるのですが、時間的に少し前に遡っています。

この図をよく見るとわかると思いますが、先ほど直近の高値に水平ラインを引いたところを見てくださいね。

過去の高値を超えられていません。

だけど、fx初心者さんだとラインを引いたりボリンジャーバンドの表示が無かったりするとまだ上昇していきそうに見えるのではないでしょうか。

ローソク足は上ひげを出しています。

ボリンジャーバンドの+2σも超えています。

パッと見では上昇傾向にあるように見えても、過去のポイントを超える事が出来なくて下落に転じてます。

fx初心者さんがローソク足の逆行を喰らってしまいがちなポイントなのではないでしょうか。

チャートを開いた時の第一印象というのはfx初心者さんにとって大きなインパクトがあるのだと思います。

ですが、こんな簡単な分析をするだけでもだいぶ変わってくるのではないかなと思うのです。

感覚でトレードをやってしまうと、こういった事実を見落としがちなんだと思います。

そして敗因に成り得るのではないでしょうか。

感覚でやってはいけない理由とは、分析をして根拠を見出していないからなのです。

エントリーには根拠を

ドル円チャート説明2

エントリーに必要なものは根拠です。

上の画像の黄色の枠内のグリーンの丸枠の所を見てくださいね。

赤のラインはボリンジャーバンドの中心線です。

この赤のラインの所で何度も上へのトライをしているけれども抜け出すことは出来ませんでした。

という事は、この赤のラインは抵抗線になっている可能性が高いと判断出来ます。

グリーンのローソク足は陽線で、赤のローソク足は陰線です。

グリーンの丸枠の中の中心付近の陽線は上ひげを出して赤のラインを超えられず次のその次のローソク足は陰線になっていて先ほどの陽線の高値も超えられずに下落に転じていますね。

fx初心者さんはこういったポイントを狙う練習をするといいのではないでしょうか。

練習なのでデモトレードですよ。

ボリンジャーバンドの赤のラインを超えられなかった陰線が、今度は大きくボリンジャーバンドの-2σを超えてきました。

ここがfx初心者さんにとってのイグジットポイントだと考えています。

次のエントリーポイントは大きな下ひげが出ている陰線の次の陽線辺りでの買いエントリーですね。

そして次のエントリーポイントは+2σ辺りの陰線辺り。

買いのエントリーの時は陽線。

売りのエントリーの時は陰線。

これも覚えておいてくださいね。

繰り返しをはき違えない事

デモトレードでのトレーニングだからといって、のんびり構えていてはいつまで経っても稼げるようにはなりませんよ。

目的はfxのトレードで稼げるようになる事のはずです。

わからないをいつまでも続けていては時間の浪費になってしまいます。

例えばローソク足の逆行を何度も喰らっていては上手くなっているとは言えません。

考え実験してみるという行動がとても大事です。

チャートにラインを引く事はとてもシンプルだけど物凄く重要です。

正直fx初心者さんは出来る事は限られています。

高度なテクニカル分析、ファンダメンタルズ分析なんて始めたばかりでは無理というものですよね。

なので、出来る事から確実に自分のものにしていってくださいね。

トレーニングは反復練習をする事によって上達していきます。

ですが、これは有効な練習をしてこそ。

同じ様な失敗を繰り返してしまっていては時間がもったいないですよ。

何度もやっていけばそのうち分かるようになるだろうと考えてしまうのかもしれませんが、その考えはあまいです。

というのもチャートは常に変化をしているからです。

基本中の基本の安値で買って高値で売るという事を何度も何度も練習してくださいね。

何度も逆行を喰らってしまうのは何かしらの原因があります。

どうすればいいのか考え行動してくださいね。

待つ事を学ぶ

fx初心者さんがチャートを開いた時にこれ行けそうと思ってしまい分析も無しにエントリーをしてしまうと高い確率でローソク足の逆行を食らってしまいます。

分析が出来ていない為に根拠の無いエントリーをしてしまったのが大きな原因ですが、別の要因としてマインドの部分にも問題があるのかなと思うのです。

それは待つという概念が希薄なのではないかなと思っているからです。

fxのトレードでとても大事な事は冷静にチャートを見るという事も大事な事で冷静にチャートを見るという事は分析をしてエントリーポイントに見当を付けるという流れに繋がっていきます。

そしてどんなに行けそうな感じがしてもそのポイントにローソク足が来るまで待つという事を覚えなくては上達していくのが難しくなってきます。

fx初心者さんはテクニカル的な事を早くたくさん学びたいと考えていると思いますが、マインドも同じように重要です。

fxのトレードは常にリスクがついてまわります。

そのリスクがマックスで低い所で勝負をするのが勝つコツかなと考えていてこれを可能にするのが待つという事なのだと考えています。

デモトレードでのトレードのトレーニングであればリアリティは感じられないのかもしれませんが、リアルトレードでは自分の資金が増減します。

無謀なトレードは自分の資金を減らすだけです。

そうならない為には待つという事も覚えなければならない項目の一つなのです。

基本中の基本は

何度も書きますが、投資の基本中の基本は安値で買って高値で売るです。

fx初心者さんがこれ行けそうと感じた時、この言葉を思い出して欲しいなあと思います。

これ本当に安値なのか、もしくは高値なのか、こう考えるだけではやる気持ちにブレーキをかけてくれるのではないでしょうか。

そして、大事な事は何かを思い出して欲しいなあと思うのです。

大事な事とは冷静にチャートを見るという事。

冷静にチャートを見れば、簡単な分析でもわかる場面とわからない場面と判断しやすくなるのではないかなと思います。

わからない場面であれば無理にエントリーはしない、わかる場面であれば何処でエントリーすればいいのか、もっと深く分析をしてみる。

エントリーポイントの見当がついたらそこにローソク足が来るまでじっと待つ。

結局この繰り返しなんですよ。

当然上級者になればなるほど精度は上がってくるもの。

fx初心者さんは最初から高い精度を求めてもどうすれば高い精度の分析が出来るようになるのかの道筋さえわからないのではないでしょうか。

わかる事からコツコツ積み重ねていく事が大事です。

有効な時間の使い方が出来るようになってきたら精度もそれについてくるのだはないでしょうか。

あとがき

ドル円チャート説明4

直感でエントリーを繰り返していてもfxのトレードは上手くなりません。

直感でのトレードとは行けると思うという様な思う事。

思う事とは期待であり希望であり願望です。

そして、リアルトレードであればこういった考え方、スタイルのトレーダーが餌食になります。

基本的には流れに乗っていく事。

トレンドフォローをfx初心者さんは学んでいって欲しいなあと思います。

今回MAラインについては触れていなかったのですが、MAラインもとても重要です。

この画像は先ほどの続きです。

上も下も今の所MAラインで止まっています。

最初からこういったシンプルではないチャートは逆に上達の妨げというかストレスになるのでシンプルな事から始めていってくださいね。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者はトレードはお金を稼ぐ手段だと認識してねの記事のアイキャッチ画像

    fx初心者はトレードはお金を稼ぐ手段だと認識してね

  2. fx初心者は相場の予測は慎重にの記事の画像

    fx初心者は相場の予測は慎重に

  3. fx初心者の勉強法はケーススタディが適しているの記事の画像

    fx初心者の勉強法はケーススタディが適している

  4. fx初心者は改善を意識してステップアップしてねの記事の画像

    fx初心者は改善を意識してステップアップしてね

  5. fx初心者は慣れと探求のバランスが大事の記事の画像

    fx初心者は慣れと探求のバランスが大事

  6. fx初心者は水平線も練習してマスターしようの記事の画像

    fx初心者は水平線も練習してマスターしよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
error: Content is protected !!