fxブログ

fx初心者はfxに楽な道はない事を認識してくださいねの記事の画像

fx初心者はfxに楽な道はない事を認識してくださいね

fxが一般の人でも出来る様になったのは実はまだそんなに経っていなくって20年ちょっとなんだそうです。

1998年4月に外国為替及び外国貿易管理法が改正されて、個人でも為替取引が行えるようになったのがきっかけなんだとか。

それまでは外国為替公認銀行だけが為替取引をする事が出来たそうなのです。

これは戦後政府が国内の資本が海外へと流出するのを回避するための措置だったようで1980年から対外取引を原則自由化するようにはなったもののこの時はまだ実際に取引できるのは金融機関だけだったのだそうです。

完全自由化になってまだ20年ちょっとなので認知度が微妙なのも何と無くわかるような気がします。

シニアはネット自体苦手意識がある人が多いだろうし逆に若い世代はスマホ中心の人が多いだろうからパソコンに抵抗感が無い世代って限られているような気がしてしまいます。

まあこれってチャンスといえばチャンスなんですけどね。

取引量からみても主要国の中ではそこまで多く無いのが現実のようですしね。

どうしてチャンスといえばチャンスという曖昧な書き方をしたのかというとfxトレーダーさんはまだ多くは無いので稼ぎやすいのかなと思うからです。

ブルーオーシャンというやつですね。

ですがfxをやっている人が多くないという事はマニュアルも少ないという事なのかなとも思ってしまいます。

市場が大きければダメなものは淘汰されて行ってしまうのかも知れませんが今の所混とんとしているのかもなあと思えてしまいます。

fxで楽して稼ぐとか簡単にfxで儲けよう的なコピーがSNS等であるとそう思えて仕方が無いのです。

実際に自分がやってみて感じるのですがfxは簡単では無いというのがいつまで経っても付いてまわります。

歴史的に見てもあまり無いので昔からの手法というものが今でも通用しています。

これってきっと前は個人では出来なかったという事なので金融機関の人だけがやっていた手法が主なんじゃないかなと思うのです。

それが完全自由化になって個人にも少しずつ広がっていったというものなんじゃないかなと思うのです。

スマホの様に爆発的に普及していったのであれば違ったのかもしれませんがfxはそうはならなかった。

なのでイメージとしてはマイナー感があるのかなと思います。

今でも昔ながらのトレード法がほとんどだと思うしその方法は簡単には習得できるものでもないと感じています。

相場観というやつですね。

相場観を養うにはチャート分析を重ねていって精度を高めるしかないのかなと思います。

実際めっちゃ時間がかかります。

修行といってもいいのかもしれません。

やんないと上手くならない。

ここにビジネスチャンスを見出す人も出てくるのは自然な事だと思います。

Contents

惑わされないようにね

ネット上にはこのブログFX初心者がノウハウやインジで稼ぐ方法2を含めて様々なfx関連の情報があります。

fxをもっと知って欲しいという思いやfxトレーダーをもっと増やしたいという思いの人もいると思いますがただ単にお金儲けのために情報を発信している人もいるのではないかなと思います。

そしてお金儲けのためだけに情報を発信している人の情報の方がfx初心者さんには受けがいいように感じてしまいます。

簡単に稼げる的なやつですね。

多分その中には本当にそういうものもあるのかもしれませんが感覚としてはそうでは無いものの方が大多数を占めているように感じます。

相場観ってちゃんとずっとやっていかないと身につかないんじゃないかなと考えているからなのかもしれませんが、fxのトレードで稼ぎたいのであれば練習あるのみだと思います。

手っ取り早く稼ぐ手段では無いのでなく年単位での練習が必要なんじゃないかなと思います。

簡単に出来るようになるという様な甘い誘惑に惑わされてしまうとかえって時間がかかってしまったりただの養分になってしまって最悪退場という事もあり得るのではないでしょうか。

fxのトレードは基本個人でやる事がほとんどだと思うので特にfx初心者さんは不安を覚えたり焦ってしまう事もあるのではないかなと思います。

そしてどうにかしようとしてもがいている時に惑わされてしまうのではないかなと思ってしまうのです。

fx初心者さんは最初はデモトレードでどんどん失敗してください。

そして失敗から多くの事を学んで欲しいなあと思います。

それと同時進行で情報収集もしていってくださいね。

ノウハウやインジもどういったものがあるのか公式ページを見て回るのもいい勉強になるのではないかなと思います。

まだ自分のスタイルが確立していない時であればノウハウの購入はおすすめはしませんがこういった考え方や手法があるんだなという事は知っておいてもいいのではないかなと思います。

ノウハウやインジ

デモトレードで何度も何度も失敗をしていくとだんだんと失敗に慣れてくるので恐れなくても平気ですよ。

多くの場合がだんだんと慣れてくるとああしてみようとかこうしてみようとか試行錯誤の時期に入ってくるのではないかなと思います。

僕はこの情熱がとても大事なんじゃないかなと思うのです。

試行錯誤(PDCAサイクルですね)を繰り返すという事は何かしらの発見もあるのではないでしょうか。

ラインを引いてみて上手くいったりボリンジャーバンド、MACD、RCI等を使ってみて上手くいったりする事もあるかなと思います。

もちろん毎回上手くいく事はないでしょうが上手くいった感覚が大事かなと思います。

1回上手くいっただけだと偶然の可能性もあるので複数回上手くいった時の感覚を覚えて欲しいなあと思います。

こういった感覚を身につけた時がノウハウやインジを探し出すタイミングなんじゃないかなと思うのです。

ノウハウやインジは形勢を大きく逆転出来るようなものではありません。

あくまでもサポートなのです。

ノウハウやインジは本人がある程度の裁量が出来るレベルにないと上手く使いこなせないものばかりなんじゃないかなと思います。

fxのトレードが全く分からないからノウハウを購入しようというのはかなりリスキーなのではないでしょうか。

まずいいノウハウに巡り合える可能性は低いと思うのですが、仮に巡り合えたとしても勝ちを増やしていくという事はかなり難しいのではないかなと思うのです。

ドラゴンストラテジーfxやVulkan Profit、SEFC10はその中でもfx初心者さんに優しいものだと思うのですが、全く相場観が無ければきっと使いこなせないでしょう。

相場観

多くの人がイメージするような高いレベルの相場観というものは確かに習得するには数年かかるのではないかなと思います。

ですがfx初心者さんにまず目指して欲しいなあと思うのはレンジ相場なのかトレンド相場なのかを見分ける事です。

これを相場観といっていいのかは少し疑問ではありますが、レンジ相場なのかトレンドが出ているのかがわかるようになるだけでも大きな進歩なのではないでしょうか。

レンジ相場かトレンドが出ているのかがわかるようになるだけでも勝つ可能性が増えるのではないかなと思います。

fx初心者さんに比較的優しいドラゴンストラテジーfxというノウハウでもレンジ相場では使い物にならないという印象を持っているのですがレンジ相場の時はトレードをしないと自分ルールを作ってしまえばリスクは減りますよね。

わかる所だけで勝負をする。

これを繰り返していくだけでもいい勉強になるのではないでしょうか。

高いレベルの相場観はどうすれば身につけることが出来るのかという事に興味がある人もいるのかもしれませんが簡単に身につくものではないと思いますしチャートに張り付くしかないのかなと思います。

ただチャートに張り付いているだけでは気持ち的にもきついと思うので最初の内はレンジ相場かトレンド相場かを見分ける練習をしていって見分けがつくようになってきたらトレンド相場の時だけチャートに張り付いているのもいいのではないかなと思います。

もちろんレベルが上がってきたらレンジ相場の攻略もするべきだと思います。

キャリア

お金を稼ぐためにfxのトレードをしてみようかなと考え行動する人がほとんどだと思いますが、正直そんなにすぐにお金を稼げるようになるのはかなりのレアケースなんじゃないかなと思います。

国内のfx会社のチャート操作を覚え、トレードで揉まれ少しずつトレードに慣れていくだけでも時間がかかると思うのに出来ればMT4の操作も覚え(実際には国内のfx会社のチャート操作が出来ればそんなに難しいものではないと思います)最初は無料インジを入れてチャート分析の練習をしていく。

これだけでも半年くらいはかかってしまうんじゃないかなと思います。

更にレベルをを上げていくとなるともっと時間がかかるという事は容易に想像できることではないでしょうか。

fxでお金を稼ぐには時間がかかるものだと認識して欲しいなあと思います。

キャリアが必要なのです。

無駄な事をしていると更に時間がかかってしまうのでただ時間をかければいいというものではないという事も覚えておいて欲しいなあと思います。

fxのトレードでお金を稼ぐにはすぐには身につかないものばかりが必要なのです。

fxの面白いところのひとつはデモトレードがある所なんじゃないかなと思います。

デモトレードでキャリアを重ねていけるという事は無料で上達できるという事なのではないでしょうか。

もちろんリアルトレードでしか学べないところもあるので全てというわけにはいきませんがそれでもかなりの部分をデモトレードでキャリアを重ねていけるのです。

注意して欲しいことはいたせり尽くせりではないという事でしょうか。

出来れば基本的なしかも本格的な事が学べる教材等があると理解や上達のスピードも上がる可能性が高いかなと思います。

⇒ Maestro FX(マエストロFX)

このブログでは基本的には僕が購入していいノウハウだなと感じたものを紹介しているのですがマエストロFXは未購入のノウハウなのです。

ですがまだ何もわからない時に出会いたかったなあと思えるfx教材でもあります。

僕は最初はエントリーポイントがわかるノウハウばかりを探してしまったためちょっと遠回りをしてしまったかなと感じています。

まずは基本が大切だと思うのでエキスパートの方の考え方や手法をまず学んでから他のノウハウへと広げていくのもいいのかなあと思います。

あとがき

ローマは一日にして成らずという言葉がありますが、fxも同じような事が言えるのではないかなと思います。

楽をしてしまうと成長が遅くなってしまうのではないかなと思います。

簡単に稼げる的なノウハウはたくさんあると思いますが自分の基本が出来ていないとどんなノウハウやインジでも使いこなすことは難しいのではないでしょうか。

そしてfxの世界はちょっと特殊な世界なのかなあとも感じています。

今の世の中は最新技術でだいぶ便利になったという実感がありますが、fxのトレードに関しては昔ながらの手法がいまだに主流なんじゃないかなと思います。

AI技術は個人トレーダーレベルでは手に入れることは出来ませんしEAにしても知識が無いと使いこなすのは難しいのではないかなと思います。

みんなが楽をして稼げるのであれば退場者がたくさん出ているのはおかしな話だとも思います。

今回こんな記事にしたのはオリンピックが開催されているからなのかもしれないなあと自己分析してしまっています。

どのアスリートにも共通して言える事は練習してきたからこうなったということではないでしょうか。

なんでも上手くなるには練習が必要という事なんだろうと思います。

なのでfx初心者さんもfxに楽な道はない事を認識して効率よく練習をしていって欲しいなあと思います。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者は今の状況でも焦らずに練習をしてねの記事の画像

    fx初心者は今の状況でも焦らずに練習をしてね

  2. fx初心者はまずどこに投資した方がいいのかの提案の記事の画像

    fx初心者はまずどこに投資した方がいいのかの提案

  3. fx初心者も今年1年頑張った自分を褒めてくださいねの記事の画像

    fx初心者も今年1年頑張った自分を褒めてくださいね

  4. fx初心者で結果が出ないのは伸びしろ有有の可能性の記事の画像

    fx初心者で結果が出ないのは伸びしろ有有の可能性

  5. fx初心者が覚えていた方がいい用語の記事の画像

    fx初心者が覚えていた方がいい用語

  6. fx初心者はのめり込み過ぎないように注意してねの記事の画像

    fx初心者はのめり込み過ぎないように注意してね

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PR

本ページはプロモーションが含まれています

PAGE TOP
error: Content is protected !!