fxブログ

fx初心者は売りや買いは条件を付けようの記事の画像

fx初心者は売りや買いは条件を付けよう

fx初心者さんがやってしまいがちなのが何となくいけるかなと思ったのでエントリーしてみたというものがあると思います。

これってfx初心者さんが失敗する典型的なパターンではないでしょうか。

知識も経験もまだ十分ではないfx初心者さんがどうしてこれはチャンスだとわかるのでしょうか?

もしかしたら以前にたまたまうまくいったという成功体験が影響しているのかもしれませんね。

こういった成功体験はできるだけ早く忘れてくださいね。

fxのトレードで重要なのは精度の高いチャート分析と根拠のあるエントリーです。

これができなければ継続して結果が残せるようにはならないのではないかなと思います。

何となくでのエントリーではいつかは大きな失敗につながる可能性がとても高くなってしまいます。

だからといってすぐに精度の高いチャート分析と根拠のあるエントリーができるようになるものでもないのでfx初心者さんはエントリーの条件を作った方がいいのではないでしょうか。

fxのトレードで稼ぐ基本は高値で売ることと安値で買うことです。

これって簡単なようでかなり難しいことなのですが、テクニカルを利用すればちょっとした目安になるので参考にしてくれればうれしいなあと思います。

ただしこれで完璧だと考えないでくださいね。

どんなに凄く上手なトレーダーさんでも負ける時には負けるのがfxのトレードです。

あくまでも可能性が高いというだけのことなので目安程度だということを認識しておいてくださいね。

まあ何となくでエントリーするよりも勝てる可能性は上がるとは思いますが。

Contents

天井や底で売ったり買ったりする

天井や底で売ったり買ったりするということは少し慣れてきたfx初心者さんであれば感覚的にもわかってきているのではないかなと思います。

だけでこの天井や底で売ったり買ったりするということがとても難しいということも感覚的にもわかってきているのではないでしょうか。

何も表示されていないチャートを見ても天井や底というものはわかるものではありません。

ボリンジャーバンドを入れていたりするとわかるんじゃないのかなと思われるかもしれませんが、当面の高値や安値だったりすることもあるのでこの後高値の更新や安値の更新ということも考えられますね。

ボリンジャーバンドだけだとかなり危なっかしいというのがリアルではないかなと思います。

国内のfx会社のチャートだとサポレジのラインやゾーンの表示は厳しいかもしれませんがMT4のチャートであれば可能です。

できれば精度の高いサポレジのインジがあればいいのかもしれませんが、そういったものはあったとしても有料だったりするので正直お金をかけるのはおすすめはしません。

だって目安でしかないんですよ。

たぶんですが必ず反発するサポレジなんていうものは存在しないと思います。

相場に勢いがあれば簡単に突破します。

なので無料インジで十分かなと思います。

興味があるのであればサポレジの無料インジを紹介しているので試してみて下さいね。

⇒ 投稿記事100回記念プレゼントのページ

これで予想される反発するかもしれないポイントがわかるのではないでしょうか。

必ずしも天井や底というわけではないのですがエントリーチャンスではあります。

ちょっと気を付けて欲しいのがローソク足は一旦こういったポイントで反発してもまた突破をチャレンジしてくることもあります。

なのでこのラインが割れないことを確認してからエントリーを考えてくださいね。

fx初心者は売りが向いている

fx初心者さんの多くがチャートを開くことのできる時間は夜だと思います。

だいたい午後9時くらいなのかなと想像しているのですが、チャートを開いていられるのは真夜中までということはほとんどなく午前0時あたりロンドンフィクス近辺という感じなんじゃないかなと思います。

この限られた時間帯の中でできれば何回かエントリーチャンスがあればいいなあと考えているのではないでしょうか。

状況にもよりますがfx初心者さんは売り中心のトレードを心掛けた方がいいのではないかなと思います。

それはどうしてかというと展開が早いからです。

もう知っているかもしれませんが、買いのことをロング売りのことをショートと表現することがあります。

買いってイグジットするまでに時間がかかる場合が多いです。

一方売りは買いと比べると割と時間がかからないでイグジットできることが多いです。

エントリーからイグジットまでの時間つまりポジション保有時間が短いということは次のエントリーチャンスを狙えるということですね。

買いだとメチャクチャ時間がかかった割に大きく稼げたかというとそうでもなかったりすることもあります。

売りの場合はポジション保有の時間が買いと比べて短くてもそこそこ稼げたりします。

そして運が良ければもう一度売りのチャンスが来たらかなりおいしいですよね。

トレードできる時間が限られているのであれば効率よく稼げた方がいいですよね。

だからといって上昇トレンドの時に逆張りを仕掛けるということは絶対にしないでくださいね。

レンジ相場

相場には2つの場面があります。

ひとつはトレンド相場でもうひとつはレンジ相場です。

どちらが稼ぎやすいのかというとトレンド相場なのですが、最近のドル円相場をみてわかるようにレンジ相場の場面というのは結構あるものなのです。

レンジ相場でもそれなりの値幅があればスキャルピングで稼ぐことができますが、逆に値幅が全く出ていないときもありこういった時は様子見をするのが一番です。

値幅がどのくらいなのかを知るにはボリンジャーバンドを使うとわかりやすいのですが、場面によってはボリンジャーバンドでもわかりづらいときがありこういうときも様子見がいいです。

だけどレンジ相場でもいけそうであればトレードをしたいと考えているのであれば今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターというノウハウをおすすめします。

結構いたせり尽くせりな内容なのでfx初心者さんでも使いやすいかなと思います。

⇒ 今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターの公式サイトへはこちらからどうぞ!

値幅の狭いレンジ相場の場面では売りや買いを考えるよりもリスクのことを先に考えた方がいいですよ。

また値幅の狭いレンジ相場というものもいつまでも続くということはありません。

よくエネルギーを貯めているという表現をするのですが、値幅の狭いレンジ相場の場面であれば今後トレンドが発生する可能性が高いときが多いので待つということも選択肢に入れてくださいね。

インジを使う

MT4用の無料インジはチャート分析用だけではありません。

中にはファンダメンタルズ分析に役に立つ無料インジというものもあります。

ファンダメンタルズ分析は慣れてこないとチャート分析には役に立たせることは難しいかなと思います。

政治や経済の情報は結構相関関係があったりするので分析には知識や経験が必要になってくるからです。

まだfx初心者さんのレベルであればザイFX!さんのサイトを見た方が勉強になるかなと思います。

MT4用の無料インジはチャート分析用が一番たくさんあるかなと思うのですがその次にたくさんあるのがエントリー系のインジだと思います。

きっと多くのfx初心者さんが一番欲しいのがエントリー系の無料インジではないかなと思うのですが、さすがに無料インジなので精度の高いものはそんなに多くはありません。

そこそこ精度が高いかもと思えるエントリー系の無料インジでもまずレンジ相場の場面だとダマシが増えます。

またエントリーサインの出現回数がたくさんというものもあります。

損切りラインまで表示してくれたり、イグジットポイントを表示してくれるものも試してみましたが今はVulkan ProfitとSEFC10の組み合わせが一番しっくりくるかなと感じています。

この組み合わせもレンジ相場の時はエントリーサインを連発するときやSEFC10はリペイントするときもあります。

やはり慣れが必要かなと思いますが、それでも無料インジにしては優秀なのではないかなと思います。

⇒ 投稿記事100回記念プレゼントのページ

ノウハウを使う

まだ何もわからないfx初心者さんにはおすすめしませんが、慣れてきたらノウハウを使ってみると売りや買いのエントリーの勉強になるかなと思います。

ノウハウはオリジナルのインジ特にエントリーサインが出るインジが重要と考えるかもしれませんが、どちらかというとルールに重きを置いた方がいいのではないかなと思います。

確かにノウハウは安くはないので元を取りたいと考えてエントリーサイン中心に考えてしまうのもわかりますが、ルールに従わないでエントリーサインが出たからといってエントリーしていてはリスクの方が大きくなってしまう可能性が高くなってしまいます。

これまでいくつもノウハウを購入して試してきたのですが、シンプルなルールでわかりやすいなと感じているのはドラゴン・ストラテジーfxというノウハウです。

このノウハウも必ず勝てるというものでもないしレンジ相場には弱いかなと感じているのですが、それでもシンプルでわかりやすいのでfx初心者さんでも扱いやすいのではないかなと思います。

また無料インジのVulkan ProfitとSEFC10も組み合わせた使い方をしてみると案外相性がいいようで判断しやすくなったかなと感じています。

もちろんドラゴンメーターの矢印の方向を基準にしているので、反対方向のVulkan ProfitとSEFC10は基本無視しています。

もし何か面白いノウハウがないかなと考えているのであればチェックしてみてください。

⇒ ドラゴン・ストラテジーFXの公式サイトへはこちらからどうぞ!

まとめ

今回はfx初心者は売りや買いは条件を付けようというタイトルで記事を書きました。

fxのトレードで稼ぐポイントは天井や底で売ったり買ったりすることですが、まだ経験の浅いfx初心者さんは何処が天井で何処が底なのかの目安がわからないのではないかなと思います。

明確な天井や底は誰もわからないのですが取り敢えずの目安は過去のデータで見当をつけることはできます。

そうはいってもfx初心者さんには至難の業のように思えるのではないかなと思います。

なのでインジを使う提案をしました。

またチャートを開いていられる時間が限られている場合がfx初心者さんは多いのではないかなと思うので売りを主体にするのが向いているかなと思います。

もちろん臨機応変に対応する必要があって上昇トレンドの時には買い主体にならざる得ないのですが、fx初心者さんは下降トレンドをマークした方がいいのではないかなと思います。

レンジ相場では値幅があれば短期の売りや買いができるスキャルピングが有効かなと思いますし、値幅が出ていないレンジ相場の場面では様子見が一番だと思います。

慣れてくればノウハウを導入することもひとつの手かなとも思います。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者がやれる手法はひとつだけ

  2. fx初心者のための攻略のポイントの記事の画像

    fx初心者のための攻略のポイント

  3. fx初心者は独学で稼げるようになる事は可能か?の記事の画像

    fx初心者は独学で稼げるようになる事は可能か?

  4. fx初心者が稼ぐ為に必要なものの記事のアイキャッチ画像

    fx初心者が稼ぐ為に必要なもの

  5. fx初心者は期待ではなく事実を意識してねの記事の画像

    fx初心者は期待ではなく事実を意識してね

  6. fx初心者の為の我慢の練習の提案の記事の画像

    fx初心者の為の我慢の練習の提案

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
error: Content is protected !!