fxブログ

fx初心者が必要なのはデモの海外口座だけの記事の画像

fx初心者が必要なのはデモの海外口座だけ

fx初心者さんは何となくくらいしか国内のfxの口座と海外口座の差というのはわからないのかもしれませんね。

fx初心者さんはMT4を使用するのであればデモの海外口座は必要になってきます。

基本的には国内のデモ口座とあまり変わらないのでストレスなくMT4をダウンロードすることは可能です。

海外口座でもFXDDさんやXMTradingさん等のように日本語対応のサイトを用意してくれている所もあり、デモ口座の開設方法やダウンロードの方法は調べればすぐに画像付きのサイトがヒットすると思うのでサイトを見ながらで15分もあれば完了するのではないかなと思います。

国内のfx会社のデモ口座と海外のデモ口座との違いは手数料やスプレッドといったものが違ってくるので、fx初心者さんであればトレード用のチャートとチャート分析用のチャートに分けてトレード用のチャートは国内のfx会社のデモ口座を使った方がスムーズなスタートが切れるのではないかなと思います。

fx初心者さんだとチャートの使い方がわからなかったりすると思うので日本語のサポートを受けることが出来るのは心強いのではないでしょうか。

海外口座でも日本語対応というところもあるのですが、相手が日本人というわけではない場合もあります(僕の場合は日本人にあたったとことはありません)。

だったらMT4も使いこなせるのかどうか不安と考える人もいるかもしれませんが、MT4はチャート分析用なので操作はメチャクチャ簡単です。

目的はMT4

もう知っている人もいるかもしれませんが、海外口座で使われているチャートはMT4かMT5です。

MT5の方が新しいのでfx初心者さんから見るとMT5の方がいいように感じてしまうかもしれませんが、MT4の方をおすすめします。

その理由はまだまだ無料インジはMT4用の方が多いかなと感じているからです。

fxって昔からの手法がいまだに通用する世界なのです。

なので新しければいいというものでもないのです。

fxのトレードに慣れてきて自分のスキルをもっと上げたいなあと考えるようになってきたらノウハウの購入も検討するようになってくるかなとは思うのですが、ノウハウの多くはMT4用だったりします。

MT4はfxのトレードにおいて便利なツールなので使い慣れておいた方がいいのではないかなと思います。

ダウンロードする時に日本語を指定しておけば日本語対応のMT4をダウンロードすることが出来るので心配はご無用なのです。

全部が日本語というわけではないのですがそれでも普段使いする分では問題はないかなと思います。

fxで継続して結果を残していくためには精度の高いチャート分析と根拠のあるエントリーが必要だと考えているのですが、精度の高いチャート分析をするにはMT4とインジもしくはノウハウが必要不可欠ではないかなと考えています。

リアル口座は口座維持費がかかったりします

国内のfx会社の口座だと幾つも口座を持つことは可能なのですが、海外口座だと一応可能だとは思いますが現実的ではないかなと思います。

その理由は口座維持費がかかってしまうこと。

これはどの海外口座というわけではないようですが、確か1年くらいその口座を利用しないなどの条件が揃ってしまうと口座維持費用が掛かってしまうことがあります。

以前海外口座も持っていたのですが、国内のfx会社の口座にしようとして海外口座に入れていた資金の多くを回収したのですが、やはり1年後くらいから口座維持費用が必要になって少しずつ残っていた資金が減るようになって最終的には無くなってしまいました。

額としてはそんなに大きな額ではなかったのですが、海外口座を幾つも持っているということは資金が豊富にあるのであれば話は別になってきますが、ちょっともったいなかったかなと思いました。

入金の際にも海外送金で手数料が高いなあということも当時は感じていました。

これはこれでいい経験にはなったのですが、稼ごうという目的であればこういったお金の使い方はあまりいい使い方ではないのかもなあと反省しました。

稼げるようになってきたら海外口座も視野に入れた方がいいと思いますが、まだfx初心者の内は海外口座でのリアルトレードは考えない方がいいのかなと思います。

継続して結果が残せるようになってきたら

fxのトレードにも慣れてきて継続して結果を残せるようになってきたら海外口座の利用も視野に入れておいた方がいいと思います。

国内のfx会社の口座を持つことも海外口座を持つこともメリットとデメリットがあるのでそのことを理解できるようになってからのことですけどね。

海外口座のメリットはレバレッジであったりゼロカット、キャンペーンというのが海外口座の魅力かなと思います。

レバレッジはメリットであるのと同時にリスクも高まってしまうのでちょっとしたことで資金が無くなってしまう危険性もあります。

ゼロカットは口座に入っている資金以上に損失を出さないためのセーフティ機能で急激な価格変動でマイナスになってもマイナス分は業者が負担してくれるというもので国内のfx会社のシステムがいいのか海外のゼロカットがいいのかは意見が分かれるところかなと思います。

キャンペーンは国内と海外では随分違ってきます。

国内のキャンペーンは商品がもらえたりすることが多いかなと思うのですが海外だと口座に入金をしてくれるというものだったりしますが、悪徳業者もいるようなので注意も必要かなと思います。

税金の違いもあるのでしっかりと調べてから海外口座を持つかどうかを検討してくださいね。

言語と常識の違い

まだよくfxのトレードのことを知らないのに海外口座を作ってしまったという経験があります。

当時はまだネットの使い方もよくわかっていなかったので調べるということもままならない状態だったと思います。

わからないことがあったのでサポートを受けたことがあったのですが、ニュアンスが伝わらないことでストレスが溜まってしまった経験があります。

国内のfxの常識が世界基準というわけではありません。

海外では普通に手数料を取られることも多いのかなと思います。

エントリーをしていきなり手数料を取られてしまったことで驚いてしまったという経験もあります。

これもいい経験になったのかもしれませんが、この時に感じたことは資金はたくさんあった方がいいなあということでした。

豊富な資金で海外口座でトレードをしていたのであれば手数料のこと等あまり気にしなくてもよかったのかもしれませんが、そこまで多くもない資金で始めたので何回もひやひやする場面も経験しました。

今だったらまた違ってくるのかもしれませんが、まだ何もわからないfx初心者さんはまずは国内のfx会社で慣れてからの方が精神的にもいいですよ。

海外口座の撤収を決めたのも精神的な負担が大きいなあと感じてしまったというのもあります。

まとめ

今回はfx初心者が必要なのはデモの海外口座だけというタイトルで記事を書きました。

チャート分析をするにはMT4があった方がやりやすいと思うのでデモの海外口座は必要かなと思います。

デモなので海外口座でも使用期限があると思いますが、何回かやっていれば慣れてくると思うのでストレスを感じるのは少ないかなと思います。

デモトレードであればさほど問題はないかなと思いますがリアルトレードになってくると慎重になる必要があるのではないでしょうか。

海外口座をチェックする時にはあまりマニアックな所は除外した方が無難かなと思います。

日本は比較的利用者を守ってくれますが、海外だとそうではない所もあるようです。

手数料やスプレッド等も日本国内と海外では違ってくるのでしっかりとチェックするようにしてくださいね。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者のこのタイミングはルールの見直しに最適の記事の画像

    fx初心者のこのタイミングはトレードルールの見直しに最適

  2. fx初心者は不安やイライラを乗り越えてねの記事の画像

    fx初心者は不安やイライラを乗り越えてね

  3. fx初心者のための時間帯攻略法の記事の画像

    fx初心者のための時間帯攻略法

  4. fx初心者はデモチャートでローソク足を見続けてねの記事の画像

    fx初心者はデモチャートでローソク足を見続けてね

  5. fx初心者のためのダウ理論やエリオット波動の使い方の記事の画像

    fx初心者のためのダウ理論やエリオット波動の使い方

  6. fx初心者はライントレードも練習してマスターしてねの記事の画像

    fx初心者はライントレードも練習してマスターしてね

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PR

本ページはプロモーションが含まれています

PAGE TOP
error: Content is protected !!