ノウハウやインジ

ノウハウやインジ

ノウハウとインジについて初心者編

FX初心者にとってよくわからないもののひとつがノウハウとかインジケーター(インジ)なのではないでしょうか。

無いと困るようにも思えるでしょうし、怪しいようにも思えるのではないかと思います。

ノウハウやインジは、そのどちらともいえるものだったりするのです。

いいノウハウやインジとダメダメなノウハウやインジが混在しているのでかなりわかりづらいものになっていると感じています。

まだ何もわからないので、FX初心者にとって手の出しづらいとは思いますが、いいノウハウやインジに巡り合うともう手放せなくなってしまうくらい便利なもなのです。

難しいのは本当はいいものなのにFX初心者が故に理解出来なくってダメ出ししたくなるようなものまであるので、調べる能力が試されるものなのです。

売込みばかりのちょっと怪しげのサイト(むしろこっちの方が多いのかもしれません)もあるのですが、本当にちゃんとレビューしてくれているサイトもあるので、そういったサイトでどういったものなのかを判断してくれればなと思います。

また、そういったサイトでわからないことや知らない言葉が出てきたらその場で調べて何を言っているのかを理解して欲しいと思います。

Contents

ノウハウとは

どうやればいい結果が生まれるかを導いてくれるものです。

fxで成果を上げてきた凄腕のトレーダーさん達が、編み出した勝利の方法を教えてくれるのもで多くのものが手法とインジケーターを組み合わせたセットのことが多いように思います。

手法だけのものもあるようですが、中には物凄く評価の高いものがあったりするので、スルーはしないでレビューをしっかりとチェックした方がいいと思います。

ノウハウの難しい所で謳い文句はFX初心者さんにいい感じのノウハウのようであっても全く使えないというものもあります。

どうやって見抜けばいいのかはちゃんとレビューしているサイトかfx掲示板などで調べるしかないのが現状だと思います。

全く使えないノウハウを何度か買ってしまったので、本当にいいノウハウに巡り合うことはFX初心者にとっては容易ではないかもしれませんが、いいノウハウの手法を理解出来れば、今後のトレードで余裕を持つことが出来るのではないかと思います。

FX初心者であれば、まずはスキャルピングという手法のノウハウがいいのではないかと思います。

スキャルピングとは1分足とか5分足で短期のトレードを何回もやっていって利益を積み上げていくというトレード方法です。

ノウハウ活用法

基本的に多くのノウハウがMT4のチャートを利用して行う事が多いように感じています。

ノウハウにはインジが付いている事が多く、そのインジは他では販売していないオリジナルのインジの場合が多いのですが、多くのノウハウがそのインジの導入方法まで教えてくれているケースが多いのでFX初心者でも比較的簡単に導入することが出来ると思います。

考え方やトレード方法も最近では動画を使って教えることが多いのでイメージしやすいのではないでしょうか。

トレードの王道はトレンドフォローと言われています。

トレンドフォローとは、明らかに上に向かっている場合や、その逆で明らかに下に向かっている場合にその流れに乗っかって利益を得るという方法です。

トレンドフォローのノウハウが種類としては一番多く販売されているのではないかと思います。

トレンドフォローが一番勝ちやすいので多いのは当たり前なのですが、相場の多くはレンジ相場だったりします。

レンジ相場のノウハウもあるのですが、FX初心者には少し難しいかもしれません。

まだ経験の浅いFX初心者であれば、トレンドフォローのノウハウで、それを動きの大きなヨーロッパ市場やニューヨーク市場で活用するのが一番効率がいいのではないかと思います。

どんなに優れたノウハウでも万能ではないので、うまく使いこなせるように購入してからも練習が重要になってきます。

インジとは

インジケーター(略してインジ)の種類は様々で、エントリーサインを出してくれるもの、水平線やMA(ムービングアベレージ:移動平均線)、トレンドライン、チャネルライン等のラインを引いてくれるもの、情報を表示してくれるもの、サブウィンドウに表示してくれるものなどがあります。

有料のものや無料のものがあって、有料のインジの方が高機能のものが多いのですが、たまに高機能な無料インジもあります。

無料のインジは紹介してくれるサイトが幾つもあるので探してみるといいと思います。

気を付けて欲しいことは、特に海外のものに多いようですが、たまにウィルスに感染しているインジもあるようなので出来るだけウィルスチェックはした方がいいです。

インジはチャート分析には欠かせない存在だと考えています。

チャート分析がより正確に出来るようになればそれだけ利益を得るチャンスが増えるのでチャート分析はメチャクチャ重要なのです。

このラインにタッチしたから反転したということは、しょっちゅうあることでそのラインが重要になってくるのですが、適当に引いて言い訳はありませんね。

しかし、FX初心者であれば、どうラインを引いていいのかわからないと思います。

そこでインジを使えば重要だと思えるところにラインを自動で引いてくれるのです。

ここで高機能なのかそうでないのかがキモになってくるのです。

ラインはより多くのトレーダーさん達が注目しているラインが重要になってくるのですが、そこにラインを引いてくれるには高機能の方が有利なわけなのです。

インジ活用法

インジの活用法というのは、チャート分析のための補助ツールだとかんがえていいと思います。

裁量トレードの場合、決めるのは自分なのです。

その判断材料を提供してくれるのがmt4のチャートでありインジです。

インジの活用にはちょっとしたコツがあり、それはチャートにインジを入れ過ぎないことです。

経験がまだ浅いのに少なすぎるのもどうかと思いますが、多すぎるのも問題ありです。

それは情報が多すぎてしまい判断に時間がかかってしまい、チャンスを逃してしまいます。

適材適所を目指してインジを導入していく事を意識するといいと思います。

エントリーサインのインジは多くても3つくらいあれば十分じゃないかなと思います。

ライン系のインジもチャートがゴチャゴチャしてしまってローソク足が見づらくなってしまっては本末転倒です。

ローソク足って実はけっこうたくさんの情報があるのです。

サブウィンドウで表示するMACDのようなインジであれば、入れた分だけメインウィンドウが狭くなってしまうので注意してくださいね。

出来れば大きなモニターがあると2,3段程度であれば問題はないのですが、15インチ以下のモニターであればかなり見づらくなってしまいます。

バランスが大切なのです。

重要なのはチャンスを逃がさないことです。

そのためにノウハウやインジがあるのですから。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者に使えそうな無料インジを紹介 pt2の記事の画像

    fx初心者に使えそうな無料インジを紹介 pt2

  2. fx初心者の高値圏や安値圏で掴まないための提案の記事の画像

    fx初心者の高値圏や安値圏で掴まないための提案

  3. fx初心者の朝活のすすめ

  4. 場面に合ったノウハウを使い分けてトレードの記事の画像

    場面に合ったノウハウを使い分けてトレード

  5. fx初心者のためのインジの種類(MT4)

    fx初心者のためのインジの種類(MT4)

  6. fx初心者のためのパッと見チャート分析ノウハウの記事の画像

    fx初心者のためのパッと見チャート分析ノウハウ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PR

本ページはプロモーションが含まれています

PAGE TOP
error: Content is protected !!