fxブログ

fxのチャートの見方

fx初心者がfxを行うにあたって知っておかなければ始まらないチャートの見方について。

fxのチャートを見て何をするのかというと、まず頭に浮かぶのはトレードをする事なんじゃないかなと思います。

確かにそうなんですが、その前にチャートの分析をしなければローソク足がどちらに向かっているのかがわかりません。

向かっている方向と逆の方向でエントリーしてしまったらよっぽどのことがない限り負けてしまします。

なので今回はfxのチャートの見方を簡単ですが書いていきたいと思います。

Contents

fxのチャートとは

fxのチャートとはローソク足や平均足等の推移を描画する所なのですが、わかりやすい表現だとローソク足がある所です。

一般的にはローソク足ですが、mt4だとバーチャートやラインチャートというもので表示することも出来ます。

バーチャートというのは縦線のことで、ローソク足の代わりに縦線が表示されて通貨ペアの動きを表示するもので、ラインチャートというのはただの線で線で通貨ペアの動きを表示するものです。

やっぱり見やすいのはローソク足なのですが、ローソク足と似た感じで平均足(コマ足ともいうようです)というものもあります。

詳しいことは自分で調べてくださいね。

通貨ペアというのは、例えばドル円だったりユーロドルだったりと、ドルと円の売買のことをいいます。

世の中にはたくさんのトレーダーさんがいて自分の使い慣れたチャートを使われているようですが、ノウハウやインジを近い将来使う予定であればmt4は使い慣れていた方がいいと思います。

日本のfx業者さんは独自のチャートを使っている所が多く、独自のサービスを提供されているようですがmt4で使われているインジ等は使えない事が多いのでノウハウで勉強する予定であれば、mt4が基準になっていることが多いと思うので早い段階でmt4を導入することをお勧めします。

チャートの大きな魅力として、インジケーターを表示できるというものがあります。

メジャーなインジケーターであれば、どのチャートでも表示することは可能ですが、エントリーサインが出るタイプなどはmt4の方が圧倒的に使えると思います。

fxのチャートの見方

これからはmt4をベースに記事を進めていきます。

最初にmt4を開くとローソク足が表示されているチャートだけではなく、気配値表示やナビゲーター、データウィンドウが左側に並んでいます。

そして下にはターミナルやテスターも表示されていて、更にチャートには売りと買いの小さな窓も表示されています。

チャート内小窓

これらはまあ好みもあるのですが、正直使わないので消してチャートの表示スペースを大きく取った方が見やすいです。

またいつでも表示できるので問題ないと思います。

消し方はとても簡単で、チャートの中の小さな表示以外は、各表示の右上か左上に×マークがあるのでそこをクリックすれば消えます。

チャートの中にある小さな表示の消し方は、チャートの空いている部分を右クリックしてワンクリックトレードをクリックすれば消えます。

再度表示する時はもう一度ワンクリックトレードをクリックすれば表示されるのですが、これもほとんど見ないと思います。

他の表示の再表示の仕方なのですが、mt4の上にファイルとか文字列があるのですがその文字列の下にいろいろなマークが並んでいます(新規注文とか自動売買という文字がある所)。

その段の左から3番目から7番目までが各表示のボタンになります。

そこをクリックすれば再表示できます。

わからなかったら調べて見てくださいね。

mt4 使い方とかで出てくると思います。

どうしてチャートを出来るだけ大きく取った方がいいのかというと、最初はメインチャートだけの表示なのですが、インジによってはサブチャートを表示する場合があるからです。

参考事例のチャート

こんな感じ

fxのチャートではmt4がメジャー

統計を取ったわけではないのですが、海外ではmt4がメジャーで、一般的にfxのチャートといえばmt4のことを指すのではないかと思います。

その理由は使い勝手がいいのと、多くの世界中のトレーダーさん達が使っているからなんじゃないかなと思います。

fxの値動きはより多い方へ動きます。

そして、動くきっかけは以前反発したところであったり、重要度の高い指標の発表だったり、要人の発言だったりします。

重要指標の発表や要人発言は読めない所が多々あるのですが、以前反発したところなどは、トレーダーさん達はラインを引いていたりします。

サポートラインやレジスタンスラインと呼ばれるものであったり、MA(ムービングアベレージ:移動平均線)のラインやボリンジャーバンドのラインに触れるとローソク足はそこで反発することがよくあるのです。

fxのトレードがわかってくるとトレンドラインや水平線等を自分で引いて目安の位置を付けるということをやるようになると思いますが、最初から正確なラインを引けることはまず無いと思います。

そこで出てくるのが、インジケーターで自動でラインを引いてくれたりするのです。

mt4はそのインジケーターの種類がハンパないのです。

トレンドラインを引いてくれるインジでも数えきれないほどのインジが出回っています。

無料のものもあれば有料のものもあり、有料のインジの方が正確だったりするのですが、うまく調べることが出来るようになると無料でも有料級に使える無料インジに出会うこともたまにあります。

自分に合ったチャートでチャート分析をする

個人的にはずっとmt4を使ってきているのでmt4推しなのですが、自分に合ったチャートでチャート分析をすることが大事かなと思います。

やりづらいなあと感じながらのトレードではストレスが溜まってしまうしうまくいかないこともあるでしょう。

一番の目標は結果を出すことなので自分が一番結果を出しやすい方法でやるのが一番だとは思いますが、FX初心者であればどれがいいかなんていうことはわからないんじゃないかなと思います。

結果を出す方法の一つとして先人に学ぶという方法があります。

fxの塾に入るという方法もあるでしょうし、ノウハウを購入して半独学で学ぶという方法もあると思いますが、完全な独学はお勧めしません。

我流では勝てないと思います。

最初の記事でfxはビジネスだと書きましたが、ビジネスを独学で学んで成功する可能性はとても低いのではないかと思います。

だからといってmt4を進めているというわけでもないのですが、mt4を選ばないにしても各fx業者さんもいろいろなサービスを提供しているのでみっちり学ぶことをお勧めします。

ただmt4を使ったノウハウの方がたくさん種類(中にはどうしようもないダメなものもあるようですが)があるので調べることがうまくなればいいノウハウを見つけることも可能になってくるのではないかと思います。

FX初心者のうちは出来るだけリスクの少ない方法を選んでくださいね。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者はデモで負けてもいいトレード練習をの記事の画像

    fx初心者はデモで負けてもいいトレード練習を

  2. fx初心者で結果が出ないのは伸びしろ有有の可能性の記事の画像

    fx初心者で結果が出ないのは伸びしろ有有の可能性

  3. fx初心者は失敗の後の行動で変わってくるの記事の画像

    fx初心者は失敗の後の行動で変わってくる

  4. fx初心者は待てないと上達は期待出来ないの記事の画像

    fx初心者は待てないと上達は期待出来ない

  5. fx初心者は慣れるまでは両建ては避けた方がいいの記事の画像

    fx初心者は慣れるまでは両建ては避けた方がいい

  6. fx初心者はインジの併用で精度アップを練習してねの記事の画像

    fx初心者はインジの併用で精度アップを練習してね

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PR

本ページはプロモーションが含まれています

PAGE TOP
error: Content is protected !!