fxブログ

fx初心者はブレイクアウトも意識して使ってみてねの記事のアイキャッチ画像

fx初心者はブレイクアウトも意識して使ってみてね

チャートを分析する時に高値や安値の更新はとても重要な要素です。

なぜなら高値や安値の更新があるという事は少なからずそちらに向かっている勢いが増していると判断出来ます。

難しいのは単純に高値や安値の更新をしたからといってそれだけでは上昇傾向にあるとか下降傾向にあるとは判断出来ない事です。

fx初心者さんもずっとチャートを見ていればちょこっと高値または安値を更新してその後揉み合ったり逆に走り出したりする場面を経験した事があるのではないでしょうか。

高値や安値の更新はとても重要な要素ではあるのだけれど、それだけでは弱すぎるのです。

ここでなんだじゃあブレイクアウトの手法って使えないんじゃないの?と感じてしまう人もいるのかもしれませんね。

ブレイクアウトの手法も万能ではないというだけなのです。

分析を進めていって相場に勢いが生まれる場面であればブレイクアウトの手法は有効かなと感じているのです。

なのでブレイクアウトの手法もチャート分析ありきの手法になります。

何をするにしても分析無くしてエントリーはあり得ないと意識しておいてくださいね。

相場に勢いが出てくるようであれば今までレジスタンスやサポートだったポイントあたりが逆転したりしてその直後というのはおいしいポイントの可能性が高い事が多いのかなと感じています。

高値や安値のブレイクアウト

チャートが揉み合いの状態にありある一定の値幅の中でローソク足が行ったり来たりしている場面であれば、ここはじっと我慢をする時だと考えています。

いずれどちらかの方向に抜けていく可能性が高いからです。

こういった場面であればfx初心者さんはまずラインを上と下とで2本引いてくださいね。

ここをブレイクして戻ってこないようであればエントリーチャンスだと考えています。

そして、戻ってこないようであればというのが結構重要だったりします。

戻って来てもラインを割らないという風には考えないでくださいね。

少し割る事だってよくある事です。

また時には完全に戻ってくるという事もあります。

ボリンジャーバンドはどうかとか、買われ過ぎや売られ過ぎはどうかとかチェックするべき項目は幾つもあるのではないでしょうか。

また、足が完全にラインを超えたかどうかという事も大事だったりします。

MT4だとボックスを表示してくれる便利な無料インジもありますが、そうでないチャートを使っていたとしてもfx初心者さんもこのボックスを意識するようになって欲しいなあと思うのです。

頻繁にボックスを形成するというわけではないのですが、この範囲内でローソク足が動いているなあとわかるようになって欲しいなあと思います。

これがわかるようになってくれば待つという事も出来るようになってくるのではないでしょうか。

トライアングルのブレイクアウト

ローソク足の高値と高値を結んだラインと安値と安値を結んだラインは多くの場合でトライアングル(三角形)を形成しますね。

ボックスよりも出現回数は多いかなと感じています。

このトライアングルを抜けていくのがトライアングルのブレイクアウトです。

これも抜けたからといって戻ってくる可能性も十分あります。

これに気を付けて欲しいなあと思います。

美味しい場面だと大きく抜けていく事もあり、それをノウハウにしたのがデルタFXです。

トライアングルをブレイクアウトしたからといって必ずしもブレイクした方向に伸びていくとは限らないのですが、その可能性が高い時にデルタFXではサインが出るようになっています。

一見簡単そうに思えるのかもしれませんが、これも慣れが必要かなと思います。

チャート分析は本当に大事です。

ここでも大事なのはラインを引いてみる等の行動力かなと思います。

トライアングルをブレイクして成功した時と失敗した時を検証してくださいね。

成功した時はどうだったのか、失敗した時とは何が違ったのかを自分の行動で確かめてみてくださいね。

最初は全然わからなくても経験を積んでいけばもしかしたらこれっていけるのかもとかこれはダメそうだから様子見かなと感じられるようになってくるのかなと思います。

上位足のチャートが大事

5分足のチャートで上にブレイクアウトしたとして、まずは15分足のチャートをチェックしてくださいね。

15分足のチャートで上に伸びそうでもないチャートだったりしたら可能性としてはそう高くはないのではないかなと思います。

例えばボリンジャーバンドを表示していたとしてローソク足がボリンジャーバンドのプラス2σのラインにタッチしていたりもうすぐタッチしそうな状況であればブレイクアウトの可能性はそこまで期待出来ないのではないでしょうか。

勢いがあればバンドウォークの可能性があるので簡単には諦めないでくださいね。

5分足のチャートでは美味しそうな場面に見えても上位足のチャートではそうではないという事も多々あります。

トレンドフォローの手法では5分足のチャートはエントリーのタイミングを図るのには適しているのかなと考えているのですが相場の状況を把握するにはそこまで適していないのかなと感じています。

上位足のチャート分析が上手になってくると状況判断が楽になってくるなあと感じているのです。

fxのトレードはエントリーをしない事には始まらないのですが、エントリーをするべきかどうかどういった手法が有効なのか等の判断は分析をしない事にはリスクが大きくなってしまいます。

ブレイクアウトを期待するのであればまず上位足のチャートをチェックしてくださいね。

伸びるとすれば何処までか

伸びるとすれば何処までかという予測を立てておく事も大事かなと考えているのです。

エントリーしたら後は放ったらかしというわけにはいきませんよね。

イグジットをしない事にはそのトレードは終了ではありませんね。

何処でイグジットがいいのかなと直感で決めてしまっても上達は期待出来ません。

マインドとも関係してくるのですが、イグジットも見当がついているというのが好ましいのかなと思います。

フィボであったりピボット、MAラインやボリンジャーバンド等fx初心者さんにとってはどこまで我慢すればいいのかの目安が無いと精神的にも疲れてしまいます。

デモトレードであれば我慢って結構簡単だと感じてしまう人もいるのかもしれないのですが、それは仮想資金でトレードしているからですよ。

自分の資金でトレードであれば、慣れていないと少しでも自分の資金が減ってしまうとストレスになってしまいます。

ブレイクアウトで上手くエントリー出来るようになる事も大事なのですが、上手くイグジット出来るようになるという事も大事なのです。

何処まで伸びるのかは誰にもわかりませんが見当を付ける事はfx初心者さんにも出来るようになると思います。

希望的観測ではなく分析の結果としてここら辺が目標かなという風になっていって欲しいなあと思います。

使い分け

今回はブレイクアウトにフォーカスしてみたのですが、ブレイクアウトが使えるからというわけではありません。

状況によって手法の使い分けが出来るようになって欲しいなあと考えているのです。

状況によっては押し目買いや戻り売りがいい場合もあると思いますし、ブレイクアウトを狙った方がよかったりする場合もあります。

fx初心者さんであれば急には無理だとは思っているのですが、まずはブレイクアウトという手法もあるのだと知っておいて欲しかったのです。

ブレイクアウトだけに集中してしまうと基本的な事の高値圏での買いや安値圏での売りになってしまって失敗してしまう可能性があるという事も意識してくださいね。

使いどころというものがあるのです。

これは経験を積んでいかないとわからない事なのかなあとは思うのですが、意識しているのかどうかで将来的に変わってくるのかなあと思います。

チャンスがあればブレイクアウトも使ってみようと覚えておいて欲しいなあと思っているのです。

慣れてくればボックス内での動きの時は値幅にもよりますが、スキャルピングで攻めブレイクアウトしていったらその流れに乗っかって行くという様な切り替えの意識も必要かなと思います。

あとがき

ブレイクアウトにしても押し目買いや戻り売りにしても分析がとても重要です。

そしてチャートを客観的に見るという事が基本です。

思い込みや希望的観測がベースにあってはこういった手法も上手く使うことは出来ません。

すぐに使えなくても手法の選択肢が出来ただけでも少しは精神的に楽になるのではないでしょうか。

知っているだけではまだまだ弱いので、使えそうな所ではデモトレードで行動をし実験をしてみて欲しいなあと思います。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者は2つのマインドの切り替えが必要の記事の画像

    fx初心者は2つのマインドの切り替えが必要

  2. fx初心者の為のエントリー時のアドバイスの記事の画像

    fx初心者の為のエントリー時のアドバイス

  3. fx初心者は楽を選択しないで自立歩行が目標の記事のアイキャッチ画像

    fx初心者は楽を選択しないで自立歩行が目標

  4. fx初心者も修正力をつけようの記事の画像

    fx初心者も修正力をつけよう

  5. fx初心者は楽天fxが魅力的に見えるかもしれませんねの記事の画像

    fx初心者は楽天fxが魅力的に見えるかもしれませんね

  6. fx初心者は安全を優先しないでねの記事の画像

    fx初心者は安全を優先しないでね

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
error: Content is protected !!