fx相場情報

fx初心者のための各相場情報20210720

昨夜は様子見をして相場が動かないようであれば早めにチャートを閉じようと考えていたのですが、午後8時過ぎくらいからエントリーチャンスが複数で現れ様子見ムードが一転しました。

この流れはドル円相場だとあわや109円割れかというところまで円高に進みました。

エントリーチャンスは比較的わかりやすかったのですがイグジットポイントをどこにするのかを分析するのはやっぱり難しいですね。

頭と尻尾はくれてやれという相場の格言がありますが、昨日は比較的頭はいい感じだったのですが尻尾は判断が難しいなあと感じました。

頭はドラゴンストラテジーfxの5分足のチャートだとわかりやすかったのですがイグジットはマナブ式の5分足のチャートをメインに判断しました。

イグジットはおいしい所でしたいものなのですがなかなか思うようにいかないのがイグジット(利確)なのですが、そろそろ終わりかなと1番最初に教えてくれたのが無料インジのSuper Arrowというエントリーチャンスを教えてくれるものでした。

このエントリーサインが出現してくれたおかげでここで終わりかなと分析するタイミングかなと思ったのでマナブ式の5分足のトリックスをチェックするとファストトリックスが緑に変わっていました。

その前から売られ過ぎの破線のラインは超えていたのでそろそろかなとは思っていて待ってはいたのですけどね。

平均足が陰線から陽線に変わって連続して出だしてきたので今回は結構おいしかったなあという感じでした。

こういった事がいいタイミングで何回もあるわけではないでしょうがたまに出くわすと面白いですね。

他のノウハウももちろんチャート分析にかなり役に立ってくれているのですが特にドラゴンストラテジーfxとマナブ式fxはかなり重宝しています。

今回感じたのがブラックAIストラテジーfxだったのですがシンプル過ぎてちょっと不安になってしまいました。

きっと慣れなんだと思うのですが逆張りはそこまで得意ではないということもあったのだと思うのですが使い慣れているノウハウにどうしても頼ってしまっているなあという反省点も出てきました。

今思えば幾つか学べた事があった夜だったなあと思います。

そしてもう過去の事なので気持ちを切り替えて今夜に臨みたいと考えています。

各相場情報20210720の始まりです。

今夜は特に注目されている重要な指標の発表や要人発言の予定はないようですがアメリカの株価の動きが気になる所です。

fx初心者さんはわからないと感じたら様子見をするかデモトレードに切り替えてからトレードをすると勉強になりますよ。

デモトレードで勉強中であれば果敢に攻めてみるといいのではないでしょうか。

成功しても失敗してもどうしてそうなったのかをしっかりと復習をしてくださいね。

そしてこのタイミングかあ等と新しい発見があったらそれをサポートしてくれるインジを探してみるといいですよ。

もちろん最初は無料インジからですよ。

最初から優良なものでもいいのかもしれませんがぴったりフィットしたものとは限らないので知識を付けて少しでも経験をしてから有料のものにしていった方が失敗は少ないのではないかなと思います。

Contents

ドル円相場

本日のドル円相場は五十日ということもあってか波はあったものの東京時間の仲値には109円中盤まで戻ってきましたが後場が始まる少し前くらいから下落して東京時間での最安値の109.357をつけてから上昇を始めました。

東京時間が終わる前にはいったん上昇は勢いが無くなってしまいましたがじょじょに勢いを取り戻してきてロンドン時間が始まる少し前くらいから再び上昇し始めています。

5分足のドラゴンストラテジーfxのチャートではロンドン時間になって平均足はBands-MA2-Devの中心線よりも上に入ってきました。

そのBands-MA2-Devの中心線はまだやや下を向いていますが-1σは水平になっています。

20210720ドル円相場5分足ドラストチャート説明画像

5分足のデルタfxのチャートは注意した方がよさそうなポイントは109円中盤辺りでデルタEVは青で少し開いています。

Market Waveの情報はジグザグラインは出ていません。

D1 H4 H1 M30 M15 M5
濃いD 濃いD 濃いD 濃いD 薄いD 濃いD

マーケティングfxの2連続の15分足のチャートは109円辺りと110円中盤辺りに太いラインがあります。

日足

20210720ドル円相場日足チャート分析説明画像 クリックで少し拡大

Smoothed_HAS alerts button 1.02を見るとこれから下落が始まるかもしれないというような感じでGrail-Indicのラインの下にローソク足がいますね。

20210720ドル円相場日足トリックス説明画像

2つのトリックスはどちらもあかで下を向いていてメインウィンドウの平均足は陰線が連続していてGrail-Indicの上向きのラインを割ろうとしている所です。

4時間足

今日からちょっと面白そうな無料インジのYesterday Fibo wAlertsというものを導入してみました。

ラインがたくさんあるとチャートが見づらくなってしまうのでhard-levels-indicatorは外しました。

20210720ドル円相場4時間足チャート分析説明画像 クリックで少し拡大

61.8%の所辺りで折り返しているのですが何だか見づらいなあという感じがしています。

20210720ドル円相場4時間足トリックス説明画像

ファストトリックスが緑に変わってダイバージェンスも出ていますね。

平均足は連続して陽線で一目均衡表の雲の中に入ってきています。

ユーロドル相場

東京時間のユーロドル相場を今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターのチャートで振り返ってみると前場の終わりから大きく下落した動きになっていました。

東京時間の終わりで動きが定まらない感じになってロンドン時間が始まってすぐには上昇したのですがすぐに下がってきて1.17714が今のところの本日の最安値になっています。

その後上昇に転じ1.18に迫る勢いになってきています。

5分足のドラゴンストラテジーfxのチャートではドル円相場と同じような動きになっているなあという印象を持ちました。

平均足はBands-MA2-Devの中心線の上に来ていてドラゴンバンドも上を向いています。

20210720ユーロドル相場5分足ドラストチャート説明画像

この流れがニューヨーク時間まで続くのかは少し疑問ですがボリンジャーバンドの形を見ると少し落ち着くのかもしれないなあと思いました。

5分足のデルタfxのチャートは注意した方がよさそうなポイントは1.17後半と1.18前半にあるようです。

デルタEVは赤で少し開いている所です。

15分足設定のQQE cci new (mtf + arrows + alerts + divergence)は緑で今真ん中くらいの所です。

Market Waveの情報はジグザグのラインは出ていません。

D1 H4 H1 M30 M15 M5
濃いU 薄いD 濃いD 濃いD 薄いU 薄いU

ちなみになのですがMarket Waveにはオプションでボリンジャーバンド(別売)というものがあります。

期間はその時にあったものを選んでくれてあとは普通のボリンジャーバンドと同じような感じです。

好みなのですが僕はチャートが見づらいなあと感じてしまったので外しました。

マーケティングfxの2連続の15分足のチャートは下に1.17中盤辺りと1.18前半辺りに太いラインがあります。

Grail-Indicは下向きで平均足は突破していっています。

日足

20210720ユーロドル相場日足チャート分析説明画像 クリックで少し拡大

3_Level_ZZ_Semafor mtf alerts nmcの3が出ていますが下はもう少し余裕がありそうなので下に行く可能性はまだあるのではないかなと見ています。

Smoothed_HAS alerts button 1.02もまだ変わる気配はないですね。

20210720ユーロドル相場日足トリックス説明画像

昨日と比べてみるとファストトリックスの角度が浅くなっています。

4時間足

20210720ユーロドル相場4時間足チャート分析説明画像 クリックで少し拡大

4時間足のチャートを見るととても入りづらい場面だと思います。

20210720ユーロドル相場4時間足トリックス説明画像

トリックスは同色クロスしてはいるのですが角度が無さすぎです。

一目均衡表の雲はメチャクチャ薄く平均足は陽線で雲の中にいます。

ポンド円相場

5分足の今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターのチャートでポンド円相場の東京時間を振り返ってみます。

東京時間の仲値までは大きな動きは見せなかったのですが仲値以降動きが出てきました。

東京時間が始まってからの最安値149.595を付けて今度は149.960の最高値を付けました。

後場が始まるちょっと前からげらくしていって149.406を付けて安値更新。

東京時間が終わる少し前に149円60銭台まで戻したのですが更に安値更新をしてきました。

ロンドン時間が始まって上昇に転じて今の所の本日の最高値の149.962を付けたのですがまた下落の転じて今の所の最安値を更新してきています。

5分足のドラゴンストラテジーfxのチャートは本日もMAが大活躍という感じでしょうか。

20210720ポンド円相場5分足ドラストチャート説明画像

この流れがニューヨーク時間でも続くと面白いんですけどね。

5分足のデルタfxのチャートは15分足設定のQQE cci new (mtf + arrows + alerts + divergence)は赤でまだ途中このペースだとニューヨーク時間になっても中途半端な所にいる可能性が高いかなと予想しています。

注意しておいた方よさそうなポイント149円中盤位の所です。

デルタEVは赤で結構広がっています。

Market Waveの情報はジグザグのラインが出ているのですが第3波の予想価格は出ていません。

D1 H4 H1 M30 M15 M5
濃いU 濃いD 濃いD 濃いD 濃いD 濃いD

マーケティングfxの2連続の15分足のチャートは下には当面太いラインはありません。

日足

20210720ポンド円相場日足チャート分析説明画像 クリックで少し拡大

日足のBands-MA2-Devの+1σにローソク足がタッチしています。

ここを抜けると下はかなり落ちそうな展開なんじゃないかなと予想しています。

3_Level_ZZ_Semafor mtf alerts nmcとstochasticstackが気になる所です。

20210720ポンド円相場日足トリックス説明画像

トリックスは同色クロスしていてしかも角度が急です。

4時間足のトリックスが気になる所です。

4時間足

20210720ポンド円相場4時間足チャート分析説明画像 クリックで少し拡大

今回は少しだけ幅を狭めてスクリーンショットしています。

Untestedのサポートゾーン3連発もさることながらstochasticstackがもう底まで来ています。

日足を見るとまだまだ下がりそうでしたが4時間足だと要警戒の方がいいかもしれませんね。

20210720ポンド円相場4時間足トリックス説明画像

案の定ファストトリックスの色が変わっていました。

平均足はまだ陰線が続いていますが深追いは危険かもしれません。

少しずつ厚めの一目均衡表の雲も近づいて来ています。

豪ドル円相場

5分足の今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターのチャートで東京時間を振り返ります。

豪ドル円相場もポンド円相場と同じような動きになっているなあというのがチャートを見た時の感想です。

流石にポンド円相場のように激しくは動いてはいませんが今日は日中でも豪ドル円相場でもそれなりに取れたのではないかなと思います。

5分足のドラゴンストラテジーfxのチャートを見るとBands-MA2-Devの中心線と-1σの間で動いていることが多かった東京時間のようですね。

そして次第に下がっていって-2σの方へといっているように見えます。

ドラゴンメーターは下を指しているのですが現在は勢いはあまり無いようです。

20210720豪ドル円相場5分足ドラストチャート説明画像

5分足のデルタfxのチャートは注意した方がよさそうなポイントは80円中盤と80円前半のようです。

デルタEVは赤でちょっと開いています。

15分足設定のQQE cci new (mtf + arrows + alerts + divergence)はあかでこちらも途中なのですが角度がかなり浅いです。

Market Waveの情報はジグザグのラインは出ているのですが最後の1本はまだ確定していません。

D1 H4 H1 M30 M15 M5
薄いD 濃いD 濃いD 濃いD 濃いD 薄いU

マーケティングfxの2連続の15分足のチャートは珍しく太いラインはおろか細いラインまで近くにはありません。

20210720豪ドル円相場5分足マーケティングfxチャート説明画像

pivotは表示していません。

日足

20210720豪ドル円相場日足チャート分析説明画像 クリックで少し拡大

日足のチャートを見るとローソク足がゆっくりと降りてきている感じですね。

SS_SupportResistanceのUntestedのサポートゾーンまでもう少し余裕があるのでそこまで落ちてくる可能性はあるのではないかなと見ています。

stochasticstackを見ると20に達しているので降りてくるとしても時間がかかるかもしれないなあとも見ています。

20210720豪ドル円相場日足トリックス説明画像

79.795を抜けてきたら大きく下げるかもしれないなあと予想しています。

4時間足

20210720豪ドル円相場4時間足チャート分析説明画像 クリックで少し拡大

DeMark Trendline Trader_mtfのトライアングルをどちらに抜けるのかですが、3_Level_ZZ_Semafor mtf alerts nmc、zigzagtriad-mtf+alerts2、stochasticstackを見ると一旦は上に上がりそうな感じだと見ています。

20210720豪ドル円相場4時間足トリックス説明画像

売られ過ぎの破線の前でファストトリックスの色が緑に変わりダイバージェンスも出ています。

このままだと異色クロスなのでまだ判断するには難しい場面だと思います。

あとがき

今夜はアメリカの注目度の高い指標の発表や要人発言は無いようですが株式市場の動きが気になる所です。

株式市場と連動するのかどうかも気を付けながらチャート分析をしていくことをおすすめします。

ドル円相場は5分足のチャートを見るとボリンジャーバンドの中心線辺りでの動きなので特に分析しづらいなあと感じているのですがニューヨーク時間の時にはもう少しわかりやすい展開になっていることを願います。

昨日よりはどの相場も判断しづらい展開なのかなと感じているのですがわからなければ様子見をするかデモトレードで試しにやってみるという事も意識するといいのではないでしょうか。

大切な資金なのでしっかりと管理してくださいね。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者のための各相場情報20210629の記事の画像

    fx初心者のための各相場情報20210629

  2. fx初心者のための各相場情報20210713の記事の画像

    fx初心者のための各相場情報20210713

  3. fx初心者のための各相場情報20210707

  4. fx初心者のための各相場情報20210628の記事の画像

    fx初心者のための各相場情報20210628

  5. fx初心者のための各相場情報20210708の記事の画像

    fx初心者のための各相場情報20210708

  6. fx初心者のための各相場情報20210721の記事の画像

    fx初心者のための各相場情報20210721

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PR

本ページはプロモーションが含まれています

PAGE TOP
error: Content is protected !!