fxブログ

fx初心者が参考にできるのは知恵袋だけじゃないの記事の画像

fx初心者が参考にできるのは知恵袋だけじゃない

fx初心者さんはまだまだわからないことだらけだと思います。

未知の世界なので仕方が無いことではあるのですが、未経験ということで不安も大きいのではないでしょうか。

そういった不安の解消や疑問点の解決に役に立ってくれるのがヤフー知恵袋じゃないかなと思います。

ですが、多少は不安の解消にはなるのかもしれませんが、問題点の解決には繋がりづらいのかなとも思います。

ざっくりと知恵袋を見て回ったのですが多くの場合がプロモーションの場になっているように感じましたしそうでない場合でもたいして好ましいような回答を得ているようには思えないものもしばしばっていう印象を持ってしまいました。

fxに対して悩みを持っている人が結構いるもんだなとfx初心者さんはそういった部分には安心感を持てるのかもしれませんね。

問題や疑問点を解決するにはまず自分は何がわからないのかを明確にした方がいいと思います。

できれば一言二言で表せるといいんじゃないかなと思います。

検索窓に入れるワードを見つけ出す練習をしてみてはどうでしょうか。

検索するときってだらだらとワードを入れないですよね。

何気にこれっていい練習なんじゃないかなと思うのです。

たとえエントリーという言葉を知らなくても入り方という様な感じです。

もちろんfx初心者というワードも一緒に入れた方がいいですよ。

そしてfx初心者さんが参考にできるものってネットでは思いの外あったりします。

Contents

ヤフーfx掲示板

もしかしたらヤフー知恵袋よりも参考になるかもしれないのが同じヤフーのfx掲示板です。

見つけ方はメッチャ簡単でヤフーのニュースなどが表示されている所の経済の所に米国ドルの表示があってドル円相場の価格が表示されています。

その米国ドルという文字をクリックするとチャートが現れるので上の方の掲示板をクリックして中ごろの右端にある新着スレッドのUSDJPYをクリックするとドル円相場の掲示板が現れます。

こういった掲示板は他にも幾つもあるようですが、ヤフーのfx掲示板が一番見やすいように感じています。

もちろんここは掲示板なので問題解決には繋がらない可能性は大きいのですが結構生の声が聞けるというか見えて買い方と売り方の攻防が垣間見えて面白かったりします。

何気に指標の結果とかも早いタイミングで知ることが出来たりする時もあります。

ここでは無駄話の時もあるのですが、それはやることが無い時でエントリータイミングではない可能性が高いと判断できるのではないでしょうか。

たまにエントリーコールされる方もいるので参考になるかもしれませんよ。

誰かがエントリーコールしたからといって焦ってエントリーをしないでくださいね。

あくまでも参考なので自分のチャートでしっかりとチャート分析をしてからエントリーを検討するようにしてくださいね。

5ちゃんねる

インジケーターやノウハウを探している時に便利だったりします。

必ず答えが見つかるというわけではないのですが、中には貴重な情報を発信している人もいたりしてチェックしないのはもったいないと思います。

ですが毎日チェックする必要もないかなと思うので時間のある週末でもいいかなと思います。

皆さん言いたいことを言っているだけなので信憑性のチェックは必ずやった方がいいですよ。

たまにノウハウのネタバレの板があったりするので面白いのではないかなと思います。

ただの冷やかしからこの人って結構すごいなと思えるような人までいたりします。

FX初心者質問スレなんかはきっと書籍では書かれていないようなことまでわかるのではないかなと思います。

ここでわからない言葉はその場で検索した方がいいのではないかなと思います。

後ここで気を付けて欲しいなあと思うことは日付です。

本日のものではない可能背があるので必ず日付は気を付けるようにしてくださいね。

あとたまに何枚という表示がある時があるのですがこれはロット数です。

このロット数をみると強気かそうでないかも参考になるのではないでしょうか。

枚数はヤフーのfx掲示板でも出てきたりするので忘れないでくださいね。

fxブログやサイト

fxブログやfx関連のサイトもたくさんありますし、それにメルマガまで入れたら情報過多になってしまうかもしれないので気を付けて欲しいなあと思います。

fxブログははっきり言ってご縁でしかないかなと思います。

いいブログに出会えたらラッキーなんだと思います。

検索して上位表示されているブログが自分の欲しい情報が出ているとは限らないですもんね。

僕はいつもチェックしているブログは1つだけです。

これはfxふうたさんのブログでいつも参考にさせてもらっています。

正太郎さんのブログも毎日チェックしているのですがこちらは無料インジがメイン。

マナブさんのブログやダメおやじさんのブログもたまにチェックしています。

指標関連のチェックはザイFX!がメインです。

本当は国内のfx会社の情報もチェックした方がいいのでしょうがほぼやっていません。

世界の株価も毎日チェックしています。

ここで見るのは米10年国債だったり、ゴールド、原油、恐怖指数(vix)です。

投資の森のfx関連の記事も参考になるのではないかなと思います。

僕は基本的にはテクニカル主体なので情報収集はこれくらいです。

もちろんニュースサイトもチェックはしています。

もし気に入ったサイトやブログがあればブックマークをしておくといいですよ。

SNS

これからfxを始めようかなと考えている人の世代は20台とか30台がメインじゃないかなと思います。

この世代はサイトというよりもSNSの方が得意なのではないかなと思うのですが、ことfxに関してはそこまで参考にはならないのかなと感じています。

まあ検索次第なのかもしれませんが。

これらの世代はYouTubeのライブ配信の方が好みなのかもしれませんが、fxのトレードのライブ配信ってあまり話すことってないんじゃないかなと思うのです。

ツイッターのエントリーコールを検索した方がいいかもしれないなあとも感じています。

fxのトレードというのは正解というものはあるようでないんじゃないかなと思うのです。

なのに正解を求めるというのは無理があるかなと思います。

SNSで検索する時はエントリー関連よりもトレード法関連の方が参考になるのではないかなと思います。

fxのトレードに関してはインスタグラムやTikTokは縁が浅いかなと感じています。

YouTubeやツイッター、あとはFacebookかな情報として参考になるかなと感じているのは。

fxもビジネスなのでなかなか有用な情報というのは掴みづらいんじゃないかなとも感じています。

なので過度な期待はしない方がいいのではないでしょうか。

まとめ

今回はfx初心者が参考にできるのは知恵袋だけじゃないというタイトルで記事を書きました。

今回の記事は直接fxのトレードに関連するものではないのですが、基礎知識を含む情報の収集もfxのトレードでは重要になってきます。

決してファンダメンタルズ分析の達人になってくださいと言っているわけではないのですが、ある程度の情報は持っていた方が判断がしやすくなるのではないかなと思います。

そしてこういった情報は販売のためのPRだったり無責任な発言だったりすることもたくさんあるのでリテラシーが要求されるということも理解して欲しいなあと思います。

fxのトレードはどんなに上手なトレーダーさんでも負ける時は負けるものなので絶対というものは存在しません。

絶対というものは無いということを前提に情報を収集するくらいのスタンスでいいのではないかなと思います。

情報収集に時間をかけるよりもまだ経験が浅いのであればチャートに張り付いていた方がいいのではないかなと個人的には思います。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者は気持ちの緩みがドカン負けを誘発するの記事のアイキャッチ画像

    fx初心者は気持ちの緩みがドカン負けを誘発する

  2. fx初心者の為のMAライン攻略のヒントの記事の画像

    fx初心者の為のMAライン攻略のヒント

  3. fx初心者さんにノウハウの導入をおすすめする理由の記事の画像

    fx初心者さんにノウハウの導入をおすすめする理由

  4. fx初心者はイメージの落とし込みが飛躍に繋がるの記事の画像

    fx初心者はイメージの落とし込みが飛躍に繋がる

  5. fx初心者のための時間足の見方の記事の画像

    fx初心者のための時間足の見方

  6. fx初心者は足を見る練習を繰り返ししてねの記事の画像

    fx初心者は足を見る練習を繰り返ししてね

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PR

本ページはプロモーションが含まれています

PAGE TOP
error: Content is protected !!