fxブログ

fx初心者が練習を重ねた方がいい理由は忘れるからの記事の画像

fx初心者が練習を重ねた方がいい理由は忘れるから

1度出来たからといってその後の練習をおざなりにしてしまっていては、その方向の実力というのはなかなか向上しづらいのではないのかなと思います。

また、応用力というのも付きづらいのではないでしょうか。

これらをクリアしていくには日々の練習が必要なのかなと考えているのです。

fxのトレードの練習だけでなくその他の多くの事にもいえるのではないでしょうか。

fxのトレードの練習の場合、反復練習というのはまず出来ないので、トレードノートを付けていた方が後々の確認に役に立ちます。

出来るだけ詳しくノートに書き込んだりブログに書き込んだりして後からチェック出来るようにしておけば思い出しやすくなり、今後の対策に役に立つのではないでしょうか。

新しい事を始めると、その場の事で頭がいっぱいになってしまってそれどころではないという感じかもしれませんが、出来るだけ早い時点からこういった習慣を身につけておくといいのではないかなと思います。

fxのトレードではその時のチャートに合わせての対応が求められます。

今まで経験をしたことのないチャート状況だったりすると、どうすればいいのかがわからずに固まってしまうという場合もあるのかもしれませんね。

ですが、fxを始める理由がfxで稼ぐという事であればそういった場面でも結果を出さない事には目標には近づけません。

もちろんすぐに出来るようになるというものではないので、メチャクチャ時間がかかるのが普通かなと思います。

経験がものをいうという事もfxのトレードでは大事な事の一つかなと考えているのです。

一つ一つの経験がとても大事なのです。

悲しい事に多くの人というのは忘れてしまう生き物でもあります。

以前に経験していた、厳密にいうと近い場面という事になるのですが、忘れてしまっていてはまた同じように様子見を選択してしまいエントリーを見送ってしまう可能性もあるのではないのかなと思うのです。

この繰り返しをしてしまってはもったいないですよね。

兼業トレーダーであれば、専業トレーダーと比べてチャンスの数は少ないのです。

なので出来るだけチャンスは拾っていきたいものですよね。

その為には練習を重ねていくしかないのではないかなと思うのです。

短いタイミングで同じような場面に遭遇しているのであれば対応方法も何となく浮かぶのかもしれませんが、今回の様に6年ぶりの125円台に突入なんて僕は覚えていません。

情報を見て6年ぶりなんだくらいにしか感じませんでした。

ましてやその時の状況なんてほとんど覚えていません。

やっぱり人は忘れる生き物なんだなあと感じてしまいました。

Contents

6年ぶりの125円台

まだ経験の浅いfx初心者さんであれば、ただの情報として6年ぶりの125円台と捉えてしまうだけなのかもしれませんね。

そして、今後どこまで行くのかなとか、そろそろ前回の125円にタッチした時の様に下がってしまうのかもしれないなあとか考えてしまうのかもしれないなあと思うのです。

こういった考え方ではちょっとまずいのではないのかなと思います。

というのは、ただの推測でしかないからです。

前回の125円台にタッチした時の状況はどうだったのかをチェックして、今回と比べてみるといいのではないでしょうか。

ライン等の位置だったり他のインジだったりをチェックしてみると今の状況とは全く違うと考える事が出来るのだと思うのです。

そう考えると、戦略も少しは絞れてくるのではないでしょうか。

6年前となるとまだfxのトレードの練習を始めていない人ばかりだと思うのですが、チャートを見ればどのポイントで足が反発したのかという様な事はチェック出来るのだと思います。

過去を遡る時にわかりやすいのが大きなモニターなのです。

環境が整っているとスムーズに情報を収集しやすくなります。

月足のチャートをよくチェックしてみてくださいね。

次の大きなポイントは130円オーバーだったりするのですが、その前に127円前後で小さな山がありますね。

こういったポイントは注目されやすいのではないかなと思います。

繰り返しの練習で応用力を付けよう

月曜日から金曜日までただチャートを見ているだけでは成長のスピードというものはそこまで速いものではないのだと思います。

ここでは繰り返しの練習で応用力を付けようと見出しタイトルにしているのですが、fx初心者さんが練習するべきは押し目買いや戻り売りの練習だと考えていて、繰り返しの練習とは押し目買いや戻り売りの事なのです。

また、fx初心者さんは練習が必要だとも考えているので、長期のポジション保有よりもチャートを閉じる時には手仕舞ってもいいのかなとも考えています。

デモトレードなのでポイントが貯まっても意味が無いですもんね。

それよりも出来るだけ多くエントリーとイグジットの練習をするのが得策かなと思うのです。

チャートを開いてテクニカル分析をして押し目買いや戻り売りのポイントを探しトライしてみてその結果だけでなくその時の状況等出来るだけ詳しくノートもしくはブログに書き込むといい資料になるのだと思います。

押し目買いや戻り売りの練習といってもチャートの状況は常に違っているので応用力を付けるのにもってこいなのではないでしょうか。

最初はわからなくて様子見だったとしても練習を重ねていけばだんだんと少ないチャンスをものに出来るようになってくるのではないかなと思います。

これが繰り返しの練習の成果なのではないでしょうか。

多少の状況が違っていても対応出来るようになるには時間をかけなければ出来ない事なんだとも思うのです。

相場は常に変化している

正直、為替相場はfx初心者さんに対してかなりドライなんだと思います。

fxは弱肉強食の世界で弱いものは退場が待っているだけなのだと感じています。

なので、fx初心者さんもリアルトレードを始める時は少なくとも弱者の状態からは脱してから挑んで欲しいなあと思います。

マインドセットと資金管理を学ぶ為に最初の方ではコテンパンにやられてしまうかもしれませんが、上手にコントロールして成長していって欲しいのです。

相場は常に変化している原因というのは幾つもあるのだろうなあと考えていて、今の状況の様にパンデミックや戦争というものだけでなく、大手の仕掛けというものもあるのではないかなと思うのです。

大きな資金が投入されれば相場は動くのだと考えています。

そして、弱者はその流れに巻き込まれてしまってやられてしまう事もあるのだと考えています。

流石に大きな資金投入なのでそう度々起こるとは思えないのですが、それがいつ起きるのかは個人ではわからないのだと思います。

残念ながらテクニカル分析も万能ではないのだと考えています。

個人トレーダーが少しでもこういった環境の中で生き残っていくには慣れるしかないのかなと思っているのです。

その為には練習を重ねるしかないのではないでしょうか。

デモトレードでは忘れていたで済みますが、リアルトレードではそうはいきません。

忘れる事は仕方の無い事だとは思いますが、それをカバーする方法を学んでいって欲しいなあと思います。

練習を重ねてきた自信

根拠の無い自信は持っていても仕方が無いのかなと考えているのですが、データに基づく自信はそれなりの根拠があるのだと考えています。

より可能性の高い所だけに絞ってトレードをした方がいい結果を積み重ねていける可能性が高まります。

データを参考に参考に出来るようになるまでにも時間はある程度は必要かなと思います。

最初はおっかなびっくりでトレードの練習を始めたとしても回数を重ねればだんだん慣れてきてストレスも減っていくのではないでしょうか。

この時期ではまだまだ根拠が無かったりあったとしてもかなり信憑性の低い根拠だったりするのではないかなと思います。

過去のデータを読み解き重要かもと思えるポイントがわかってきたら気持ち的にも余裕が生まれるのだと考えています。

焦ってエントリーという事も減ってくるのではないでしょうか。

ローソク足が予想していたポイントでアクションがあった経験が増えれば自信に繋がっていくのだと思います。

この時の自信というのは練習を重ねてきた成果なのだと思うのです。

もちろん過去のデータだけでなく今の状況も加味して勢いというのも考慮するというのも重要です。

練習といってもその内容は結構あったりするのかなとは思うのですが、効率化出来る所は効率化をしてスマートな練習を目指して欲しいなあと思います。

あとがき

データを読み解き現状を把握してからエントリーをするというのが理想的な個人トレーダーのトレードスタイルなのではないでしょうか。

知識や経験を蓄積していって出来るだけ高いスキルがあった方が近づけるのだと考えているのです。

その為には練習を重ねるしかないのかなと考えていて、その足跡としてトレードノートもしくはトレードブログというのは意味のあるものだと思うのです。

練習を重ねていけば何だか似たようなチャートの形だなと感じる時も出てくるのだと思います。

チェックしてみようとしてもそのトレードノートやトレードブログの見出しが日付だったりするとせっかくのデータも該当箇所を見つけるのも一苦労になってしまいますね。

見出しの工夫も結構大事なのです。

忘れるのを前提で工夫をするといいのではないでしょうか。

投稿者プロフィール

管理人
plankam ぷらんかむ

FX歴は、ざっと10年くらいでしょうか、コツコツと続けてきています。

もともと政治や経済のことが好きで、FXへの興味もあったので続けてこられているのではないかなと思います。

基本的にはテクニカルに比重を置いてチャートを見ています。

FXを始めた頃は、失敗の連続でしたが、その失敗のおかげでこのブログを書き続けられているのかなと思えば、過去の失敗もそんなに悪いことではなかったのかなと、最近は思えるようになってきました。

たまたま運が良かっただけだとも感じているので、FX初心者さんにはほどほどの失敗の方がいいだろうなあと考えると、こんな道しるべがあってもいいんじゃないかなと思っています。

関連記事

  1. fx初心者は揉み合いをどう見るのかで未来が変わるの記事の画像

    fx初心者は揉み合いをどう見るのかで未来が変わる

  2. fx初心者の為のチャートの見方

    fx初心者の為のチャートの見方

  3. fx初心者もステップアップを心掛けよう

    fx初心者もステップアップを心掛けよう

  4. fx初心者も総合的に判断してねの記事の画像

    fx初心者も総合的に判断してね

  5. fx初心者はラインに慣れると分析しやすくなりますよの記事の画像

    fx初心者はラインに慣れると分析しやすくなりますよ

  6. fx初心者もリスクに対応しようの記事の画像

    fx初心者もリスクに対応しよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PR

本ページはプロモーションが含まれています

PAGE TOP
error: Content is protected !!